プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:540本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(7)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(24)
  ・カメ根(153)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(20)
  ・江の口(33)
・三ツ根(3)
  ・白根(8)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

3月14日木曜日モアルボアルから帰国

3月11~14日のモアルボアルツアーもこの記事で最後になります。
長らくお付き合いいただきありがとうございました。

今回は帰国の日についての記録です。

朝の6:30に送迎の車が迎えに来るので、5:30に起床し、干していた器材、その他の荷物を最終的にパッキングします。
お土産も買っているし、器材もまだ乾いてない物もあり、確実に重量UPしていることでしょう。

カメラの撮影機材は機内持ち込みにするとしても、もしかしたら超過を取られるのかと、ひやひやです。
6:30の少し前に、ケンタさんが、この日海に出ることになったので、少し早目にお別れのご挨拶にいらしてくださいました。
滞在中はエメラルドグリーンの皆様には本当にお世話になりました。

時間になったので空港に向かいます。

早朝のため、ホテルのレストランが営業してないので、1日目のダイビングの日にも、車の中でいただいた、自家製パンのサンドウィッチをお弁当として出してくださいました。

長い道のりなので、途中寝てしまったり、フィリピンの街並みを撮影しながら空港に向かいます。
P3143336(1).jpg
なかなか来れない、南の島の景色を見ていると、帰りたくなくなります。
P3143378(1).jpg
街並みも、日本では味わえない雰囲気で、見ていて飽きません。
フィリピーノに人気のあるハンバーガーショップを撮影してみました。

セブに近づくと、セブンイレブン、マクドナルドなど、日本でもおなじみのお店もちらほら見かけました。
P3143380(1).jpg
フィリピンはスペインに統治されていた時代があったので、キリスト教の方が多く、こういった大きな教会が沢山あります。

フィリピンの街並みを名残惜しく眺めている間に空港に到着です。

分かりにくいながら、何とかチェックインして荷物を預けます。

私の荷物は28キロ位あり、重量オーバーなのですが、参加した4人分の合計がクリアしていたようで、何も言わず預かってくださいました。

昨日ボートで一緒になった、日本人のダイバーさんお2人も、私たちの隣のカウンターで、荷物の重量の調整に苦労しているようでした。

無事に手荷物を預けたら、ゲート付近で待機です。
P3143392(1).jpg
マクタン空港はこんな雰囲気です。
時間があるので、お土産を買ったり、
P3143393(1).jpg
ジューススタンドで、しぼりたてのマンゴー&バナナシェイクを購入し、飲みました。
美味しいのですが、ホテルやレストランで飲むシェイクの方が濃厚でもっと美味しいかも…。
と言いながら全部の飲んでしまいます。

当初、11時の出発予定でしたが、約15分位遅れての出発になりました。
国内線PR0850に乗ってマニラに向けて離陸です。
今回は窓際の席なので、わくわくしながら空から見た海の写真を撮りました。
P3143397(1).jpg
離陸後すぐの海岸線です。
P3143400(1).jpg
段々高度が上がって行きます。
P3143412(1).jpg
上空からのビザヤ諸島です。
全部の島で潜れたら楽しいのにな~と妄想している間にもっと高度が上がり、景色が雲の中になりました。

その頃に飲み物とお菓子のサービスがあり、食べたら寝てしまいました。
本当に良く寝るな…と自分でもあきれましたが、今回は普段より、早起き??して、着陸前に、マニラの様子を空から撮影します。
P3143417(1).jpg
海の色がドロドロした灰色に見えます。
東京湾より、透明度悪そうです。
やっぱりマクタン島周辺でないと海は綺麗ではなさそうなので、潜れないのですね。

そのまま着陸し、国際線に乗り換えることになりました。
P3143419(1).jpg
着陸寸前の滑走路の風景です。
無事着陸し飛行機を降りました。
P3143420(1).jpg
マニラ空港で、成田便までの乗り換えまで時間があったので、ランコムの化粧品を買ったり、ドリアンチョコレートを購入しました。
ドリアンチョコレートは、味が強烈そうなので、自分の家のお土産に買ったので、搭乗時間までの待ち時間に、ちょっと皆様と一緒に食べてみました。

味は・・・。未だに完食出来ずに放置されてます。
相方にあげても、食べられないと言われてしまいました。
ちょっと失敗のお買い物でした。

やはりフィリピン土産で無難なのは、ドライマンゴーとハッピーというメーカーのピーナッツでしょうか。
(ハッピーのピーナツは飛行機で飲み物と一緒に良く出てくるピーナツです。)

お土産と言えば、毎回、マニラの乗り換えの時に気になっている、ケーキショップの焼き菓子をお土産に買っている日本人女性が沢山いらっしゃいました。
クッキーやブラウニーなどなので、日持ちもある程度しそうなので、これをお土産にしても良かったかもしれません。
今回は色々購入した後だったので、購入するのは辞めましたが、素朴な雰囲気のお菓子で美味しそうでした。

さていよいよ、成田便PR0432の搭乗が始まります。
毎回成田便に乗る時に、「帰りたくないな~」と思ってしまいます。
でも帰るしかないので、最後の空の旅を楽しむことにします。
飛行機は14:30位に成田に向けて離陸しました。

マニラ国際航空は滑走路が混んでいるので、離陸待ちをしている間に、また眠くなり寝てしまいました。
また寝るのか??と突っ込まれそうですが、機内食の時には起していただきました。
P3143424(1).jpg
今回は魚を選んで見たのですが、魚が、ミンチになっている不思議なお料理でした。
日本でいうつみれみたいな感じです。
しっかり機内食を食べて、また寝ます。
食べると寝るの繰り返しは、飛行機の中とはいえ、贅沢な行動です。
映画も見ないで、良く寝ました。

気が付いたら、成田に向け高度を下げているようでした。
空の旅を楽しむつもりが、帰りは偏西風の影響もあり、あっという間に日本に到着していたようです。
行きと帰りとではフライト時間が1時間くらい違うようです。

無事に成田に到着しましたが、時差が1時間あり、日本の方が1時間速いので、日本時間の20時半位に到着です。
荷物を受け取ったり、色々している間に時間が経過して行きます。
21:44 発の成田エクスプレスの最終に乗って渋谷まで帰ることになりました。
そう言えば、前にボホールに行った時も最終電車だったような…。

成田エクスプレスの中でも良い感じに眠りながら帰ります。
結局自宅に着いたのは、23時半くらいでした。

自宅に帰ってからすぐ寝てしまいたかったのですが、砂や塩かみが気になるので、重器材だけ、塩抜きをするため、浴槽に水を張って付けおいたり、器材を干したりしてから寝たので、寝たのは1時位になってしまいました。

短い日程のツアーだったのですが、時間をフル活用し、休暇を精一杯遊びつくした感じです。
潜ったり、走ったり、食べたり、マッサージで癒されたり、本当に贅沢な時間を過ごせました。
素敵なツアーを組んでいただいた、サザナミマリンさんに感謝です。

心配していた、私になついている、猫の無駄吠え問題は、相方の協力もあり、4日間ならどうにかやり過ごせたようでした。寂しがって鳴き始めた瞬間に一生懸命可愛がってくれたようです。
相方にもお礼をしないと…。

また来年の今くらいの時期に、同じくらいの日数でフィリピンか近場の海外に行けたら良いなと思いました。
4月から、転職先に正社員としてお世話になるので、お休みがどうなることやら…。
業種が変わって無いので、休みの取りやすい仕事ではないので、しばらく連休でのダイビングは、無理かな?
まあ、たっぷり南の海を楽しんだので、しばらくまた、日帰りの伊豆ダイバーになります。


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ジョギング・ランニング - ジャンル : スポーツ

3月13日水曜日 モアルボアルでのジョギング&ディナー2日目

今日は、シフト休みなので皇居を、走ろうと思ったのに、雨が時々パラついています。
2日も走らないのは不安なのですが、まだ筋肉痛が残っているので、筋トレとストレッチの日にします。
明日は、天気が回復する予報なので、早起きして会社に行く前に走りたいと思います。

走った気分になるために、モアルボアルのジョギングについて記録したいと思います。

ダイブショップから、ホテルに戻って、すぐに走る準備をしました。
今回はKさん、サザナミマリンさんの3人でホワイトビーチに向けて走ります。
予想される距離は、往復で約10kmくらいとのことでした。

この暑さで10km走れるのかな??

Kさんは、走るためのスニーカーではないので、ゆっくり走りましょうということでジョギング開始です。

サザナミマリンさんを先頭に走り始めます。

昨日と同じメインストリートを中心に走って行きます。

途中、左折し、昨日より更にローカルな地元の方しかいない様な場所を走ります。
1モアルボアルジョギング2日目(1)
海に続く道は長そうですね。
安全な道を教えていただいているとはいえ、やはりここは海外なので、一人ならまず走れないかもしれません。
サザナミマリンさんを用心棒にしてしまい、申し訳ございません。
モアルボアルジョギング2日目3(1)
雰囲気の良い平原が続きます。
お天気が良いので日差しもあるし、暑いので普段よりペースが遅くてもしんどいです。
モアルボアルジョギング2日目04(1)
こういう木陰が本当に天国に感じます。
たまに水を飲んだり、写真を取ったりしながら休み休み走ります。
モアルボアルジョギング2日目05(1)
海に向かう途中にバス停があり、そこに求人広告が貼ってあります。

聞くところによれば、セブは大きな都市なので、今はバブルだそうで、求人もいろいろあるのかも知れません。
書いてある内容は良く分かりませんでしたが…。
モアルボアルジョギング2日目07(1)
道中は子供たちや飼育されている動物にも出会いました。
ヤギの親子、可愛かったです。
脅かさない様に遠くからの撮影になりました。
もうすぐ海です。
リゾートホテルが見えて来ました。
モアルボアルジョギング2日目10(1)
暑くてしんどかったのですが、どうにか海まで到着です。
ここまでで5kmちょっとです。
途中、私とKさんの辛そうな様子を心配し、サザナミマリンさんが戻る??と聞いてくださったのですが、二人でせっかくだからゆっくりで良いから海まで行きたい!!と主張し、無事に来ることが出来ました。

アップダウンはなく走りやすい道なのですが、走る靴ではないKさんはちょっと大変だったかもしれません。
舗装されてない道を走ったので、私も足首が張ってます。
ちょっとしたトレイルラン(未舗装の道を走るランニング)気分を味わえました。
しばらく海を見たり給水をし、帰ることにします。
0モアルボアルジョギング2日目17(1)
帰りも牛の親子がいたりして、癒されました。
モアルボアルジョギング2日目14(1)
私もしんどかったし、Kさんも足が痛い様子でしたので、後半はほとんど歩いて帰りました。
0モアルボアルジョギング2日目20(1)
中々普段は走れない様な場所でのジョギングは、楽しかったです。
景色の良い道を走るのは、気持ちが良いですね。

実際走った距離は、不明なのですが、6kmくらいになるのかしら?
景色を楽しみながら、ウォーキングをし,ホテルに帰る頃には、夕暮れになってました。

あわてて、ダイビングショップに器材を引き上げに行かないとならず、サザナミマリンさんと暗い中、手分けして、メッシュバックに詰めたり、干してある器材を片付けました。

器材をまとめておくと、ケンタさんやスタッフの方がホテルの部屋の前まで運んでくださいました。

器材は、まだ乾いていないので、少しでも乾かして、荷物の重量が増えないようにと、再度ホテルで干しておきます。

その後は、モアルボアルでの最後の夕食の時間です。
その日は、ホテルのレストランでいただくことにしました。
宿泊していたイブスキオスクロッジは、ビールが安く、食事も美味しいと評判だそうです。
ただビーチ沿いではないためか?割と空いているので、穴場なのかもしれません。
P3133263(1).jpg
マンゴーシェイクも美味しかったです。
P3133264(1).jpg
ヌードルを頼んでみました。
フィリピン人は大のヌードル好きの様で、空港には日本のカップめんを箱で大量購入している方々を良く見かけます。
そんなお国柄??が反映されているヌードルはインスタント麺ながら美味しかったです。
ポークチョップも美味しかったです。
P3133265(1).jpg
シニガンスープは、昨日飲んだものより、ローカルな味で、ややピリ辛です。他にはフィッシュ&チップスとフライドライス(焼き飯)をいただき、お腹いっぱいです。
と言いながら別腹で
P3133268(1).jpg
フィリピン名物のハロハロを頂きました。
フィリピンのパフェの様な感じで、アイスクリーム、かき氷、フルーツポンチやナタデココなどいっぺんに楽しめます。

皆で楽しく飲み食いをし、大満足なのですが、せっかく走ったカロリーが・・・。
あ!!ランニングアプリ停止するの忘れてました。

慌ててホテルの部屋に帰ってから止めたら、

走った距離  17・06km
時間  07:22:24
消費カロリー 3186kcal
平均速度  2・31km/h
平均ペース 25・56 min/km
最大速度 11・29km/h
高度 上昇/下降 40m/40m

ってあり得ないデーターになってました。

食後、また前の日にお願いしていたお土産屋さんのマダム達がマッサージに来て下さり、癒されました。
昨日とは、違うスタッフの方でしたが、この方も私の疲れている足首を中心にほぐしてくれます。
その方の体調を見ながらやってくださる感じで、すっかり気に入りました。

感謝の気持ちを込め??マッサージ後に、相方用のお土産のTシャツと自分用のTシャツ、それからジンベイザメのマグネットを購入しました。
全部まとめて550ペソ、日本円だと1,100円くらいでした。

お土産を買ったら、明日の朝の出発が早いのでさっさと寝ることにします。

いよいよ帰国の報告になりますが、次回記事に続きます。


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

テーマ : ジョギング・ランニング - ジャンル : スポーツ

モアルボアルツアー3日目 3月13日 DIVE NO307 ペスカドール島 トンゴサンクチュアリ

先日のマラソン大会の影響かと思いますが、足全体が久しぶりにえらく筋肉痛になってます。
その為、日曜日は、ジョギングをお休みし、休足日にすることにしました。
マラソン大会当日、走り終わってから、完走証を待つ間、あまりに汗冷えで寒かったので、並びながらスクワットをこそこそやって寒さをごまかしていたのが原因なのかもしれません。
もしくは、普段よりペースを上げて走ったからその影響なのでしょうか?
いずれにしても筋力なさすぎで情けない…。
今日は、筋トレもお休みし、ストレッチをしっかりやりました。

さて本題で、今回は、モアルボアル旅行記の続きを記録したいと思います。
4日間という日程だと本当にあっという間です。
早くも6本目のダイビングでラストダイブとなってしまいました。
旅に出る前は、あれこれ調べて心待ちにしている期間は、本当に待ち遠しいのに、いざ旅に出ると、楽しい時間は、すぐ過ぎて行きますね。

一緒にボートに乗っていた方で、2本で終わるゲストの方もいらっしゃるので、一旦ダイブショップに戻ってランチの時間となりました。
P3133167(1).jpg
記念にお世話になったボートとスタッフの皆様を撮ってみました。

一旦ウェットを脱いで、パーカーと短パンを着て、ビーチの目の前のレストランに入りました。
道中に綺麗なお花が咲いてました。
P3133168(1).jpg
南に生息するお花は色も鮮やかですね。

さて昼食は、皆様それぞれ、一皿ずつのオーダーになったので、私はクレープとバナナシェイクを頼んでみました。
フィリピンのレストランは、きっと日本のレストランのように仕込みなどはしないのでしょうね。
頼んでからすべて調理がスタートするので、中々出てこないです。
しばらく待つことになり、一皿ずつ出来あがった料理が運ばれて来ます。
来た方から順番にいただくことになります。
P3133170(1).jpgP3133171(1).jpg
日本で食べるガレットとは違って、パンケーキの様な生地の中にハムやチーズ、野菜が入っているので、思ったよりボリュームがあり、少し残してしまいました。

お腹いっぱいになったままですが、翌日の飛行機搭乗を考えると、早めに潜っておきたいので、食休みをする間もあまりなく、出船準備のためショップに戻りました。

波のある海況だと、お腹いっぱいのままで出船だと、気持ち悪くなりそうですが、まあまあの凪なので、問題なくポイントまで行けました。
神子元の様な外洋で潜る場合は、食後でなくても気持ちが悪くなることが多いので、3本潜る場合でも、ダイビングが全て終わってから食事を取るようにしてます。

3本目はトンゴサンクチュアリというポイントで、サンゴや浅場の魚影の濃さが魅力の場所のようです。
ドロップオフ沿いを流して行くドリフトダイビングになります。
P3133173(1).jpg
オヤビッチャも沢山います。
P3133174(1).jpg
寄ってみました。
P3133178(1).jpg
ヒレフリサンカクハゼを教えていただきます。
順番に観察します。
引っ込まないで~と念じながら、近寄りました。
思ったより肝の据わった個体のようで、ジッと動かずいてくれました。
最後に見るので、引っ込んだり逃げられても平気なのですが、ハゼ系の生物を引っ込ませたり動かすとなぜかひどい罪悪感を感じます。
P3133180(1).jpg
大きなカメが出現します。
P3133181(1).jpg
人慣れしているのか、むしろ近づいて来るようです。
P3133184(1).jpg
カメを激写するサザナミマリンさんです。
P3133185(1).jpg
追われたカメが私の方に向かって来ます。

ドロップオフ沿いで2本目でも見たこの群れ
P3133187(1).jpg
何かの幼魚の様で小さいのです。
後で聞いたら、コンピクトブレニーの幼魚のようです。
ギンポの幼魚って群れるんですね。新たな発見で驚きました。
P3133193(1).jpg
ちなみにこのギンポは、日本にいないお魚だそうです。
P3133196(1).jpg
アラレキンチャクフグかな??図鑑で見ると似ています。
ドロップオフの深い場所にミカヅキツバメウオの群れがいたのですが、翌日の飛行機の搭乗を考えると深場に行けません。写真を撮ってみましたがほぼ写ってなかったです。
P3133202(1).jpg
気を取り直して、浅場の群れ観察です。
オキザヨリの群れです。
P3133208(1).jpg
ついでに又カメを発見します。
このポイントはカメが多いのかな?
P3133209(1).jpg
イスズミの群れです。
P3133214(1).jpg
このお魚なんでしょう??
P3133217(1).jpg
ゴマモンガラは襲われたらどうしよ~と思いながら撮ってみました。P3133219(1).jpg
このポイントも群れ群れですね。
P3133221(1).jpg
サンゴも元気いっぱいです。
P3133222(1).jpg
アヤコショウダイも南の海では珍しくないのですが、中々遠征に行けない私は、普段見れないので喜んで撮影しますが、すぐいなくなってしまいました。
P3133225(1).jpg
ゴマアイゴの群れです。
このお魚も普段は、御縁がありませんので、見れて嬉しいです。
P3133227(1).jpg
ガイドのケンタさんが、私の好きなコクテンフグを発見し、手に持って、Kさんに渡してました。
こんな姿に…。
Kさんが手を離すと逃げて行き、
P3133229(1).jpg
段々しぼんでました。
P3133231(1).jpg
普通の姿が個人的には好きなので、写真を撮りたかったのですが、岩の隙間に逃げ込んでしまいました。
P3133233(1).jpg
これも先ほどと同じアラレキンチャクフグかしら??
キタマクラの南の海バージョンみたいでした。
P3133236(1).jpg
可愛いギンポを教えていただきました。
ホワイトラインド コームトゥースブレニーというギンポだそうです。
ギンポ系大好きの私は大喜びでした。
P3133239(1).jpg
キャンディーケイン・ドワーフゴビーの魅力にはまった様で、また写真撮ってました。
イソハゼ属も好きなお魚です。
そろそろ安全停止の時間になり、浅い場所を進んで行きます。
P3133243(1).jpg
またまた大物のカメが登場です。
P3133246(1).jpg
大きなカメには、大きなコバンザメが付くのかしら?
2匹をはべらしてました。
P3133256(1).jpg
大きくて、立派なテーブルサンゴがありました。
自然が作り出す景観は凄いですね。
P3133252(1).jpg
ラディフュージュラーも群れ群れです。
肉眼で見ると、このお魚も本当に美しく迫力があります。

名残惜しいのですが、ツアー最後のダイビングも浮上の時間です。
P3133260(1).jpg
毎回、このようにお2人で、BC,ウェイト、フィンを外して楽にラダーを上らせていただき、本当にありがとうございました。

楽しかったモアルボアルの海、色々思い出が出来ました。

透明度は、それ程高い場所ではありませんでしたが、明るい海の中で、群れ群れのお魚や、普段見られない元気なサンゴや南のお魚たちとの出会いは本当に楽しかったです。

ボートでダイビングショップに帰ったら記念に
P3133261(1).jpg
ポイントマップの写真を撮りました。

器材を洗って干したらログ付けをしました。
ケンタさんには、しつこくベラやブダイのことを質問し、申し訳ございませんでした。
いろいろ南のお魚を教えていただき、ありがとうございました。

ログ付けを終えたら、ホテルに戻って、この日はKさんも参加で、また街をジョギングすることに決めていたので、ケンタさんにホワイトビーチまでの行き方を教えていただき、ショップを後にしました。

さて、2日目の南の島ランはどうなることでしょう。

次回記事に続きます。

★DIVE: NO 307
★タンク: アルミ12リットル 
★スタート時残圧200 エキジット時残圧 110
★DIVE TIME 47分 IN 15:17 OUT 16:04
★水温:28度
★最大水深:18・0メートル
★平均水深:7・3メートル
★透明度:12~15メートル
★スーツ:5ミリワンピースと2ミリフードべスト

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

モアルボアルツアー3日目 3月13日 DIVE NO306 ペスカドール島 サウス

都内の桜の開花や今日のマラソン大会の練習にかまけている間に、段々モアルボアルの記憶が薄らいで行きそうです。

忘れない間に記録をしたいと思います。

1本目と2本目の間の水面休憩からのご報告です。

この日は、風が出ているように思いましたが、波も穏やかで、ボートの上で、ゆっくり過ごすことが出来ました。
毎回、休憩時間には、温かい飲み物をサービスしていただけるので、有難いです。

南の島のダイビングとはいえ、潜った後は、案外冷えるものです。
伊豆ダイバー的には、充分水温も温かく、気温も高く、寒くないように思うのに、身体が慣れてしまうと寒さを感じるなんて贅沢なことですね。
いつも南国でも、ボートに乗る際には、念のため防寒用に上着を持参してます。
冬にトライスーツで潜っていることを考えると、この温かさは、天国なのですが・・・。

また南の島で潜っていると、気にならないかと思いますが、今回ウェットスーツの中への水の浸入も気になってしまいました。

前々から私のブログをお読みの方は、ご存知かと思いますが、私のウェットスーツ、膝に2センチほどの穴が開いており、伊豆で潜っていると、水が入ってくるので、膝が冷えて辛かったのです。
その為、ウェットスーツの生地で出来ている、ひざ当てを買って、少しは、ましになっているのですが、今回フィリピンで潜っていても、水の侵入が気になります。

フィリピンでは、それほど膝が冷えるということも無いのですが、これから、伊豆でこの穴のあいた膝で潜るのは、本当に寒そうです。

いよいよ、ロクハンを作成しないとならないのですが、なかなか減量が間に合わない…。
あと3キロ痩せたら作成したいです。
頑張って走っているのに、なかなか体重って減りませんね。

話がそれてしまいましたが、休憩が終わったので、2本目のブリーフィングです。
ポイントはサウスというポイントになります。
こちらもドロップオフやスロープにハナダイが群れていたり、魚影が濃い場所のようです。

順番にエントリーして水中で集合です。
P3133103(1).jpg
綺麗なサンゴの上にスズメダイやハナダイがびっしり群れてます。
P3133108(1).jpg
透明度は、それ程良くないのですが、海の栄養たっぷりという感じです。
その為群れ群れなのかもしれません。
P3133109(1).jpg
群れを見るスイッチが入ったのか?群ればかり撮影してました。
P3133116(1).jpg
リクエストしていたオオモンカエルアンコウをご紹介いただきました。
想像していたより大きい個体です。
聞いてはいたのですが、思ったより深場にいるので、写真を撮ったらさっさと深度をあげて行きます。
本当に深場は嫌です。窒素酔いが怖い…。
P3133118(1).jpg
中層には、ギンガメアジの小群れもいましたが、やや根から離れてしまうので、流れを考えて、追うのはあきらめました。
1人で沖に持っていかれたら嫌だし…。
P3133121(1).jpg
イワシの群れがびゅんびゅんしていたので、もしかしてニタリでも!!と都合良く考えましたが、現れませんでした。
そんなに世の中は甘くないようです。
P3133125(1).jpg
キビレボウズハギの群れかと思いますが、ワイドの写真って難しいですね。
なかなか様にならず…。
P3133130(1).jpg
ハタタテハゼがいるのを教えていただきました。
南の海では、普通種なのですが、普段見れないので、嬉しかったです。
P3133135(1).jpg
フィリピンのクラゲを撮ってみました。
伊豆で見るクラゲとあまり変わりませんが、クラゲの中にも季節来遊魚の様な種類があるのかしら??
クラゲに関しては、ほとんど知識がなく、種類もよく分かりません。
P3133139(1).jpg
沢山いたウミウシは、センジュウミノウミウシという種類だそうです。
ウミウシっぽくは見えなかったです。
P3133145(1).jpg
遠いのですがカメが泳いでいるのが見えました。
証拠写真レベルしか撮れませんでした。
P3133152(1).jpg
元気なサンゴを見るのは良いですね。
P3133155(1).jpg
メラネシアンアンティスは何度も写真を撮りますが、中々綺麗に撮れません。
P3133158(1).jpg
浅場に来るとベラが気になるようです。
クギベラかな??
P3133159(1).jpg
これもべラ科だと思いますが、何のべラなのか不明です。
P3133160(1).jpg
安全停止中は色々なベラやブダイに夢中になりました。
タレクチベラに似ているような…。
ベラやブダイに関心があるお客様、又はガイドさんが少ないのか?ベラ科の生物をログ付けの際に、色々ガイドさんに聞くと、ちょっと困っている様な気がするので、なるべく自力で図鑑で調べようと思うのですが、やはり良く分かりません。
私の写真もはっきり写って無いからなおさらです。
P3133162(1).jpg
普段は、砂地に鎮座しているイメージのマダラエソが泳いでいたので、写真を撮ってみました。
P3133166(1).jpg
浮上前に、イバラカンザシを発見したので、順番を待ちながら撮ってみました。
2本目の写真の中では一番の力作かも・・・(笑)
伊豆でも見れる物に一生懸命になってしまいました。

順番が来たので、私もボートに上がらせていただきました。

2本目は、思っていたよりちょっと流れてましたが、魚影を楽しんだり、南にしかいないお魚を見れて楽しかったです。初心者のお2人も初めてのドリフトダイビングを楽しんでいたようです。
私も、初めてドリフトダイビングをした時に、まるで空を飛んでいるみたいな感覚で、移り変わる水中景観を楽しく思ったものでした。

私もまだまだ経験が浅いダイバーではありますが、いろいろな経験をして、ダイビングが上手になる様、頑張ろうと思いました。


★DIVE: NO 306
★タンク: アルミ12リットル 
★スタート時残圧200 エキジット時残圧 80
★DIVE TIME 42分 IN 12:04 OUT 12:46
★水温:28度
★最大水深:12・5メートル
★平均水深:32・0メートル
★透明度:12~15メートル
★スーツ:5ミリワンピースと2ミリフードべスト

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

モアルボアルツアー3日目 3月13日 DIVE NO305 ペスカドール島 カテドラルケイブ

今日は、都内も気温が高く夏日でした。
伊豆でも、ウェットスーツで潜れそうな気がする暑さなのですが、まだ海の中は、水温が上がり切って無いので、実際はまだまだドライスーツで潜ることになりますね。
早くウェットで潜りたいです。
きっと海の中は、春っぽくなっていることでしょうね。
黒潮が接近しているようですので、神子元に、カンパチの群れを見に行きたいのですが、今月は旅行に行ったばかりだし、4月の1週までは、伊豆はお休みです。

伊豆の海が恋しいのですが、旅行記を記録して、気持ちを紛らわせたいと思います。

さてモアルボアルツアー3日目の記録です。
早いもので、4日間の行程のため、ダイビングはこの日で終了です。
翌日に、飛行機に乗って帰国するので、早めの時間に近くのポイントで3本潜る予定でした。

前日、割と皆早く寝たこともあり、7時前に起床し、ホテルで朝食を頂きました。
P3132986(1).jpg
ホテルのレストランはこんな感じです。
少し敷地内をお散歩してみました。
P3132987(1).jpg
きっと講習でも使うのでしょう。
水深やや深めのプールがありました。
P3132988(1).jpg
庭には猫がいました。
P3132989(1).jpg
朝食は、自家製パンにハムエッグ、飲み物が2種類のシンプルな内容でしたが、やっぱりフィリピンのパンは素朴な味がして美味しかったです。

朝食を終えて、ホテルから歩いてすぐの、ダイビングサービスのエメラルドグリーンに8:30に集合しました。

ショップについたら、早速支度開始です。
腰までウェットスーツを着て、そのまま歩いて船着き場まで行きました。
ショップからは、歩いてすぐの距離で、便利でした。

今日は、日本人のご年配の男性と女性のお客様と乗合になりました。
女性のお客様が、私と同じオリンパスPENの別の品番のカメラを持っていらっしゃいました。
私のカメラはコンパクトにまとめてますが、立派なストロボやライトを搭載なさっていたのがうらやましく思いました。

皆様と一緒に、ペスカドール島を目指します。
P3132995(1).jpg

ボートで約15分位だったかな?ペスカドール島に到着です。
ペスカドール島は、サンゴ保護地区のため、グローブの着用、着底が禁止されてます。
セブ島周辺では、一番サンゴが綺麗な場所といわれているようです。

1本目は、水深18Mあたりからのドロップオフの壁に洞窟がある、カテドラルケーブというポイントです。
縦に抜けるケーブがあるそうです。

ワイドレンズを装着しエントリーします。
この日は、前日のボートと違って小振りのためなのか?バックロールでエントリーをすることになりました。

一緒になったKさんは、バックロールエントリーが初めてなので、最初に私が見本を見せることになりました。
私なんぞが見本で良いのか??

初心にかえって、背中から着水するよう、努めました。
いつもなら意識せず、なんとなく適当にバックロールエントリーしますが、今回は見本になると思うと、基本に忠実になるよう、やってみました。

怖がりながらもお2人とも無事にエントリーなさってました。
私も初心者の頃、バックロールエントリーが怖かったな~と懐かしく思いました。
いつの間にか普通に怖くなくなってました。
P3132997(1).jpg
最初はネッタイミノカサゴのちびちゃんを撮りました。
P3132999(1).jpg
ケンタさんがニセクロスジギンポがいるのを教えてくださいました。
とてもかわいい♪です。
P3133000(1).jpg
南の海に行くと、気になるお魚の一つにミカドチョウチョウウオがいます。
何度も写真を撮っていたのに、中々綺麗に撮れません。
P3133004(1).jpg
ハナダイも沢山いて綺麗です。
P3133006(1).jpg
ハナミノカサゴの黒い個体です。
やや小さめサイズでかわいかったです。
P3133011(1).jpg
いよいよケーブに到着です。
洞窟の中には、多分??ミナミハタンポが群れてます。
縦穴を抜けて行きます。
P3133021(1).jpgP3133022(1).jpg
幻想的で綺麗でした。
P3133032(1).jpg
ケーブを抜けると、やや深場にいることが多い、スジハナダイがいました。
窒素酔いが怖いので、深くて寄れない…。
証拠写真になってしまいました。
P3133034(1).jpg
ベラ好きの私の渾身の一枚??モンツキべラかな?
綺麗なべラなので、しつこく追い回しました。
P3133035(1).jpg
ツノダシの群れです。
伊豆だと群れで見るより単体か2匹位しか見られないように思います。
P3133038(1).jpg
ツノキイボウミウシという耳慣れない名前のウミウシを教えていただきました。
P3133040(1).jpg
ケーブ以外にも所所、地形の綺麗な場所がありました。
ダイナミックな地形が楽しいポイントです。
P3133047(1).jpg
キャンディーケインドワーフゴビーというアカイソハゼ位の大きさの小さなハゼです。
マクロ魂がないなりに頑張ってみましたが…。
P3133051(1).jpg
イロカエルアンコウは、伊豆にいる個体より大きかったです。
伊豆のカエルアンコウは、フィリピンにいる個体に比べ、全体的に小さいようです。
P3133057(1).jpg
多分?クラカケチョウチョウウオのペアです。
(お魚の名前間違っていたらご指摘ください。)
P3133066(1).jpg
モンガラカワハギ科だと思いますが、図鑑を見ても名前が分かりません。
P3133067(1).jpg
このチョウチョウウオも、綺麗だったので写真を撮りましたが、調べても名前が分かりません。
追記:のんべぃ様よりツーアイドコーラルフィッシュと教えていただきました。ありがとうございました。
P3133069(1).jpg
誰かの吐いたエアーが良い味出していたので…。
P3133077(1).jpg
ゴカイ好きなので、イバラカンザシ以外のオオナガレハナカンザシなどにも興味があります。
P3133079(1).jpg
南の海には、綺麗なベラが沢山いるので、私は大忙しに追いまわしますが、惨敗です…。
P3133090(1).jpg
そろそろ安全停止なので浅場でのんびりサンゴやお魚観察です。
P3133092(1).jpg
またまたべラが気になりました。
トカラべラかな??
P3133095(1).jpg
浮上前はオヤビッチャの群れが綺麗でした。
初島のフタツネでも、夏場、やはり浮上前に、群れているをよく見かけます。
P3133096(1).jpg
順番にエキジットしている間に、クマドリを撮影しました。
最後から2番目に(一番最後はサザナミマリンさん)上がらせていただき、皆様より少しだけ海を長く楽しみました。

地形の美しさだけでなく、ドロップオフ、美しいサンゴ、魚影の楽しめるこのポイントは、かなり楽しめました。

噂通りペスカドール島の海は、本当にサンゴが綺麗でした。

2本目はどんな海なのか?期待したいと思いました。

★DIVE: NO 305
★タンク: アルミ12リットル 
★スタート時残圧200 エキジット時残圧 80
★DIVE TIME 48分 IN 10:12 OUT 11:00
★水温:28度
★最大水深:13・9メートル
★平均水深:31・1メートル
★透明度:12~15メートル
★スーツ:5ミリワンピースと2ミリフードべスト


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ