プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:538本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(56)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(7)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(24)
  ・カメ根(153)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(20)
  ・江の口(33)
・三ツ根(3)
  ・白根(8)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

旅に出る時の悩み

2月15日から4日間、ボホールツアーで家を空けたときの猫2匹の様子で
とても困ったことがあったそうです。
(留守番してくれた夫の証言)
P1000896_convert_20100302144309.jpg

右がとらお、左がめぐおです。

特に困っているのはとらおのことです。

猫は、一人だけになつくと言われているようですが、我が家の猫も
そのとおりに

めぐお→夫
とらお→私

になついています。

夫が数日家を空けても、めぐおの場合、「パパいないならこの女で
我慢するか」と言わんばかりに仕方なさそうに私に愛嬌を振りまき
餌をねだったり、膝に乗ったりしてくれます。

めぐおの場合、生まれたばかりの時に箱に入れたまま乃木坂公園に
捨てられていて、兄弟猫がカラスに食べられてしまった中、
ホームレスの方に救出され、その猫を我が家で引き取ったので、
物心付いた時は人間しか知らなかったので、人を怖がったりせず、
来客があると迎えに行ったり帰ろうとすると寂しがったりする人間好きな猫なのです。

所が困ったことにとらおはいつまでたっても夫になつかないのです。

吉祥寺の野良猫時代、拾った女性の話によると、お年寄り、男の人に
いじめられたことのあるとらおは、少し人間不信のようです。

拾った方が女性だったからか、私には比較的すぐなついてくれましたが、
とらおと一緒に暮らして8年経っても夫はなついてもらえません。

それでも、私が家にいると、夫の方にも怖がらず寄って来て、甘える
こともあるのですが、私が会社に行ったり、外出すると、私が帰るまで
押入れに入って、夫がいる時は姿を現さないそうです。

我が家の猫の居住空間は主に2階で、夫が1階に下りると押入れから
出て来て、2匹で追いかけっこをしているらしいのです。

そのとらおにとって私の不在は相当ストレスなのか?
めぐおに噛み付いたり、突き飛ばしたり、八つ当たりをしていると
いうのです。
おまけに、夜中に玄関に向かって遠吠えするように、私が聞いたことも
ないようなものすごい鳴き声を上げているとのことです。

それでは、あまりにもめぐおが気の毒ですし、とらおの寂しさからの
問題行動だとしたら申し訳ないことをしたと思いました。

そんなわけで、しばらく長期家を空けるのはやめようと思います

そうはいっても毎年楽しみにしている9月に取る夏休みに行く
海外ダイビングツアーだけは行きたいな~と思っており、その間とらおを
どうすべきか本当に悩みます。

我が家では、持病もちのめぐおが猫専門の病院で
お世話になっているので先生にも相談しようと思ってます。

私の猫の育て方が甘やかしすぎだったのでしょうか?
飼い主が留守中にこんなに悪い猫になってしまうなんて・・・。

しばらくは、いずれにしても伊豆の海しか行けなさそうです。

ボホール島の余韻に浸っているのですが、春にごりの前に一度
伊豆に潜りに行きたいな~と思う今日この頃です。
P1010424_convert_20100302162442.jpg
(2010年1月19日神子元島の白根・テング村にて)

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

めぐお定期検診

昨日からの伊豆方面の地震が気になります・・・。
大きな被害が出ません様にと祈るばかりです。

今日はめぐおくん定期健診の日です。

そうとも知らずに、平和に寝ていた我が家の猫達です。

(左がめぐおくん、右がとらおくん)

薬が切れたので、いやだろうけど、定期健診に行かなくてはいけないの、こめんねめぐおくん。

家を出る時間になったので、押入れからキャリーバッグを出すと
P1010247_convert_20091218155819.jpg

2匹が家中を走り回りどこかしらに隠れます。

今日の病院行きはめぐおくんのほうでしたが、2階にある居間から逃走し1階の夫の事務所の押入れに逃げ込んでました。

ちょっとかわいそうですが、なんとかキャリーに入れ、病院に行きます。
とらおくんは隠れたまま出てこないので、そのまま家を後にしました。

いつもお世話になっている猫専門のキャットホスピタルに到着です。
P1010248_convert_20091218161732.jpg

いつもどおり、血液検査と体重測定です。
前回より体重は300グラム減っていました。良かったです。

いよいよ血液検査の結果が・・・・
なんと、今までで最高に良い肝臓の値です。
GOT,GPT,ALP,GGTすべて正常でした。

がんばって毎日薬飲んだ甲斐があって良かったね~めぐおくん。

安心していたところ、先生がおなかを触って「硬いウンチがたまっている」とのご指摘が・・・。
もともと便秘っぽいところのあるめぐおくんですが、今回は多いようです。
10歳の猫にとって便秘は私が想像するより深刻なことのようです。見逃していてごめんね・・・。めぐおくん。

毎晩与えているゆで鳥のスープを多めにすることや、ウェットフードの
ご提案をいただき、経過を見ましょうということに。
先生が初めて肝臓の値が正常値になったのでお祝いにウェットフードを
プレゼントしてくださいました。
P1010249_convert_20091218163707.jpg

お湯で伸ばして与えてくださいとのことです。
ゆで鳥を毎日作るよりウェットのほうが楽チンそうです。

とらおくんは肥満以外は健康で、ダイエットさせるのはかわいそうだけど愛情でカバーできるかな?

めぐおくんは、まったくの健康な猫になる日は遠いですが、猫の健康は飼い主の責任と思い、気を引き締めてお世話しなくてはと思いました。
P1000738_convert_20091218171507.jpg


★★ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとしていただけましたら幸いです↓↓

にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

テーマ : - ジャンル : ペット

猫のこと

今日は、ダイビングのお話ではなく我が家の猫のことを・・・。
今日、2匹の猫を連れて病院に行きました。

仔猫のときからアレルギー体質で肝臓の悪いめぐおくん9歳
P1000714_convert_20091125204046.jpg
と肥満外来とワクチン接種のとらおくん7歳です。
P1000720_convert_20091125204210.jpg

持病持ちのめぐおくんは、病院に行く事が分かるようで、キャリーケースに入れると観念したようにおとなしいのですが、年に1回から2回しか行かないとらおくんは、タクシーの中でも鳴いています

2匹とも血液検査し、とらおくんは年に1度の3種混合ワクチンを打って
もらいました。2匹とも暴れずにいてくれてありがたかったです。
めぐおくんの経過は、前回の検査よりまずまずの肝臓の値で、肥満猫のとらおくんは一度やせたがまた軽くリバウンドしていたので餌について
先生と打ち合わせし、低カロリーのサイエンスダイエットプロのサンプルをもらうことになりました。

私の家の猫達は、シニアの年齢だからと老猫用やシニア用のサイエンスダイエットを与えていたのですが、先生のお話では、年老いて食の細い猫に向いていて、高脂肪のことが多いようですね・・。

うちの子達はよく遊ぶし、食欲も旺盛なので、まだそういう餌でないほうが良いとのこと、餌の選び方が悪いために自分の愛猫の健康を害して
しまったようで、ショックです

猫の健康は飼い主が握ってますので、気持ちを引き締め、きちんと
飼ってあげなくてはと思いました。

めぐおくんは、乃木坂公園で手のひらサイズの時に、テントにお住まいのホームレスのおじさんが、仕事が決まったからこの猫を飼えなくなったからと、引き取った猫です。

兄弟猫と一緒にまだ眼が開かないうちにダンボールに入れられ捨てられていたところ、他の兄弟はカラスに襲われて死んでしまったが、その中で助かったのがこのめぐおくんだったとのこと。

ホームレスのおじさんにミーミー鳴きながらつきまとって歩いている仔猫があまりにも可愛いので思わず話しかけてみたところ上記のような話になり、突然飼うことになった猫です。

お母さん猫の母乳ではなく、おじさんが与えたサンドイッチやハムを食べていたようで、仔猫時代の栄養状態の悪さが、持病の原因のようです。

でも、おじさんも一生懸命この猫を救ってくれたのだと思うと今でも
とても感謝してます。
仔猫時代から血尿を出したり、アレルギー体質ということが発覚したり、肝臓の機能が悪かったりとこの猫は長くはないと思いながらも、
あっという間にに9歳になりました。

日常生活ではよく遊び、良く甘え、良く食べて健康な2匹です
いつまでも元気でいて欲しいです。

P1000726_convert_20091125203709.jpg

★★ランキングに参加しておりますので、
ご覧いただけましたら、ポチっとしていただけましたら幸いです↓↓



にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

テーマ : - ジャンル : ペット

| ホーム |


 ホーム