プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:549本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(7)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(24)
  ・カメ根(159)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(21)
  ・江の口(34)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

初めての山小屋泊@尾瀬 6月17日

尾瀬での山小屋泊2日目の記録をさせていただきます。

前日21時から寝てしまいましたので、自然に4時半くらいに目が覚めました。

結局枕元に置いておいたヘッドランプを使ってトイレに起きることもなかったようです。

他のメンバーの一人が洗面道具を持ってトイレに行ったのを確認したので、私も残りの2名の方を起こさないように、スリッパは履かずひたひた部屋から10M位の洗面所に移動します。

隣の部屋の方も、すでに起きていらしたようで、外に出かけて行きました。

私も洗面が終わったので、カメラを持って一人山小屋の外に出て散策します。
時間は4:50位です。
山小屋の庭には、尾瀬に20回以上来ている常連の男性がいらして、ちょっとだけお話ししました。
本当はこの時間に山小屋の前から、天気が良い時は、朝霧に浮かぶ至仏山に、燧ケ岳の影が落ちてとても美しい光景がみられるのだそうです。
この日は・・・。
P6179153(1).jpg
真っ白ですね。

常連さんとお別れし一人で散歩です。
P6179154(1).jpg
宿泊した桧枝岐小屋です。
P6179156(1).jpg
今日歩く大清水に続く道です。
尾瀬沼に抜けるまでは樹林帯を歩きます。
深い森です。
P6179158(1).jpg
標準ズームレンズではちょっと厳しい・・・。
ハクセキレイが何匹かこのあたりをウロウロしていました。
P6179162(1).jpg
山小屋の庭に1輪だけ、キヌガサソウ(衣笠草)が綺麗に咲いていました。

尾瀬ヶ原の方の様子を見に行ってみます。
P6179163(1).jpg
山小屋の御主人、ひげくまさんです。絵になりますね!
いかにも山男という、雰囲気のある方です。
P6179170(1).jpg
リュウキンカも朝霧に濡れて瑞々しいです。
P6179173(1).jpg
少しずつ霧も晴れて来たような気がします。

尾瀬は早春の気候ですので、ウィンドブレーカーだけでゆっくり歩いていたら、冷え込んで来たので山小屋に戻りました。
朝晩はやはり寒くなりますね。

他のメンバーも起きていたので、入れ違いに散歩に行ったようです。

6時になると朝食の支度が完了したとの放送があったので、食堂に行きました。
P6179174(1).jpg
十分な量の朝食を、しっかり頂きました。
食の細いメンバーもいましたが、栄養が足りないと歩けませんので頑張って食べていました。
P6179175(1).jpg
まだ出来たての、温かいおにぎり弁当もこの時に受け取りました。

7時前には、皆様歩き始めるようで、7時前に私たちも出発することにします。

玄関で支度をしていると、ひげくまさんが見送ってくださいました。
ついでに一緒に写真を撮っていただきました。

ひげくまさんは、おじい様の切り盛りしていた山小屋を受け継ぎ、ある時にこんなお話をされていたそうです。
 「私は、山小屋主として大切にしていることがあります。それは、山小屋に来るお客さんを『いらっしゃい』と迎え、『ありがとう』と見送ることです。こういったことまで従業員任せにするのは悲しいことだと思っています。また、尾瀬に来るお客さんを歓迎したいという気持ちからガイドをやっています。ガイドをする山小屋主は尾瀬の中でも少ないのではないでしょうか。ガイド中に心がけているのは、安全とすべての方への気配りを忘れないことです。また、目の前にある尾瀬の解説だけでなく、尾瀬の“次の季節”の話をするようにしています。それは、四季折々の表情を持つ尾瀬を知ってもらい、違う季節の尾瀬にまた来てもらいたいからです。尾瀬を歩いていて、以前にガイドをしたお客さんから声をかけてもらうと本当に嬉しいです。そういったふれあいや交流が山小屋で働く私の原動力になっています」
引用:http://4travel.jp/travelogue/10792819
素敵なオーナー、ひげくまさんの山小屋に宿泊出来たことを本当に嬉しく思いました。
又尾瀬に来たら桧枝岐小屋に泊まれたら嬉しいですね。

緑が深いのと、ぬかるみが多いのでどろよけにスパッツをはいて行くと良いですよ!
もし9時までの尾瀬沼が見えてこない場合は、ちょっとピッチを上げて歩いてくださいね!
とアドバイスをいただき、ひげくまさんとお別れをし、尾瀬沼に向かって歩きます。
短い間でしたが、桧枝岐小屋の皆様、お世話になりましたm(_)m
御蔭で快適な山小屋デビューになりました。
P6179182(1).jpg
大清水に続く道は、尾瀬ヶ原のように全部が木道というわけではなく、登山道も多いようです。
歩いていると、沢山のカタツムリを発見しました。
P6179184(1).jpg
歩き始めは晴れているので、このまま持つよう祈ります。
木道も場所によって1列なので、すれ違えないですが、場所によって退避できるよう一部2列になっている場所もありました。
P6179188(1).jpg
お花らしいのですが、何のお花なのか分からないです・・・。
P6179204(1).jpg
以外に細い登山道もあります。
P6179207(1).jpg
喘息の薬にしたと言われる、ズダヤクシュ(喘息薬種)が群生していました。
P6179210(1).jpg
クルマバソウ(車葉草)このお花は高山植物ではないようです。

尾瀬沼に向かう場所は、残雪が多く、涼しいです。
P6179227(1).jpg
ただ…こんな場所が所々にあり、難易度が上がりますね。
場所によっては、雪解け水が登山道に流れ、小川の中を歩いている雰囲気の場所もあり、完全防水の登山靴を履いて来なかったことを悔やみました。
足が濡れるの嫌ですからね・・・。
予想外に雪が残って、登山靴をみぞれになった残雪に差し込みながら歩きました。
ちょっと怖かったですが、踏みぬかないよう頑張って歩きました。
P6179229(1).jpg
同じ尾瀬でも、尾瀬ヶ原は初夏に向かう雰囲気だったのに、このあたりは、雪解けの早春の気候のため、小さな水芭蕉がいっぱいです。
尾瀬ヶ原より尾瀬沼は北ですものね・・・。
P6179235(1).jpg
残雪&水芭蕉です。
予想外の難路があったので予定より時間がかかってしまいました。
P6179236(1).jpg
ここから雪は無くなって、桜が満開です。
春だ春だ~と喜びました(笑)
P6179237(1).jpg
ミネザクラかしら??お花見が出来嬉しかったです。
P6179244(1).jpg
初日は雨と雷のせいでゆっくり見れなかった、ショウジョウバカマ(猩猩袴)です。
こっち向いてくださいな・・・。
P6179252(1).jpg
これは花なのかしら?たわしみたいな雰囲気です。
P6179256(1).jpg
今回の尾瀬で一番綺麗に咲いていた、ムラサキヤシオの幹です。
P6179260(1).jpg
イワナシ(岩梨)だそうです。
初めて見たお花です。これは、亜高山帯で自生するツツジ科のお花です。
綺麗な梨みたいな実をつけるそうです。
P6179265(1).jpg
尾瀬沼が見えた~。
時間は・・・・9:11です。
ひげくまさんの仰っていた9時過ぎている!!
マップタイム以下で歩けることだけが取り柄だったのに、遅くなっちゃいました。
途中、雨や遠くで雷が鳴ったりして、昨日の教訓を活かし、さっさと装備を整え、登山道の様子が分からないので、傘をさせなかったので、慎重に歩き、それも遅くなった原因ですね。
ただ早めに雨具を着たので、割と快適に歩けた気がします。
登山道の状態次第で、予定通りに歩けないこともあるのだと言うことを、初めて勉強した気がします。

ここからは雪がないので、さっさと歩きます。
雨も上がったので、蒸し暑い雨具の上着だけ脱ぐことにします。
その代り、すぐ手の届くザックの外ポケットに折り畳み傘を入れておきます。
P6179279(1).jpg
まだまだこれから見ごろの水芭蕉がいっぱいで、当たり前なのに「尾瀬だ!尾瀬だ!」と大喜びです。
P6179281(1).jpg
桧枝岐小屋の庭にもあった、衣笠草を又発見。
中々見れないお花なのでじっくり観察しておきました。
又来年までさようなら・・・。
P6179284(1).jpg
ちょうど1か月前に奥日光の戦場ヶ原に一人で行った時は湿原が芽吹きのシーズンで、ワタスゲがありませんでしたが、尾瀬で沢山見れました。
もうちょっとすると一面群生して綺麗だそうです。
P6179286(1).jpg
タテヤマリンドウ(立山竜胆)は、ハルリンドウの変種だそうです。
5センチほどの小さなお花です。
一緒に行ったSさんはこのお花が大好きだそうです。
P6179290(1).jpg
ずっと見えなかった燧ケ岳が、初めて良く見えました。
それにしても凄い雲だな・・・と昨日の雷や冷たい風が頭によぎります。
竜巻起きると嫌ですからね・・・。

今回は、尾瀬沼の北岸の方が道が安全とのことでしたので、北岸を歩いて、尾瀬沼ビジターセンターに到着しました。
新潟から遠足で来ている小学生でセンターの前のベンチは埋まって、賑やかでした。

そのため私たちは、尾瀬のパイオニア、故平野長蔵さんが設立した、大正時代から3代続く、長蔵小屋のカフェで
P6179297(1).jpg
P6179295(1).jpg
天然水コーヒー&手作りドーナツを頂きました。
べたですが、尾瀬のロゴの入った、アタックザックを八ヶ岳に向け買ってしまいました。
P6179298(1).jpg
欲しかった、マムートのアタックザック3000円しましたが、これは1,000円だし、普通に衣類入れとしても使えますしね・・・。
P6179299(1).jpg
山小屋の長蔵小屋は、昭和9年(1934年)築の歴史ある木造の建物です。
P6179300(1).jpg
庭にはシラネアオイが綺麗に咲いていました。

長蔵小屋を後にし、三平下を目指します。
P6179302(1).jpg
昨日ゆっくり見れなかった、チングルマなどを観察しながら尾瀬沼を楽しみます。
P6179305(1).jpg
今にも泣き出しそうな空と尾瀬沼。
お天気の良い時にリベンジしたいですね。
P6179311(1).jpg
尾瀬沼に到着すると、この時だけ風がやんで、山頂は隠れていますが、逆さ燧ケ岳が観れました!
これはラッキーでしたね。

尾瀬沼山荘前でちょっと早いですが、逆さ燧ケ岳を見ながらおにぎり弁当でランチにします。
P6179316(1).jpg
おにぎり弁当の中身はこんな感じです。
雨が降ってなくて良かった・・・。
P6179314(1).jpg
トイレも水場もあって、有難いですね。
人気のある山は、いつも感心しますが、設備が素晴らしいです。

ここで同じ山小屋に宿泊していた、ご夫婦にお会いしました。
私たちが避けていた南岸からいらしたようです。

思ったより残雪は、南岸の方が少なかったようですが、木道が崩れて危ない個所があったそうです。
私たちは、ひげくまさんに、どちらがお勧めか聞いてから北岸を歩くことにしました。
北岸ももちろん木道が崩れている場所もありましたが、それほど困りませんでした。
ご夫婦は、1泊2日で、鳩待峠から、アヤメ平から見晴に来て宿泊をされたようです。
アヤメ平も噂に聞いていたので、一度歩いてみたいですね。
そのようなお話をして、ご夫婦は一足お先に大清水に下って行きました。

私たちもランチが終わったら大清水に移動開始です。
P6179320(1).jpg
10CMくらいある巨大ナメクジ??
P6179324(1).jpg
これも高山植物のイチヨウラン (一葉蘭)は初めてみました。
ラン科を見るととても嬉しいですね。
P6179339(1).jpg
亜高山帯-高山帯の針葉樹林下や林縁に生育するゴゼンタチバナ(御前橘)というお花。
これも初めて見ました。
考えてみればそんなに高山に行かないですものね・・・。
P6179347(1).jpg
美味しそうな水場発見です。
尾瀬は水が豊富な場所ですので、自宅から水はあまり持参しなくても良いと思います。
どこの水場にも、たいていコップも置いてあります。
P6179352(1).jpg
ラショウモンカズラ(羅生門葛)シソ科のお花です。
都内近郊の山でも見たことありました。
山地の林内の湿った場所や渓流沿いに自生するようです。
P6179354(1).jpg
尾瀬沼から石清水の間は、名もない滝が沢山あるみたいですね。
夏でも水辺なので比較的涼しいでしょうね。

大清水に向かう道は、途中から一般道になりました。
この一般道が55分位続き、ちょっと飽きちゃいますね。
私たちは下りに歩いているので良いですが、もし逆路だとだらだら長い坂を延々・・・・辛いかもしれません。

山道は終わりなので、傘をさして歩けます。
P6179357(1).jpg
タニウツギ(谷空木)も初めて見ました。日本海側~北海道の丘陵・山地・亜高山に分布する落葉低木だそうです。
都内近郊の山では見れないのでしょう。
P6179362(1).jpg
これもラン科のノビネチドリ(延根千鳥)という美しいお花です。
高山植物ではないようですね。
P6179368(1).jpg
お花を見ながらあーだのこーだの行ったり、崖で作業している作業員さんたちに、お疲れ様です!と声をかけていただいたり、飽きることなく大清水に到着です。
右の分岐を進むと奥鬼怒湿原だそうです。
P6179370(1).jpg
とりあえず、2日間のハイキングは終了です。
皆様お疲れ様でした。
下山後の毎回の楽しみ、
P6179371(1).jpg
尾瀬に来たら花豆ソフトです♪私とMさんは、ノンアルコールです。
他の方はビールで乾杯されていました。

14時過ぎごろに到着し、バスは15時なので、休憩所でのんびりし、荷物の整理や着替えをトイレでさせていただき、後は帰るだけです。

大清水から上毛高原までは2時間路線バスで移動です。
私も含め皆、7時間歩いて疲れたのか、途中大雨で目が覚めましたが、バスの中では気持ち良く寝れました。

17:53発のMAXときは、行きの新幹線と違ってそこそこ人が乗っていました。
出張帰りのサラリーマン風の方などが多いようでした。

一人が大宮、もう一人が上野、千葉に住んでいる山友と私は東京駅に19時に到着し、無事に2日間の尾瀬の旅を終えました。

2日間で約23km、9キロのザックを担いでまあまあ余裕で?!歩きとおせました。
8月の八ヶ岳行きの練習になったかは微妙ですが、日帰り登山より重いザックを背負って歩けただけでも進歩でしょうか。

こうして夢にまで見た尾瀬での山小屋泊の旅は終わりました。

来年は、尾瀬の山、花の百名山でもある、至仏山に7月に登れたら良いな~と考えています。

尾瀬は毎年の恒例にしたい場所です。

さて、次回は、久しぶりに海ネタが投稿出来そうです。


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< ドルフィンスイム@利島 | ホーム | 初めての山小屋泊@尾瀬 6月16日 >>


コメント

山ブログもとっても楽しく読ませていただいてます♪
海も山も大好きですが最近は両方ともご無沙汰なので
嬉しい限りです^^

nohohon 様

こんにちは。山ネタもお読みいただき嬉しく思います。
海も山もこれから良い時期ですね~。
一度、離れてしまうと行かなくなってしまうかもしれませんが、是非どちらかだけでも行けると良いですね!
nohohon 様はいろいろな場所にご旅行を楽しまれているようで、それはそれで素敵です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム