プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:563本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(9)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(28)
  ・カメ根(161)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(23)
  ・江の口(38)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

11月4日の神子元ツアー ダイビングログ DIVE NO 105

今日は、11月4日の神子元ツアーの2本目のダイビングログです

1本目のエキジット後から記録します。
2本目までの水面休息時間は、港に戻らず、神子元島の波の穏やかなところに船を止めて過ごすことになりました。海遊社さん
ダイビングクルーザーはかなり大きいので、船の弱い私でも、それほど酔わずにダイビングが楽しめます
海の上に停泊していても揺れもそれほど感じずに楽に過ごせます

自分の水筒にホットのレディーグレイの紅茶を入れてましたが、
サザナミさんが温かいお茶を持ってきてくださったので、
ご馳走になりながら撮った動画を見たり、神子本島の灯台の写真を
撮ったりして休憩しました。
停泊しているボートから水面をみると海底が見えるほどの透明度です。
ここが沖縄なら良いのにとまだ行ったことのない沖縄の海に思いを
馳せ、妄想しているとボートが走り始めました。
2本目のポイントまで移動します。

2本目もカメ根にエントリーします。
2本目はゆるい上げ潮の中をゆっくりドリフトする、本来の私の好きな
ダイビングスタイルです

中層はやはり魚影が濃く、本当に神子元は凄いなと思いながら浮遊感を楽しんでいました。
ダイビングって宇宙遊泳しているみたいで気持ちが良いですね。

タカベやイサキの群れのほかにも印象的だったのが、メジナや二ザダイの群れが綺麗でした
お天気が良く、青い海の中に光が差し込み、とても群れが綺麗に見え、
海外にいるような錯覚に・・・。大げさに思われるかも知れませんが昨年潜ったバリ島のヌサベニタにいるような感覚でした水温も同じくらい
ですし・・・。
P1000679(3)_convert_20091106005934.jpg

これは動画を静止画にしてます。ちょっとピンボケで綺麗なのが
伝わりませんね

また中層に大きなブリがいたりしても誰も気にも留めないのも神子元では普通のことのようです。
他の伊豆のポイントで見たらやっぱり嬉しいのですが・・・。

魚影の濃い中を、ハンマーがいないか目を凝らして探しますが、やはり見つからないな・・・など思いながらも楽しく泳ぎ進んでいると
サザナミマリンさんが遠くを指差しました

そこには、メジロサメがいます私にとって初めて見るサメの種類です。
あっという間の出来事で動画も取れませんでした

肉眼でしっかり記憶にとどめましたが、メジロザメはやっぱり格好
良いですね
大物狙いのダイビングが好きな人の気持ちが分かりました
メジロザメはサザナミマリンダイビングスクールの10月18日の
ログから拝借しました。
今度は自分でカメラに収めたいですね・・・。
091018-4.jpg


余韻に浸りながら安全停止の時間です。安全停止中も遠くに
サメがいないか気になります。
安全停止中に見れたらかなりラッキーですね!

安全停止も終わり、ボートに拾ってもらいましたが、今回は一番最後のエキジットになりました。
ボートでは他のグループのお客様たちがハンマーが見れなかったことを嘆く声があちこちから聞こえてきます。

ボートに上がるとまずは、皆様から「見れた?」「どうだった?」の質問の嵐です。
サザナミマリンさんがその質問に答えてました。
2本目は他のチームの皆様もメジロは見れたけどハンマーは
見れなかったようです。

今回で神子元は12本潜ったことになりますが、それでもハンマーは見れないのね・・・
ダイビング雑誌を見るともう少し簡単に見れるのかと思いましたが、自然が相手だとなかなか甘くないなと思い、港に戻る船に揺られていました。
港に着き、さて器材をメッシュバックにしまおうかと思っていると、
サザナミマリンさんから「もう一本行く?」とのお誘いが・・・・追加9000円か、と思いましたが、ハンマーが見れるかもしれないし、ウェットで
潜れてハンマーを狙えるのは年内で、私にとっては今日が最後かもと
思い、つい「お願いします。」と答えてました。

水面休息時間は30分くらいと言うことでいったん、器材を運ぶトラックの荷台にベテランダイバーの皆様と乗り合わせ海遊社さんまで戻ることになりました。
荷台ではやはり話題はハンマーを見れるか?どのあたりを狙おうか?
などの話に花が咲いてました。神子元に潜る皆様はハンマーが見れるかどうかが一番重要で、まるで賭け事のようだなと思いながらお話を聞いてました。
私の経験本数では、見れたらラッキーくらいの感覚なので、
自分も将来は皆様のような感覚を味わえる時が来るのでしょうか

★DIVE: NO 105
★タンク: アルミ10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット残圧 70
★DIVE TIME 36分 IN11:21 OUT11:57
★水温:23度
★透明度:15~20メートル
★潮流:緩め上げ潮

さて休憩が終わってからの3本目はまた明日記録します。
今度こそハンマーヘッドシャークが見たいです
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

<< 11月4日の神子元ツアー ダイビングログ DIVE NO 106 | ホーム | 11月4日の神子元ツアー ダイビングログ DIVE NO 104 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム