プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:558本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(9)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(26)
  ・カメ根(161)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(23)
  ・江の口(35)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

マンタを見るための基本的なマナー

5月17日から行く石垣島のダイビングについて調べているのですが、
やっぱり私的にはマンタが見たい!と思っています。

石垣島の「川平石崎(かびらいしざき)マンタスクランブル」は
トップシーズンは、7~10月位らしいのですが、海況により
5月位から狙えるとのことです。
本当は台風を気にしなければ、9、10月くらいに平均6~7尾の
乱舞が見られるらしいので、その頃も良さそうですね。

このポイントは、水深は最大で15メートル、平均8メートルと
比較的浅く、流れもほとんどないようですので、初心者ダイバー
でも基本的なスキルさえあれば、挑戦出来そうですね。

水底には根が点在していて、マンタはこの根の上で一定時間
とどまってホバーリングすることが多いので、ゆっくりと観察
することが出来るようです。
中層を泳いでいるとマンタが嫌がるそうですので、着底して
待つことになります。

マンタを観察する際のマナーやルールとは・・・・

 1. 決して追いかけない (追いたい気持ちは分かりますが…) 
 2. マンタに触らない
  (マンタ以外の生物でも間違いなく逃げていき顰蹙ものです)  
 3. エアをかけない
  (息を止めるか、かからない位置に少し移動??)
 4. ホバーリングしている根の上に乗らない
  (うねりや流れのある場合は注意??)


そういえは、2008年にバリのヌサべニタのマンタポイントに
潜った時にもマンタ観察の注意点を教えていただいた記憶が
あります。
ですが、当時はまだタンク数50本未満で、カメラも持たずに入って
いましたが、流れもそこそこあり水温も低い海の中で、自分にも
あまり余裕がなく、軽いうねりやアップカレントで根の上に持って
行かれそうになりながら岩にしがみついてマンタを見ていたのを
思い出しました。

実はブログのプロフィールの写真が、その時に
サザナミマリンさんがそんな余裕のない私の後姿を撮影して
くださったものなのです。

あれから少しは成長していると思いたいので、今度こそじっくり
観察したり、動画や写真も沢山撮りたいですね。

海況次第でこのポイントに行けないこともありますので、海況に
恵まれるよう祈るしかなさそうです。

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

<< いろいろ間に合いません。 | ホーム | 今更ですが・・・。 >>


コメント

きょんさん、こんにちは。

マンタ遭えるといいですね。
シミランでも今シーズンはいろんな個体のマンタに遭いました。
どこもルールは同じですね。
でも、追っかけちゃう人いるんですよね・・・
シミランでは中層で待ってることが多いので、ついつい後を追ってしまう人がいます。
すると、勢いよくどこかへ去ってしまいます・・。
追ってもいいですが、深追いはやはりせっかく写真を撮りたい方が、撮れなかったりってよくあります。

気をつけていってらっしゃ~~い!!

Nice!

楽しみですね!

タイだらぼっち(Ayako) 様

こんばんは!
いろいろなマンタが見れるなんてシミランの海は
スケールが違いますね!!
基本的なルールはマンタの生態を考えて定められて
いるのでしょうね~。
中層で待つと確かに追いたい気持ちはわかりますね・・・。
顰蹙を買わないように我慢しますね~。
行ってまいります~。

Steppen Wolf様

こんばんは!
本当とっても楽しみです。
私の場合、なかなか伊豆から出れないので…。

いろいろと下調べしてるようですね ^^)
あと、マンタスクランブルで注意されるのは、根待ちするときサンゴを傷つけないことですね。
できれば、谷間で浮かんでるか、岩に片手で軽くつかまってるのがいいですね。
写真はストロボ使うか使わないかは微妙です。
使うと浮遊物や無数のスズメダイが目立ちますが白いおなかが白く写ります。ストロボオフだとこれらが目立たなくなってシルエットっぽくなります(なお川平ではブラックマンタは出ません。)


もうすぐ~ですね~ 

マンタ追う人居ますよね~私のは体力が
昔オージーの冒険家マンタを追ってかなんかで尻尾に刺されて亡くなりましたよね~

お天気が良くてマンタに沢山会えますように~

のんべぃ 様   

こんばんは!
情報をいただきありがとうございます。
サンゴの保護は大切ですよね。
オニヒトデにならないようにします^^
のんべぃ 様にはいつも撮影の事をご教示いただき
感謝しております。
マンタの撮影時はストロボはオフにしようと思ってました~。
S2000では近くに寄れないとマリンスノーが出ちゃうのかなと
思って…。
私のライトだと遠いと光が届かなそうですしね~。
いろいろ試してみようと思います。
(でもポイントに行けたらのお話なのですが)

kinまま様

こんばんは!
本当どの生物でも深追いが迷惑な時ありますよね!!
昨年神子元でハンマーが沢山出た時に、追ってしまい、
散らしてしまった方がいて、根待ちしていた皆様に
顰蹙買ってました…。
まあハゼを引っ込めてしまう私の罪も重いのですが…。

尻尾に刺されて…。怖いですね。
気をつけます~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム