プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:563本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(9)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(28)
  ・カメ根(161)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(23)
  ・江の口(38)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

DIVE NO488 西川名 Aポイント

1月5日は、海況の関係で神子元に行けなかったので、すっかり初潜りが遅くなってしまいました。
5日の代わりに15日も海のために予定を空けていたので、この日に神子元で潜りたいな~と思っていたものの、この日は人数が揃わずに欠航になりました。

サザナミマリンさんが、「海に行くのを辞めてもいいし、良かったら、初めてだけど西川名あたり行ってみますか??」と仰るのです。

西川名と言えば、まだ初心者の頃に、自力で行ってみようかな~と思い、お問い合わせをして、ご丁寧に色々教えてくださったのに、電車で行くか?高速バスで行くか?いろいろ悩んでいる間に結局行かないままになっているという失礼を働いた場所でした。

この機会を逃したら、又2度と行けないのでは?と思い「西川名なら行きたいです!!」というわけで、6:30に渋谷で拾っていただいて、首都高~うみほたる経由で館山に向かいました。

実は、12日にも房総半島の和田浦駅から烏場山にハイキングに行っていたので、1週間に2回も房総半島に行くことになるとは自分でも驚きです。
ついつい遠いのでは??と房総半島に行くのは今まで億劫に思っていましたが、この前は東京駅からなのはな号と言う高速バスで館山まではひとっ飛びでした。
やはりいろいろ悩まないで、まずは行動してみると、思っていたほど大したことないな~と言うことは、何でも良くありますね。
山に行く時は、高速バスに乗ったらすぐに寝こけていたので景色も見ませんでしたが、
P1154542(1).jpg
たまにベイブリッジの下までランニングしに来るのですが、この下を走っているのです。
道理で空気が悪いわけですね。でも景色は東京湾!!という感じで綺麗な自然ではないところが良かったりします。
P1154544(1).jpg
日が上って間もない東京湾も良いものですね。
海ほたるのおかげなのでしょう。
学生時代に館山に行くのはとてもとても遠かったのに、感覚的に伊豆に行くのと変わらないです。
色々道に迷いながら西川名オーシャンパークさんに9:00頃到着です。
P1154546(1).jpg
猫の御家族が住み着いているそうで、可愛かったです。

サザナミマリンさんも初めての場所のようで、色々施設やシステムの案内などを説明を受けていらっしゃるので、私はその間綺麗なサービス内を探検していました。
バーカウンターがあったり、お客様にサービスのために入れてある、コーヒーやハーブティーが自由にいただけるようです。
室内の休憩所には、西川名の海の中を紹介する動画が大画面のTVに流れていました。
ジャズの流れる心地よい空間で、快適な休憩時間が過ごせますね。
施設の詳細はこちらをご覧ください。

今回は、トライアルのような感じなのでしょうか?現地のガイドさんが、海の中を特別に案内していただけるとのことで、サザナミマリンさんのガイドではないダイビングになりました。

10:00の出航に向けて用意します。
用意ができ次第出航と言うわけで、のんびり支度をしていたら、結局10分前に港に到着です。
サービスの目の前が港なので、楽ちんです。
港につく前にドライスーツは着ておき、器材は軽トラックでボートまで運んでくださっていました。
そこでタンクをセットしてボートに積みます。
苦手意識の強い、スチールタンク12リットル・・・(^^;)ですので、へましそう・・・。
船が動く前に、タンクを背負って座っておきます。
とはいえ、抜群の位置にタンクが置いてあるので、身体を入れればOKでした。
これも楽ちんです♪
船長さんと、船上スタッフまでサポートしていただき、こちらの船で出航です。
P1154548(1).jpg
ボートも整備されて綺麗でした。

ポイントまでは、伊豆で言えば雲見と同じくらい??あっという間に到着しました。

流れのあることの多い場所なので、船の後部よりBCの空気を抜いて、ジャイアントストライドでエントリーしたら、ロープを伝って、潜行ブイまで泳いで移動します。
潜行ブイからは潜行ロープを使って、水底で集合というのが、この海のスタイルです。
P1154552(1).jpg
東京湾ですけど、思ったより海綺麗ですよね~。来るなら透明度の良い冬が良いかもしれません。
集合したら、移動開始です。
P1154558(1).jpg
ツノダシは水温16度でもまだ頑張っていましたが、動きが鈍いですね。
P1154561(1).jpg
コロダイがのんびり漂っていましたが、こんなに群れているの、私は中々見る機会がありませんので、嬉しいです。
P1154563(1).jpg
岩の下の方を覗くとゴンズイが色々な場所にいるのですが、砂地を群れで泳いでます。
なんだか伊豆とお魚の動きが違うように思うのですが気のせいでしょうか・・・。
P1154568(1).jpg
タカノハダイが砂地に群れて着底しているのも、初めて見た光景です。
P1154573(1).jpg
見たことのないコモンカスベという見慣れないエイです。
伊豆にもいるのかしら・・・。
P1154577(1).jpg
ここのお魚はあまり逃げないのでテングダイも近くまで寄れます。
P1154584(1).jpg
カゴカキダイの群れは私のアプローチが雑だったので散ってしまいました(^^;)私しかお客様がいないので良かったです。
最近じっくり生物に寄って行くダイビングがすっかり下手っぴになっています。
P1154606(1).jpg
岩の下に見慣れない黒い大きな生物がいます。
何だろう~~~と思いながら観ていると、近くまで来るので、噛まれるのかと思いました。
クロアナゴだそうです。
初めて見ました。
気になって調べると、主に茨城県以南の太平洋岸、京都府、兵庫県~長崎県までの日本海、琉球列島。~朝鮮半島、中国、澎湖諸島。に分布し、岩礁域や転石帯、およびその周辺の砂底にすむ。潮通しの良いところに多い傾向があるそうです。
伊豆でも見かけそうな感じなのに遭遇したことが無いので不思議です。西川名タテジマキンチャクダイの幼魚(1)
近くにはタテジマキンチャクダイの幼魚がいます。
P1154622(1).jpg
イシガキフグ&キタマクラというフグのカップルのような雰囲気です。
イシガキフグにも中々遭わないです。そのためじっくり写真を撮っていました。
P1154637(1).jpg
イソギンチャクが多い場所のようで、クマノミやミツボシクロスズメダイが所々見られます。
P1154639(1).jpg
好きなイバラカンザシを発見して撮っていると、ガイドさんが呼んでいます。

行ってみると、テンスがいます。
じりじりと寄って行き、
P1154654(1).jpg
何とか写真が撮れました。水中写真がすっかり苦手な私にしては、あまり動かないので撮りやすい個体でした。
P1154666(1).jpg
サザナミフグも登場です。
P1154672(1).jpg
ゴンズイのアップも撮っておきました。

いろいろ楽しんでいる間に、Aポイントのブイまで帰って来まして、安全停止をします。
ロープにつかまって・・・と言われていたので、久し振りにロープにつかまって安全停止をしてみました。
水深の上下がないので、楽ですね~。
ただここのポイントは流れていることも多いようで、鯉のぼりみたいになるよ~という話を聞いていましたが、この日は問題なかったです。
ぼけ~っとしている間に時間になり、ロープを伝って浮上しました。
P1154678(1).jpg
このラダ―をフィンを履きながらよじ登るのですが、赤い場所は手が挟まると大けがをしますのでつかまないようにと言われていましたので気を付けながらよじ登ると、船上のスタッフがカメラを受け取ってタンクを持ちあげてくれます。
そのまま四つん這いで、はいはいしながら移動して、座りました。
与那国島方式?!に似ています。
神子元の電動ラダ―に慣れている軟弱ダイバーには、やや手強いな~という印象でした。
楽を覚えると、ちょっとしたことでも大変に感じるので、いけませんね。

初めての西川名&初潜りは、見たことのないお魚も見れたし、初めての海の中なので、興味深くあっという間に終わってしまいました。楽しいガイドをありがとうございました。
P1154679(1).jpg
港に着いたら、船の上でタンクを交換し、器材を置いたまま、ダイビングサービスで休憩します。

2本目の記録は次回の投稿にて報告させていただきます。


★DIVE: NO 488
★タンク: スチール10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 40
★DIVE TIME40分 IN 9:58 OUT 10:38
★水温:16度
★最大水深:22・0メートル
★平均水深:16・0メートル
★透明度:15メートル前後
★スーツ:ドライスーツ

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

<< DIVE NO499 西川名 Aポイント | ホーム | DIVE NO487 神子元島 カメ根 >>


コメント

きょんさん、こんにちは。
西川名は、施設が綺麗ですよね。
Oつがいは、冷蔵庫にお昼ご飯を入れさせてもらって
ダイビング後、テラスで食べさせてもらっています。
ただ、ネコちゃんの「くれ~、くれ~」攻撃にあいますが…(笑)
O夫

クロアナゴは20年以上前から、西川名の名物くんですね。
もちろん代替わりしていますがe-446
そう言えば一度、こいのぼりに近い流れの時があったのを
思い出しました。
Oつま

Oつがい 様

こんばんは!
御無沙汰しております。コメントありがとうございます。
> O夫様
房総半島のポイントは、前回の伊戸、それからで2回目なのですが、どちらも施設が良いですね!
冷蔵庫もご自由に・・・とおっしゃってました。
テラスも気持ちが良いですが、ネコちゃんたちが・・・・サザナミマリンさんのドーナツを食べちゃってました(^^;)

> Oつま様
そうなのですか!私クロアナゴの存在を初めてみたので、なんだろうこの大きなウナギ??ウツボ??と思ってしまいました。確かに名物になりますね。存在感ありました。代替えされているそうで、ちゃんと赤ちゃんの時代もあるのでしょうね。
流れがあると鯉のぼりになるだろうな~と思いながらつかまっていましたが、やはり強い時もありそうですね。
周辺に遮る根もなさそうですものね。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム