プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:563本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(9)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(28)
  ・カメ根(161)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(23)
  ・江の口(38)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

DIVE NO154 伊豆海洋公園 砂地

8月31日の日帰りダイビングツアーのご報告です。

朝の6:30に渋谷に集合し、サザナミマリン号に乗り込みます。

今回は、ブログフレンドの70sとむ様と又ご一緒です。
近頃、海の魅力を再確認なさったのでしょうか?!伊豆の海にも
精力的に潜られてまして、上を行く?!ダイバーを目指されて
精進なさっているご様子です。

他には、仲良し2人組の女性と、お一人でご参加の女性がご一緒です。

車は伊豆方面へ出発です。

もともとこのツアー、雲見田子に行く予定のツアーでした。

私としては、潜りたくて潜りたくて、今まで何度も行けずに、
結局過去一度だけ潜った伊豆の誇る地形のポイント・雲見に
なんとしても行きたかったのが、本音なのですが、数日前から
西伊豆の海況をチェックしていたので、なかなか難しだろうと
予想してました。

クローズにならないとしても透明度が良い時に地形のポイントは
潜りたいな~と思っていました。
前日には、透明度も悪そうですし、わざわざ無理して西伊豆には
行かない予感がしていました。

予想通りサザナミマリンさんはポイント変更をお考えのようでした。

台風のうねりの影響の無い東伊豆で潜りましょう!と言うことになり、
とりあえず熱海港まで行ってから、各地の海況をサザナミマリンさんが
確認してくださいます。

色々ご相談の結果、伊豆海洋公園に行って見ましょうということになり、熱海からさらに伊豆半島を下って行きます。

私としては、行きたくてうずうずしていたポイントです。
個人的にかなり楽しみです。
初島以上に季節来遊魚がいるという噂で、クローズアップレンズの
出番です。

海洋公園に到着し、サザナミマリンさんが海況チェックをなさいます。
珍しく凪の海洋公園です。少々うねりはありそうですが、この程度なら
エントリー、エキジットも初心者の方でも問題ないでしょうと
いうことで、潜水地決定です。

やはり人気のポイントなので、そこそこ人はいらっしゃいますが
それほどの混雑ではなさそうです。

早速準備をし、器材をセッティングし、ブリーフィングです。
今日は、砂地と一の根を中心にのんびり潜ることになりました。
じっくり写真を撮りたいので嬉しいです。

気温が高いので、カメラが結露しそうでしたのでカメラ用の水槽
に水没チェックも兼ね入れて置きましたが、セッティングや
ブリーフィングをしている間にレンズが結露していました。
その日の気温の高さが感じられました。

でも水温は陸に比べ低く、伊豆海洋公園は他のポイントに比べ、
2,3度低いと伺っていたので、フードベストを着ることにしました。

1本目、エントリーして、マスククリアしてもしても水が入って
来るな~と思いながらも撮りたい魚に目が行くので、マスククリアを
しながらの写真撮影になりました。
スカートのめくれ、髪の巻き込みも問題ないのに何でかなしら?
と思いながら潜っていました。

群れ物は少ないと聞いてましたが、ネンブツダイの群れや
ソラスズメダイの群れ等綺麗です。
P1010152(1).jpg

ですがこの日の私の狙いは群れ物ではなく季節来遊魚ですので、
あまり群れの写真は撮っていません。

普段見れない群れだけ撮ろうかなと思いました。

普段神子元や初島を中心に潜っている私にとっては贅沢なのですが、
タカベやイサキの群れにはあまり反応しなくなってしまっています。

最近綺麗に撮りたくて何度も失敗しているナガサキスズメダイです。
P1010159(1)(1).jpg
クローズアップレンズを使ってもこの腕前です。

伊豆海洋公園名物の砂地のポストの下に、コガネキュウセンです。
出会えてとても嬉しかったです。

※ダブルクリックで大きな画面でご覧になれます。
べラ科は苦手な被写体なので、写真は諦め動画にしました。
幼魚だと動画でさえも撮影が難しいので、この個体は大きめで
撮りやすかったです。

これは、アオサハギかカワハギの幼魚です。
あいまいで失礼いたしました。
P1010168(1)(1).jpg
動画も撮影しましたが、セミホウボウというお魚です。
多分初めて見た気がします。
P1010172(1)(1).jpg

胸鰭を広げて威嚇しているようですが、頭に角みたいな鰭があり、
面白い形のお魚だなと思いました。

これは、ムカデミノウミウシです。
P1010175(1).jpg
小さいので、幼体だと思います。

ウミトサカにはオルトマンワラエビがいました。
P1010181(1)(1).jpg
冬の生物のイメージでしたが水温が低いからでしょうか?!

このあたりで気が付いたのですが、ずっと後頭部からストラップが
取れていたようです。
何度もマスクに水が入ってくるのは当然です。
水圧で顔にくっついているので、水中では外れなかったみたいです。
普段かなりマスクのストラップを緩めにしていた事もあり、
気が付かなかった自分が情け無いです。

マスクを付け直し、ようやく快適に潜ることが出来ます。
なかなかマスククリアしながらの撮影大変でした。

こんなことなら横着せずにマスクの脱着をすれば良かったのですが、
そんな暇が無いくらい撮りたいものが多かったのです。
(失敗写真を量産していますが・・・)

初島でも見慣れていますが、メジナを撮ってみました。
P1010193(1)(1).jpg

今回は、季節来遊魚のチョウチョウウオを色々撮りたかったのですが、
なかなか撮影は難しいですね。動きが早いです。
これはミゾレチョウチョウウオです。
P1010195(1)(1).jpg

海洋公園といえばこのアオブダイも見逃せません。
P1010202(1).jpg
なかなか上手くは撮れませんでしたが、群れも通りかかりました。
単体でいるものだと思っていましたので、驚いているうちに
群れは通り過ぎてしまいました。
綺麗に動画が撮れていれば今日一番の収穫だったかも・・・です。
後日又群れの動画についてはご紹介予定です。

ミナミハタンポかな??これも群れの動画を撮りましたが、今回は
写真で、単体です。
P1010206(1).jpg
これを見ると伊豆のダイビングのベストシーズンになったような
気がするのは私だけでしょうか?
これぞ季節来遊魚?!のツノダシです。
P1010213(1).jpg
はるばる黒潮に乗ってようこそ伊豆へ・・・と思って写真と動画を
撮りました。

大きかったので気になって撮りました、毎度おなじみのイソカサゴ
です。
P1010218(1).jpg
イソギンチャクから出て泳いでいたクマノミです。
P1010221(1).jpg
タカノハダイをクローズアップレンズで撮ると大きく感じます。
P1010222(1).jpg
実はホンソメワケベラにクリーニングされていたところを
撮りたかったのですが、カメラを向けたらいなくなりました・・・。

イラは顔が丸くて可愛く感じます。
P1010227(1).jpg

今回は、水深浅めの場所にいる時間が長く気が付いたら安全停止
になっていました。

岩に張り付いたイロカエルアンコウ、岩の中に入り込めず
P1010231(1).jpg
上からの写真になっちゃいました。

サザナミマリンさんがイノンの高倍率のUCL-165M67を貸してくれ、
安全停止がてら、じっくり撮らせてもらったのにこんな写真で
申し訳ないです。

帰り道も色々な幼魚が浅場にいたり、エキジットぎりぎりまで満喫
出来ました。

やっぱり伊豆海洋公園って色々な生物がいて良いですね。

写真を沢山撮ったわりに失敗も多く残念ですが、2本目で頑張ろうと
思いました。

イロカエルアンコウを見ているあたりで残圧が少ないので先に
エキジットしていらした、70sとむ様が陸で皆さんをお出迎え
してくださいました。

タンクのOリングが破損していたのでしょう。
少しエアが漏れていたこととウェイトが重かったことが原因だと
思われます。
ウェイトを減らして潜れば、2本目はより長く潜れることでしょう。

それにしてもウェイトって大事ですね。
私も今回は、水深浅めで写真をじっくり撮りたかったので
いつもより1キロ増やして潜りましたが、久しぶりの
スチールタンクが重く感じ、ウェイトも重めでしたので、身体が
安定しにくい感じがありました。
少し重いけど2本目もこの重さで頑張ろうと思いました。

それよりマスクのストラップには気をつけたいですね。
流れのある場所なら飛んでいたことでしょう。

それにしても深度によって水温がかなり違う感じで深い場所
は本当にドライスーツで丁度良いほど寒かったです。
でも海洋公園の楽しさで寒さを忘れて楽しめました。

2本目は、次回の記事にUPします。

★DIVE: NO 154
★タンク: スチール10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 40
★DIVE TIME 62分 IN10:23 OUT11:26
★水温:19~27度
★最大水深:20・2メートル
★平均水深:10・7メートル
★透明度:10メートル前後
★スーツ:5ミリワンピース&フードベスト

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

<< DIVE NO155 伊豆海洋公園 一の根 | ホーム | 7ヶ月ぶりの伊豆海洋公園♪ >>


コメント

どもです!

今回も色々お世話になりました~。
なかなか楽しかったですね!
I.P.Oは初だったので、良かったです。

エアは、私の未熟さ故でしょう(汗)。
機材のせいではありません。

しかし、今回はウェイト要らないくらい体が沈みました。

潜行もあっというまでしたので、どれだけウェットがくたびれてるのかが分かりますね(笑)。

まぁ、もうしばらくは活躍してもらいたいのですが…。

水中写真撮るために、ちょっと奮発しないとですね。
またぜひ行きましょう。

ではでは!

タカノハダイ、ぐぅ~b(^-^o)

きょんさん>

あんまり嬉しくないかもしれませんが、タカノハダイ、構図好いですね~
こういう普通種で、特にタカノハダイとかミギマキって「おぉ~」って構図になりにくい^^きょんさんの写真で、一番好きかも…^^☆☆☆

ウェイトの話:

スキンやフリーダイビングの場合、水中でのエアの供給がないので、たぶんスクーバの人よりデリケートだと思います。それと、スクーバの人だって、出来ればエアの出し入れは最小限度に留めたい(自分のイメージ通りのウェイトで潜りたい)ですよね。
そこで「LBウェイト」ってのがあるのですよ…

LBとは「ポンド」の事で、最小単位が1LBつまり約450g
既成のkg単位のだと、アンクルなんかには(0.5kgが)ありますが、ベルトの場合少々面倒なうえに初期投資がかかる…そんなお悩みを解決してくれるかもしれないのが、このポンド立てのウェイトです。なんだかんだ言っても、器材はシンプルなのが一番…そこで、不細工なようで古典的?なウェイトベルトに対応するってところが気に入りました^^

販売は「沖縄」のお店に相談するのが一番早道で、僕は某漁具屋さんがオークションに出品してたのを買いました。他にも2LB(0.9kg)、3LB(1.36kg)がありますので、微調整用に使えるかもしれません。kgのと組み合わせれば、100g単位での調整も可能でしょう。

ちなみに、こちらのショップは公表はされていませんので、目下のところは僕に個人的にご相談いただくことになります。お値段はkgウェイトとほぼ同じで「0.1kg/100円」くらい…送料はエクスパックなら500円です。

ご検討ってか、ご意見をお聞かせいただけると嬉しいです_^^_

by myu@南熱海

精力的に潜られているようですね。
日本はこの時期の伊豆でもドライですか~?
ではまた遊びに来ます。

海洋公園

お久しぶりですe-265
伊豆海洋公園、一緒に潜った感覚でしたよ。
いつ行っても楽しい場所ですよね~
田子や雲見に行きたかった思いも分かりますが・・・

水温が低いですね!びっくり!
最近、伊豆で潜ってないので、もっと水温が上ってるかと思っていたんですが。。。

確かに、沖永良部も深場は寒かったなぁ~
今年は、地上の気温なんかも異変が起きてますが、海中も一緒ですよねe-286

70sとむ様

こんにちは!
火曜日は、お疲れ様でした~。
伊豆海洋公園、楽しんでいただけて良かったです。
ウェイトまだ重そうですね~。安全停止で浮かないようなら
減らしちゃっても良いかもですね。
ウェットはまだまだもちそうですし、ぎりぎりまで使わないと
もったいないですからね。

水中写真是非いかがですか~?
陸のカメラお上手なので、きっと良い水中写真を沢山撮られる事
でしょう。
今週末お気をつけて行ってらっしゃいませ!私の分まで楽しんで
来てください。
又是非潜りましょうね~。

myu@南熱海 様

こんにちは!
本当はホンソメワケベらと撮りたかったタカノハダイを褒めていただき
嬉しいです。

ウェイトについて面白い情報をありがとうございます。
ウェイトの調整は、きっとスキンダイビング方がより精密さが求められ
そうですね~。
ご紹介のウェイトは細かく調整が出来そうでスキンの方には、
良さそうですね。

私の場合は、タンクの空気が減ることも考えて少し重めにして
安全停止で浮かなければ問題ない位の感覚で調整しています。
後は潜る水深によって軽めにしたり重めにしたりもします。
もしウェイトが足りなければ海の中で岩をBCのポケットに
入れたりもします。
わりとざっくり決めているかと思いますね。

とはいえ初心者の時はなかなか適正ウェイトが掴めず、今でも
たまに重かったな~という場合もあります。

私の場合、器材が鬼の様に重い?!ので今のところ自分のウェイトを
買うつもりは、残念ながら考えてないですね。

Steppen Wolf 様

こんにちは!
日本は6~9月の間、蒸し暑いので、水温考えるとドライでも
良いかもしれませんが、ほとんどの方はウェットで潜ってますね~。
でも20度以下だといくら猛暑でも寒いですよ~。
私は20度を境に衣替えしています。
Steppen Wolf 様の潜る海は暖かそうですね~。
長いログが続きますが、よろしければ又遊びにいらしてください。

クレール@TAKANO 様

こんにちは!
ようこそお越しくださいました♪
長いログをお読みいただき嬉しいです。

海洋公園は他のポイントより水温低いみたいですよ。
深い場所が特に・・・。
でも2本目になったら暖かく青い潮が浅い所に入って
来ていましたよ~。
つい浅い場所にいたくなっちゃいました。

沖永良部は南国のイメージですが、以外に深い場所は寒いんですか~。
日本の海ですものね~。

伊豆の場合は、海面の水温は、この猛暑で高いのに、深い場所には
冷水塊があるような感じなのでしょうね。
サーモクラインで少しですが流れも発生していました~。

今度、サザナミツアーで良かったらご一緒したいですね!
(サザナミツアー以外夫の許可が下りないのです・・・
すみません)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム