プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:538本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(56)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(7)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(24)
  ・カメ根(153)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(20)
  ・江の口(33)
・三ツ根(3)
  ・白根(8)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

DIVE NO449 富戸  ヨコバマ

21日の日帰り富戸ダイビング、2本目の記録です。

あまり行ったことが無い富戸ですが、私が行くたびに施設がどんどん良くなっています。

何年か前に暖かいお風呂がエントリー口の手前に出来、これがあると、助かるわ~と思ったのですが、今回はこんな立派な休憩所が出来ていてびっくり!
P4217166(1).jpg
これである程度の雨風は防げそうですね。
有難い限りです。
ただこの日は日向にいる方が暖かかったので、椅子に座ったのは最初だけでした。
器材洗い場も出来ていて、その前に
P4217163(1).jpg
深山黄華鬘(ミヤマキケマン)らしきお花が咲いていました。

ほしいも食べてのんびりしているうちに2本目の時間になりました。
P4217167(1).jpg
エントリー口が1本目も2本目もちょっとだけ並ぶ感じでした。
平日なのに人が多いのね・・・この日は伊豆海洋公園がクローズになったので、富戸に流れていらしたダイバーさんが多かったのでしょう。
待っている間に思ったより荒れてない様子を撮りたかったのですが、水滴が・・・・。
P4217172(1).jpg
2本目も同じヨコバマからです。
入ってすぐにイワシの幼魚の群れが水面に沢山!見とれてしまい、なかなか潜行出来ませんでした。
P4217175(1).jpg
ヨコバマはイソギンチャク畑が広いですね。季節来由魚がいる時期は、きっとここから動けなくなりそうですね。
アカホシカクレエビとか観たいな~と思いますが、この日はクマノミもいなくてすっからかん?!に見えました。
その上をニシキべラが沢山泳いでいました。
P4217177(1).jpg
こんな雰囲気です。

2本目も懲りずにダンゴウオ探しをしている、サザナミマリンさんの隣で、私なりに生物探しをしてみます。
生物を見つけるの苦手なのですが、
P4217184(1).jpg
まぐれでオオモンカエルアンコウを発見しました。
ダンゴウオは見当たらないようで、移動開始です。
P4217189(1).jpg
オキゴンべの幼魚を久しぶりに見て、可愛くてしばらく動けなくなりました。
P4217194(1).jpg
写真で伝わらないですが、手のひらサイズくらい小さいヒラタエイの赤ちゃんです。
お魚の赤ちゃんはなんでも可愛いですね。
P4217199(1).jpg
小さなウミウシをサザナミマリンさんが教えてくださいました。コミドリリュウグウウミウシだそうです。多分私にとって初めてのウミウシです。
こういうマクロは根気が無く苦手なのですが、私にしては頑張ったほうですが、写真は・・・。
P4217213(1).jpg
このウミウシの上の方に、名前が分かりませんが、綺麗な貝を発見しました。
P4217218(1).jpg
イソカサゴを久しぶりに撮影したり、
P4217220(1).jpg
アオサハギに萌え~となったり、
P4217228(1).jpg
自力でトラフケボリタカラダイを発見したりと、2本目は気持ち1本目より水温も上がった気がして、寒さを忘れ楽しめました。
P4217233(1).jpg
巨大でちょっと苦手なニシキウミウシも久しぶりなので、写しておきます。
P4217236(1).jpg
シロウウミウシも自力で2個体みつけました。
私にしては上出来かしら・・・。
P4217247(1).jpg
キンギョハナダイも綺麗です。
何度見ても飽きない光景ですね。
P4217251(1).jpg
クロヘリアメフラシも発見しました。
P4217253(1).jpg
大きなウミウチワがちらほらありました。
P4217254(1).jpg
サザナミマリンさんが指さしてくださっている先にはアオウミウシがいました。
これを教えてくださっていたのかしら。
P4217259(1).jpg
マクロも良いけど、オキタナゴが群れていました。
ちょっと無理がありますがクローズアップレンズのまま撮っておきました。

そろそろ帰りの予感です。
P4217269(1).jpg
浅い場所にはヒメギンポの婚姻色がいました。
P4217271(1).jpg
証拠写真ですがキンチャクダイがいました。

そろそろ寒くなって来たな~と思う頃、名残惜しいですが、移動しながら安全停止も済ませ、エキジットしました。

新しく設置された、休憩所前の器材洗い場で器材を洗って、搬送用軽トラに乗せて、サザナミマリンさんの車の場所に戻ります。

今日はマンツーなので、何時もなら歩いて戻る所、軽トラに乗って行けました。
楽させていただき、助かります。

シャワー浴びて、富戸港を後にします。
P4217274(1).jpgP4217275(1).jpg
精算をサザナミマリンさんがシーフロントさんでなさっている間、綺麗にお手入れされている御庭でお花を観察させていただきました。
アヤメがもう咲いています。都内では見かけないので、早いですね。
初夏も近いイメージです。
マーガレット八分咲きも可愛らしいです。
P4217276(1).jpgP4217278(1).jpg
シラン、マーガレットなどなどツツジも咲いていました。

シーフロントさんを後にして、遅めのランチは、体が冷えていたので
P4217284(1).jpg
ラーメンにしました。
太るの気にしてあまり食べないので半年以上ぶりのラーメンです。
背脂入りですよ。
味付け卵もトッピングしちゃいました。
しっかり完食し、お腹も心も満たされ、家路につきました。

たまには、泳がずのんびり海の小さな生物を楽しむのも良いな~と改めて実感したダイビングでした。
たとえ神子元に行けなくても別の海を楽しめれば有難いですね。



★DIVE: NO 449
★タンク: スチール10リットル 
★スタート時残圧180 エキジット時残圧60
★DIVE TIME47分  IN 12:24 OUT 13:12
★水温:14度
★最大水深:13・0メートル
★平均水深:22・6メートル
★透明度:15~20メートル
★スーツ:5mmドライスーツ



★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

DIVE NO448 富戸  ヨコバマ

21日は神子元をリクエストしておりましたが、前の日の強烈な?!嵐の影響などもあったので、予定を変更し富戸でダンゴウオを狙いました。

いつもより遅い6:30集合で富戸に向かいました。
都内からですと、東伊豆は近いですね。
あっという間に到着した気がします。

さて、はたして目的は達成出来るのかしら?
ダンゴウオを狙うのは5年ぶり、富戸も昨年の5月13日ぶりなので、楽しみです。
P4217056(1).jpg
到着して現地の方に、サザナミマリンさんがダンゴウオのいる場所を確認すると、今日は居なくなっているのだとか・・・・。

この前の嵐でどこかに飛んで行ってしまったのかしら・・・。

とりあえず居ると信じ、1本目はヨコバマから入ります。
久しぶりのビーチダイビングなので、無様な感じになりそうでしたが、富戸はスロープがあるので、楽でした。
広い砂地を進んでいたら、
P4217066(1).jpg
なぜかミノカサゴが群れを作って漂っていました。
P4217074(1).jpg
砂地をのんびり進んでいるつもりが、慣れないダイビングスタイルで、どうも私が砂を巻き上げていたのか、ミノカサゴが寄って来てしまいました。
海は綺麗なのですが、それにしてもあまり泳がないダイビングが久しぶりで寒いな~水温14度・・・。
伊豆で潜っていることを実感しながらゆっくり進んで行きます。
P4217077(1).jpg
今回で3度目のナヌカザメの卵です。
綺麗な形のこの卵が打ち上げられた時、いにしえの人は人魚の財布だと思っていたようです。
P4217081(1).jpg
ヨコバマにはオオモンハタが沢山いますね。
P4217086(1).jpg
最初、海に流れ込んだ木くずかと思いましたが、オニオコゼだったようです。
P4217096(1).jpg
サザナミマリンさんがダンゴウオを探している間は、オオモンハタや二ザダイが集う、ホンソメワケベラのクリーニングステーションの様子を見ていました。
P4217100(1).jpg
貝が好きなので探すものの、なかなか見つけられません。
P4217105(1).jpg
砂の上でじっとしているイラがいました。
P4217112(1).jpg
セホシサンカクハゼかしら…お魚の名前すっかり忘れてます。
間違っていたら教えてくださいね。
P4217123(1).jpg
サツマカサゴも砂のところでじっとしています。
P4217133(1).jpg
マンリョウウミウシは大きくて、左にあるイソギンチャクと同化して見えます。
だんだん深度を上げ安全停止になります。
P4217154(1).jpg
浅い場所に移動する前に小さなホウボウの幼魚がいて、とても可愛らしかったです。

そうこうしている間に、エキジット口に向かう時間になりました。

目当てのダンゴウオは見つかりませんでしたが、寒いのを除けば、とても楽しい時間になりました。
懸念していた久しぶりのビーチダイビングのエキジットも、フィンが脱げずあたふたしたものの転ぶことなく上がれました。

さて2本目までは、立派になった休憩所でのんびりすることにします。

続きは次回の投稿でご報告いたします。


★DIVE: NO 448
★タンク: スチール10リットル 
★スタート時残圧180 エキジット時残圧50
★DIVE TIME56分  IN 10:15 OUT 11:11
★水温:14度
★最大水深:24・8メートル
★平均水深:13・4メートル
★透明度:15~20メートル前後
★スーツ:5mmドライスーツ


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

DIVE NO385 富戸 ヨコバマ

5月13日の富戸ダイビング2本目の記録です。

初めての富戸でのボートダイビングを満喫したら、2本目は、王道?!のヨコバマに潜ります。

思ったより1本目が深く潜りましたので、のんびり温泉丸に入ったりしながらちょっと長めに休みました。

めったに来ない富戸ですが、噂に聞く、人気ポイントということもあり、平日なのに、ダイバーさんの数は思ったより多いなと思いました。
それを、普段土日にいらしているダイバーさんにお話したら、夏の土日はほんと凄いよ~とおっしゃってました。

この日は、利島クルーズのためにお休みを取って来ている方もいらしたので、この日の富戸は空いていると感じたようでした。

私が7mm2ピースのウェットで寒がっていると、すでに5mmワンピースで潜っている、ダイバーさんもちらほら見かけましたので、そんなことを言っては罰が当たりそうでした。

時間になりましたので、ヨコバマのエントリー場所まで歩いて移動しました。

ミューフィンでビーチダイビングをすると、薄手のミューブーツでゴロタや砂利を歩くことになり、足の裏が痛いので苦手なのですが、ヨコバマはスロープがあるので助かりました。

相変わらずな透明度ですが、少しお日様も出たりして海の中は明るくなりました。
P5130061(1).jpg
とはいえ、こんな感じです。

目的地まで浅い場所をえっさほっさ泳ぎます。

もともと、神子元を潜りたくて集まっている皆さまなので、泳ぎも速く、一気に到着しました。

そこからマクロ探しを開始します。

私にしてはめったに出番がないクローズアップレンズを装着して臨みました。

P5130062(1).jpg
さっそく大好物の貝!!トラフケボリタカラガイです。教えていただきありがとうございます。
P5130068(1).jpg
イソカサゴの幼魚も可愛いので好きです。
P5130070(1).jpg
シマウミスズメの幼魚も3センチもない小さな個体でした。
P5130079(1).jpg
ナヌカザメの卵です。4年ぶりに見ました~。
というかダイバーになり2回しか見たことないです。
前回みたのは、4年前の初島のイサキネで潜った時でした。
ハッチアウトするまで1年かかると言われているみたいですが、この卵はいつになるのかしらね。
P5130104(1).jpg
見つけてくださって本当にありがたい!!コウリンハナダイでございます。
もちろん見るのは初めてです。
水深35~60Mにいるハナダイがこんな水深にいるのは、窒素酔いになりやすい私には本当に嬉しい限りです。
この子がいたのは、水深23Mくらいだったかと思います。
このハナダイを探しに深場に行っても、そうそう見つからず、皆さま時間切れで探すのをあきらめ浮上を開始しているという、ハナダイの中でもレア種です。
本当に見れて幸せでした。
この日一番の収穫です。
ヨコバマに来て良かったな~と思った瞬間でした。
すぐ岩穴の中に入るので、しばらく待って何とか頭の光輪を撮れました。
P5130107(1).jpg
興奮さめやらないままオニカサゴのアップです。
本当に擬態上手ですね。
P5130119(1).jpg
フタホシキツネべラの幼魚です。
これも初めて見たべラで、とてもきれいで、かなりしつこく追いましたが、中々きれいに撮れませんでした。
P5130128(1).jpg
良い感じの場所にいたオルトマンワラエビです。
P5130138(1).jpg
サラサウミウシもいたのですが、向きが微妙でこのような写真になってしまいました。
P5130152(1).jpg
コイボウミウシも久しぶりの遭遇でした。
P5130155(1).jpg
ヤリイカの卵です。
ハッチアウトしそうな雰囲気?!に見えます。
P5130159(1).jpg
ベニカエルアンコウを教えていただきました。
P5130160(1).jpg
とても撮りやすい場所にいるものですね。
大きめ個体なのもマクロ眼のない私には有難かったです。

そろそろ安全停止に入ります。
徐々に浅場に移動開始です。
P5130168(1).jpg
途中イタチウオがいたのですが、写真真っ黒になってしまいました。
P5130183(1).jpg
浅場を異動しながらの安全停止です。
深い場所より水温高いので、寒さが和らぎました。
浅い場所には、クロホシイシモチがたくさんいました。

安全停止を終え、エキジットしました。

久しぶりのヨコバマは、コウリンハナダイや、フタホシキツネべラを見れ、とても充実した内容のダイビングとなりました。
それからこの時期は、普段見慣れている普通種の幼魚がいろいろ見れ、可愛いですね。
普段、個人的にマクロなダイビングは、あまりやらないので、とても新鮮で楽しかったです。

器材を洗って、片づけをし、ご飯!!と思いきや
P5130186(1).jpg
アイスです。
空腹時の糖分はすぐ吸収されますので、甘いものは食後にちょっと食べるほうが良いという説もありますね。
それなのに、飢えていたのでダブルを平らげました。
P5130187(1).jpg
そしてようやく十割そばのランチです。
実はそばに目がない私・・・。そば粉多めで美味しいおそばでした。
P5130188(1).jpg
またここに食べに来たいな~と思いました。

おなかいっぱいになり、うとうとしながら、東京に帰ります。

途中、海老名サービスエリアに入ったので、噂の美味しい
P5130191(1).jpg
ソフトクリームを購入しました。
普段アイスは太るので、食べないようにしていますが、タガが外れたみたいです(涙)
でも濃厚で美味しかったです。
昼食より、間食のアイス2回のほうが確実に太りそうなので、翌日2・25KMしっかり泳ぎました。

ソフトクリームを食べ、しゃべったり眠ったりしている間に、渋谷に到着です。

今回は、利島に行けませんでしたが、皆さまと楽しい休日を過ごせたし、富戸でのダイビングも楽しかったです。

次回は30日、出航が決定しているので、何事もなければ、神子元に潜れると思います。

★DIVE: NO 385
★タンク: スチール10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 80
★DIVE TIME 48分 IN 12:16 OUT 13:04
★水温:15度
★最大水深:26・3メートル
★平均水深:14・7メートル
★透明度:5~15メートル
★スーツ:7㎜ツーピース

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

DIVE NO384 富戸 マエカド

5月13日はずっと楽しみにしていた利島クルーズでしたが、風&うねりと高波により、残念ですがツアーは中止になりました。
この様な海況では、弓ヶ浜から利島まで行くのは無理なのでしょうね。

12日の昼間にそのお知らせを聞いて、がっくりしましたが、すでに皆さまお休みも取ってますし、サザナミマリンさんの伊豆高原の別荘に前泊することになっていましたので、朝判断になるかもしれませんが、神子元に潜れるならば行ってみましょう!ということになりました。

予定通り21時に渋谷に集合です。

渋谷駅も凄い風で、こんな風では明日は・・・・とある程度覚悟はしていました。
南西の風8M,波の高さ3Mの予報も見てましたしね・・・。

それならば、別の場所で潜っても良いかな??というお話をしながら伊豆高原の別荘に向かいました。

今回は、年末にご一緒したKさん、与那国やオスロブでご一緒したKさん、前回の神子元でご一緒になったMさん、それから非常勤ガイドのMさんとの旅でした。

同じカメラを使っている、Kさんと、お互い不調気味のカメラの話や、次回はどのカメラを買おうか??あーだのこーだの話したりしていると、別荘の近くのコンビニに到着です。
コンビニで飲み物などを買って、23時ごろには別荘でゆっくり出来ました。
21時に出ると到着が早いですね。

あまり前泊は、家族の手前私は出来ないのですが、早朝出で来るより、朝がのんびり出来るのは楽ですね。

その後も、皆さまと談笑し、話は尽きませんが深夜の1時に寝ることにしました。

翌朝7時に起きて、出航する可能性に賭けて神子元に向かいます。
天気予報を見ると、難しい気が…。
しかも雨も降っているし濃霧でした。

途中でお電話で確認しましたら、やはり風のため欠航・・・。

予想はしていたので、どこか別の場所で潜ることに異論はありませんでした。

富戸なら海況も大丈夫でしょう!ということで、急きょ富戸で1ボート1ビーチで潜ることになりました。

最後に富戸に行ったのはいつかな??と調べてみたら、2012年の2月でした。
この時は、イントラのYさんとおかんさんが私の誕生日ダイブをお祝してくださったのです。
あれから2年以上も経過し、あのころが懐かしく思い出されます。

今回は初めて富戸でボートダイビングが出来ることになり、とても楽しみな気持ちのまま到着です。
小雨がパラついてますが、海況は良い感じです。

前回のダイビングで膝が破れ、廃棄することにしたので、今はドライスーツがなく、20度以下なのに7㎜ツーピースのウェットで潜るという、私にとって寒さとの戦いのようなダイビングになりそうです。

陸でウェットスーツを着ている分には、気温がこの日は22度以上あったので、快適でした。

寒さは不安でしたが、皆さまとダイビングの支度を終え、富戸漁港から漁船に乗って、マエカドというポイントに向かいました。

ソフトコーラルの群生が見事とのことなので、ワイドコンバージョンレンズを装着し、ボートに乗り込みました。
港からポイントまでは5分もかからず、近いのが有難かったです。
P5130189(1).jpg
エントリーはジャイアントストライドスタイルです。
アンカリングされておりますので、ロープ伝いに潜行し、ロープ下で集合です。

入った瞬間、水も冷たいし、透明度も・・・。
水温15度です。透明度5~7mくらいですかね…。
P5139994(1).jpg
サザナミマリンさんがニシキウミウシを教えてくださっているので、何かウミウシカクレエビでもいるのかな??と見に行きました。
P5139995(1).jpg
ところが、何もいなかったです。
P5139998(1).jpg
ひそかに貝フェチだったりします。ウミウサギガイという貝だそうです。つるつるで綺麗でした。
P5130008(1).jpg
ナイトダイビングみたいですが、マツカサウオの幼魚を発見しました。
噂通り、沢山群生しているウミトサカがたくさんあり、この個体は、その陰に潜むようにしていました。
P5130017(1).jpg
この日ちょっとはまってしまい、何度か写真を撮っていたのはタマゴバロニアという海藻の仲間です。
調べてみると、タマゴバロニアは、春から初夏にかけて,岩上で観察され,しばしば直径10cmを超える塊状になるそうです。黒潮の影響を受ける本州の太平洋沿岸に分布していると書かれていました。
P5130027(1).jpg
イラは砂を巻き上げると寄ってくるお魚だそうで、私が巻き上げていたのかしら??
P5130190(1).jpg
ミナミゴンべの幼魚です。
この時期は、海の中は、幼魚がいっぱいいて、可愛いです。
P5130037(1).jpg
オハグロベラの幼魚もとても小さいです。
P5130040(1).jpg
寒そうにイソギンチャクに潜りこんでいるクマノミです。
越冬してくれると良いですね。
P5130046(1).jpg
オニカサゴが上手に擬態しています。
どこにいるか分からないくらいでした。
P5130051(1).jpg
またまたオハグロべラの幼魚です。
なぜか気になるお魚のようで何度も写真を撮っていました。

そろそろ身体が冷えてきた~と思ったら安全停止になりました。
P5130054(1).jpg
水深が浅くなると、透明度も悪くなりますが、水温は上がります。
深い場所は綺麗なところもありましたが冷たかったです。
今回のダイビングは、水温は低かったですが、7㎜ツーピースは、まだあまり着てないので、寒さをあまり感じず潜れたのかもしれません。

水温15度なら、陸の気温が21度以上あれば、どうにか我慢できそうです。
富戸にはウェットのまま入れる温泉丸もありますし。
P5130055(1).jpg
港に帰ったら早速どぼんと皆さまと暖を取りました。

マエカドは、今回初めてでしたが、噂通り元気なソフトコーラルを見たり、可愛い幼魚をいろいろ見て、楽しかったです。
今度は透明度の良い時に、綺麗なソフトコーラル&お魚をワイドで撮りたいですね。

2本目のご報告はまた次回にいたします。


★DIVE: NO 384
★タンク: スチール10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 70
★DIVE TIME 43分 IN 9:52 OUT 10:35
★水温:15度
★最大水深:34・3メートル
★平均水深:15・1メートル
★透明度:5~15メートル
★スーツ:7㎜ツーピース


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

DIVE NO233 富戸 ヨコバマ

温かくなったと思いきやまた冬型の気圧配置に戻り、寒い日が続いて
おります。
8日は東京でもミゾレが降っていました。

毎日寒いけどすがすがしい冬の海の中も中々良いものですよ。

というわけで2月1日富戸ダイビング2本目のレポートをいたします。

富戸の水面休憩は、サービスまで歩いて戻らないのであれば、たき火
もなく、風を避けて座っているしかないのです。
前に来た時はたまたま漁師さんがたき火をしていて一緒に当たらせて
貰って暖を取りましたが、この日はたき火もなくお風呂から出てから
が寒かったです。
それでもヨコバマに今年から設置されたお風呂があるので大分楽に
なったようです。

冬に快適に潜れるかどうかは、ダイビングサービスの施設の充実度
が鍵になりますね。

お風呂とストーブが休憩する場所にあると本当に助かります。
個人的に快適だと感じるのは、最近行った中では、初島、
黄金崎公園ビーチ、石橋あたりでしょうか??
ボートダイビングの快適さはやっぱり船室の中で暖房に当たれる
神子元あたりですかね??

この日は防波堤と道具小屋の様な建物の間が一番風が来ないので
その場所で水筒の温かい紅茶を飲んで、和菓子の様なロールケーキを
食べながら休憩しました。

時間になり、気合いを入れ海に向かうことになるのですが、少し
でも潜る前に体を温めるのに、再度お風呂に入ります。

これだけ読んでいるとまるで修行かお笑い番組の罰ゲームみたい
ですね。
暑いお風呂の後に寒い海…。

でも海の中が楽しいので、寒さに負けてはいられずにエントリー
します。

2本目もヨコバマです。

入ってすぐ浅場にキビナゴの群れが回っていましたので動画をすこし
撮影しました。
kasago2・1
大きなカサゴも普通種なのですが割と好きで毎回撮影しています。
ミナミハコフグの幼魚2・1
2本目もフリソデに向け一目散に進む中、ミナミハコフグの幼魚を
発見しますが、皆様お急ぎのところお呼びするのも気が引けて
ひそかに喜びました。
ヒラムシ2・1
Yさんに教えていただいて撮影したのはヒラムシです。
ヒラムシって色々な色の個体がいるようですね。
サラサウミウシ2・1
近くにサラサウミウシもいたことを教えていただきました。
スジべラ2・1
冬こそお魚がゆっくり動いているので撮影しやすいかと思いきや
やはりべラは季節に関係なくすばしっこいです。
流し撮りに挑戦し撮影したのはスジべラです。
ニシキウミウシの幼体2・1
ウミウシの中で好きな種類の一つのニシキウミウシの幼体です。
紫色やピンクのウミウシはやっぱり綺麗で好きですね。
イロカエルアンコウ2・1
イロカエルアンコウはちょっと色が薄めでした。
綺麗なウミウシの後だと余計にシンプルに感じました。
アオウミウシ2・1
この日はアオウミウシをちょこちょこ見かけました。
ホクトべラ2・1
1本目でも見たホクトべラは同じ個体でしょうね。
1本目よりましに撮影出来た気がします。
スジハナダイ2・1
今日一番の収穫ですかね??スジハナダイです。
冬場は深場のハナダイが浅い場所に来ることがあるのですが
普段は30M位の場所にいるお魚です。18M位の場所で見れて深場嫌い
の私は嬉しかったですが、すぐに岩穴に潜り込んでしまいました。
巨大ニシキウミウシ
スジハナダイの出待ちの合間に巨大なニシキウミウシを撮影しました。
本当に大きすぎです。
ちょっとグロテスクな位…。これ以上大きくなって最後どうなるの
かしら??
先ほどの可愛い幼体もこんな感じになるのでしょうね。
オキゴンべ2・1
親子の様なオキゴンべがいました。
角度を変えて撮影してみます。
オキゴンべ2 2・1
回り込んでも逃げないので撮影し放題でした。
ニジギンポ2・1
最近いると撮影してしまう二ジギンポですが、中々ピントが合わな
かったです。
アオリイカの群れ2・1
動画も撮影したのですがこれは何かというと、アオリイカの群れ
です。まずは写真で紹介しますが遠くて良く分かりにくいですね。
フリソデエビ2・1
お目当てのフリソデエビは健在でした。
先ほどよりすこし手前の方にいてくれて撮影しやすかったです。
クマノミとアカホシカクレエビ
クマノミとアカホシカクレエビのコラボ?!
アカホシカクレエビ2・1
アカホシカクレエビだけ撮りたくてもクマノミが入って来ます。
キンセンイシモチとオトヒメエビオトヒメエビ2・1
オトヒメエビを撮影したいのですが、キンセンイシモチにピントが
合います。
でも綺麗なお魚なのでこれはこれで良いかなと思いました。
ゴンズイ2・1
ゴンズイもとりあえず撮影しておきました。
いラ2・1
イラは皆様にスル―されるお魚ですが、個人的にとても関心が
あります。
良く見ると可愛いお魚です。このお魚は砂を巻き上げると寄ってくる
そうです。べラ科の中では逃げないので比較的撮影しやすいお魚だ
そうです。
イロカエルアンコウ・1-2
先程とは別のイロカエルアンコウです。
今回も地味な色合いの個体でした。
ベンケイハゼ2・1
暗い岩陰にベンケイハゼがいることを教えていただき、何処にいるのか
見えないながらシャッターを押したらどうにか写っていてくれました。
zouriebi
その手前のゾウリエビも見えない中で撮影したらどうにか記録写真
程度に撮影出来ました。
水没でライトがなかったので、こういう時は予備の小さめのサーチライト
があったらと思いました。
昔使っていたライト再開しようかしら??

楽しかったダイビングもすでに時間が大分経過していたので、
ここからは帰り道になりました。

イソギンチャク畑を通り過ぎエキジット口に向かいます。

この水温の中結局60分も潜っていたようです。

寒いけど久しぶりにゆっくり写真が撮れて楽しかったです。
たまにはこういう潜り方も良いものですね。

寒いしお腹も空いていたのでさっさと片付けて
伊東漁協伊東漁協2
伊東の漁協が経営している食堂に行きました。
久しぶりにおいしいお刺身に遭遇したね!と皆様大満足でした。
お刺身の盛り合わせ定食は1600円弱でお腹がいっぱいになりました。
ダイバーさんにはソフトドリンクがサービスになるそうですよ。

またおいしそうなサバの干物が500円で売っていたので留守番して
もらっている夫へのお土産に購入して帰りました。
安いお土産ですみません…。
1枚なのですが大きな干物で夫婦二人では2日間に分けて食べました。
味もおいしかったです。
この食堂は気に入ってしまいました。

おいしいものも食べたし、海は寒かったけど楽しかったし、ご一緒
していただいた皆様のおかげで思い出に残る宿泊ツアー&誕生日に
なりました。

今回は、2日間、のんびり写真を撮るダイビングを堪能出来ました。
次の海も前の日が飲み会ということもあり、早朝出発の神子元では
厳しいので、他のポイントでやはりのんびり写真を撮る予定です。
私もマクロ派になれるかな??
その時には新しいライトかしら??

★DIVE: NO 233
★タンク: スチール10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 50
★DIVE TIME 60分 IN 11:33 OUT 12:33
★水温:14度
★最大水深:20・8メートル
★平均水深:12・1メートル
★透明度:15メートル
★スーツ:ドライスーツ

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ