プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:549本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(7)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(24)
  ・カメ根(159)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(21)
  ・江の口(34)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ヤップ島2日目 DIVE NO205 この日2本目のココロ

9月14日のヤップ島2日目、2本目のダイビングログを記録します。
1本目と2本目の間は、ワッフルとお茶をいただき、水面休息を
しました。
2本目はどこにしましょう??ときなさんとサザナミマリンさんが
相談の上、マンタが出ているうちに!!ということで2本目も同じ
ポイントに潜ることになりました。

ココロは、リーフ内のポイントなので、うねりも流れもなく、海は
べた凪でした。
先日200本をお祝いしてくださったFさんと、こんなにべた凪の海は
久しぶりな気がする~とお話してました。
夏は伊豆も台風の影響を受けることが多いです。
本当は秋冬のほうがポイントにもよりますが伊豆の海は安定
するように思います。
本当に平らな水面が嬉しいです。

休憩時間が終わり、再度マンタがいるかチェックしていただきますが
いないかも…とのことでしたが、とりあえずエントリーしてみます。

先ほどのクリーニングステーションの場所を目指します。
その途中、
monntukiakahimejimonntukiakahimeji2
モンツキアカヒメジかと思われるお魚を見ました。
聞き慣れないお魚なので伊豆で見てないのでしょう。
八丈島あたりにはいるみたいです。
ハクテンカタギ
これはハクテンカタギというお魚です。不思議な色合いのお魚
ですが綺麗です。
P1050715(1).jpg
またまた載せてしまうのですがアデヤッコです。
ヤッコ系のお魚はどれも美しいですね。
kuri-ninngusut-shonn
クリーニングステーションでマンタを待ちます。
中々マンタは出ず…。そう世の中甘くないのでしょう。
大物運は尽きてしまったのかしら??
仕方がないので気を取り直し、近くを泳ぐお魚を撮影します。
sudarechouchouuo
スダレチョウチョウウオです。見たことないように思います。
写真は初めて撮りました。すぐ動いてしまい、上手く撮れません
でした。
セナスジべラ
これも始めて撮影に挑戦したセナスジべラです。
べラは泳ぐのが早く、たいてい流し撮りになります。
イソハゼの仲間
このポイントのいたるところにいたイソハゼの仲間なのですが、
図鑑で見ても良く分かりません。
このイソハゼはあまり動かず撮りやすいです。
追記:コメントの中でぼっち様にタテジマヘビギンポと教えていただき
ました。ありがとうございました。

ヤドカリ
そろそろ根待ちに飽き、近場で生物を探します。
このヤドカリは動画でも撮影しました。
色の美しいヤドカリでした。
nanikanobera
何かのべラを真上から撮りました。何でしょうね…。
hagebudai
ブダイは見分けが難しいです。ハゲブダイかしら?
あまり人気がないのですが個人的にブダイ系結構好きなようで
伊豆にはいない綺麗な色のブダイを動画や写真で撮っていました。
guruhaginoko
ノコギリハギは何度か見ることが出来ました。
伊豆にはほとんどいないので新鮮です。
追記:のんべぃ様にコメントの中でこのお魚はシマキンチャクフグだと
教えていただきました。今まで中々見分けがつかなかったのですが、
見分け方も教えていただき、ありがとうございました。

isohaze群れ
先ほどご紹介したイソハゼ系のお魚は結構固まっていることが
多かったです。

サンゴのスロープの下の方にいる
ナポレオンの幼魚
ナポレオンの幼魚をサザナミマリンさんに教えてもらいました。
ナポレオンの幼魚は初めて見たかな??と思います。
このお魚ブダイ科ではなくべラ科なんだそうです。
ブダイ科だとずっと思っていました…。
ツノダシ
伊豆にもたまに季節来由魚として登場するツノダシです。
南の海には元気に沢山泳いでいます。

このころになると、マンタを半分あきらめ、とはいえ、皆様近場で
上を気にしながら自由行動になっていましたが、そろそろ帰り
始めます。

道中にもいろいろお魚がいます。
水深の浅い場所を移動しながら安全停止も兼ねています。
減圧を気にしないでゆっくり写真が取れるのでマンタ以外にもこの
ポイントは楽しめます。
どのタイミングでクローズアップレンズを付けるのか悩みました。
keyari9/14
ケヤリムシ科なのですが、種類が不明です。
綺麗なケヤリでした。
umidukichouchouuo
ウミヅキチョウチョウウオも写真を撮ったのは初めてですが、
中々綺麗に撮れないです。
kokutennhugu
南に行かないと見れない、コクテンフグは、私にとっては大好きな
フグです。
可愛いな~と思いながら動画も撮りました。
でも結構奥の方に入って行ってしまいます。

時間になり浮上のサインです。
2本目は残念ながらマンタが出なかったのですが、もしかしたら
気付かないうちにマンタの通り道をふさいでいたのか??と心配
です。
そのマンタの通り道というのは入ってみないとわからないそうです。

ヤップのマンタルールは、

・マンタを絶対に追いかけたり触れたりしない。
・クリーニングステーションには触れない。
 (サンゴが死んでしまうと、このサンゴに住み着いている
 ソメワケベラが居なくなり、マンタがクリーニングに入って
 来なくなってしまいます。)
・移動中にマンタに出逢った時は、水底が近い場合、水底まで潜行
 して座ること。水底が深い場合、中性浮力をマンタより上にとり、
 マンタが通り過ぎるまで動かない。


ルールを守れば、より近くでマンタを観察する事が出来るそうです。

これはほかのマンタポイントでも同じことが言えますね。

マンタもダイバーが無害だと分かると最初は離れていても警戒が
緩みクリーニングステーションに寄りやすくなるようです。

まだ初日なのでまた遭えますように!と思いながら浮上しました。

港に戻って器材は載せたままウェットだけ干してお部屋に戻りました。

ここで問題が…お湯が出ません。本当は出るはずなのに…。
どうも私たちの部屋だけ出ないようでした。
水温が高いので我慢できないほどではないのでシャワーは水のまま
浴びました。

他の部屋は代わりに?!電気が付かない、コンセントが通電して
いないなど、ビレッジビューのHPに記載されていた通りのことが
起こっているな~と思うと本当に正直なHPだと思いました。
電気の供給が安定しない村なので仕方がないですね。
満月の大潮なので月明りでどうにかするのがこの村の流儀のようです。
なかなかできない経験を楽しむことにします。

シャワーを浴びてからは、レストランで昼食になります。
ダイビングに含まれるパックランチをいただきます。
写真撮り忘れましたがこの日のメニューはビーフンでした。
ギンガンジュースと一緒にいただきます。
皆様お酒のお好きな方はビールを召し上がっていらっしゃいました。

ランチ後の自由時間は、自分でログを記録しながら、眠くなったら
昼寝をしたり、ビーチを散歩したり、洗濯をしたりとのんびり
過ごしました。

お店も何もない場所なので、本当にゆったりした時間が流れていて
癒されます。

記事が長くなりましたので、陸の写真は別でご紹介します。

★DIVE: NO 205
★タンク: アルミ12リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧130
★DIVE TIME 48分 IN 11:11 OUT 11:59
★水温:29度
★最大水深:13・3メートル
★平均水深:6・8メートル
★透明度:8~10メートル前後
★スーツ:5ミリウェットスーツ


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

<< 9月14日アフターダイブ編 | ホーム | ヤップ島2日目 DIVE NO204 ヤップ ココロ >>


コメント

ナポレオンの幼魚!!
すごいですね。
始めて見ました!!

面影あるけど
教えてもらえなかったら
スルーしちゃいそう。

どのくらいの大きさなんでしょうか?

おはようございます!

ココロってもしかして日本語の名残りなのですかね?

ホテルで停電なんていったら、ワタシの場合、シャワーが出ないのよりショックです~。暗いのはいいけど充電できないのは辛すぎ。。。

ナポレオンの体の模様からしてメスですねー。
ノコギリハギのようなのはシマキンチャクフグですよ~^^;
見分け方は、背中の背中と腹のヒレが小さくて顔の周りに縞模様があるのがフグです。
キタマクラの色違いだと思えばわかりやすいかも~。
(・・・ってワタシもおぼえたての知識ですけど。)

マンタステーションのルール守らなくちゃ、来てくれなくなってしまうもんね~いいねえ、やっぱり青い海は~

月明かりも素敵ってシャワーが出ないのは辛いよなあ~

安良里でサザナミマリンさんが来てました~~私はやっぱり伊豆は無理かな。。。

pullpullpull 様

こんばんは!
私も最初教えて貰った時にこのブダイが何か??
と思ってしまったのですが、陸で聞いてもっと
まじめに見ておけば良かった!!と悔しがりました。
大きさは伊豆で見るアオブダイくらいですね。

のんべぃ 様  

こんばんは!
YAPの方は太平洋戦争の際に日本の統治下にあったので
日本語分かる方多いみたいですね。
YAPのダイビングポイントは、開拓した
だいすけさんが、付けているらしいです。
愛娘の名前なのだそうです。

ナポレオンはメスなんですね??
それから、シマキンチャクフグとノコギリハギの見分け方が
いまいちわからなかったのでとても嬉しいです。
ありがとうございます^^

kinまま様

こんばんは!
マンタの機嫌を損ねないように、YAPではマンタが
海の中では優先なんですって!
沢山のマンタと共存しているみたいです。
シャワーは夜浴びるのが少し寒かったですね。
TATSUMIさんのいらっしゃる黄金崎に行ったんですか??
日曜日の海、凄~く良かったというお話ですが
伊豆はだめでした??

いいなぁ~

きょんさん、こんにちわ!
ヤップいいですね!行ってみたいところのひとつです。
ナポレオンはベラなんですよねぇ~、私もガイド駆け出しの頃は知ってびっくりしました。
イソハゼ?は多分、タテジマヘビギンポです。
日本の海水魚に載ってるのは全体的に赤いですが、プケにもいますよ!見てみてくださいね。
ほんと魚って見分けが難しいですね。

ぼっち 様

こんばんは!
お久しぶりです!シーズンでお忙しいのではないでしょうか?
YAP良かったです~。
ダイバーさんが少ないので、海の中も綺麗です。
魚影は、私が行った時は薄め?!でしたが…。
ミクロネシアの海はあまり群れ群れ~という感じでは
ないみたいですね?!その代わり抜群の透明度で
良かったです。
イソハゼだと思ったらギンポなんですね~。
イソハゼなのに動かないな~と思っていたので、
図鑑で特徴を読んだらなるほど!と思いました。
いつも南のお魚を教えていただきありがとうございます^^
プーケットも是非行ってみたいんです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム