プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:549本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(7)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(24)
  ・カメ根(159)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(21)
  ・江の口(34)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

9月18日3度目の尾瀬で至仏山登山★前篇

今回は海ネタではありません。あしからず御了承くださいませ。
かなり前から計画していた、私の大好きな尾瀬での登山第一弾は至仏山でした。
その日の記録をさせていただきます。

数日前から悪い天気予報がなかなか変わらず、毎日「てんきとくらす」とにらめっこしていましたが、なんと、前日に登山指数がAになりました。
登山最適ということです。
ただ、時間によってなのですが・・・・。

今回のリーダーOさんは相方の友達で私も一緒に初島で潜ったりしてます。
もう一人海友でもあり、たまに山にも行っているYさんも参加で、私含め3名で行くことにしました。

深夜1時半に家を出て眠いけど、Oさんが運転してくださっているので、必死で起きているようにして、尾瀬戸倉まで車移動です。
雨が降っていて本当に登れるの??と心配ですが、尾瀬の散策だけでも良いかな・・・と思います。

2回ほどトイレ休憩し、5時半ごろ戸倉に到着です。
920円で乗り合いタクシーで鳩待峠に移動します。
私も2時間しか寝てないので、ちょっとだけでも寝てみましたが、通常40分かかるはずが、早朝だから?!あっという間に到着してしまいました。
眠い・・・。
P9181894(1).jpg
でもテンションあがりますね~。なんだか天気もOKな感じです。
雨も上がっています。
6月にもここに来ていますが、尾瀬だ~と思います。
P9181895(1).jpg
登山届を出して出発です。

とりあえず山の鼻まで行ってみて、ビジターセンターに様子を聞いて登るか判断するようです。
P9181898(1).jpg
ナンブアザミ (南部薊)かな??
P9181899(1).jpg
セリ科のお花は分からない・・・。
P9181900(1).jpg
ミズキ(水木)でしょうか?
P9181902(1).jpg
紅葉も少しは見れそうですね。
P9181905(1).jpg
サラシナショウマ(晒菜升麻)
P9181907(1).jpg
トリカブトです。
P9181908(1).jpg
日和田山でも見たような・・・。
P9181909(1).jpg
川上川は増水してました。
長いこと雨降ってましたからね。
約40分で山の鼻について、トイレに行ったり、登山バッチを買ったりしました。
バッチを買った時に小屋のスタッフの方が久しぶりに今日は良い天気になりそう!とおっしゃっていたので、登ることにします。
ビジターセンターにも寄っておきました。
P9181911(1).jpg
P9181915(1).jpg
今咲いているお花や、滑る岩と言われている蛇紋岩も展示してありました。
P9181917(1).jpg
オオツリバナ(大吊花) は変わっていて面白いですね。

さていよいよ登り始めます。
P9181918(1).jpg
P9181919(1).jpg
登山口の手前にあるミネザクラは色づいてました。
昨年も今年の6月も、桜の花を見ていただけに紅葉も見れてちょっと嬉しかったです。
P9181921(1).jpg
雨上がりで濡れて滑る木道は怖かったですが、
P9181928(1).jpg
オヤマリンドウ(御山竜胆)が咲いていて綺麗です。
P9181937(1).jpg
この光景が見たかったです。
憧れの草紅葉!思わず「尾瀬だ~尾瀬だ~」と大喜びです。
背後に燧ケ岳。
P9181930(1).jpg
目の前にこれから登る至仏山です。
色々な花や植物を楽しみながら登ります。
P9181942(1).jpg
ミヤマシグレ(深山時雨)
P9181945(1).jpg
ゴマナ(胡麻菜)
P9181955(1).jpg
登山道は川や水たまり、時には滝になって、私達を苦しめましたが、慎重に進みます。
P9181957(1).jpg
紅葉越しのYさん、それに尾瀬ヶ原に燧ケ岳です。
P9181961(1).jpg
ツリガネニンジン(釣鐘人参)も高山で見ると愛おしいですね。
P9181962(1).jpg
黄色の花は苦手分野・・・。
P9181970(1).jpg
ウメバチソウってまだ咲いているんですね。
P9181977(1).jpg
何回振り返ってもこの景色は最高ですね。
P9181978(1).jpg
ちょっとだけ鎖場がありましたが、鎖使わないでも大丈夫でした。
P9181980(1).jpg
鎖より斜めになった壊れそうな木の階段が怖かったです。
P9181985(1).jpg
そういえば森林限界越えるの早かったです。
1,700m付近で越えるので、至仏山は高山植物の宝庫なんですって・・・。
雲海も広がって来たような・・・。
早く山頂に急がないと・・・・。
専門学校の学生さんの団体を抜いたり抜かされたりしながら、
ozegaharatohiuti.jpg
こんな絶景を楽しめました。
昨年、今年も歩いた尾瀬ヶ原が一望出来ます。
お世話になった桧枝岐小屋も見え、ひげくまさ~んと心の中で声をかけました。
P9181993(1).jpg
ようやく山頂です。
来れて良かった~。
出発した時は登れるとは思っていなかったのに、天気が好転してくれて嬉しかったです。
P9181997(1).jpg
二等三角点。
山頂に来た時にはガスってしまい、
P9181998(1).jpg
雲海に・・・。
山頂での尾瀬ヶ原の展望は間に合わなかったです。
でも登りながら存分に楽しめたし良かったかな・・・。

抜いたりり抜かされたりした、学生さんが、カメラのシャッターを押してくださると申し出てくれて、記念撮影も撮れました。
山では、年齢、性別関係なくお話したり挨拶出来るので、心が温かくなりますね。

ここでランチにしました。
登る時に少しお話しした、御年配のベテランハイカーさんとも山頂で再びお会いし、話が盛り上がり楽しい一時になりました。

食事を終えたら肌寒くなって来たので、下山開始します。
P9181999(1).jpg
そろそろ降りよ~と言っていたら、最後に尾瀬ヶ原と燧ケ岳が姿を現してくれました!
なんと強運なのかしら・・・・。

とにかく感謝感謝の気持ちのまま下山開始です。

長くなってしまいましたので下山の様子は次回記事でご報告いたします。

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< 9月18日3度目の尾瀬で至仏山登山★後篇 | ホーム | 学生時代の女友達と松島旅行★2日目 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム