プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:538本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(56)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(7)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(24)
  ・カメ根(153)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(20)
  ・江の口(33)
・三ツ根(3)
  ・白根(8)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

憧れのゴンべ❤

地震が起きる前の記事で、
「次回の記事では憧れのゴンべをご紹介します。」と言っていたのを
ふと思い出しました。

その憧れのゴンべとは…。
P1020190(1).jpg
クダゴンべのことです。
2月1日のカパライのハウスリーフでのチェックダイブで見られて
とてもうれしかったです。

伊豆では深い場所にいるイメージで、私にはなかなか縁のないゴンべ
なんだろうなと思っていたのに、このお魚は水深20Mもない様な場所で
見れちゃいました。

分布は、相模湾以南から琉球列島、西太平洋・インド洋と東部
太平洋のカルフォルニアと広範囲のようです。
やや深くて潮通しが良く、ソフトコーラル類が発達した岩礁域・
サンゴ礁域の崖や水道部に生息するお魚だそうです。
良くいる水深は20M以深とのことですので見れたのはラッキーです。

ヤギ・ウミカラマツ・ウミトサカなどの腔腸動物類の中にいて
見つかりにくいらしく、この時もサザナミマリンさんに教えて
いただきました。
2月2日のシパダンでも大きなウミウチワに付いていたのをやはり自分で
探せず教えてもらいました。
クダゴンべ(1)
やはり水深は18Mくらいでしたので、深場嫌いな私でも見ることが
出来ました。

このお魚は一度棲み付くと一定期間いることが多く、大きなヤギには
数尾つく事もあるのだそうです。
実は2回目に見た時には2匹いたのですが、2匹一緒に撮った写真は
ストロボが不発で失敗してしまいました。
P1020638(2).jpg
色が出ていたら良かったのに…。

吻が管のように長く伸びているのが特徴で、和名の由来となって
います。
また、白地に美しい赤の格子模様が特徴で他のゴンベと容易に
区別が出来ますね。
魚を覚えられない私でもすぐに分かります。

食性は動物性で主に岩の間やヤギ類に付く甲殻類を細長い吻で吸い
込んで食べるそうです。
また飼育なさる場合、餌付けは容易で人工餌にもすぐなれる
そうですが、生息域が潮通しの良いやや深場の水質の綺麗なところ
であるので、水質が悪化すると弱るのが早いらしいです。

もしかしたら伊豆では水質の良い深場に行こうとしているのかな?

いつか伊豆でも見てみたいお魚です。
そして私の伊豆復活は一体いつになるのかしら??

だんだん海に行きたい気持ちになって来ました…。

参考:ダイバーのための海水魚図鑑
   山渓ハンディ図鑑13 日本の海水魚

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

どこの海でも可愛いお魚

てっきりミナミゴンべだと思っていました。
P1020189(1)(1).jpg
調べてみるとヒメゴンべみたいですね。

尾鰭に赤色斑があることで、ミナミゴンべではないと判断
出来るそうです。

あまりきれいではないのですが、これがミナミゴンべです。
P1020357_convert_20100414222357.jpg
2010年4月14日初島フタツネ
尾鰭が良く分かりませんが赤色斑はなさそうです。
また眼の隣に黒い眼状斑があることがミナミゴンべの特徴でも
あります。

1枚目のヒメゴンべ写真は2月1日のカパライのチェックダイブ
でハウスリーフを潜った時に撮影しました。

なぜかここにはわりと集団でいまして
ミナミゴンべ(1)

ありがたみがなくなりそうですが、固まっているのがなんだか
可愛いです。

ヒメゴンべも伊豆の図鑑に載っているので伊豆でも見れる
ようですが、私が気が付いていないのか?見た記憶がないのです。

分布は、南日本の太平洋岸、八丈島、琉球列島、小笠原諸島、
インド、汎太平洋とのことですので、やや南方のお魚なので、
これも季節来遊魚になるのかしら・・・。

サンゴ礁外縁部の潮通しの良い場所を好むお魚のようです。
サンゴの群体の上下にいることが多くあまり枝の奥には入らない
らしいです。

体色は白っぽい物から赤みの強い色まで変異があるようです。

雄はなわばりを持ちハーレムを作るというので、集合して
いたのはそういうことなのかしら??
ゴンべは単体でいるイメージだったので意外でした。

ゴンべ系のお魚は世界のどこの海に行っても可愛いな~と
思いました。
もっと色々な種類のゴンべが見たいなと思う今日この頃です。

次回の記事では憧れのゴンべをご紹介します。

参考文献:山渓ハンディ図鑑13 日本の海水魚

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

上手に化けている?!

新しい店舗に異動し、なんだか早く帰れる!!仕事が楽に
なったのかしら??と思っていたのですが、異動したばかりの
1週間は、よく考えたら休みが週1回しかなかったので、
仕事が進んだだけだったようで、普通に週休2日で休むように
なったら前の店舗にいた時と同じくらいの残業に
なって来ました…。

それでも週休2日で休ませてもらえるほうが嬉しいので頑張って
労働します!

海と関係ない前置きになってしまいましたが、
久しぶりにお魚についての記事を書こうと思います。

9月14日に行った黄金崎公園ビーチで出遭ったこのお魚
P1010442(1).jpg
ハナダイの仲間だと思ったのですが、ウイゴンべという
お魚だそうです。

本州中部以南、インド・西太平洋から東アフリカ・
南東大西洋・南アフリカ南部に分布し、沿岸から130mまでの
サンゴ礁域・岩礁域に生息するお魚だそうです。

スズキ目 ゴンベ科のお魚なのですが、なんとなく私の
イメージするゴンべは岩礁やサンゴにちょこんと居座っている
イメージなのに、このお魚はハナダイのように泳いでました。

調べてみるとゴンべ科の魚の中では珍しく遊泳性のお魚だと
いうことです。
海底から離れて泳いで、主に浮遊物の甲殻類を食べるそうです。

ハナダイに擬態しているという説もあるようですね。

本当に泳いでいる姿はハナダイみたいです。

※ダブルクリックで大きな画面でご覧いただけます。

カメラで撮影したのは初めてでしたので、とても興味
深いお魚だなと思いました。

伊豆のお魚でもまだまだ見たことのないお魚が沢山
いそうですね。

黄金崎はなかなか行く機会がない海でしたが、いつも潜る
初島や神子元では見れないお魚が見れるのでまた
行きたいですね。

でも寒くなってきたので暖かい海外にも行きたいな…。

12月も一度は伊豆の海に行く予定です。
久しぶりのドライスーツで潜るのがちょっと楽しみです。


参考文献:山渓ハンディ図鑑13 日本の海水魚
      ダイバーのための海水魚図鑑

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

最近気になるお魚

伊豆の普通種の中でも、最近気になるのはオキゴンベです。
私の中の勝手なマイブーム(死語?!)のようなものですが・・・。

P1020357_convert_20100414222357.jpg
2010年 4月14日 初島 フタツネにて)

追記:上の子はオキゴンベではなくミナミゴンベだそうです。
   コメントの中でDI様に教えていただきました。
   いつもお魚の名前間違いだらけで申し訳ございません 
   DI様、教えていただき、ありがとうござます。


スズキ目 ゴンベ科の魚です。体長は大きくなると14センチ程です。

相模湾以南、南日本・中国・インドに分布し、沿岸のやや深い
岩礁域・珊瑚礁域に生息しています。
底生性でウミトサカやカイメンの間で、太い胸鰭で体を支えて
います。
意外にダイバーを恐れないので写真も撮りやすいです。

このお魚は、背鰭棘部の先に糸状の短い突起があります。
オキは沖の意味で、他のゴンベ類よりやや深いところに生息している
からだそうです。


2010年5月12日 初島 フタツネにて)
※ダブルクリックで大きめの画面をご覧いただけます。

この子たちは求愛中なのか?黄色のオキゴンベのこの周りを
オレンジ色のオキゴンベがちょろちょろと動いていました。

この子は幼魚です。
P1020013(1)_convert_20100318210331.jpg
2010年3月18日 初島 フタツネにて)

小さくて可愛いですね~。

普通種なのですが、予想外に体色もいろいろな個体が
いるようですので、これからも色々撮影してみようと思ってます。

※参考:山渓ハンディ図鑑13 日本の海水魚
       ダイバーのための海水魚図鑑

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


 ホーム