プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:540本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(7)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(24)
  ・カメ根(153)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(20)
  ・江の口(33)
・三ツ根(3)
  ・白根(8)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

DIVE NO484 伊豆海洋公園 砂地~一の根

2年ぶりの伊豆海洋公園ダイビング2本目の記録です。
1本目でウェイトが軽く、後半は石拾いに精を出すことになってしまいましたので、1kg足して潜ることにします。

風の避けられる休憩所は、ストーブなど付けなくても日向に行けば寒さを感じず過ごせますが、一歩外に出ると風が強いので寒いです。
水筒に暖かいお茶を入れて持って行っていたので、お茶を飲んだりおやつを食べ、休みました。
この時期は2本目に行く前にドライスーツを着たり、濡れたフードや手袋をするのが辛いですね。
スーツのまま入れるお風呂で温まってから潜ることにします。

2本目はのんびりお魚を見ながら砂地と一の根に行ってみます。
PC043717(1).jpg
西風の強い日ほど海洋公園は凪ぎになりますので、この日は良いコンディションでした。
水中ツリーが見たいですか??と聞かれたので「どちらでも・・・・」と答えたのですが、せっかくなので見ておくことにします。
個人的には、自然の景観が好きなので、そちら優先が良いのですが、良く考えたら、次は何年後に見れるのか分かりませんからね。そのころは、今と生活が変わっていたりして、ダイビングを続けているのかな~??そんなことも考えます。
チャンスがある場合はなんでも見ておかないと・・・と思います。

砂地と一の根は、何度か潜っているので、様子も分かるので安心感がありますね。
1本目のようなストレスなく無事に潜行し進んで行きます。
PC043719(1).jpg
浅い場所で見るソラスズメダイはやっぱり綺麗ですね。
初心にもどり見とれてしまいます。
PC043721(1).jpg
神子元でもキンチャクダイはたまに見るのですが、流れがあったり、写真を撮っていると窒素も溜まったり、ドリフトしているので、置いて行かれてしまうので、写真は可能な物以外は撮らないので、この日は好きに目についたものをきままに撮れます。
PC043723(1).jpg
水温が下がると居なくなっちゃうのが寂しいです。
ミツボシクロスズメダイの幼魚です。
IOP シコクスズメダイ(1)
シコクスズメダイは、神子元でも2回ほど今年は撮影しましたが、ゆっくり撮れたので、今年撮ったシコクスズメダイの中では一番良いかな?!これでも・・・です。
PC043729(1).jpg
イシガキダイのやや小さめの若魚もいました。
PC043731(1).jpg
普段あまりフィッシュウォッチングをしていないのもあり、何を見ても新鮮で楽しいです。
コショウダイが2匹いました。
IOPクリアクリーナーシュリンプ(1)
何かがいるのを教えてくださっているのですが、最初全然分からなかったのですが、よくよく眼を凝らすと透明な綺麗なエビです。
クリアクリーナーシュリンプです。
甲殻類が以前は好きで図鑑まで買っていたので、ちょっと頑張ってみましたが、写真を撮ることに慣れてないので、いまいちな写真です。
PC043733(1).jpg
久しぶりに見れたツユベラです。
中々すばしっこくて苦戦しました。
そうこうしている間に
PC043754(1)(1).jpg
水中ポストに到着です。
良く良く調べたら、なんと、おおよそ6年ぶりに水中ポストを見たことになります。
前に見たのは2010年の1月でした。1月だったので名残ですね・・・。
今回は綺麗な状態で見ることが出来ました。

ポストを後にして一の根方面に進みます。
IOP(1).jpg
コガネキュウセンの幼魚がいたり、
IOPシテンヤッコ(1)
シテンヤッコの幼魚は私にはレア種です。
奥に入って行ってしまうので撮りにくかったですけど、何とか証拠写真を撮りました。
IOP スジハナダイ(1)
スジハナダイがいたので嬉しくなりました。
久しぶりに懸命に写真を撮りました。
それでもこんな腕前で・・・。
iopフタホシキツネベラ(1)
何でしょう?この綺麗なべラは・・・と後で教えていただいたら、フタホシキツネベラの幼魚だそうです。
PC043780(1).jpg
アオスジテンジクダイを教えていただきました。
このお魚も南のお魚のようですが、成魚になっているので、伊豆でも見れるものなのでしょうか。
PC043782(1).jpg
サクラダイのメスと
PC043783(1).jpg
サクラダイのオスがいました。
サクラダイは好きなお魚なので見れて良かったです。
神子元にはあまりいないのかしら・・・。
IOP タテジマキンチャクダイ(1)
タテジマキンチャクダイの幼魚も見れました。
IOP アカイソハゼ(1)
アカイソハゼを久しぶりに見つけ珍しくマクロ魂に火が付いて一生懸命撮ってみました。
IOPお留ウミウシ(1)
オトメウミウシ??でしょうか。
IOP サザナミヤッコの幼魚(1)
浅い場所に戻ってくると、サザナミヤッコの幼魚がいました。
タテジマキンチャクダイと似ていますが柄が違うようです。
PC043855(1).jpg
トラウツボが怖い顔で見ています。
IOPキカモヨウウミウシ(1)
キカモヨウウミウシはおそらく初めて見た気がします。
PC043880(1).jpg
ノコギリヨウジのペアがいました。
PC043886(1).jpg
ムカデミノウミウシは、きっとスル―される方も多いと思いますが、私には新鮮でした。
PC043895(1).jpg
小さな小さなアオウミウシです。
PC043896(1).jpg
マダラトラギスも南のトラギスのようです。
IOP オビテンスモドキの幼魚(1)
オビテンスモドキをしつこく追い回して写真を撮りますが難しいですね。
全然ピントが合わないです。

そうこうしているうちに安全停止も終わり、エキジット口まで泳いで帰りました。

海洋公園は、季節来遊魚が沢山あって、時間が足りませんね。
60分も潜ったのは久しぶりでしたが、あっという間の楽しい1本になりました。
たまにはのんびりお魚を見るのも良いな~と思いました。

器材を洗って片づけたら遅めのランチにらあめん花月嵐伊東吉田店にラーメンを食べに行きました。
PC043944(1).jpg
期間限定の尾道ラーメンをいただきました。

ランチ後ログ付けをして、ラーメン屋さんのお隣のセブンイレブンで
PC043945(1).jpg
デザートを買って食べ、東京に帰りました。

神子元に潜れなかったのは残念でしたが、普段は中々行けない伊豆海洋公園でのんびりお魚を見ながらの楽しいダイビングが出来ました。
又機会があればこういう潜り方もたまにも良いですね。


★DIVE: NO 484
★タンク: スチール10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 40
★DIVE TIME60分 IN 12:13 OUT 13:13
★水温:20度
★最大水深:31・2メートル
★平均水深:12・4メートル
★透明度:20メートル
★スーツ:ドライスーツ


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

DIVE NO483 伊豆海洋公園 ブリマチ

12月4日は、神子元ダイビングの予約をしていたものの、数日前からの天気予報を見ていて、「厳しそうですね~」と平日に予定を合わせて神子元平日同盟を組んでいる、海遊社の常連のYさんやサザナミマリンさんとお話していました。
やはり予感は当たり、西の風が強いため、ボートが欠航になってしまいました。
当然と言えば当然ですね。この日は神子元島では、西風13M以上になったようです。

こんな天気でもどこか潜れるのかな~と思っていたら、初島か伊豆海洋公園は東伊豆なので潜れるのでいかがでしょうか?とメールが来ましたので、初島に行きたくなったので、初島に連れて行って頂くことにしました。

普段より遅い集合になり、渋谷で6:40にサザナミマリンさんに拾っていただき、熱海港を目指しました。

天気は良いのですが、風が強いです。
そのおかげで雲が無くなって、道中の富士山や丹沢の山々も綺麗に見えました。
PC043652(1).jpg
この前の御休みにお出かけした、小田原城を見ながら海沿いの道を走っていると、
PC043656(1).jpg
初島方面は沖に白波が立っているので、島に出るのは、こんな日は厳しいのかな~と思っていたら、なんと、フェリーが欠航になってしまいました。

そうなると海洋公園に行くことになります。
私にとって約2年ぶりなので、久しぶりに季節来遊魚を楽しく見れれば良いかな~というわけで、海洋公園を潜って来ました。

久しぶりに行ったから知らなかったのですが、風よけのある休憩施設が出来ていて、サンルームみたいに、日向はぽかぽかした暖かい場所を予約頂いたようで、有難かったです。流石に師走なので、真冬に向かって気温も下がっているので風に吹かれて休憩は寒いですものね。

さっさと支度をして潜りましょう。
PC043657(1).jpg
思った以上に穏やかなエントリー口です。

張り切って潜りますが、潜行するのに、やや難儀・・・・ウェイトが軽いみたいです!!
これは大変だな~と思いましたが潜ってしまいます。
後半は石拾いになってしまいますね。
慣れないスチールタンクなのでウェイトの計算が違ってしまったようです。
PC043664(1).jpg
ゴロタのあたりはクロホシイシモチ等が群れていました。
1本目はブリマチまで泳いでいくのですが、私たちがせっせと泳いでいる横から水中スクーターでさっさと抜かして行く方がいらっしゃいました。
いいな~と思いながら泳いで行きます。
そう言えば2012年の1月にブリマチまで行った時には、ブリマチの近くまで、水面移動したような気がしますが、この日は風で海面が波や流れで泳ぐのは、大変なので潜行して進んだのでしょうか。
あまり泳いで行く人はいないようで、結局スクーターの方たち以外には誰にも遭いませんでした。
PC043669(1).jpg
ニザダイやメジナの混成の群れです。
PC043673(1).jpg
ウメイロモドキの幼魚が4匹いましたが、案外すばしっこいですね。
PC043675(1).jpg
中々撮れないです。
PC043679(1).jpg
スズメダイの群れ。
1本目ムスメベラ(1)
本来、お魚の中でもベラが好きなのですが、この種類も動体視力が無いと厳しいですね。
PC043686(1).jpg
そう言えば前に伊豆海洋公園に来た時もテヅルモヅルを見せて頂いたような気がしますが、何かいるのかな?と思いましたが何も見つからなかったです。
その後はせっせとブリマチまで行きますが、これと言って何かがいる訳でもないのですが、ビーチダイビングの割に景観がダイナミックな感じです。
残念ながらブリはいませんでしたけどね・・・。
PC043694(1).jpg
神子元で見てもスル―してしまう、アオブダイですが、海洋公園で見ると迫力を感じますね。
PC043698(1).jpg
風は強いですが中々の透明度かな??
遠いのでさっさと帰ることになります。
中々流れもかかっていて、しんどいな~。
神子元のドリフトダイビングより時間も長いし、戻らなくちゃいけないのも大変ですね。

まっしぐらに帰ってゴロタのあたりに到着するとほっとしました。
PC043700(1).jpg
久しぶりに見るスカシテンジクダイを見て、癒やされているはずが・・・・。
やはりウェイト不足で浮きそうだな~。
慣れない場所で水深もいつの間に上がっていたこともあり、足に空気も溜まってしまって、あたふた・・・・。
PC043703(1).jpg
そんな時にどうしてなのか?コブダイに付きまとわれ?!
PC043705(1).jpg
近い!!
PC043706(1).jpg
スカシテンジクダイも季節来遊魚になるのかしら・・・。分布は南太平洋のようです。
PC043709(1).jpg
まだコブダイが邪魔なダイバーがいるよ~と言う感じでうろうろしていました。
根付きのお魚なのでしょうか。

結局1本目の安全停止開始前くらいからは、石拾いに精を出し、写真もろくに撮れずにエキジットしました(汗)

必死で石拾いするのは、なぜかいつもスチールタンクの時のようです。
タンクの重さを過信するのでしょうね。
2本目から1kg増やすことにします。

無様な1本目の有様をサザナミマリンさんが、神子元の皆様に見せたかったよ~と浮上後笑われてしまいました(^^;)

いつまでたってもへっぽこダイバーです。
2本目は次回の記事でご報告させて頂きます。


★DIVE: NO 483
★タンク: スチール10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 20
★DIVE TIME46分 IN 9:51 OUT 10:37
★水温:20度
★最大水深:25・5メートル
★平均水深:11・9メートル
★透明度:20メートル
★スーツ:ドライスーツ


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

DIVE NO359 伊豆海洋公園 1番の根~砂地

早いもので、6日間のお正月休みも終わり、4日から仕事始めです。
既にお仕事なさっている方もいらっしゃるかと思いますが、長く休みを頂くと復帰が辛く感じます。

考えてみたら、6日も休みがあるなら海外とか行きたいですが、主婦のはしくれなのでそれも叶わず、1泊2日のダイビングもやっと許可が下りた感じです。
まあ、潜れるだけ有難く思わないといけませんね。

さてその30,31日のダイビングツアーの30日2本目の記録です。

約2年ぶりの伊豆海洋公園、波酔いしてへこんでしまいましたが、2番の根は、潜ったらその気持が吹っ飛ぶほど楽しかったです♪

2本目は、1番の根~砂地を、新人スタッフのMさんがガイドしてくださるとのことでした。

ちょっと急ぎ目で3本潜る??という話もあったのですが、Kさんがドライスーツのインナーが水没してしまったこともありますし、私も特に3本潜っても潜らなくてもどちらでも良いかな??と思ったので、のんびり2本潜って終わることになりました。

Mさんは、サザナミマリンさんにナビゲーションやガイドのことなどいろいろ質問なさってお勉強中なので、私は引き続きKさんとぺらぺらとまたお話をしている間に、長めのはずの休憩もあっという間に終わりました。

Mさんによる、丁寧なブリーフィングの後、移動します。

2本目を潜る前に、歩きながらますます風が強くなっているのを感じたので、翌日の31日も神子元は無理かな??と思いながらエントリー口に到着です。

平日しか来ない私にとって、エントリー口も人がいっぱいだし、集団で記念撮影をしているため、タンクを取りに行く道も遠回りしたり、荷物は置きっぱなしの集団もいるわで、なんとなくストレスを感じます。
土日に潜る方は、いつもこんな感じなのかしらと思うと、平日に潜れることにとても有難味を感じました。

Mさんナビゲーションの2本目がスタートです。
PC307508(1).jpg
イロカエルアンコウの黒バージョンです。
大きな個体なのに、狭い場所に入り込んでの撮影なので、ちょっと尻尾切れてしまいました。
PC307512(1).jpg
キンチャクダイが伊豆海洋公園にはいっぱい居るような気がします。
キンチャクダイは、不思議と琉球列島では見られないそうです。
PC307518(1).jpg
私にとっては、中々見ることのないトラウツボです。
神子元にはいるのかしら??それとも目に入っていないだけなのかしら??
調べてみたら、外洋に面した岩礁域やサンゴ礁の、特に岩穴やサンゴ礁の隙間に潜んでいるみたいなので、いる様にも思えます。
ちなみに最もポピュラーなウツボよりも南方系の種のようです。
PC307523(1).jpg
やった~ルリハタだ!!と思いますが、このお魚は逃げられるイメージがあるので、そっと寄って行くと、あまり逃げないで居てくれました。
PC307527(1).jpg
またまたキンチャクダイです。
PC307531(1).jpg
カワリギンチャクかな??図鑑を見てもはっきりしません。
とっても水の中で見ると綺麗だったので撮ってみました。
PC307532(1).jpg
タテジマキンチャクダイの幼魚も可愛いですが逃げられてしまいます。
PC307538(1).jpg
こんなところでフリソデエビに出遭えてしまいました。
1月11日に初島で見て以来でしたので、久しぶりでした。
綺麗なエビで、テンションが上がります。
PC307546(1).jpg
きっと誰も見向きもしないと思いますが、オオモンハタです。
なぜか好きなんですよね…このお魚。
PC307548(1).jpg
砂地にある、クリスマスツリーは、25日過ぎたら、人が寄りついていない雰囲気で、ちょっと寂しげです。
PC307558(1).jpg
クロホシイシモチがびっしり群れています。
浅い場所に来ると他のポイントでも群れていることがありますね。
このお魚を見たら、そろそろ安全停止かな??と思います。
安全停止の間は、浅場も楽しい伊豆海洋公園を満喫出来ました。
PC307562(1).jpg
イロカエルアンコウの黄色バージョンです。
黄色のお魚は個人的に縁起が良さそうで好きです。
これも尻尾が切れてしまいました…。
PC307570(1).jpg
大好きなイバラカンザシをせっせと撮っていると、Kさんが何かいるのかと、寄って来てしまいました。
ごめんなさい、イバラカンザシで…。
PC307572(1).jpgPC307573(1).jpg
けれどいつも同じような写真になってしまいます。
PC307576(1).jpg
ゴンズイの群れも久しぶりに見た気がします。
トゲに刺されると死に至るほどの猛毒があるそうですので、ちょっと怖いですね。
PC307580(1).jpg
1本目と同様、トゲアシガニに関心があるみたいで、撮影してました。
PC307587(1).jpg
ハナミノカサゴは、大きめサイズでした。
PC307593(1).jpg
サザナミヤッコの幼魚は一瞬で隠れてしまいましたので残念な写真に…。
PC307596(1).jpg
浅場に沢山いました、ムカデミノウミウシです。
最初自分でも見付けていてスルーしてましたが、なぜか??サザナミマリンさんが私に教えてくださったので、きっと私が老眼で見えないと思ったのかしら?
まだそんな老眼でもないのですが…。
何かあるのかと思い、このムカデミノウミウシをじっくり見てみましたが、特に新たな発見はありませんでした。
PC307600(1).jpg
1本目でKさんが見つけた小さな綺麗なベラの様なお魚を撮りますが、小さくて上手く撮れませんでした。
このお魚何でしょう??
図鑑見ても良く分かりませんでした。

時間になり、名残惜しいですが、エキジット口に向かいました。

1番の根、砂地も色々見れて楽しかったです。
やはり伊豆半島の人気ポイントだけあり、伊豆海洋公園はいろいろなお魚が見れるので、とても楽しかったです。
フィッシュウォッチングするのでしたら、やはりここ!!と言われるのも分かりますね。
Mさん、お見事なナビゲーション、ありがとうございました。

2本目も無事にエキジットをし、寒いのでさっさと移動し、器材を洗ったり干したり、シャワーを浴びたりを一気に済ませました。

器材を片付けたら、伊豆海洋公園を後にしました。
楽しかったので、きっとまたいつか来ることになるでしょう。

そのまま、
PC307604(1).jpg
高原の湯に行きました。
意外にも、私はここに来たのは初めてでしたが、サザナミマリンさんの宿泊ツアーの時には良く寄るのだそうです。
年末ということもあり、温泉は、混み合っていました。
シャワー浴びるのに並ぶなんて、平日休みの私にとっては初めての経験でした。

ただ、露天風呂が沢山あるので、お風呂に入る時は、思ったより混んでなかったので、温泉自体は気持が良かったです。

温泉で温まり過ぎて、むしろ暑っ!!というわけで、
PC307608(1).jpg
私は、ソフトクリーム、Kさんはビールで涼みました。

その後は、皆さん伊豆高原近くのスーパーでお買い物をし、
PC307611(1).jpg
伊豆高原の別荘にお邪魔し、鍋を囲んでの宴会です。
ペラペラと話が尽きず、楽しかったです。

この時点で神子元は難しいと分かっていたので、明日は何処に行こうか??と話し合いの結果、私の好きな初島に行っていただくことになりました。

残念ながらKさんは、31日はご予定があるため、朝お別れになりますので、私の独断で決めさせていただきました。

話は尽きませんが、8:50のイルドバカンスに乗るため、12時には寝ることにしました。

気温も前日より高かったのと、人がいたことで家も温まったので、2日目の夜は安らかに眠れました。

さて2日目の記録は次回の記事で…。


★DIVE: NO 359
★タンク:スチール10リットル 
★スタート時残圧200  エキジット時残圧30
★DIVE TIME 57分 IN 13:43 OUT 14:40
★水温:16度
★最大水深:30・1メートル
★平均水深:12・8メートル
★透明度:20~25メートル
★スーツ:ドライスーツ



★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

DIVE NO358 伊豆海洋公園 2番の根

ご訪問ありがとうございます。

お正月は、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は、元旦は、東京の家で、喪中なので地味に作成したおせちを食べ、近所の神社に初詣に行き、そのまま高速バスに乗り、茨城の実家に約1年ぶりに帰って来ました。
親が元気なうちにもっと帰省しないといけませんね。
つい、お休みを海の時間にあててしまいますので、久しぶりに帰省したら家がプチ改装されてました。
今回は、仕事はじめが4日からということもあり、あまりゆっくりしないで1泊したら2日の昼ごろには東京に帰りました。
又3月位に実家に顔を出そうと考えています。

このようなわけで、海から戻ってから、年明けした本日まで、年末の30,31日の宿泊ダイビングツアーのログがUP出来なかったので、ぼちぼち始めたいと思います。

さて、記憶を29日の夜に戻します。

今回、相方のお許しが出て、29日の夜から出発をすることになっていました。
理由は、年末で高速も混雑し、当日の朝集合だと、神子元の船の出船時間が間にあわないということでした。
29日は、9:30に渋谷に集合し、サザナミマリンさんが新しく購入された、ハイエースに乗って伊豆高原の別荘を目指しました。

予定では神子元2日間という、私には夢の様な企画のツアーでしたので、ご一緒したのは、前年の神子元での潜り納めでも一緒に潜らせていただいたKさん、それから週末のスタッフになられたMさんと神子元部員?!ぞろいです。

所が、おせち作りや大掃除など、大急ぎで家のことを全部片付け、前泊にしたというのに、既に神子元の欠航は決定している様な感じで、残念でした。
とはいえ、天気予報を気にして自分でもチェックしていた所、予報で西風が強いようなので難しいかな??とは思っていました。

天気に文句を言っても仕方がありませんというわけで、海況の良さそうな伊豆海洋公園に行くことになりました。
2012年の1月の初潜り以来行っていなかったので、久しぶりのポイントだし、それも楽しいかな?と気持を切り替えました。
天候次第の遊びですので、中々思い通りには行かないので、その時に潜れるポイントでの楽しみを見つけることにします。
最近お魚観察してないし、もしものためにクローズアップレンズもストロボも持って行っていたので、それを使用して写真を普段より頑張ってみたいと思います。

新しい車中は広々して、1人1列で座らせていただき、ベラべラお話をKさんとしている間に別荘近くのコンビニに到着です。
飲み物やお酒を飲まれる方はおつまみになる物を購入し、伊豆高原の別荘にお邪魔します。

所がこの日は気温が低く、中々炬燵から出れないほどでした。

それでも、明日に備え、楽しいお話が尽きませんが、12時位に布団に入りますが手足が冷えて寝付けません。
布団が温まって来たら、なんとなく眠くなり、気が付いたら朝でした。

神子元の日より別荘を出る時間はゆっくりで、8時ちょっと前に出て伊豆海洋公園に向かいました。

別荘からは朝食を買っても30分もかからず到着です。

平日しか来ない私にとって、慣れない混雑やビーチダイビング、アウェー感でちょっとテンションが↓↓に…。
エントリー口まで器材を運んだりする足取りも・・・。
初心者ダイバーさんになった気持です。

今回、実際の初心者の方がいないので、2番の根に行きましょうということになり、エントリー口から水面移動を開始したのですが、サザナミマリンさんが忘れ物をなさったようで、水面移動を一旦中断しました。
そんなにエントリー口から離れてなかったので、待ってますので取って来て良いですよ~と言いながら3人で水面に浮かんで待ちます。
Mサザナミマリンさん
ダッシュしているサザナミマリンさん、さすがの速さで到着し、いざ2の根に向かいます。
波も流れもあり、水面移動中に私は既に波酔いしてしまいます。
ビーチダイビングなので酔い止めの薬飲んでませんでした。

早く潜行しないかな??と思っていたら、1番の根先あたりかな??潜行開始です。
久しぶりのスチールタンクの潜行で、バランス崩れ、意図せずヘッドファーストでの潜行になってしまいました(泣)

気持悪いし、アウェー感があり、テンションが少々↓↓で、潜行も無様でしたが、潜ってみたら、水温も16℃あるので、温かいし、透明度も良く、25M位見えてます。
2番の根の美しい自然景観にも癒されます。
一度しか潜ったことのない場所ですが、こんなにダイナミックなドロップオフだったのですね。
Iサクラダイ
好きなお魚のサクラダイや
スジハナダイ1
スジハナダイもいます。
伊豆では、あまりハナダイのいる環境で潜って無いのでとても新鮮です。
ただ水深が深いので要注意です。
30M超えているのでドキドキ…です。
みぞれちょう1
ミゾレチョウチョウウオの幼魚などの季節来遊魚もいます。
季節来遊魚をのんびり観察する様なダイビングが久しぶりで、何だか嬉しくなります。
ウィゴンベ1
ゴンべ科のお魚なのに遊泳性のウィゴンベを見る機会も中々ありませんでした。
写真は上手く撮れませんでした。
アクラダイ7
またまたサクラダイです。
好きなお魚の様で何度も撮ってました。
ゼブラガニ(1)
猛毒でやや深場にいるイイジマフクロウニをひっくり返し、ゼブラガ二がいるのを教えてくださいました。
近づきたいですが、ウニには触りたくないですね。
れんてんヤッコ(1)
リクエストしていたのに、こんな写真しか撮れなかった、レンテンヤッコです。
神子元でもたまに見ていたのですが、中々写真が撮れなかったので、じっくり撮るつもりが、奥に入ったり出たりで思い通りに撮れませんでした。
PC307427(1).jpg
イソカサゴが鎮座していたのも面白かったです。
PC307443(1).jpg
ホウライヒメジも鎮座してます。
PC307445(1).jpg
写真に撮れませんでしたがキビナゴの群れも見れました。
PC307463(1).jpg
季節来遊魚のミツボシクロスズメダイです。
このお魚も前から好きです。

そろそろ安全停止の深度になって来ました。
浅場でお魚観察ですが、海の中も混み合っています。
PC307465(1).jpg
良く見かけるトゲアシガニも個人的に好きで、撮ろうとしますが、すぐ岩陰に隠れてしまいます。
PC307473(1).jpg
イロカエルアンコウを見るのも久しぶりです。
大きな個体で撮りやすかったです。
ハナタツ02
普段は、平日しか潜らないので、順番待ちすることはあまりないのですが、ハナタツを見たかったので、順番待ちして撮りました。
ハナタツはやっぱり可愛いですが、揺られているので撮影が難しいですね。

安全停止も終えましたので、いよいよエキジットです。
久しぶりの海洋公園のエキジットは緊張します。
初心者の頃、エキジットで転がったり、カメラを傷つけたり、無様なことを散々やって来ましたので…。
この日は、海洋公園にしては穏やかだったので、無様なことをせず、無事に上がって来れました。

約2年ぶりの2番の根、遠いけれど、ダイナミックな景観も、良かったし、楽しいポイントだなと改めて思いました。
ただ、最近では、伊豆海洋公園には2年に1度のペースでしか潜ってませんので、今度はいつ来れることになるか分かりませんが…。
その位の頻度でしか来ないのでは、施設の使い方なども忘れるし、アウェー感を感じるのは仕方がないですね(笑)

さて2本目は次回の投稿に続きます。

★DIVE: NO 358
★タンク:スチール10リットル 
★スタート時残圧200  エキジット時残圧50
★DIVE TIME 49分 IN 10:25 OUT 11:14
★水温:16度
★最大水深:35・3メートル
★平均水深:14・1メートル
★透明度:20~25メートル
★スーツ:ドライスーツ


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

DIVE NO229 伊豆海洋公園 砂地~ブリマチ方面

前回に続き、1月11日の伊豆海洋公園での初潜りダイビングツアー
の2本目の報告です。

1本目が終わり、すっかり寒くなってしまいました。
気温も水温も低い伊豆のダイビングに、やっぱり欠かせないのが
ウェットで入れるお風呂です。
さっそくたっぷりお湯が入ったお風呂で冷え切った体を温めます。
ずっと入っていると足が蒸れてしまうのも嫌なのでそこそこ
温まったらお風呂から出ます。

初島の場合は、お風呂の後は、ダルマストーブの前に直行なのですが、
伊豆海洋公園の場合は、室内の休憩所で暖房をかけるような感じで
暖を取ります。

平日は、室内休憩所には私達しかおらず、空いているのでのんびり
休憩出来ました。

1時間くらい休憩して2本目の準備を始めることになりました。
動き出すのに気合いが必要な寒さです。

1本目では、カメラの外部ストロボのケーブルの留め具を紛失
したので、ビニールテープで固定しながら撮影出来るかと思った
のですが、どうしてもケーブルが浮かび上がってしまうので、
2本目では、拾ったマウスピースなどを止める紐で固定して
みました。
上手くストロボが使えますように!

準備が完了し、エントリー口に向かいます。
段々風が出て来たようですが難なくエントリー出来ました。

2本目は砂地方面に向かいます。
kinnsennisimoti
キンセンイシモチの幼魚です。私の中では特に幼魚は、あまり
見たことがなくレア種かと思います。
madainoyougyo
マダイの幼魚です。どのお魚も幼魚ってかわいいです。
ニシキウミウシ1月11日
育ちすぎですよね??でか!と思いながら撮影した
ニシキウミウシです。かわいい幼体が見たかったですね。
1月11日オオモンハタ
オオモンハタを正面から撮影してみました。
メバル1月11日
何てことない普通種のメバルです。
1月11日カミナリべラ
カミナリべラもいつか綺麗に撮影したいベラの一つです。
タカノハダイの昼寝
お昼寝しているのか?タカノハダイが岩陰に集合してます。
アカハタ1月11日
のんびり泳いでいたアカハタです。
1月11日アオヤガラ
アオヤガラは2個体が泳いでいました。
1月11日クマノミ
1本目でも撮影しましたが別の個体のクマノミです。
1月11日イバラカンザシ11月11日イバラカンザシ2
本日のイバラカンザシコレクションPART1です。

私がこれを撮っている時、さらに深場で大きなカメラを使って
他のお店のガイドさんとお客様が懸命に何かを撮影してました。

その順番待ちをしようと近場で自由行動になりました。
アカイソハゼ1月11日
これはたぶんアカイソハゼだと思いますが、この日一番粘った被写体
かもしれません。
イソハゼ系の様に小さなハゼはなぜかマクロ魂が少し揺さぶられます。
沢山写真を撮って、深場を見るとまだ先ほどのお二人のダイバーさんが
お写真を撮り続けて譲ってくれそうにありません。
ずいぶん長い間、同じ被写体を撮影しているなと思いましたが、それから
またしばらく待っていましたが、周りが見えていないのか??まったく
動かない感じでした。

サザナミマリンさんが「少し見せていただけませんか?」とスレートに
書いたら、ようやく譲ってくれました。さらに深場で又何かを懸命に
撮影されていました。

私達は、あそこまで一つの生物に固執して撮影しないのであっという間に
撮影終了です。
そうして撮って来たのが、
クマドリカエルアンコウ
クマドリカエルアンコウの黒い個体です。通称クロクマくんです。

前のダイバーさんがクロクマくんを見えやすい場所に置いていって
くださった?!おかげで撮影はしやすいかったのですが、私的には
良い写真を撮るために、生物にストレスを加えるのは反対です。

無理やりほじくり返したり、ウミウシをはがして見えやすい場所に
移動してくださるガイドさんもいらっしゃいますが、自然のままの
構図で撮影するから面白いし、海の生物にも優しいと思います。

あくまで、私たちは海の中にお邪魔しているのにな~とちょっと残念
な気持ちになってしまいました。

と個人的な感情はさておき、続きです。
イバラカンザシ3 1月11日イバラカンザシ4 1月11日イバラカンザシ5 1月11日イバラカンザシ6 1月11日
本日のイバラカンザシコレクションPART2でした。
この後安全停止に入ります。
テンクロスジギンポ
可愛くて好きです。ギンポ系のお魚。
これはテンクロスジギンポというお魚だそうです。初耳のように
思いますので、今まで見たことないのかもです。
オビテンスもドキ幼魚
オビテンスモドキの幼魚は1本目で浮いてしまうのであきらめて
いたのですが、2本目は岩を沢山BCのポケットに入れていたので
体も安定し、ゆとりを持って撮影出来ました。

時間になりましたのでダイビングは終了になります。
今回も寒いながら、ぴったり60分のダイブタイムとなりました。
寒さを忘れ、久しぶりにフィッシュウォッチングを楽しめた
1日でした。

神子元の様なダイビングとはまた違う楽しさがあり、久しぶりの
伊豆海洋公園は楽しかったです。

なかなかご縁のないポイントということもあり陸上も記録
したくなって
伊豆海洋公園陸1伊豆海洋公園陸2伊豆海洋公園陸3
お花で出来たイルカや看板の撮影をしてみました。

寒くなければ伊豆海洋公園はロケーションも雰囲気もなかなか
良いものですね。

今度来るのはいつになることやら…。

15日からパラオにダイビング留学に行くUさんがしばらく温泉に
行けないので、一緒に冷えた身体を温めるために、
伊東マリンタウンのシーサイドスパに行きました。
itoumarinnpa-ku
たっぷり温泉を満喫した後は、地元で売っている
地元のサイダー
ニューサマーという静岡のオレンジで出来たサイダーを飲みました。
その後まだお昼を食べていないので、小田原市江の浦にある
コート・デ・サラというお店でインドカレーを食べました。
インドカレーインドカレー2
私が頼んだのは前にも食べた鶏挽肉の温泉卵カレーです。

お腹一杯になって都内に戻る頃にはすっかり爆睡していました。

この日も楽しい海と美味しいカレーを満喫して充実したお休み
になりました。

寒くても冬の海はやっぱり透明度も良くて楽しいですね。
早くも次の海が待ち遠しいです。


★DIVE: NO 229
★タンク: スチール10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 30
★DIVE TIME 60分 IN12:16 OUT13:16
★水温:15度
★最大水深:25・9メートル
★平均水深:12・6メートル
★透明度:15~20メートル
★スーツ:ドライスーツ

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ