プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:558本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(9)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(26)
  ・カメ根(161)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(23)
  ・江の口(35)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

DIVE NO363 伊戸 沖前根 東ブイ

さて、忘れないうちに17日の伊戸ダイビングツアーの2本目の記録をしたいと思います。

1本目が終わったら、施設に帰り、温かいコーヒーを頂きながら休憩しました。
お茶やコーヒーを自由に入れていただくことが出来ます。

伊戸ダイビングサービス BOMMIE(ボミー)のオーナーのSさんやサザナミマリンさんとお話しながら休憩していたら、潜る前に室内で見かけたチャチャという猫ちゃんが外に出て来ました。
1012005_550704215026326_2003944440_n_convert_20140118221357.jpg
人懐こいので撫でさせてくれたり、お腹を見せてごろねしたりと、かなり可愛い猫ちゃんです。
日が出て来て暖かくなって来たので、猫も日向ぼっこに来たみたいです。
クラブハウスは海に面していて、日当たりも良く、ストーブなしでもポカポカ陽気の中、休憩が出来ました。
冬は暖かく、夏は涼しく過ごせるよう風よけを外したり、付けたり出来るそうです。
すっかりくつろいでのんびりしていたら、2本目の時間になり、慌てて支度をしました。

2本目は、何処に行きたいですか??とボミーのSさんが聞いてくださったので、先ほどエイのお腹の部分を上手く写真が撮れなかったので、リベンジしたいと言うと、東のブイを中心に東の山というもう一つの根を案内してくださるということになりました。

Sさんの「サメに飽きましたか??」という質問には、「サメはいくら見ても飽きる気がしないです。」と答えたら、「サメもゆっくり見ても良いですよ!」とのことでした。
昨年の冬、フィリピンのオスロブで見た餌付けのジンベイザメに関しては、1本でお腹いっぱいになってしまったのですが、ドチザメの群れは飽きないみたいです。

元々群れ好きということもありますし、その群れがサメであれば、なおのことずっと見ていたいのかもしれません。


そんなわけで2本目は東のブイからエントリーします。
P1178068(1).jpg
このボートは、(この日は使いませんでしたが、)トイレも完備されており、ダイビング向けに改装されているので、広々座れて快適でした。

エントリーしたら、
P1178070(1).jpg
浅い場所からもドチザメの群れが見えます。
P1178072(1).jpg
アジの群れも普段見ないので私にとって新鮮です。
P1178073(1).jpg
それにしても沢山いますね~。
50~100匹はいる気がします。
P1178076(1).jpg
ショウサイフグの群れも見るのが初めてで面白かったです。
P1178080(1).jpg
よく見ると可愛いフグですね。
P1178084(1).jpg
大きなクエが何匹かいますが、このクエは雌らしいです。
P1178091(1).jpg
今回は写真を撮りやすいように、私が餌付けをするのを辞めてみては??とアドバイスをいただきましたので、Sさんの周りに捕食にやって来たエイを狙ってみます。
P1178093(1).jpg
エイのお腹を狙いながら苦戦中・・・。
P1178094(1).jpg
口を開けて餌待ちのアカエイです。
P1178095(1).jpg
何とか撮れた?!
P1178100(1).jpg
こっちに突進してくるので、ちょっと怖いです。
P1178101(1).jpg
餌をまくとアカエイが舞うのでその瞬間を狙います。
P1178103(1).jpg
中々難しいです。
P1178107(1).jpg
口のアップです。
意外に歯が見えてないです。
P1178114(1).jpg
シラコダイの群れの中にユウゼンに似た柄のお魚が混ざっていると教えてくださったのですが、探すことが出来ませんでした。
P1178124(1).jpg
そろそろまたサメを見たいな~と思い、サメのいる方に移動します。
P1178133(1).jpg
ドチザメってよく見ると可愛い♪と思うのは私だけでしょうか。
P1178138(1).jpg
微妙に柄が違うのも見ていて興味深かったです。
雄と雌で色が違うのかしら??
P1178140(1).jpg
ドチサメについて調べると、昼間は穴などで休んでいるらしいのですが、このサメたちはいつ寝ているのかな??
このサメはおとなしいので人を襲ったりはしないようです。

サメもじっくり観察しますが、捕食している
P1178148(1).jpg
ヒゲダイや
P1178149(1).jpg
アカエイもやっぱり気になります。
P1178152(1).jpg
とうとう餌箱は空っぽになりました。
P1178158(1).jpg
根の周りにいるサメやエイも絵になります。
P1178164(1).jpg
水温さえ気にしなければ、南国で潜っている気分です。
P1178166(1).jpg
透明度も抜群です。
P1178179(1).jpg
またまた大きなクエが登場です。
Sさんが、スレートに「マリオ」と書いてくださって先ほどのクエと別の個体を指しています。
休憩中にお話を聞いたのですが、先ほど見た、タイソンとは別の雄のクエがもう一匹いるとのことで、縄張り争いをしている?!雰囲気なのだそうです。
そのもう一匹のクエが登場したみたいです。
P1178182(1).jpg
もともとマリリンという雌だったのが、性転換した途端大きくなったようで、噂通り大きかったです。
P1178198(1).jpg
群れ好きとしては小さな群れも見逃しません。
ゴンズイです。
P1178200(1).jpg
でもやはりサメに目が奪われます。
私がアカエイとサメに夢中になっていたせいで、東の山に行く時間がなくなってしまいました。
それにDECO出しそう・・・。
減圧不要限界まであと5分!!
というわけで浅場に避難です。
P1178204(1).jpg
群れを見ながら徐々に深度を上げて行き、安全停止をします。

安全停止の時は、何処のポイントで潜ってもいても、見る物が無く暇だとやはり寒くなりますね…。

安全停止を終えて無事にエキジットをしたら、港に戻ります。

港に戻るまでは1本目と同じように、バケツにお湯を汲んでいただき、暖を取りました。
これがあるだけで寒さを感じずに済むので助かりました。

東の山に行って細かい物でも見ましょうか??と仰ってくださったのに、時間が無くなるまでサメとエイをみてしまい、失礼しました。

次回にまたリベンジさせていただきます。

伊戸のダイビングは、想像していた以上に楽しめました。
都内から2時間半かからず、大物がどっさりいるのが、凄いなと思いました。

勿論、探すとウミウシやハナダイなどもいるみたいなので、マクロを楽しんでも良いでしょうね。

またサメやエイに囲まれれたくなったら行こうと思います。

器材を干したら、お店の目の前にある、海の駅「だいぼ工房」にて、その日定置網で獲れた新鮮なお魚を食べに行きました。
P1178210(1).jpg
お店の前からは海が見えて素敵なロケーションです。
P1178211(1).jpg
お店の中には、有名人や芸能人のサインが沢山ありました。
P1178212(1).jpg
サザナミマリンさんはイサキを使ったなめろう定食です。
おだしでお茶づけにして召し上がっても美味しいそうです。
私が頼んだのはサンガ焼きとお寿司の定食です。
P1178214(1).jpg
ダイエットは何処に行ったのかな??と思われますが、
P1178215(1).jpg
サンガ焼きと
P1178216(1).jpg
お寿司をサザナミマリンさんにもお手伝いいただき、お腹いっぱいになりながら全部食べちゃいました。
食事は伊豆より美味しいかも・・・。
このボリュームで1500円は凄いですよね。

海も楽しいし、ご飯も美味しいし、伊戸は良いポイントだな~と思いました。

クラブハウスに戻って、器材を片付けたら、東京に帰ります。
ボミーさん、大変お世話になりありがとうございました。
又いつか参ります。

私が行きたがったので、海ほたるサービスエリアに寄っていただき、ちょっとした買い物をしたり、景色を見たりして休憩しました。
カメラを車に置いて行ってしまったので写真がありませんが、東京湾を360度一望できるデッキが綺麗でした。

その後は、金曜日だったので、首都高速で大渋滞になったり(汗)しましたが無事に渋谷に到着です。

伊戸に行きたいと前から思っていたので、今回は、連れて行っていただき、嬉しかったです。
このご恩は潜りに行くことでお返ししたいと思います。
そんなわけで、28日は、今のところ出航の決まっている神子元でのダイビングの予定です。
後は海況次第ですので、今度こそいけると良いですね。


★DIVE: NO 363
★タンク:スチール10リットル 
★スタート時残圧200  エキジット時残圧80
★DIVE TIME 36分 IN 12:13 OUT 12:49
★水温:15度
★最大水深:21・0メートル
★平均水深:16・8メートル
★透明度:20~25メートル
★スーツ:ドライスーツ


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

DIVE NO362 伊戸 沖前根 西ブイ~東ブイ

ご訪問ありがとうございます。

1月17日金曜は、初潜りで千葉の海に行ってまいりました!!

千葉にもダイビングポイントは色々ありますが、今回は伊戸にお邪魔させていただきました。

その記念すべき?!私の千葉ダイビングデビューの備忘録でございます。

今回視察も兼ねてということで、まずは渋谷6:50に集合し、出かけて見ましょうとのご連絡をサザナミマリンさんからいただいておりました。

無事に集合し、首都高速に乗っていざ千葉方面を目指します。

伊豆に行くのと違い、都心を突っ切って湾岸を通って千葉に行くので、いつも見える車窓からの景色と違って、東京湾をより身近に感じながら移動しました。
P1177878(1).jpg
ジョギングで良く来るベイブリッジです。
普段は真下から見上げているのですが、今日は渡ります。
P1177879(1).jpg
久しぶりに渡る気がします。
P1177881(1).jpg
ジョギング中に竹芝桟橋から眺めていた東京スカイツリーも遠くに見えます。
ほぼ地元の筈が、すっかりおのぼりさんです。
東京湾アクアラインも初めて通るので、1人ではしゃぎながら海ほたるも通過します。
そもそも私にとって、海ほたるって何?という感じだったのですが、大きなパーキングエリアなんですね。
帰りに寄ってくださるということで、とりあえず、館山まで移動します。

私が想像していた以上に千葉は近かったです。
良く考えてみたら、今から20年ほど前、ボディーボードをするために、千葉の海には自分で運転していないのですが、何度か来ていたのですが、当時は海ほたるが無かったので、もっと時間がかかっていました。
当時は北区に住んでましたので、3時間ほどかかっていた気がします。
P1177886(1).jpg
やはり20数年前に一度来ている鋸山を見ながら、更に移動です。
波佐間、西川名と行ってみたいな~と思っていた場所を通過し、伊戸に到着です。
時間は9時過ぎ位でした。
現地では、伊戸ダイビングサービス BOMMIE(ボミー)さんにお世話になります。
2010年にオープンした、わりと新しいポイントなので、施設も綺麗で、とても使いやすかったです。
ストーブがあったり、室内でも休憩が出来るので、冬のダイビングも快適に出来ます。
施設の説明をしていただき、室内に入れていただくと、茶トラの可愛い猫ちゃんが寝てました。

その後、諸々のお手続きをしたら、ポイント紹介&ブリーフィングがありました。

お話を伺うまで、詳しく知らなかったのですが、なんとここでは、通年ドチザメの群れが見られるそうです。
伊戸には、昔から定置網がしかけてあり、漁師さんたちが、その網にかかる、商品価値の無い雑魚を網の周りに捨てていたそうです。
その捨てられた魚を昔からドチザメが食べに来ていたというのです。
捨てられた雑魚を食べに来た、ドチザメが定置網にかかるらしいのですが、あまり商品価値が無いらしく、その都度海に戻しているのだそうです。
それを繰り返す間にドチザメがどんどん増加していったとのことです。
2010年の伊戸のダイビングサービスのオープンにともない、それまで漁師さんが網の周りに捨てていた雑魚を、ダイビングポイントで引き取って、撒くようにしたところ、ドチザメをダイビングポイントに集めることに成功し、しかも漁師さんの定置網にも入りにくくなったため、漁師さん達からも感謝されているそうです。
ダイビングポイントのオープンにより、地元の漁業に役立っているのでしたら、一石二兆ですね。

10時に出航しますので、ややのんびり支度をし、ショップから歩いてすぐの港に移動です。
寒かったので、ドライスーツを着て、フードも被って移動しました。

器材はトラックで港に運んでいただいていたので、港でセッティングをし、ボートに乗せます。
乗船したら、まずはフィンを履いて、器材を背負ってからの出航になりました。

ポイントまでは3分位かしら??
近いし、この日はべた凪といってよいほど穏やかな海なので、酔い止め薬のアネロンなしで大丈夫でした。

下げ潮のため、西のブイから東のブイにドリフトしながら移動します。
エントリーは、ジャイアントストライドでロープを持ったままエントリーします。

そのままロープを伝って、潜行をし、水中集合です。

このポイントは砂地が中心で、西の尾根と東の山という根があります。
最大水深24Mとやや深めのポイントなので、減圧出さない様気を付けたいと思います。

西の尾根を通過中、タイソンという名前のクエがいました。
P1177905(1).jpg
人慣れしているのか?意外に逃げません。
このあたりを縄張りとしているのだそうです。
P1177908(1).jpg
ジッとしているメバルの群れが気になりました。
産卵のためこの時期に群れを作っていることが多いそうです。
P1177914(1).jpg
クマノミ岩にはクマノミが2匹いました。
P1177919(1).jpg
シシイカかな?多分…。
P1177924(1).jpg
アオヤガラの群れもいました。
P1177925(1).jpg
透明度のよい冬の海はいいですね。
そんなことを考えて潜っていたら、
P1177929(1).jpg
遠くて見えにくいですが、1匹のワラサがいました。
P1177934(1).jpg
ショウサイフグは、伊豆にはいない気がします。
私のブログでは初登場です。
P1177937(1).jpg
メジナも群れていました。
P1177941(1).jpg
クロホシイシモチも群れています。
P1177945(1).jpg
ヒゲダイも私のブログでは初登場です。
P1177951(1).jpg
こんな水温なのに(15度)ムレハタタテダイが沢山います。
餌づけもあるため、栄養状態が良いからかしら??
P1177955(1).jpg
カレイが砂から出たかと思ったら、周辺には、
P1177958(1).jpg
ヒゲダイの群れ、
P1177965(1).jpg
大きなアカエイがいるな~と思っていたら、
P1177966(1).jpg
沢山います。
更に奥を見たら、ドチザメが沢山います。
P1177969(1).jpg
これが噂のドチザメの群れです。
足の踏み場もないほどの数です。
P1177976(1).jpg
見渡す限りサメ
P1177979(1).jpg
振り返ってもサメ
P1177981(1).jpg
本当に凄いです。
P1177984(1).jpg
しかも近いし、逃げずにサメの方がこっちに向かって来ます。
いつも逃げるサメを追っている、サメ好きには嬉しい限りです。
P1177987(1).jpg
ハンマーも良いけどドチザメも素敵♪です。
P1177988(1).jpg
読んでいる方は飽きてしまうかもしれませんが、サメの写真を取り放題なのです。
P1178004(1).jpg
アカエイも餌を欲しがってダイバーに寄って来ます。
餌づけに挑戦をしましたが、中々上手に出来ません。
P1178010(1).jpg
エイのお腹が撮りたいのに・・・。口しか撮れなかったです。
P1178021(1).jpg
ガイドさんが餌をまくと他のお魚もごっそり寄って来ます。
P1178027(1).jpg
餌が入っている籠の中が気になるのかな??
P1178028(1).jpg
餌をまくと、アカエイが舞います。
P1178034(1).jpg
近いです。
P1178035(1).jpg
凄い顔してる?!
P1178036(1).jpg
私のストロボは餌じゃないよ~と言いたくなるくらい、齧られました(汗)
こんな感じでしばらくアカエイたちと戯れ、そろそろ時間というわけで、安全停止の体制に入ります。
P1178062(1).jpg
アジの群れも凄かったな~と思います。
P1178064(1).jpg
楽しかったので、あまり寒さを感じませんでしたが、安全停止の時、急に寒くなりました(笑)

伊戸の動画や写真をネットなど、ここに来る前に色々見ていたのですが、実際潜って、肉眼で見たら、サメやアカエイの数は私の想像を超えていました。

中々迫力があり、楽しかったです。

安全停止が終わると、エキジットをします。
まずスタッフの方にカメラを渡します。
その後は、フィンを履いたままラダーを登れるので、楽に上がれました。
私はタンクを背負ったまま上がりましたが、ご高齢の方や華奢な女性は、BCを脱いで、スタッフの方に渡して上がることも可能だそうです。

上がって一息ついたら、温かいお湯の入ったバケツを渡してくださって、浴びたり、バケツに手を入れたりと、暖を取ることが出来ました。
至れり尽くせりで、素晴らしいですね。

休憩は、港に戻り、クラブハウスで暖かいコーヒーをいただきながらのんびり出来ました。

2本目の報告は、次回の投稿に続きます。

★DIVE: NO 362
★タンク:スチール10リットル 
★スタート時残圧200  エキジット時残圧80
★DIVE TIME 43分 IN 10:18 OUT 11:01
★水温:15度
★最大水深:21・6メートル
★平均水深:17・0メートル
★透明度:20~25メートル
★スーツ:ドライスーツ

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


 ホーム