プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:558本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(9)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(26)
  ・カメ根(161)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(23)
  ・江の口(35)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

なかなか遭遇しない気がします

伊豆でもしょっちゅう遭遇するミノカサゴです。
P1010161_convert_20091208224848.jpg
2009年12月8日初島・フタツネにて)
普通に見れるのでありがたみがないお魚ですが、いると
写真を必ず撮ってしまいます。

それに比べて私がなかなか遭遇できない気がする
ハナミノカサゴです。
P1010663_convert_20100222235801.jpg
(2010年ボホール島・Rudy's Rockにて)
私にとっては、憧れのお魚ですが、なんとなく見分けが付かないのは
私だけでしょうか?

図鑑を読んでふむふむなるほどと思いますが、実際海の中で
正しく見分けられていないから会えてない気がするのです。

どちらのお魚もカサゴ目フサカサゴ科です。

見分ける手がかりとしては、ミノカサゴは体側鱗が
はっきりしていて、尾鰭にはっきりした斑紋がないのに対し、
ハナミノカサゴは体側鱗が目立たないようです。

ミノカサゴは、北海道南部以南、インド洋・太平洋に分布し、
浅海の岩礁域や砂泥底に生息するそうです。

ハナミノカサゴは、駿河湾以南、インド洋・太平洋域に分布し、
浅海沿岸の岩礁域・珊瑚礁に生息するそうです。

ハナミノカサゴのほうがやや南方系ということでしょうか。

カメラ購入して約7ヶ月ですが、伊豆で会ったことがない
ような気がします。

出会っても見分けられるのかな~とちょっと自信ありません。

海の中でお魚見分けるのってなかなか難しいです。
早く何でも見分けられるようになりたいですね。

※参考:山渓ハンディ図鑑13 日本の海水魚
       ダイバーのための海水魚図鑑

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

<< 最近気になるお魚 | ホーム | 揺られて綺麗です♪ >>


コメント

こんばんは。

ミノカサゴって、怖いイメージがあるんですよね。
前にサンゴの狭いすき間にいたミノカサゴを鉄の棒でちょっかい出したら、その棒にヒレを突き刺そうとしたとか。
もちろん、私じゃありません。聞いた話です。

ミノカサゴに出会うポイントに潜りに行けてませんしね。

そろそろウェットで行けそうな感じですが、まだ水温は低いんですかね?

70sとむ 様

おはようございます!

ミノカサゴは綺麗に見えて強い毒を持っていたり、何故かダイバーに
近づいて来たり、人によっては、怖いのかも知れませんね。
70sとむ様のお知り合いの方は攻撃されて驚かれたのでしょうね~。
私はまだ襲われた経験はないのですが、寄ってこられるのは
しょっちゅうです。気をつけようと思います。

ウェットで潜られている方も増えてきてますよ。
でもちょっと気合が必要かもです?!
水温は伊豆半島全体的に18度前後まで上がって来ているようです。
私も20度越えたらウェットにしようかな~と思ってます。
もう一声!ですね。

ハナミノ

きょんさん>

ハナミノ…は、僕もまだ見た事がありませんが、伊豆半島での目撃例も少なくないようです。神奈川県立生命の星・地球博物館の魚類写真資料データベースで単に「ハナミノカサゴ」だと135件がヒットしますが、絞込検索で、和名:ハナミノカサゴ、撮影場所:伊豆半島とすると14件がヒットしました。
http://fishpix.kahaku.go.jp/fishimage/combination_search.html
他は、西表・小笠原・八丈など、暖かい場所でのデータが多いようですね^^

ちなみに伊豆半島での14件の主な撮影場所は、IOP、富戸(ヨコバマ)、大瀬崎(先端/湾内)、井田となっていました。琴ヶ浜での登録はまだ無い様なので、僕は琴ヶ浜で待ち続けます^^v

ミノカサゴは…う~ん、たしかに寄って来る事が多いですね。発見したら「知らん顔して通り過ぎる振りをして、付いてきたところでパッと振り向いてカメラを向けると上手い具合に羽根を広げてくれる」って以前、某DMに教えていただきました。スキンだと、結構エアを消費しそうな行動ですが…^^;

水温は、昨日の真鶴で20度超えました。ただし平均水深3~4mに関しての話で、水深5~6mより深い場所では1~2℃低い感じです。琴ヶ浜ダイビングセンターでは、ロクハンの人と5mm+HVの人が半々くらいでした。ドライの人は…一割くらいかなあ…

琴ヶ浜ダイビングセンターの場合、セルフの人が多いから、みんな自分のペースで潜ってますんで(寒くなったら上がれるから)ウェットの人が多いんでしょう。某常連さん曰く「残圧80残して寒さで無念のET(爆)」だそうで…^^;

by みゅう@南熱海

ミノカサゴの判別って

ミノカサゴの判別って難しいですよね。
感覚的には伊豆によくいて白っぽいのがミノカサゴ。
南国によくいる赤いのがネッタイで毒々しいのがハナ、と思っているのですが、学術的には色で区別できるわけではないですし、伊豆は微妙に全部居てもいい温帯でもあるわけですし。。

確かにありがたみはない魚だけど、居るとなんとなく撮っちゃいますよね。伊豆のミノカサゴは、撮って頂戴アピールする奴もいるし。撮りたいのはミノじゃなく、君の後ろの魚ちゃんよ、と思うこともあります(汗)。

みゅう@南熱海様

こんばんは!
お調べになったデーターを見ると、ハナミノカサゴは
伊豆でも見れそうですよね。

私も初島で待ってみようかな~と思います。

水温20度あるのですか!
その水温でしたらウェットで問題ないでしょうね。
寒くなったら上がりたいのはわかる気がします。
昨年7月の三宅島で冷水塊のため、水温16度の中をウェットで潜った時は
1本辞退しちゃいました!

みゅう 様

こんばんは!
コメントありがとうございます。
お魚の判別、苦手なんですよ~。

ミノカサゴは、確かに撮影の邪魔になってしまうこと多いですよね~。
他の物撮っていると突っ込んできたりしますよね。
どうしてそういう行動をとるのか謎ですが・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム