プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:538本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(56)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(7)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(24)
  ・カメ根(153)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(20)
  ・江の口(33)
・三ツ根(3)
  ・白根(8)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ハンマーヘッドシャーク以外にも寄りたいサメ

ご訪問ありがとうございます。

私事ですが、3日の火曜日に欲に負けて、潜ってしまったので風邪をこじらせ、泳いだり走ったりも出来ず、会社と家の往復以外は、おとなしくしてます。
お陰で咳は止まって来たので、治ったらまた運動がしたいな~と思う日々です。
珍しく?!家でのんびりしていると家でネットサーフィンをしてしまいますが、つい海関係のことを検索してしまいますね。

そんなわけで(どんなわけなの??)最近ご無沙汰しておりました海のお魚についての記事です。
備忘録代わりに最近気になるオオセというお魚について調べてみました。

最近中々見れても深くて寄れなかったということもあり、大変気になっていたのです。
前回12月3日に撮影したオオセです。
PC037047(1).jpg
11月も見たのですが、どうも深い場所にいるので、寄れずに上からの証拠写真しか撮れません。

オオセは、テンジクザメ目オオセ科に属するサメです。
キリノトブカなど地方名は多数あるようです。
全長1mの底生性のサメで、オオセ科では日本近海に分布する唯一の種なのだそうです。
底生性なので、何度か見かけた時は泳いでいるわけではなく、岩の上に鎮座している姿しか見たことがありません。
足元の深い所にいるので、中々近くに寄ってじっくり見るという機会に恵まれません。

所が、以前冬にオオセを見た時には、珍しく、わりと浅い場所の棚にどっかりお昼寝していたことがありました。
お陰で、近くでじっくり見ることが出来ました。
P1010410(1).jpg
(2010年1月19日神子元江の口)
今思えば貴重な体験だったかもしれません。

またこれくらいじっくり見れる日が来るといいなと最近思うようになりました。
ただあまり近づくと咬まれる恐れもあるようなので、気を付けないと…。

私は神子元以外で見たことがありませんが、伊豆で見れるのは、珍しいことのようですね。

ただ、生息地域は私が想像する以上に広範囲で、北西太平洋に分布、日本海域では房総半島以南の太平洋岸、能登半島以南の日本海沿岸だそうです。
国外では朝鮮半島沿岸、黄海、渤海、東シナ海、台湾~ベトナム南部、フィリピンに分布しているので、南の海にもいるのかもしれません。
居る場所は、沿岸の水深200mまでの砂泥質の海底や岩礁、サンゴ礁だそうですが、やや内湾域にいるという説もあるみたいですが、オオセの詳しい生態や生息数に関してはよく分かっていないらしいです。

また、私が見るのは大抵水温が20度以下の寒い頃が多いですが、夏場は目に入っていないだけなのかな??

潜り納めも、神子元に行こうと思っていますので、今度はオオセに出遭え、更に前回より寄れるといいな~と思うのです。


参考:ウィキペディア
   


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

事情があり・・・。

火曜日の神子元が延期になりました。

まあ残念ですが、最近透明度がいまいちなので、来週の大潮後の
25日に行くことになりました。
透明度が少しは良くなってくれていたら良いのですが・・・。
そして願わくばハンマーヘッドシャークが見たいのです。

今日は願いを込めてハンマーヘッドシャークについて調べてみます。

本当の名前は、シュモクザメといい、メジロザメ目シュモクザメ科
に属するサメのことです。

名前の由来は、頭部が左右に張り出してその先端に目と鼻孔があり、
鐘や鉦(和楽器)を打ち鳴らす丁字形の撞木(しゅもく)のような
頭の形をしていることから撞木鮫、英語では頭を金槌に見立てて
Hammerhead shark(金槌頭のサメ)と呼ばれているそうです。

通常のサメとは違い、体の側面から大きく飛び出した位置に目が
あるため、人間同様に立体視が可能になっていますが、左右の目が
離れて過ぎているために正面方向には視野の死角があり、自分の
真正面にある物は視認できないという欠点があるらしいです。

またシュモクザメはサメとしてはめずらしく群れを成して行動
するそうです。
その数は時には数百匹の単位に及ぶことがあるとのことですが、
そんな光景はなかなかお目にかかれません。

神子元に25本分通ってそんな瞬間を夢見ながらまともに見たのは
たった1日3本分のダイビングだけです。
まだまだスキル不足ですかね・・・。

2010年7月28日 神子元 カメ根


水温下がる前にまたこんな群れ見れないかな~と願っています。
もちろんハンマー以外にも何が出るのかわからないのも神子元の
魅力ですね。
来週こそ行きたいです。

参考:フリー百科事典 ウィキペディア


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


 ホーム