プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:558本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(9)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(26)
  ・カメ根(161)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(23)
  ・江の口(35)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

DIVE NO435雲見 牛着岩

関東の平野部でも積雪の予報の中、30日は朝の5:10に渋谷を出発し、神子元で潜れるかを賭け、南伊豆に向かいました。

サザナミマリンさんと前日に相談し、雪の予報に加え、北東の風が吹きそうだけどどうしますか??とのことでしたが、とりあえず向かってみましょう!ということになったのでした。

コンビニでお買い物をした時にお電話で海遊社さんに問い合わせしたら、出航出来るかも・・・ということで、とりあえず行ってみます。
白浜にあるコンビニからでしたが、海沿いの標識がえらく風に揺れて暴風??っぽいので大丈夫なのかな・・・と思いましたが・・・。車の中で、下田海上保安庁のHP見ていると北東の風18Mでしたので、出航は無理でしょ?!という感じだったので、他のポイントに変更の体制を整え、あわよくば、神子元で潜れるかも・・・ということを期待し、8:40頃に海遊社さんに到着しました。

この日、ちょっと早いですが、私の2月1日の誕生日のお祝いに、サザナミマリンさんの奥様がケーキを焼いてくださいました。とてもうれしかったです♪
P1305367(1).jpg
船で皆で食べよう~と思っていました。

常連さんのYさんとMさんと御挨拶し、さあ出航の支度!!と思っていたら、なんと風速20Mになってしまい、これでは駄目でしょうということで、残念ですが、皆様にお別れをし、私たちは西伊豆の雲見に移動です。
そんなわけでケーキはひとまずお預けで、「家で家族で食べてください」とのことで、持って帰ることにしました。

こんな時こそ潜ってみたかった妻良のべた凪の海を横目でみながら、波勝崎を通り、雲見に参りました。
雲見は、ほぼ無風でべたなぎ!西伊豆に来ただけでこんなに違うのね~。
急なのに潜らせていただいた、コリンズさん、本当にありがとうございました。

さっさと支度を済ませ、貸し切りボートでメインポイントの牛着岩に向かいます。
P1305371(1).jpg
昨年の4月2日ぶりです。この時も神子元が駄目で雲見という流れでした。

港から1分なので、神子元に行く予定で、酔い止めのアネロン飲んでいたのがもったいないほど、船に弱い人にも有難いポイントです。

バックロールでエントリーし、水路で集合です。
久しぶりのスチールタンク・・・・アルミに慣れているのでやはり水中でのバランスが取りにくいので、潜行がひっくりかえり気味になるので、さっさとヘッドファーストにしました。
P1305372(1).jpg
すぐに立て穴に行くかと思いましたが、
P1305375(1).jpg
ミアミラウミウシを見たり、
P1305377(1).jpg
好物のイバラカンザシを見たりして楽しみました。
まだスチールタンクのバランスに慣れず、重心がつい後ろに・・・。
写真撮るのに安定しませんね(TT)
P1305378(1).jpg
足から縦穴に潜る時、何時も忍者になった気がするのは私だけでしょうか??
P1305385(1).jpg
雲見らしい地形ポイントはやはり楽しいですね。
P1305394(1).jpg
地形も楽しいのですが、洞窟の中にはウミウシなどもいるので、暗い中探すのも楽しかったりしますね。
サガミリュウグウウミウシを見つけていただきました。
P1305398(1).jpg
お天気が良いと、日がさしてもっと綺麗なのでしょうね。
P1305404(1).jpg
ネンブツダイ、キンメモドキが沢山群れているのもワイドが好きな私には嬉しいです。
P1305409(1).jpg
ルリハタがいました。
好きなお魚ですが、いつも寄れずにこんな写真になってしまうことが多いです。
いつか綺麗なルリハタの写真が撮りたいですね。
P1305411(1).jpg
ここは、縦穴意外に、横穴もあればクレバス、アーチ、トンネルなどなど、地形を思う存分楽しめるのが人気の理由でしょうね。
P1305416(1).jpg
一度洞窟を抜けてお魚探しをしていると、ひそかにずっと狙っていたヒメギンポの求愛が見れました!
年末に初島に行った時に見たかったのですが、見つからなかったので、嬉しかったです。
P1305424(1).jpg
洞窟の外もネンブツダイがびっしりと。
P1305429(1).jpg
またまたヒメギンポの求愛が見れました。
P1305438(1).jpg
前はあまり好きではなかった、ちょっとグロいニシキウミウシも、久しぶりに見ると好きな気がしてきました。
P1305445(1).jpg
ウミウシ??ミノウミウシっぽいですが名前が不明です。
P1305453(1).jpg
ソライロイボウミウシも私的に中々見る機会が無いので、楽しく拝見させていただきました。
P1305455(1).jpg
皆様がおそらくスルーされる、アオウミウシも私には珍しいので、結構写真を沢山撮っていました。
この個体は、本当に小さくてかわいらしかったです。
P1305459(1).jpg
小さくて可愛いオレンジのお魚がいる!!と思って撮影しました。
後で教えていただいたのですが、オキゴンべの幼魚だったようです。
P1305460(1).jpg
サラサウミウシはなんだか丸まってこんな写真になっちゃいました。
P1305465(1).jpg
そろそろ帰り路の予感です。
先ほどの洞窟に入ります。
コウイカが泳いでいました。
P1305475(1).jpg
オルトマンワラエビを撮りましたが暗い写真になりました。
洞窟内での写真は難しいですね。
P1305491(1).jpg
キヌヅツミ系の貝を発見していただきました。
なぜか自分でも分かりませんが貝フェチです。
家で図鑑を見ましたが、なんだかどれにも該当しないように見えましたので、名前は分かりません。
P1305501(1).jpg
またいったん外に出たと思うと
P1305506(1).jpg
また洞窟内に入ります。
いったいどこをどのように通っていたのか、謎です。
ハタンポも群れていました。
P1305509(1).jpg
ふと見上げると凪いだ海面が見えました。
そのまま安全停止をしながら生物探しをして過ごします。
P1305515(1).jpg
オトメウミウシもなんだか分かりませんが丸まっていました。
あまりウミウシを見るダイビングを最近はしないので、ウミウシってこんな感じだったかな??と不思議に思いました。

時間になり浮上しました。
水温14度で、あまり動かないダイビングスタイルで56分も長く潜ったので凍えました。
P1305520(1).jpg
40分のお約束だったので船が港に戻ってしまっていたようです。
P1305522(1).jpg
それでも目と鼻の先なのでさっと迎えに来てくださいました。
べた凪の海面なので水面で船を待つのも全く苦にならなかったです。
ただ水面は冷たかった・・・です。
雨で河川の水が入って来たのでしょうか・・・。

港に戻ったら、タンクを交換し、2階のストーブのあるお部屋で休憩します。

2本目はどこのポイントに行っていただこうかしら・・・。
続きは次回記事でご報告いたします。

★DIVE: NO 435
★タンク: スチール10リットル 
★スタート時残圧180  エキジット時残圧 40
★DIVE TIME 56分 IN 10:39 OUT 11:35
★水温:14度
★最大水深:23・7メートル
★平均水深:14・9メートル
★透明度:15メートル
★スーツ:ドライスーツ


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ