プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:549本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(7)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(24)
  ・カメ根(159)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(21)
  ・江の口(34)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

DIVE NO165 シパダン バラクーダポイント

ツアー初日の夜は、睡眠不足の長旅の後に2本潜ったこともあり
かなりぐっすり眠りました。

2月2日の朝はシパダンに行くので5:30にはカパライからボートに
乗ります。
そのため5時に起床し、支度をしまだ暗い中ダイビングセンターに
行って準備をします。
予定通りに5:30には出航しました。

ボートで約15分から20分でシパダンに到着します。
真っ暗な海の中を波しぶきを浴びながらのショートトリップです。

ボートに揺られている間に徐々に明るくなって来ました。
一度ボートから降り、桟橋にある施設で上陸の手続きをしている
間に夜が明けました。
P1020378(1).jpg
分かりにくいのですが結構風があるので旗がびらびらしていました。
風波が不安ですが、シパダンはダイバーの数を制限をしているよう
ですので、元気なサンゴや群れものや大物が見れたら嬉しいなと
思います。

シパダンには上陸はしないで、そのまままたボートに戻ってポイントに
向かいすぐ潜るようです。

向かったポイントはバラクーダポイントです。
ガイドはLITOです。

シパダンのボートダイビングは、ドリフトダイビングです。
バックロールでエントリーし、水面集合したらフリー潜行します。

私たち4人のほかは欧米人のご夫婦と、家族3人というメンバーで
潜りますが、皆様レベルが揃っているという印象です。
皆様問題なく潜行し、水中で集合出来、ダイビング開始です。

早朝ダイビングということもありますが、透明度がカパライとは
違います。
P1020380(1).jpg

本当に同じセレベス海?!と思ってしまいました。

シパダンとマブールの間には1500メートルの海溝があるらしいので
潮通しが良いのでしょうね。
その深い海溝からどんな大物が出てくるのか分からないということ
なのでしょう。

流れも緩やかで潜りやすいですが、中世浮力を保ち深度に気をつけよう
と思います。

カンムりブダイの群れがいたのですが、深かったのでズームで
撮りましたが、真っ暗な動画や写真でした。そのため紹介は控えます。

ギンガメアジのトルネードはちょっと遠かったです。今回は動画です。

ちょっといまいちです・・・。

ドロップオフ沿いを流しているとバラクーダの群れが少々いました。

写真がいまいちなのでこれも動画で紹介します。

P1020400(1).jpg
ホワイトチップは初めて見たサメです。
サメが見れると嬉しいですね。
ハンマーも出たら良いのにな~と思いました。
そう簡単には行かないのでしょうけれど…。
P1020405(1).jpg
もっとまじめに撮れば良かった、ネッタイミノカサゴです。
P1020409(1).jpg
ゴマチョウチョウウオです。チョウチョウウオはペアでいること
が多いということを南国に来ると思い出します。
伊豆では幼魚が単体で見れるだけのような気がします。
(間違っていたらすみません。)
P1020412(1).jpg
フエヤッコダイも普段見れないので新鮮です。
P1020413(1).jpg
撮りたくてもなかなか止まってくれません。
アミメフエダイです。
このお魚はベラ科幼魚に攻撃擬態するお魚だそうで、ベラのように
泳ぐの速いんです。
P1020419(1).jpg
これは何でしょうか??不明です。
P1020422(1).jpg
段々浅場に来て安全停止に入るようです。
海が明るいのでテーブルサンゴが綺麗ですね。
こういう光景は伊豆にはないな~南に来たな~と思う光景です。
P1020430(1).jpg
気持ちよさそうにクリーニングされているのはサザナミトサカハギです。
P1020432(1).jpg
メラネシアンアンティスやアカネハナゴイですかね??
ハナダイの群れは世界のどこに行っても?!綺麗ですね。
P1020438(1).jpg
ツノハタタテダイも伊豆にはいないので、私的になかなか
見れないお魚です。
P1020442(1).jpg
この大きなカンムリブダイもクリーニングされてました。
P1020443(1).jpg
右のダイバーさんと比べてみると大きさが分かりやすいかも
しれません。
P1020444(1).jpg
小さくても群れはいいな~と自分の群れ好きを実感します。

今回はほとんどクローズアップレンズを使わないままで終わりました。

このポイントは初めて潜る時には、大物や群れが気になり、
ワイドが楽しい海という感じかもしれません。
でも何度か潜れば、きっとマクロも楽しめるのでしょうね。

なかなか楽しいポイントでした。

エキジット後はシパダンに上陸して朝食です。
ボートでシパダンに戻ります。

それでは、シパダンの2本目に続きます。

★DIVE: NO 165
★タンク: アルミ10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 80
★DIVE TIME 49分 IN 6:39 OUT 7:28
★水温:28度
★最大水深:21・2メートル
★平均水深:11・6メートル
★透明度:15メートル
★スーツ:5ミリワンピース

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

<< DIVE NO166 シパダン ミッドリーフ | ホーム | DIVE NO164 カパライ ハウスリーフ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム