プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:563本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(9)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(28)
  ・カメ根(161)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(23)
  ・江の口(38)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

DIVE NO463 神子元島 カリト~カメ根

7月は、山歩きを始めて1年になりますが、何とか八ヶ岳の赤岳に登りたくて、お山強化月間にしていたので、海に行くことが7月3日の初島以来ありませんでした。

無事に赤岳には登れましたが、その後、富士山5合目ハイキング、その後今回の神子元ダイビングと、かなりハードなスケジュールでした。

神子元に行くのが6月23日以来だったので、それでも身体に鞭打って8月4日に楽しんで来ました。

今回はそのご報告です。

夏休み期間中で、南伊豆までの道路も混むだろうというわけで、朝の5:10に渋谷に集合です。

今回は、何度か神子元でご一緒しているYさん、間に合わないので、前の日の夜ネットカフェに泊まったという、大学生のSさんとご一緒になりました。

朝早くの集合も、山に行くようになったら、さらに苦にならなくなりましたが、さすがにこの日は、赤岳&富士山の疲労が溜まり、ちょっと辛かったです。

でも神子元に潜れるのならありがたいです。
こんな状態ですので、本音を言えば、あまり泳がずのんびり潜りたい気分です。

山の疲れを癒やしに来たのですからね・・・。

道中は海水浴に向かう車が多いのか?結構混んでいましたが、夏の伊豆の雰囲気を車窓から楽しめました。
しばらく南伊豆から遠ざかっている間に、一気に真夏になっていたことを実感しました。
事故渋滞があったり、コンビニのトイレが大渋滞だったり、色々ありましたが、8:30前に弓ヶ浜に到着しました。

連日のハンマーヘッドシャークが出た!!というニュースのおかげでしょうね。
海遊社さんも、ハイシーズンの雰囲気で、お客様がいっぱいです。
この日も40名ほどの乗船だったようです。

早く着いたのでのんびり支度をし、予定通り9:30に出航しました。

台風13号のうねりが入っているのですが、神子元にしてはまあまあ良い感じの凪です。
気持ち悪くならず約15分で神子元島に到着です。
最近、潮が早いみたいですが、まずはカリトから入りAポイントに行くことになりました。

久しぶりのエントリーですが、水温も上がって25度!
最近ずっと暑かったので、海の中に入るのは気持ちが良いですね。
P8040725(1).jpg
しかも蒼いですよ♪
Aポイントを目指し進んで行くのもわくわくして好きな瞬間です。
この時期限定ですけどね~。
ただ・・・・。
噂通り流れが早いので匍匐前進し、中々大変・・・・。
カマストガリザメ(1)
そんな時にカマストガリザメを見て、テンションが上がりました。
P8040726(1).jpg
マダイ?!も流れに逆らいじっとしているように見えました。
P8040732(1).jpg
こんな中をせっせと岩にしがみつきながら移動し、何とかたどり着いて、良い場所をキープしました。
P8040733(1).jpg
いきなりハンマー劇場のようになっていました。
他の船のダイバーさんのエアが私のいる場所に飛んできます・・・。
自分の履いたエアも目の前に・・・。
根周りは流れが渦巻いているのかな・・・。
私もつかまっているのが必死な感じなので、流れの影響のない場所を探しますが、スノーケルが流れでぶるぶる揺れてうざいです。
何とか良い場所に固定し、
P8040735(1).jpg
落ち着いて群れを鑑賞出来ました。

たまにうねりが入り飛ばされそうになりますが、ここで手を離して、Aポイントの中に入ると大ひんしゅくよね・・・。
と思っていたら、どこかのダイバーさんが入りそうになって、タンクをつかまれ引き戻されていました。
P8040748(1).jpg
100匹はいそうな群れがどんどん現れます。
凄いですね~。
P8040790(1).jpg
背後からもどどっと流れて来ました。
近い!!と思い
P8040792(1).jpg
向こうの壁に移動したかったのですが、ちょうどあの壁に行くには、水路のように流れのある場所を横切るので、行こうとすると、根から飛んで行っちゃいそうなので辞めておきます。
P8040798(1).jpg
そんな中、サザナミマリンさんとYさんが、私の行きたかった場所に!
やっぱり私のような下手っぴダイバーとは格が違いますね。
お二人は相当サメに近い動画や写真を撮影されていました。
P8040808(1).jpg
私のような軟弱ダイバーはサメへのアプローチも中途半端になりがちです。

それでもこれだけ楽に見れれば何も言うことはありません。
時間を忘れハンマーリバーを堪能出来ました。
そろそろ安全停止の時間になったので、Aポイントを後にし、安全停止をして浮上しました。
P8040825(1).jpg
全然泳がないで、ちょっと流されただけなので、神子元島が近かったです。

とっても楽しい1本目のダイビングはこれでお終いです。

約1年ぶりのAポイントでの群れの観賞は楽しかったです。
さて2本目も群れを見れるのでしょうか・・・。
続きは次回の投稿で。

★DIVE: NO 463
★タンク: スチール10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 90
★DIVE TIME36分 IN 10:02 OUT 10:38
★水温:26度
★最大水深:17・9メートル
★平均水深:13・9メートル
★透明度:15~20メートル
★スーツ:7㎜ツーピース
★潮流:下り潮強


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< DIVE NO464 神子元島 カリト~カメ根 | ホーム | DIVE NO462 初島 イサキネ~フタツネ >>


コメント

Aポイント

サザナミさんがアップされた動画を見ましたが
すごかったですね~

Aポイント行きたいんですが・・

Sガイド「他のチームはAポイントに行きますが
    我々はAポイントに行かずに,
    先にカメ根の南から入って,流します!」
客A「よっしゃー!タンク空になるまでいったるで~!
 (本当に空にする)」
客B「どこまでもついていきますよ!
 (ガイドじゃなくてハンマーに)」
私「(Aポイントでノンビリ潜りたいなんて
  言える雰囲気じゃない・・汗)」

まぁ多少脚色というか誇張してますが,
実際こんな感じなので,
今シーズンAポイントはまだ1回しか行けてないです(笑

だっぴょん 様

こんにちは!
新たなSさんチームあるある!ですね??
この日も中層を流して行くチームと分かれていました。
常連さんは中層でサメを見るほうが楽しいでしょうか??
私もそれは共感しますが、あの激流で南に流すなんて私には無理かも・・・です。
リサーチもあるみたいで、たいてい290のガイドさんは、それぞれの場所でガイドをされているみたいですね?
のんびり潜りながらしっかり楽しみたい場合はベテランのTさんチームも良いかもしれませんね。
抑えるところはしっかり・・・サザナミマリンさんがとても参考になるガイドさんだといつTさんのガイドには一目置かれてます。
Aポイントの時だけチーム編成を変えていただくとかも良いでしょうね~。

Sチーム

こんばんは,ご返事ありがとうございます!

中層が良いというより,Aポイントだと,
ハンマーに寄れないというのが大きいと思います.
ワイドなのにハンマーを接写するくらいの
勢いの人たちが多いので・・

あと,泡が横に流れている方が,ハンマーの下に入ったときに
泡でハンマーが逃げないので,太陽を入れながら撮影しやすい・・
ということで必然的に流れのあるところへいきます(汗

流れているところでは,流すというか大体アゲンストで
その場に踏ん張るというパターンが多くて,
こういうときは体調がモノを言います.
前日と当日の食事は軽めにしたり,酒を飲まない,
睡眠をしっかりとるってことをしないと気持ち悪くなったり
頭が痛くなったりしますので,神子元を潜る直前は
かなり体調に気を使っています.
強烈な流れの中アゲンストで行くときは,
常連さんでも昼ご飯をリバースしちゃうこともあります・・
私は極力ゼリー飲料だけにして,空腹でしょうがないときは
おにぎりを少しだけって感じです.

でも,バラクーダに変えてからは疲労が軽減されて
良い感じにはなってますよ.

だっぴょん 様

こんばんは!
確かにAポイントは、来るハンマーを待つだけなので近くには運がないと寄れませんね。
中層の方がサメの動きを見ながら上手に寄れれば近くに見えますものね。
流れている場所の方がとどまって泳いでくれるので、一緒にキープするのは魚になったように大変ですね。
私は3本潜らないと昼食は取らないようにしてます!
バラクーダを買おうかな~とサザナミマリンさんに話したら、ガイドを振り切ることは辞めて欲しい!と言われてしまい、二の足を踏んでます。
290の常連さんは自由で良いですね~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム