プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:558本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(9)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(26)
  ・カメ根(161)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(23)
  ・江の口(35)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

DIVE NO453神子元島 カメ根

26日の神子元日帰りダイビング、2本目の記録でございます。

この日は沖待ち3DIVEの予定でしたので、2階のデッキで、2本目までの水面休憩を、皆様と談笑しながらお菓子を御馳走になったりしながら、休憩しました。

気温が28度位はあったのでしょうか?
夏日とはいえ、水温が18度の海からあがると、さすがに寒かったのですが、船の上でもTシャツで過ごせます。
やっぱり暑い暑いと言いながら、暑いって伊豆ダイバーにとってこの上ない幸せですね。
早くウェットで潜りたいな~と思いました。

時間になり、2本目の支度をし、またまた1本目同様、東の東の根の脇からエントリーします。
Aポイントのあたり、潮が渦巻いてますが大丈夫?!
潮がたるんだことを期待し、入ります。
なんだか1本目よりひんやり・・・・。
でもちょっとだけ浮遊物が減って綺麗になった気もします。
神子元の海は、時間帯によって良くなったり、悪くなったり、変化が激しいですからね。
P5268326(1).jpg
1本目同様、お魚まみれです。
P5268327(1).jpg
ホシエイ?!深い場所にいたので遠目から撮っておきました。

潮が緩むかと思ったのですが、2本目も流れ速いです。
根の周りで巻いている場所もあり、深度確認をちょこちょこしたり、岩に必死でしがみついたり、なんだか写真どころではない感じですが、
P5268332(1).jpg
所々見られるガーベラミノウミウシやスミゾメミノウミウシも気になります。
今回はウミウシの卵もいろいろな所で見られ、写真に撮りたかったので片手でつかまりながら何とか証拠写真を撮りました。
この写真を別の山用に使用しているSNSでUPしたところ、とても綺麗!お花みたい!というコメントが付いて、なんだか嬉しくなりました。
ノンダイバーの方に海の生物をほめていただくのは、自分のことをほめられているわけでもないのに喜びを感じます。

ジグザグにドリフトして行くと、近寄れないワラサの大きな群れがいました。
こんな流れなので、トルネード出来ないのかしら。
1本目から目の前をどど~っと通り過ぎるのです。
写真は撮ったのですが写ってなかったです。
P5268338(1).jpg
二ザダイの御食事中の光景でも取っておきます。
しばらく根待ちしましたが、カンパチやワラサが見えないので、根から離れ西に流れて行きました。
そして根が無くなったあたりで、安全停止&浮上しました。
2本目もやはりテングダイの群れには出遭えませんでしたが、予想外に流れて大変な思いをするのなら、テングダイは諦めても良いかな~と思い始めました。
それに、2本目は、ぼさっとしていたら、ダウンカレントに入って、いつのまに深度が落ちてしまいましたので、3本目は浅い場所しか行けませんからね。皆様も深度管理はご注意ください(汗)
そんなわけで、テングダイの期待を捨て、3本目に臨むことにします。
3本目のご報告は次回記事に続きます。

★DIVE: NO 453
★タンク: アルミ10リットル 
★スタート時残圧190 エキジット時残圧70
★DIVE TIME30分  IN 11:34 OUT 12:04
★水温:16度
★最大水深:34・2メートル
★平均水深:17・9メートル
★透明度:10メートル前後
★スーツ:5mmドライスーツ
★潮流:上げ潮

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< DIVE NO454神子元島 ブダイ根~カメ根 | ホーム | DIVE NO452神子元島 カメ根 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム