プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:566本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(9)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(28)
  ・カメ根(162)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(23)
  ・江の口(38)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

やっと神子元に行けましたDIVE NO 257 カメ根

石垣島のログの更新をしないとならないのですが、ちょっと脱線します。

ここ数カ月低気圧を連れ歩いている私がようやく、12月21日ぶりに
神子元に行けました!!

5:20に渋谷に集合し、久しぶりに南伊豆を目指せる幸せを感じました。
今日のメンバーは今回神子元はご一緒するのが2回目のUさんと私だけ
です。

神子元の海も日々変化しているので透明度や水温、黒潮の当たり具合、
風などなど数日前から気になって仕方がなかったのですが無事に
行けたことが一番うれしかったです。

神子元までの道のりでは、修理から帰って来たカメラが、基盤を丸々
入れ替えたので、初期化されてしまった設定などを直したり、動作
チェックなどしたりして、たまに眠ったりして過ごしました。
神子元に行く朝はいつも早いので眠いです。
asahi
一回起きたのは東伊豆の海岸線あたりです。
東伊豆は良い感じの凪ですが今日は霧が濃いです。

その後も南伊豆への旅は続きます。
南伊豆で一旦コンビニによって朝食に卵蒸しパンと昼食のとろろそば
を買って海遊社さんに向かいました。

思ったより早めに到着したのでのんびり支度をしました。
平日ということもあり、シーズンインしている神子元は予想していた
より空いています。

神子元に来れたことだけで喜びと達成感を感じるのですが、やはり
久しぶりの神子元なのでちょっと恐怖も感じます。

神子元の場合、地形や根が複雑なので、流れている場合、根周りで
生まれる流れも計算しながら潜れるスキルや心構えが必要です。
過去にダウンカレント以外にも、根の上で飛ばされそうになったり、
巻きこみの潮に翻弄されたり、水路にはまってマスクが飛んで行き
そうになったり・…。
やっぱり好きな海ながら恐ろしい面もあります。

また、大切なのはエアの消費です。
せっかく南の沖の方まで出て行ってもエアが70までなくなるとタイム
オーバーで浮上しないといけませんので、運動不足だったり疲れている
とその分エアの消費が早くなり、早めに上がることになってしまいます。
8か月ぶりなので動揺したり緊張してエアが早くなりそう…です。
と悩んでいても仕方がないのでなるべく冷静に潜ることにします。

9:30に290(福丸)が出航し、約20分で神子元島に到着です。
この日も南西の風がやや吹いているので、中々の波ですが、神子元
のボートは大きいので出航も可能ですし、エキジットも電動リフトの
お陰で楽ちんです。

1本目はお馴染カメ根にエントリーです。
久しぶりの290からのジャイアントストライド エントリーはやっぱり
テンション上がります!
と思ったら噂通り水温が下がっているようで寒いです。
神子元だからと5ミリワンピースに2ミリのフードべストにしたのですが
この水温ならドライが快適なんでしょうね。
なんと水温18度です。

でも神子元の場合泳ぐので平気と言い聞かせ西の壁沿いを進みます。

浅い場所は透明度5Mくらいで、寒くて暗くて見えないのでちょっと怖い
です。

潮流は下り潮で流れが速いと聞いていたのですが、8か月ぶりに神子元
を潜る私はちょっと流れの感覚を忘れていたのでかなり強く感じました。
ただ流れが速いだけなら良いですが、神子元の場合流れが複雑で強く
なる場所があり、正直今回は、久々だったのであぷあぷしてしまいます。

このような情けない理由でエアの消費が早くなるのもどうかと思い、
岩をつかめるならなるべく掴みながら進んで行くようにします。
takanohadai
プレートの上で撮影したタカノハダイです。

中々写真を撮るにも流れに乗っているので撮る暇がありません。
サメもワラサも現れません。
カメラにもまだ慣れてなく流れの強い中の撮影もままならずという感じ
の写真ですが、
takabe
サメがいなくてもタカベや
isaki
イサキの群れはやはり神子元の海では定番の楽しみだったりします。
その後もなかなかサメも現れないままドリフトし、良いタイミングで
根がなくなり、私のエアも60になってしまったので、安全停止に入り
ます。

安全停止中は浮遊物しか見れませんでした。
290
浮上後波に揺られながら290を撮影してみました。
中央の黒い線は何かしら??
左の黄色い線はシグナルフロートが写り込んでます。

神子元のログは、いつも写真が少ないのですが、今日はぃつになく
少ないです。
ハンマーもいないし、冷たくて透明度もいまいちで流れが速い
久しぶりの神子元に苦戦してしまったということもあるのですが、
やはりカメラにも慣れてないので写真もろくに撮れずでした。

2本目は少し神子元の海に慣れ、余裕が出てきたので写真が少しだけ
増えました。
その2本目は次回のご報告でいたします。

★DIVE: NO 257
★タンク: アルミ10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 50
★DIVE TIME 27分 IN 9:48 OUT 10:15
★水温:17度
★最大水深:27・1メートル
★平均水深:16・1メートル
★透明度:5~15メートル
★スーツ:5ミリワンピースと2ミリフードべスト

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

<< 出そうな感じですがDIVE NO258 神子元 カメ根  | ホーム | DIVE NO253石垣島川平 荒川ロックレイク >>


コメント

18度でウェットはきついですねー。
さすが伊豆ダイバー!
でも、7月にドライも着たくないですね(笑)

神子元の海は、難しそうですね。
kinnikun_yuiは、ここんとこマクロばっかりですので、
激流に逆らって泳いだら、息切れしそうです(^^;)


kinnikun_yui 様

こんばんは!
そうなんですよね~。ドライを着るのも汗だくになるし、
ウェットだと寒いしでこういう時に本当にロクハン
が良いのでしょう。
伊豆ダイバーは3種類スーツを持っていても良いかも
しれません。
神子元の海は30本以上のタンク数で潜れるのですが
経験があればある程楽しめるようです。
私も神子元に行ってしまうとまだひよっこダイバーです。
ガンガン泳いでも息切れしない心肺機能が欲しいです。
私もマクロなダイビングも好きですよ~。
本当は写真の練習もしないといけないのでマクロも頑張らないと
です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム