プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:558本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(9)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(26)
  ・カメ根(161)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(23)
  ・江の口(35)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

話題にも上らない??

今まで目に付かなかったのに、最近気になって思わず撮っています。
ヒメジ類です。
P1010054(1).jpg
2010年8月26日初島 フタツネ

でもダイバーさんの間であまりヒメジについては、話題にも上らないような
気がします。

最初ホウライヒメジの若魚かな??と思ったのですが
P1030926(1).jpg
2010年7月20日神子元 カメ根
これはホウライヒメジで間違いないようなのですが、上の写真は
オキナヒメジではないか?
という気がします。
(どちらでもよいお話なのかもしれませんが・・・。)
そこで、詳しく調べてみようと思います。

オキナヒメジは、分布は、南日本、フィリピンで、沿岸の岩礁域や
サンゴ礁域に生息するお魚のようです。

体色は黄褐色から赤色で、吻から体側中央にかけて暗色の縦帯があります。
尾柄には側線の下に達しない明瞭な暗褐色の鞍状斑紋があり、
その直前には大きな淡黄色の斑紋があるようです。

それに対し、ホウライヒメジは、南日本の太平洋岸、琉球列島、
朝鮮半島、インド・太平洋に分布し、オキナヒメジと同じように
沿岸の岩礁域やサンゴ礁域に生息するお魚のようです。
体色は、同じように茶色っぽいものが多く、尾柄には側線の下まで達する
不明瞭な暗褐色の鞍状斑紋があります。

見分けとしては、斑紋が側線の下まで達するかどうかで判断できるよう
です。

ということは、やはりどちらもホウライヒメジになるのかしら??

本当にお魚を見分けるの、苦手ですね。
何か良い方法はないのかしら??と毎回どの魚の見分けに対しても
思いますが、見慣れるしかないのかもですね。

ご参考までに、これがオキナヒメジの写真です。
http://www.sea-fishes.com/cgi-bin/subwin.cgi?okinahimeji-a&オキナヒメジ



参考文献:山渓ハンディ図鑑13 日本の海水魚
      ダイバーのための海水魚図鑑

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

<< 海に行くのを我慢する方法?! | ホーム | たまには脱線します。 >>


コメント

きょん さん>

ぶっちゃけ、サカナなんか何だって好いんですよ…って言ったら乱暴かなあ?イワシの頭も信心…なんて諺があるように、価値のあると思って見れば価値がある…それでいいんじゃないですかね?

さて、ヒメジはよく撮りますが、なかなか画になりにくいですね。砂地を突付いている事が多いから、どうしても(こちらが)上から目線になってしまう。インパクトのある構図を狙う場合は「下から煽る」がセオリーなんですが、なかなか下に回れない…

そう、僕の場合、相手がカエルアンコウだろうが、イソカサゴだろうが「画になるか、ならないか」がポイントかなあ…^^;

オキナヒメジの写真、拝見。今までキンセンイシモチとごっちゃだったかも(困ったモンだ;

by myu@南熱海

myu@南熱海様

こんばんは!
そうなんですよね~。確かに何の魚だって良いんです。
私も可愛く撮れれば良いかなと思っています。
ですが癖なのか?!ついつい調べたくなっちゃうんですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム