プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:549本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(7)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(24)
  ・カメ根(159)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(21)
  ・江の口(34)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

DIVE NO536  大瀬崎 湾内

今は3月・・・すでに記憶がなくなって来ていますが、1月27日大瀬崎ダイビング2本目の記録です。

1本目は、大瀬崎の湾内でマクロを楽しむつもりがウミウのアタックシーンに遭遇し、とてもエキサイティングなダイビングとなりました。

この日は、比較的ダイビングショップも空いているので、クラブハウス内でのんびり過ごせました。
冬は視界も澄んで富士山も良く見えました♪
P1270140 (2)
時間になったので2本目も同じ湾内ですが、はごろもマリンサービスさんの目の前よりエントリーします。
すっかりビーチエントリーが下手っぴになり、フィンを履くのにも溺れそうですが、なんとか頑張ってエントリーします。
P1270145 (2)
クロホシイシモチが群れているのも大瀬崎らしいような気がします。
P1270148 (2)
ヒラメが泳いで行ってしまいました。
P1270154 (2)
オオモンハタがいたり、
P1270155 (2)
かなり久しぶりに見たような・・・・ミナミハコフグの幼魚♪がいて楽しめます。
P1270158 (2)
ミノカサゴ。
P1270166 (2)
ツノザヤウミウシ。何の上に乗っているのかな??
P1270181 (2)
セスジミノウミウシのペア
P1270184 (2)
ハナオトメウミウシ。
ウミウシ三昧もたまには楽しいですね。
P1270186 (2)
砂に擬態しているメゴチ。
P1270197 (2)
ゴンズイは玉というほどはまとまってなかったです。
P1270205 (2)
大瀬崎の湾内はメガネウオが多いイメージです。
このお魚顔がユニークですね。
P1270209 (2)
1本目で見たのとは別の場所にあったヤリイカの卵です。
P1270228 (2)
綺麗なアジが小群れになっていました。

そろそろ安全停止なので水深を上げ、沖から戻って来たら、またしても
P1270251 (2)
ウミウがキビナゴにアタックしています。
P1270258 (2)
まじかで狩りを見れて迫力がありました。
写真は撮れませんでしたがキビナゴにはワラサもアタックしていました。
動画や写真を夢中になって撮っていたら、いつの間にかカンガゼで指先をさしてしまいました(><)
痛かったです・・・。
家に帰って酢にしばらく指を付けて、針を溶かし出そうと頑張りましたが、2週間くらい指先が痛んだり、硬くなったり、変なことになっていましたが今は何ともありません。

話は海に戻りまして、安全停止中は、ウミウ劇場で楽しめましたのであっという間でした。
そろそろ浮上するのに浜のほうに泳いで行くと
P1270283 (2)
1本目に引き続き2本目でもボラクーダの登場です。私的にはボラの群れを見るのは珍しく、とてもうれしかったです。

外洋が好きなので、湾内2本(TT)と思ってしまいがちですが、何やかんやいろいろなお魚が見れましたので、とても楽しくダイビングは終了しました。

苦手なビーチエキジットもどうに無事に完了し、器材を洗って帰り支度をしたら、遅めのランチです。
この日は、井里絵さんにおじゃましまして、
P1270285 (2)
イカアジ定食をいただいて帰りました。
お値段1000円くらいだったかな??結構良心的なお値段です。
P1270286 (2)
お菓子と飲み物は自由にいただけます。
有り難いサービスでした。

おなかもいっぱいになりまして、東京に帰ります。
P1270288 (2)
この日はずっと富士山を拝めました♪

神子元よりは近いですが、移動中は居眠りしたり、お話したりしている間に都内に戻って来ました。

寒い日でしたが、水温は17度あり、湾内はショップの目の前ということもあり、あまり寒い思いもしないで2本のダイビングを堪能出来ました。
最近山歩きばかり出かけていますが、やはり海も楽しいな~と実感しました(^^)

マンツーマンでもツアーを催行していただき、ありがとうございましたm(_)m


★DIVE: NO 536
★タンク: スチール10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 40
★DIVE TIME57分 IN12:41 OUT 13:38
★水温:17度
★最大水深:23・1メートル
★平均水深:13・6メートル
★透明度:10M前後
★スーツ:ドライスーツ


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

DIVE NO535  大瀬崎 湾内

諸事情で初潜りが1月の月末、27日になってしまいました。
他の日も予約をしていたのですがその日も神子元に行けず、27日も・・・・。
そうなるとしばらくダイビングにも行けず・・・・ならば他のポイントでも潜りたいということで、6:40に渋谷にサザナミマリンさんと集合して潜って来ました。

前日のお話では初島に行こうとのことでしたが、北東の風が強く昼間のフェリーが欠航になりそうなレベルです。
P1270045 (4)
急きょ予定を変えて大瀬崎に行くことになりました。
こんな強風では湾内2本になりそうです。
P1270046 (2)
基本的に外洋が好きなのですが、こういう機会でもなければ湾内をじっくり潜らないので、気持ちを切り替え楽しむことにしました。
P1270049 (2)
寒いけど富士山も見えるし、楽しんで行ってきます。

台車を押して、湾内の端っこまで行きエントリーしました。
しばらく泳いで行くと
P1270052 (2)
P1270055 (2)
キビナゴに何かがアタックしている!カンパチ??と思いましたら海鵜でした。
P1270067 (2)
ワラサもいましたが、
P1270071 (2)
海の中でお魚を捕食する海鵜に遭うのは初めてで大興奮してしまいました。
ずっと見ていても・・・と思いましたが移動開始です。
P1270074 (2)
小さなエイがいます。
トビエイかしら・・・。
P1270076 (2)
マクロなダイビングは久しぶりなのと、新しいカメラTG4にしてから初めてのマクロ?!
残念な寄り具合です。
P1270078 (2)
コトヒメウミウシだそうです。
これも初めて見たような気がします。
P1270086 (2)
ガラスハゼも久しぶり過ぎて撮影出来ないかも・・・・。
逃げ足速い個体は苦手です。
P1270095 (2)
このウミウシもとてもきれい♪写真はご愛敬(^^;)セトリュウグウウミウシ??
P1270102 (2)
オキゴンべや
P1270105 (2)
ひらひら揺れるヤリイカの卵を見たりするのも久しぶりです。
P1270109 (2)
大瀬崎の湾内に枝サンゴのスポットがあったのですね~。
ここだけ南国みたい♪と喜んでいたら、
P1270113 (2)
キンチャクダイの幼魚がいたりしてかわいらしかったです。
P1270117 (2)
ホウボウは、冬の砂地にいるイメージです。
P1270138 (2)
そうこうしている間に安全停止に入りました。
安全停止の時にはキビナゴがいたりして楽しめました。
上がる間際に、ボラクーダの群れがいたのですが、取り損ねてこんな写真になってしまいました。

久し振りにビーチダイビングなのでエキジットが大変に思いましたが、どうにか帰還しました。

寒い寒いと思いながらも50分も潜っていたようです。
それだけ見どころ満載だったのでしょうね。

さて2本目も湾内になりますが、広い湾内…次はどこを潜るのか楽しみです。


★DIVE: NO 535
★タンク: スチール10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 40
★DIVE TIME50分 IN10:36 OUT 11:26
★水温:16度
★最大水深:24・6メートル
★平均水深:16・3メートル
★透明度:10M前後
★スーツ:ドライスーツ


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

DIVE NO451 大瀬崎 湾内

19日に行った大瀬崎ダイビング2本目の記録をいたします。

1本目が終わり、クラブハウスに戻る途中、サザナミマリンさんが、先に台車を押して戻っているので、外海の様子見て来て良いですよ~というわけで、見に行ってみました。
P5198119(1).jpg
1本松の様子です。
思ったより潜れそうにも思えますが気のせい?
P5198120(1).jpg
台車があると言うことは潜れるのかな?でも無理して潜るのも・・・というわけで、2本目も湾内で楽しむことにします。
P5198122(1).jpg
そんな事を考えて歩いているとハマダイコンのお花が綺麗に咲いていました。
このような天気でも流石大瀬崎、思いの外、人が多いな~と思います。
はごろもマリンサービスに戻ってみると、他のグループの方々が講習のおさらいなどをなさっていたので、別のテーブルで図鑑や雑誌を見て休憩しました。

時間になりましたので再度湾内に入ります。
2本目ははごろもマリンサービス前からなので楽ですね。
P5198124(1).jpg
思ったより湾内も浅い場所は綺麗ですね。
P5198128(1).jpg
ホンベラを撮ってみました。
べラは好きでもなかなか写真は撮れないです。
P5198130(1).jpg
ミノカサゴを最近よく見ている気が・・・・それだけ神子元に行けていないのですね。
P5198131(1).jpg
メバルの幼魚の群れがあちこちにいて、中々可愛かったです。
P5198141(1).jpg
ミジンベニハゼがいるのに、なかなか出て来てくれないのです。
あきらめて別の瓶に行ってみます。
P5198161(1).jpg
何とか証拠写真程度に撮れました。
瓶の淵には卵が付いているんですって。
フェイスブックのコメントで教えていただきました。
P5198169(1).jpg
一生懸命撮っていたら、振り返るとまたミノカサゴが近くにいます。
ダイバーが巻き上げる砂のほうにやってくるので、巻き上げていたのかしら・・・。
P5198171(1).jpg
スナイソギンチャクの周りにテッポウイシモチの幼魚がいたのですが、写真に残せませんでした。
P5198172(1).jpg
アオヤガラがちょっとした群れを作っている場所がありました。
P5198174(1).jpg
2本目もトゲカナガシラがいました。
1本目と同じ個体なのでしょうか・・・。
P5198180(1).jpg
じっとしているコウライトラギス。
P5198184(1).jpg
メゴチのペアなのか?親子なのか?
P5198187(1).jpg
カワハギのオスの婚姻色を出している個体が2匹、喧嘩をしてました。
縄張り争いかしら。海の中は求愛シーズンなのか、オスのキンギョハナダイも群れをなして泳いでました。
P5198191(1).jpg
クツワハゼが綺麗だったので撮りました。ハゼもいろいろな種類がいますね。
P5198193(1).jpg
キタマクラの大きな個体がじっとしていました。
ミジンベニハゼで粘ってしまったので、そろそろ浅場に戻って安全停止です。
P5198196(1).jpg
好物のイバラカンザシも見れました。
P5198200(1).jpg
オニカサゴも良く見ると綺麗なお魚です。

オニカサゴを見てからエキジットしました。
エキジット後に湾内の玉砂利歩くの、ちょっとずるずるするので、疲れますね。

とりあえず無事に戻って来ました。2本目もこまこまいろいろなお魚観察出来て楽しかったです。
のんびり潜ると身体は冷えますね。

器材を洗って帰り支度をしたら、足柄SAまで一気に帰り、
P5198204(1).jpg
野の実のラーメンで、東名高速道路・小田原厚木道路・西湘バイパスのSA・PAを対象に行われた「ラーメン王座決定戦2012」でNO1に選ばれた、焦がし香味GYU 塩らぁ麺を食べました。
デザートは、
P5198205(1).jpg
富士山高原いでぼく牛乳の濃厚ソフトクリームを間食。
良く食べた日でした。

おなかもいっぱいになり、居眠りしていたらあっという間に東京に帰りました。
神子元に比べ近いので、早めに帰宅出来ました。

前線停滞&台風7号を心配しながらのダイビングでしたが、無事に2本楽しめたことを有難く思います。
無理を聞いてくださって、大瀬崎に潜りに行け、良かったです。

来週こそ神子元に行けると良いのですが・・・。


★DIVE: NO 451
★タンク: スチール10リットル 
★スタート時残圧180 エキジット時残圧70
★DIVE TIME44分  IN 12:25 OUT 13:09
★水温:15度
★最大水深:24・9メートル
★平均水深:14・4メートル
★透明度:4~12メートル
★スーツ:5mmドライスーツ


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

DIVE NO378大瀬崎 岬先端

記憶の無くならないうちに、21日の大瀬崎ダイビングの記録をしておきます。

1本目は、湾内で私の割に、マクロなダイビングを思う存分楽しみましたが、自分の中で反省点がありました。

久しぶりに、砂地を這う系のダイビング、とても楽しかったのですが、そのような潜り方をしばらくしていないと、巻き上げたり、ひっこめたり、まるで初心者の様な失態をしてしまいました。
湾内の砂は、細かく巻き上がりやすいのもありますが、自分が下手っぴになってしまったのでしょう。
他の方にご迷惑をかけたのでは??と気になります。
たまには、砂地を潜っておかないと、感覚を忘れてしまいますね。
小さな生物のアプローチも下手っぴになっていました。
先端も砂地がありますので気を付けないとだめですね。

その2本目に行く前の水面休憩では、はごろもマリンサービスさんの室内で休憩させていただきました。
お天気が良いので、外で休憩しようかとも思いましたが、ちょっとだけ風も出て来て、肌寒さを感じました。

皆様と室内で、色々お話している間に2本目の時間になりました。

いよいよ、岬先端に行ける時が近づいて来ました。

その前に大瀬神社&神池に行かせていただくことにしました。
お賽銭持って台車を押して行こうとしたら・・・。
P3219251(1).jpg
私の首にちょっと大きめの見慣れない柄のテントウ虫が止まっていたそうです。
写真は、サザナミマリンさんが撮ってくれました。
このまま行くのが怖かったので取っていただき、ビーチの砂の上に戻してもらいました。

テントウ虫とお別れし、岬先端までは、台車を押して向かいます。
外海のポイントに行くよりちょっと遠い気がします。
P3219252(1).jpg
大瀬神社に行ったことのない私は、かなりこの時点でテンションが上がりました。
P3219256(1).jpg
ただ、皆様をお待たせしてしまうので、今回は鳥居の下で拝ませていただきました。
今度、大瀬崎に来た時は、水面休憩時間に参拝しようと思います。
P3219257(1).jpg
絵馬殿には参拝しました。
拝観料を支払って、スタッフのMさんとサザナミマリンさんが台車を押して器材を運んでいるので、神池に行って来て良いですよとおっしゃってくださったので、Tさんと行かせていただきました。
P3219258(1).jpg
自動販売機で鯉の餌が販売されておりましたが、時間がないので今回は餌付けは辞めておくことにしました。
所が鯉も分かっているみたいで、餌を欲しがり口を開けて鯉が寄って来ました。
P3219260(1).jpg
猫も何か欲しいみたいで、甘えた声で鳴いています。
鯉を食べてしまわないか??心配です。
私が子供の頃飼っていた猫は、狩りが上手く、雀や鯉、へびやカエル、トカゲなどを採っては、私に報告に来て、結構驚かされることが多かったです。
P3219261(1).jpg
神池は想像していたより広い池でした。
こんなに海に近く(15M程の距離)海水も吹き込むこともあるのに、淡水で、ナマズもいるという、とても不思議で神秘的な池のため、伊豆の七不思議と言われているみたいです。
P3219265(1).jpg
本当に自然って不思議だし、凄いですね。
もう少しこの景色を楽しんでいたかったのですが、お二人が待っているので、また次回来た時に来たいと思います。
P3219266(1).jpg
御神木は、推定樹齢1500年と言われています。
天然記念物の「大瀬崎のビャクシン樹林」のうちの1本です。

今まで知らなかったのがお恥ずかしいですが、大瀬崎は、海の中だけでなく、陸も素晴らしい場所なのだと気が付きました。
私たちがこうして大瀬崎でダイビングを楽しめるのも、ご祭神、海の守護神、引手力命(ひきてちからのみこと)のお陰なのかもしれません。
日本でこの神様を祭っているのは、この神社だけのようです。
今度ゆっくり拝殿に拝ませていただこうと思います。

エントリー口に行くと、祝日なので沢山のダイバーさんがいらっしゃいます。
サザナミマリンさん達を探し合流し、ブリーフィングと支度を開始しました。
P3219267(1).jpg
小さなゴロタのエントリー、あまり上手ではありませんが、頑張ります。
今回も先にエントリーさせていただき、スタッフMさんとTさんを待ちます。
P3219275(1).jpg
エントリーしてすぐの場所で、ヤドカリがいるのをサザナミマリンさんが教えてくださいました。
種類が図鑑を見ても良く分かりませんでした。
P3219276(1).jpg
キンギョハナダイの群れの近くを、ニシキべラも群れていました。
P3219284(1).jpg
この日は透明度が・…ですが、キンギョハナダイが沢山群れています。
ワイドも楽しめるポイントなのですね。
P3219287(1).jpg
このウミウシなんだろう・・・。
追記:Oつがい様よりヒラムシではないかと情報をいただきました。ありがとうございました。
P3219278(1).jpg
浅場に少し大きめの何かの群れもいるみたいです。
P3219288(1).jpg
それにしても浮遊物が多く、オートフォーカスがなかなか効かず、カメラが苦戦しているのか、動く被写体にピントが合いにくいな~と思っていました。
今回は好きなべラも諦めようかなと思いました。
P3219291(1).jpg
ヒラメのように鎮座してくれていると良いのですが・・・。
目指すは、深場のハナダイ!!と思っていました。
45度の斜面なのであっという間に深場になりそうです。
P3219299(1).jpg
大好きなアオサハギもいました。
P3219301(1).jpg
コモンウミウシも私にとってはレア種?!です。
P3219307(1).jpg
ネンブツダイの幼魚も群れていたので写真撮りたいのですが、綺麗に撮れない・・・。

その後、大きめのオトヒメエビを教えていただき、喜んでシャッターを押そうとしますが、全くピントが合わないです。
どうしたのかしら??とシャッターを何度も半押ししてましたが・・・。
あろうことかファインダー面がフリーズです!
こうして、私のカメラは、2本目で全く動かなくなってしまいました。

そんなことを知らないサザナミマリンさんが、私にアカオビハナダイ、ナガハナダイ、サクラダイなどの綺麗なハナダイを次々に教えてくれます。

所が全く写真を撮ろうとしないので、「どうしたの??」という感じで私の様子をうかがっていたので、ファインダーをお見せしました。

ゆすったり、色々なボタンを押してみても駄目だと分かると、ご自分のカメラで撮影をしようとされましたが、なんと・・・サザナミマリンさんの新しいカメラも不調!!

スタッフMさんのカメラもブチ水没!

と3人そろってカメラのトラブルで、ハナダイの写真が全くありません・・・。

かなりショックです。

それでも綺麗なハナダイは肉眼でしっかり見て来ました。
平日しか休みが基本的にありませんので、今度はいつ行けるのか、全く分からないという状況の中、私の先端デビューはこんな不運に見舞われてしまいました。
いつかリベンジしたいです。

安全停止中もカメラが気になり、いろいろいじりましたが、画面はピクリとも動かず、ピンボケのオトヒメエビが写ったままでした。
所が悲しいかな・・・オトヒメエビは、写真には残ってませんでした。

無事に皆様とエキジットし、台車を押してサービスに戻ります。
その間も、カメラが故障したのでは??と心配でした。

器材を洗って片付けたら、気になるカメラのバッテリーを外して電源をOFFにしました。
予備のバッテリーを入れて電源を入れたら、普通にカメラが使えるように戻りました。
一体あのトラブルは何だったのか??今でも分かりません。
一度オリンパスに問い合わせてみようと思います。

大瀬崎を後にし、井里絵に食事をしに行きました。
P3219310(1).jpg
治ったカメラで撮影してます。
イカアジ丼を定食にして頂くことにしました。
新鮮なイカとアジ、大変美味しかったです。
お味噌汁はつみれが入って、ボリュームもありました。
私は、平日しか行ったことがないので、店内がダイバーさんで賑わっていたのには驚きました。
ダイバーさんに人気のお店なのですね。
こちらのお店、コーヒーやお菓子、ミカンは自由に頂いても良いそうです。
1470円でお腹いっぱいです。
皆様とログ付けをしたら、東京に帰ります。
P3219312(1).jpg
さすが3連休、渋滞にはまることが多かったです。
途中港北SAで休憩したりしながら、8時過ぎに東京に到着です。
平日と違って大瀬崎が遠くに感じました。
サザナミマリンさん、Mさん運転お疲れ様でした。

このような感じで、祝日ダイバーの一日が終りました。

平日に潜れるのって、何かと贅沢なことなのだと、実感した日になりました。
改めて平日潜れることに、感謝しないといけませんね。

というわけで次回は平日の神子元に行く予定です。
果たして行けるのかしら・・・。
出航は決定しておりますので、後は海況次第です。


★DIVE: NO 378
★タンク: スチール10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 90
★DIVE TIME 39分 IN13:33 OUT14:12
★水温:14度
★最大水深:29・2メートル
★平均水深:14・9メートル
★透明度:7メートル
★スーツ:ドライスーツ


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

DIVE NO377大瀬崎 湾内

ご訪問ありがとございます。

今回、普段平日ダイバーの私ですが、たまたま21日の春分の日の金曜日、シフト休みとなりましたので、珍しく祝日ダイバーになってまいりました。
その備忘録でございます。

21日は6:20に集合ということで、神子元に行くより、かなりゆっくり出来ますが、普段の大瀬崎行きの時間が6:30か冬場は6:50位なので、平日ダイバーの私にはちょっと早い出発です。
普段、平日に海に行く時の感覚で、集合時間の20分前に家を出ました。
ところが、六本木通りでタクシーを待ちますが、平日と違ってタクシーの空車が中々つかまりません。
良く考えたら前日の呑んで帰る方々が渋谷に向かうので、通るタクシーは多いのですが、空車が通らないのです。
5分待ってもダメでしたので、日赤通りに出たら、ようやく空車に乗れました。
タクシーの方に急いで頂きましたが、2分ほど遅刻しての到着になってしまいました。
皆様申し訳ございません。

私が合流したら、今回初めてご一緒する、Tさん、サザナミマリンさん、スタッフのMさんと一緒に大瀬崎を目指します。

さすが3連休初日なので、ちょこちょこ渋滞に遭いましたが、皆様とお話したり、綺麗な富士山を見たりしながらの旅は楽しめました。
P3219106(1).jpg
新東名高速道路から見る富士山はすそ野まで見えて良いですね。
この日は冬型のお天気に戻ったので、綺麗に見えました。

大瀬崎近くの道路からも富士山が良く見えました。
P3219109(1).jpg
9:30頃に大瀬崎に到着です。

早速支度をして、まず1本目は、初心者の方もいらしていたので、湾内でウォーミングアップ&ウェイト調整です。
私もあまり普段なじみのないスチールタンクで潜りますので、その方がウェイトの位置を確認出来、有難いです。

アルミタンクの場合、ウェイトの配置場所をBCに内蔵してあるウェイト入れとベルトに分散しますが、スチールタンクなので、全部BC内蔵のウェイト入れに入れた方が、水中バランスが取りやすいようなのです。
アルミタンクと同じ方法だと、スチールタンクで潜る場合、身体が後ろに倒れやすくなるため、そのようにしています。

さすが祝日でお客様がいっぱい!!と思ったのですが、この日は、皆様から言わせると祝日の割に空いているとのことで、普段の土日祝日はもっと人が多い様で、驚いてしまいました。

湾内にエントリーをするのですが、普段は、はごろもマリンサービスの前からエントリーし沖に泳いで行くのですが、今回は、台車で海に向かって左の桟橋の様な場所まで器材を移動し、
P3219112(1).jpg
このような階段を下りてエントリーすることになりました。
その方が泳ぐ距離が少なく楽だそうです。
P3219113(1).jpg
いつもは、あの辺から入っています。
P3219114(1).jpg
こっちの方が景色も良い感じです。
(写り込んでいるのは、ドライスーツ着用中のサザナミマリンさんです。踊っているわけではありません。)
ちょっとだけ支度に時間がかかりそうなので、先に入って待っててくださいとのことで、入って見ると、
P3219118(1).jpg
フサフグ発見です。
決して珍しいお魚ではありませんが、私は普段遭遇することがほとんどないフグのため、1人で喜んで追いまわしてしまいました。
P3219119(1).jpg
そうしている間に、TさんとスタッフMさんも合流です。
P3219120(1).jpg
浅い場所で、潜行すると海藻がいっぱい舞ってます。
川の水なのかな??水も冷たく、白く濁っています。
このような日は、久々の登場のクローズアップレンズで、私にしては珍しくマクロなダイビングを楽しもうと思います。
P3219124(1).jpg
オオスジイシモチです。
普通種なので誰も関心を示さないかもしれませんが、私的に好きなお魚の一つです。
P3219133(1).jpg
トゲカナガシラ、最初、ホウボウかと思ったのですが、より小型で、胸鰭に大きな紺色の眼状斑があるのが特徴です。
P3219136(1).jpg
危険を察知するとこのように胸鰭を開いて逃げて行きます。
脅かしてごめんなさい。
湾内では、この後も3個体ほど見かけました。
P3219150(1).jpg
普段マクロなダイビングしてないから、ヨウジウオも久しぶりの遭遇です。
P3219153(1).jpg
ムラサキハナギンチャクも綺麗なので好きです。
P3219157(1).jpg
ナガレメイタガレイは、上手に擬態していたのですが、私たちの動きに驚いて動きだしたみたいです。
P3219163(1).jpg
ヨメヒメジも地味ですが、水中で見ると綺麗なので、いると嬉しくなります。
P3219165(1).jpg
コウライトラギスも珍しくないお魚ですが、個人的に眼が可愛く好きです。
P3219168(1).jpg
メゴチも擬態上手です。
本当に砂の色になってますね。
P3219174(1).jpg
砂地にウツボがいるものなのですね。
頭が白く小振りなので幼魚でしょうか・・・。
P3219175(1).jpg
ウミサボテンは普段あまり見る機会がないだろうと、サザナミマリンさんが教えてくださいました。
P3219181(1).jpg
スジべラを撮りたかったのですが、コウイカも登場してました。
P3219188(1).jpg
サツマカサゴを前から
P3219189(1).jpg
横から撮ってみました。
一見かわいらしいのですがトゲに猛毒がありますので、要注意です。
P3219193(1).jpg
ダイオウタテジマウミウシは初めて見ました。
ブログ初登場でしたが、綺麗に撮れてないです。
P3219199(1).jpg
サガミリュウグウウミウシは、いつもどうしてこのような派手な色しているのかしら??と見るたびに思います。
P3219200(1).jpg
最近大人眼になりつつあるのか、良く見えてませんでしたが、ミツイラメリウミウシだったようです。
海の中で良く分かっていませんでした。
P3219203(1).jpg
ヤリイカは、卵は何度か見ていますが、泳いでいるのを見たのは初めてです。
結構レアな経験でした。
P3219208(1).jpg
このウミウシも初めてですが、ヤマトウミウシです。
かなり大きくびっくりしました。
写真に入りきれないかと思いました。
P3219210(1).jpg
私にとって、カサゴとの出会いも新鮮です。
P3219215(1).jpg
一眼ダイバーさんが必死で撮っていた場所に行ってみたら、ガーベラミノウミウシがいました。
P3219222(1).jpg
今度のは、コチかしら?メゴチの様にも見えますが、湾内にこのようなお魚が所々にいました。
P3219224(1).jpg
この糸くずみたいな物は、ウミウシの卵か何かでしょうか??
P3219232(1).jpg
今回のダイビングで一番張り付いたかな?
ツノザヤウミウシが砂地に可愛らしくたたずんでました。
たまにはウミウシダイブも楽しいなと思いました。

見どころいっぱいの湾内でしたので、あっという間に安全停止の時間になりました。
こうして楽しかった1本目は終了になりました。
P3219248(1).jpg
このような階段が2か所?!ほどありました。
ショップ前から入るより、エントリーエキジットは楽に感じました。
今度湾内に来る時もここから入りたいな~と思うのでした。

水温14℃と、寒かったのですが、1本の間に色々見れて楽しい湾内で、あっという間の49分のダイビングとなりました。

さて2本目はいよいよ岬先端デビューです。
続きは次回の投稿で・・・。

★DIVE: NO 377
★タンク: スチール10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 50
★DIVE TIME 49分 IN10:44 OUT11:33
★水温:14度
★最大水深:24・1メートル
★平均水深:13・9メートル
★透明度:7メートル
★スーツ:ドライスーツ

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ