プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:563本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(9)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(28)
  ・カメ根(161)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(23)
  ・江の口(38)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ヤップ島2日目 DIVE NO204 ヤップ ココロ

13日は1日移動に使い、14日からがヤップ島でのダイビング本番です。
とりあえずは晴れているような・…。
terasunosyasinn
この時期は雨季なので、雲が多いながらも日差しは結構強かったです。
部屋のテラスから撮影したのですが、ビーチにすぐ出れるように
なっています。

14日の出航は、朝8:00なので7:00に朝食を取るために、
ビレッジビューホテル内のムーンライズカフェで集合です。

このカフェはホテルのあるワチュラブ村の中にあり、自給自足の食材を
使ったアジアンテイストの無国籍料理を楽しめるカフェです。
その為メニューに載っていても作物の状態で断られるメニューも
沢山ありました。
庭に豚や鶏がいて、もしかしてこの子たち…。と考えてしまいます。

朝はモーニングセットをいただきました。
写真がないのですがパンケーキとスクランブルエッグと
かりかりベーコン、そして地元で取れる柑橘類のギンガンという
少し酸っぱいシークワーサージュースの様なものをいただきました。

南国に来たらマンゴージュースとか飲みたかったのですが、どうも
時期ではないようです。
年間暑いのですがいつでも捕れるわけではないみたいです。
ここで、現地スタッフのきなさんとだいすけさんにお会いしました。
お二人ともお若いのにとてもしっかりした方なのですが、最初は
ちょっとだいすけさんのキャラクターが濃い?!のでひるんでしまい
ました。
でもお話をしてみるととてもヤップのことを愛し、この島で
いろいろな功績を残している凄い方ということが分かりました。
RIZEダイビングセンターを立ち上げたのはこのだいすけさんだそう
です。
だいすけさんは電話のなかったヤップに電話を引いたり、携帯を
持ち込んだり、電気を通したり、井戸を掘ったり、いろいろな
文明をヤップの方(主にワチュラブ村の方)に教えられたそうです。
村ではきっと神様のような存在なのでしょうね。

朝食を食べ終えてすぐ部屋に帰って、支度をしカメラなどを持って
レストランの隣のRIZEダイビングセンターに向かいます。

人口30人の村なので本来はセーフティーボックスは不要だそうです。
悪いことをしたら村から追い出されてしまうので、村の家には鍵も
ない地域だそうです。
ホテルの部屋も鍵をかけなくても良いとのことでした。
今まで行った海外の中で治安は一番良いかもしれません。

とはいえ、パスポートやチケットなどもあったので、念のため
貴重品は預かってもらうことにしました。
bo-to
いよいよ支度をして出航です。
ヤップの海は遠浅なので大きなボートは通れなくなりますので
この大きさが限界なのだそうです。
定員は約10名です。
雲の向こうは間違いなく雨が降っていそうです。
滞在中何度かゲリラ豪雨並みのスコールを体験しました。
今日はどうか降りませんように…。

ヤップでは器材のセッティングは自分でするようです。
私にとってはその方が安心感があるのでかえってありがたいです。

1本目はとりあえずヤップといえばマンタ!ということで、
だいすけさんのお子様のお名前のココロというマンタポイント
です。

ボートで約5分位ののんびりできるダイビングポイントです。

水深が浅い場所でのバックロールエントリーなのでBCをぱんぱんに
給気してしておきます。

アンカリングをしてあるのでロープ潜行でもフリー潜行でも
どちらでも良いので初心者の方でも安心ですね。

テバスズメダイなど
こういう場所はスズメダイが色々な種類がいるのが楽しいですね。
これはテバスズメダイなどです。
濁りが気になりますが、プランクトンがたっぷりの透明度が良くない
海の方がトビエイ科のマンタが好んでやって来ます。

地形は砂地にサンゴが広がっている様な地形です。
水深も浅めです。
たまにはのんびりダイビングも良いものですね。
ミスジチョウ
自称伊豆ダイバーですので、南のチョウチョウウオにはあこがれが
あります。
ミスジチョウチョウウオです。
ペアリングしているチョウチョウウオは、伊豆では見られない
です。

クリーニングステーションに来てからは、かぼちゃサンゴに
つかまってマンタの登場を待ちます。

マンタの通り道をふさいでいないか心配です。
なるべくみんな固まらないとマンタが入って来ないそうです。

割とすぐの段階で

2匹のマンタが登場しました。
その後別の個体も1匹、そして1匹と出てきたので、全部で4匹
いたそうです。
マンタ9月14日マンタ29月14日
私には個体の見分けがつかないので2匹しか出ていないと思っていた
のですが、現地のガイドさんはお腹の柄などで見分けているようです。
柄で見分けている成体のマンタは名前も付いているようです。
子供のマンタは柄が変わってしまうようですので名前が付けられ
ないのだそうです。

この日は透明度が良くないのが残念ですが、じっくりマンタを観察
出来ました。

マンタがいなくなると近くの生物が気になり、思い思いに写真を
撮りました。
gitiberamesu
伊豆では見かけないのですが和歌山などから南にはいるらしい
ギチべラです。
個体により色が全く違うみたいですね。
mikuronesianoaigo
ミクロネシアのアイゴなのかしら?私の図鑑では判明しませんでした。
mannjyuuisimoti
初めて見たマンジュウイシモチは、予想以上に大きく動かないの
ですが、エダサンゴに潜って撮りにくいです。
テンジクダイ科なんですね~。
rokusennyakko
いろいろ撮影している間にそろそろ戻りましょうとのことで移動し
ながら安全停止です。
その間も色々撮れました。

ロクセンヤッコも気になるお魚です。南のお魚は色が綺麗です。
adeyakko
アデヤッコも綺麗ですね。
yappunosirogaya
結構サンゴに交じって生えていたのですがシロガヤかしら??
綺麗なのですが、シロガヤだったら危険です。

浅い場所もエダサンゴがあるので、いろいろ好きなものを撮影して
いる間に浮上のサインです。

少々上りにくいラダーなのですが、タンクを引き上げてくれたり、
海の中でBCとタンクを外してもOKと、至れり尽くせりな感じで
ボートのスタッフが助けてくれます。
フィンも脱がせてくれる場合もあるようです。
(どんなことでも自分で出来る方には手は貸さないようです。)

私は逆に殿様ダイビングがちょっと不安(過去に器材を壊された)
ので、ちょうど良いサポート感が気に入りました。

皆様がボートに戻ると2本目のタンクに交換し、次のポイントに
移動し休憩になるようです。
ヤップでは午前中に2本というパターンが多いようで、基本的には
沖待ちになるようです。

RIZEダイビングセンターのHPにもあるように、海が遠浅の為、潮に
影響され、午後は潮により1本か2本がほとんどのようです。
満月の大潮の期間が一番ダイビングに、お勧めだそうです。
大潮終わりかけに差し掛かりますが、ちょうど良い時に潜れて
良かったな~と思いました。

14日は2本しか潜れないのですが、15,16日は3本潜りたいと
リクエストしてもらいました。
せっかく来たので沢山潜りたいのが本音です。

それにしても1本目からマンタに出遭え本当にこれからの海が
楽しみになりました。

またまた長くなりましたので、2本目に続きます。

★DIVE: NO 204
★タンク: アルミ12リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧120
★DIVE TIME 48分 IN 9:35 OUT 10:23
★水温:29度
★最大水深:9・9メートル
★平均水深:6・2メートル
★透明度:8~10メートル前後
★スーツ:5ミリウェットスーツ


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

<< ヤップ島2日目 DIVE NO205 この日2本目のココロ | ホーム | ヤップ島ツアー初日 >>


コメント

こんばんは。

いいですねー、ヤップ。
ダイビング中のマンタは見た事無いです。

潜りに行きたくなりますね。

Nice!

海の色が違いますね?
Nice Dive!

光あれ!

う~む、サカナの色が違う…
僕的には、テンジクダイ科ですねー、日本の代表種、クロホシイシモチのご親戚とは思えない^^

そして、マンタが当たり前のように…
ヤップは楽園だなあ…写真見ただけで「この海はスキンでしょ!」って思える^^

閑話休題。伊豆ダイバー御用達のブログパーツ作りました。
伊豆半島(真鶴・駿河湾内含む)13箇所の、毎日のつぶやきが、まとめて眺められます。
僕のブログにも貼ってありますが、読みにくいので改良検討中。

まずは下記URLでどうぞ↓
http://twitter.com/southernAtami/lists/diving-info-izu

70sとむ様

こんばんは!
ヤップの海は手つかずの自然という感じもお勧めですね。
伊豆のような岩礁域の海とまた違った楽しさです。
マンタは私の場合ダイビングでしか見たことないのですが
スノーケルで見るのも良いかもですね。
そう言えばこの前逗子に行かれてましたね~。

Steppen Wolf 様

こんばんは!
お久しぶりですね~。
マンタのいる海は透明度が…ですが浅くて海の中が
明るいのですが、初日はミクロネシアブルーを体験
できなかったです。
2日目に行ったYAPの外洋は凄く良かったですよ~。

myu@南熱海 様

こんばんは!
海が明るくてお魚の色も明るいですね。
サンゴを食べているから白っぽくなるのでしょうか??
YAPは本当にローカルな感じが海の中でも感じられ
今まで潜った海の中で一番プライベート感がありました。
スキンで潜るならこのポイントは楽しいかもです。

南国ですねー。
いいですねー。

マンタ。
ホントにきれいな生き物です。
優雅で。

結構近かったんじゃないでしょうか。


マンジュウイシモチもいたんですね。
私の見たい魚リストに
しっかり入っている魚です。

透明で暖かで
きれいな魚が多くて。

行きたーい!!ヤップ。

pullpullpull 様

こんばんは!
マンタは目が合う時に?!エアを吐かないようにしていると
寄って来てくれました。
マンタがむこう向いた瞬間に皆で一斉にエアを吐いて
見ました。
マンジュウイシモチは私も見たことなかったです。
石垣島にもいるみたいですよ~。
ヤップと海の感じは似ているのかもしれません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム