プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:561本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(9)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(28)
  ・カメ根(161)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(23)
  ・江の口(36)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

安全潜水宣言

明日は、約2週間ぶりの海です。

28日の行き先は、神子元の予定です。
海遊社さんのHP見ると毎日出航でハンマーを見れているみたいで、
水温も25度はあるし、透明度も30M、黒潮の影響を受け、潮も速い
みたいですね。
ちょっとどきどき・・・です。
明日は福丸に乗れるみたいなので前に比べ安心感があります。
P1030151_convert_20100516223426.jpg
2010年5月13日神子元・白根浮上後にて)
昨年は、自分のスキル不足もあり、なかなか拝めなかったハンマー
ヘッドシャーク、今回こそ見られるかな?

P1030308_convert_20100610221622.jpg
P1030359(1).jpg
2010年6月10日神子元・カメ根にて)

この群れの向こうに現れて欲しいです。

また速い流れが予想されますので、落ち着いて頑張ろうと思います。

いつも以上に安全に落ち着いてダイビングを楽しもうと思うのは、
実は、おととい起きた、西伊豆の大瀬崎で潜水事故のニュースを
目にしたこともあるのです。
http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20100726ddlk14040127000c.html

スキューバダイビング.jpというサイトでも今回のこの悲報について
取り上げていらっしゃいました。
http://www.scubadive.jp/news/?p=1646

明日の集合時間のご連絡をサザナミマリンさんからお電話いただいた
際にこのニュースについてお話をしたのですが、浮上後の浮力が
確保出来なかったという事は、オーバーウェイトだった可能性も
考えられるのではということでした。

オーバーウェイト、水中での器材トラブル、他人事と思えず
怖いですね。

普段から器材のメンテナンスに気をつけ、もしもの時にも焦らず慌てず
水の中のことは水の中で解決する!ことを忘れずに心がけたいと
思います。

「水中のことは水中で解決する!」これは、私がサイパンでオープン
ウォーターの講習を受けた時に何度も言われた言葉なのです。
ライセンス取ったばかりの初心者の頃は、何かと浮上をしたく
なりませんでしたか?

まだまだ上級者とは言えないスキルですが、いざとなったら
「水中で解決!」が実践出来るでしょうか?

私も水中で残圧が無くなったことが一度だけありました。
経験本数21本目の黄金崎ビーチでのことです。

今に比べエアの減りも早く、残圧チェックが出来ておらず、
このようなことになったのです。

サザナミマリンツアーでのファンダイブ中でしたが、この時の事は
今でも覚えていて、「エアをもらわないと」と思って、サザナミマリン
さんのオクトパス目掛け向かって行きました。
幸いエアは、残圧計のメモリが0でも少しの間は吸えるので、
残圧計をサザナミマリンさんに見せて、オクトパスを吸わせて
もらいました。

なぜか、この時、浮上しようとは思いませんでした。
ダイビングにおいては急浮上はとても危険ですし、「水中で解決!」
という言葉が頭に浮かんだのです。

もともと帰り道での出来事でしたので、エアを分けていただき
無事に帰還出来ました。
陸に上がってから本当に反省しました。

後から私の様子を見ていたサザナミマリンさんが
「エアが無くなったわりによくパニックになりませんでしたね」
と言われました。
いざとなったら緊急スイミングアセントしかない?!とも
思いましたが、呼吸元さえ死守すれば・・・と思ったので、
自分でも意外に落ち着いていられたのだと思います。
自分にとって怖い経験でしたが、良い勉強になったと思ってます。

今でも、神子元のように流れが速い場所を潜る時、水中でどきどき
することが結構あります。
でも「落ち着いて、大丈夫」と心に言い聞かせて乗り越えています。
水中での大敵は、パニックになることだと思っています。

やっぱり、日ごろから水中でもしこうなったら?のイメージ
トレーニングは大切だなと思いました。

全てのダイバーさんが無事故で海を楽しめますように!と
祈るばかりです。

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

<< DIVE NO147 神子元 カメ根 | ホーム | 撮らせてくれないお魚 >>


コメント

自分を「危ないヤツ」だと思うこと…

きょん さん>

大瀬崎の件、僕も聴きました。いろんな可能性が考えられるけど、亡くなった方は後悔しなかったかなあ、というのが僕の心配事。ダイビングなんかやらなきゃよかった!とか思って逝くんじゃ悲しすぎますもの…

ダイビングに限らず自然相手の行為って、基本的に「いつ死んでもおかしくない事をやってる」って認識が必要だと思うんです。
「…だから大丈夫」って、事故の対策ばっかり考えてる人が一番危ない…山岳ガイド時代、お客さんには常にそういう話をしてました。

残圧「ゼロ」ですかぁ~(やるなぁ~;
琴ヶ浜だと、ソロで潜ってる人多いから、バディにオクト借りるわけにもいかない…だから、スキル上がるんだろうなって想像してます^^

ちなみに僕も、あと十センチで「500m吹っ飛んでこの世とお別れ」って局面ありましたよ。スクーバで言えば、水深40mでパーティー全員のファーストステージが故障…その原因は(謎)みたいな事態でした。でも、有り得たんだよね、一種の盲点だけど…あの事件は結構衝撃だった…^^;

さて、今日、琴ヶ浜で物凄い「群れ」を目撃!
キビナゴでしたが、海が暗くなるほどでした。数千…の上の単位だったんでしょうね…

ハンマー百匹の群れを夢に見ながら早寝してください…って、もう寝てますよね^^

by みゅう@南熱海

神子元!!!

今日もいいお天気ですね~

私のお友達も、神子元行ってますよ!

みゅう@南熱海 様

こんばんは!
確かに自覚が無いって危険だと思います。
自然相手の遊びで自分を過信してはいけませんよね。
本当に吹っ飛ばなくてよかったですね。

キビナゴの群れは他のポイントでも凄いみたいですね!
神子元にはいなかったかな?と思います。

クレール@TAKANO 様

こんばんは!
東京に帰ったら涼しく感じました。
今の神子元は2004年以来の当り年みたいですよ!
お友達もきっと凄いもの見たと思いますよ~。
海の中で遭っていたりして・・・。

GWにタイでちょっと怖かったこと。。。
流れが速かったときのこと、船のハシゴにEXまであと1mというとき、船が向きを変えようとしたのか、いきなりエンジンかけました。目の前でスクリューが回りだしたのを間近で見たときは死の恐怖を感じました。もし船底にいたら・・・。50人~100人乗れる大きい船なので、あと1mというところからあっという間に50mくらい流されました・・・というか攪拌されました。
大瀬の事故はお悔やみ申し上げますとしか言えませんが、水中でのハプニングに対処するイメトレは大事ですよね。。。EN後、-20mに一番乗りで水底集合したらタンクのバルブが閉まったままで呼吸どころか浮上もできなかったときも冷静に対処したけど、もしパニックになってたら死んでも不思議でない状態でした。

のんべぃ 様

こんばんは!
船のスクリューは、危険ですよね。
流れている時は本当に怖いです。
本当にご無事で何よりでしたね。

バルブの開け忘れも怖いですが、皆さん体験されている方も
多いようですね。
バルブとウェイトは潜水前に入念にチェックします。
でも中圧ホースのつなぎ忘れはしょっちゅうやってました・・・。
水深の深いポイントでは絶対やりたくないですね。
お互い安全第一で海を楽しみましょう。

きょんさん♪

仕事の合間にコメントを書いていたので、コメント短く失礼致しました。

最近、私のダイビング仲間が富戸でダイビング中に亡くなりました。あまりにもショックだったし、なんで???という疑問が棄て切れず、お線香あげに、会いに行ってきました。
ご家族のダイビングに対する理解が出来なかった。という言葉に、悲しみが深いものだと受け止め、原因を聞くことが出来ませんでした。
お父様と同じ、厄年の42歳。残された奥様やお子様があまりにも気の毒で・・・
でも、一つ。生前、海中で撮影された生物をフォトブックにし、幼稚園に寄付していたと。
涙が出ました。
危険は、海の中だけではなくある。といっても過言ではないですよね?周りの人を大切にしよう。。。そう思いました。

また、楽しく、ダイビングしましょうね!!!

クレール@TAKANO 様

こんばんは!

クレール@TAKANO 様にそのような悲しいことがあったのですね。
まだお若いのに、ご家族もご友人の皆様もさぞ悲しまれた
ことでしょうね。
幼稚園に海洋生物のフォトブックを寄付なさっていたそうで
生前の優しいお人柄がうかがえます。

仰るとおり、海の中だけではなく、危険はありますね。
私も周りの方を大切に平和に過ごせる毎日に感謝しないといけないなと
思いました。

胸に染みるコメントをありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム