プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:538本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(56)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(7)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(24)
  ・カメ根(153)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(20)
  ・江の口(33)
・三ツ根(3)
  ・白根(8)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

たまにしか撮らないお魚

初島の海に初めて来た時、ライセンス取りたての初心者なうえに
初めてのドライスーツだったこともあり、自分に余裕がなく、
海の中のことを正直あまり覚えていません。
そんな状況で潜っていても、なんだか気になったお魚の一つが
カワハギでした。
kawahagi.jpg
(この写真は2011年2月22日大瀬崎・湾内に撮影しました)

普通種でも当時の私には海の中のお魚全てが珍しかったということも
あります。
泳ぎ方も優雅に見え、顔も可愛い!!と思いました。

あれから4年伊豆を潜り続け、見向きもしなくなるかと思いきや
今でもたまに撮影がしたくなるのです。
でもカワハギを一生懸命撮影している人って少ないですよね。
一緒に潜っている人が、遠くから私がカワハギを一生懸命撮って
いるのを見て、何かいるのか??と思って泳いで来て、カワハギ
だと分かると残念そうに戻って行くことがあります。

なかなか人気がないのでしょうか??

今日はそんなカワハギのことを知りたくなったので、図鑑をまた
取り出して見たり、ネットで調べてみました。

分布は、北海道以南、伊豆諸島、九州、朝鮮半島、中国、台湾と
主に日本近海という感じです。

水深50mより浅い砂底と岩礁が混じるような環境に生息するお魚です。
昼に活動し、夜は海藻などを口にくわえ、つかまって眠る習性が
あるそうなんです。
そんなかわいらしい姿見てみたいですね。
伊豆でナイトやったら見れるのかしら??

食性は肉食性で、ゴカイ、クラゲ、貝類、ウニ、甲殻類など、
さまざまな小動物を捕食するそうで、最近ではエチゼンクラゲを
集団で襲うことが判明し駆除に期待されているらしいです。

口に水を含んで砂地に勢いよく吹きつけ、砂にもぐった生物を
巻き上げて捕食するのですが、殻におおわれたカニや貝類なども、
頑丈な歯で殻を噛み砕いて食べてしまうそうです。

そんな攻撃的?!なカワハギが、すっかり油断しのんびりしている
動画を撮影出来ちゃいました。
4月21日の初島フタツネで撮ったクリーニングステーションでの
カワハギです。

クリーニングの瞬間を狙いましたがなかなかホンソメワケべラ
が近づきそうで近づかないのがじれったいです。
クリーニングされているから色がいつもより茶色っぽくなって
いるように思っているのですが、本当は違う魚だったりして…。
何はともあれ、今度はもっとまともな動画や写真が撮りたいです。

普通種のお魚はついスルーされがちなのですが、よく見ると結構
綺麗なお魚や面白いお魚も多いので見ていると楽しいものですね。



参考:カワハギ検定
   山渓ハンディ図鑑13 日本の海水魚

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

撮らせてくれないお魚

夏バテ気味なのか?最近ブログの更新をさぼりがちです。
土日の仕事もこの暑さで身体に堪えますね。

今日は、なかなかいつも写真や動画をゆっくり撮らせてくれない、
ちょっとつれないお魚です。

2010年3月18日初島 フタツネにて)


2010年5月12日初島 フタツネにて)

フグ目カワハギ科のヨソギです。
結構可愛いお魚なのですが、ライトが嫌いで逃げられるの
かもしれません。
一瞬撮りやすそうに思って近づくとすぐにいなくなるのです。
フグ目好きの私はいつも悔しい気持ちになります。

分布は相模湾以南でインド・西太平洋の熱帯域の沿岸の浅海です。
生息場所は砂地や岩礁で甲殻類、ゴカイ類、貝類などを捕食する
そうです。
伊豆では季節来遊魚になるのでしょうか?

写真にしようとすると
P1030062_convert_20100512215720.jpg
2010年5月12日初島 フタツネにて)
逃げの姿勢で
P1030797(1).jpg
2010年7月13日初島 フタツネにて)

全くまともに撮れないのです。
そんな感じなので動画さえも短いものしかありません。

良いアプローチ方法無いものですかね・・・。

なんとしても綺麗に撮りたいので、見かけた時は頑張りたいです。

参考:WEB魚図鑑
   山渓ハンディ図鑑13 日本の海水魚

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

どちらの種類のお魚かしら?

魚を見分けるのが苦手なのが、私の悩みのひとつです



(2010/2/17 フィリピンアロナビーチ ハウスリーフ撮影)

遠くて短い動画なのでノコギリハギなのか?シマキンチャクフグ
なのか?余計にわかりにくいです。

きっとノコギリハギだと思います。

ノコギリハギの生物分布は、駿河湾以南、インド・西部太平洋です。
サンゴ礁域に棲息するカワハギ科のお魚です。
毒をもつシマキンチャクフグに擬態し身を守るらしいです。

本家本元の?!シマキンチャクフグにそっくりです。

シマキンチャクフグの、生物分布は、南日本。インド・太平洋だそうです。
サンゴ群落域に棲息する小型のフグ科のお魚で、体表から毒を
出すことが知られております。

柄の入り方や形も良く似ていますね~。
ノコギリハギは、なんて擬態上手なのでしょう。

ノコギリハギにしてもシマキンチャクフグにしても季節来遊魚
(黒潮や台風の影響で、伊豆半島には初夏から初冬にかけて、
南の海からやってくる熱帯、亜熱帯種の魚たちがやって来ます)
に分類され、伊豆で見れると嬉しいお魚です。

それにしてもお魚を見分けるのって難しいですね~。
今まで掲載したお魚で間違っているのもあるかもしれませんね。

こればかりは、地道に訓練するしかないのでしょうか?!
良い方法がありましたらどなたか教えてくださいm(_)m

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


 ホーム