プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:563本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(9)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(28)
  ・カメ根(161)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(23)
  ・江の口(38)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

新調したライトのお話

ご訪問ありがとうございます。

本当でしたら、皇居まで走りに行きたかったのですが、自宅から距離があるのと、昨日、自分なりに頑張って走ったので、毎日10km以上だとそのうち怪我しそうなので、一旦休みを入れて明日、走りに行くことにしました。

その為、本日は筋トレの日にしました。

そんなわけで(関係あるのかな??)、本日はダイビング器材に関しての備忘録です。

前回、進水式だった、
に関して自分の感じたことを書いてみます。
前のライトが水没したのと、カメラをPENにしたことで、しばらくライトを持たず潜っていたのですが、私の場合、ドリフトダイビングをすることが多いので、万一のためにもライトが欲しいな~と思ってました。
前にカパライで、はぐれた時も、透明度の悪い中、ライトを回しながら、自分の存在をアピールしたこともありました。

私の使っている、オリンパスPT-EP05L のハウジングに、ライトが付いているとはいえ、伊豆の海ではあまり明るく感じられず、サーチライトとしては使えない感じです。
マクロ生物に慣れていない、私はライトがないと、教えていただいても、認識も出来なかったのです。

そんなわけでコンパクトで明るい、このライトにしてみました。

前回の大瀬崎で進水式でしたが、本当買って良かったです。

生物が見えるって幸せ!と思ってしまいました。
1月31日フタツネ9
2013年1月31日初島フタツネにて)
これがライトなしで撮影した、ベニキヌヅツミの写真です。
というより、ストロボ回って無い?
P2142357(1).jpg
2013年2月14日大瀬崎 柵下にて)
これがライトを使用して撮影した、ベニキヌヅツミの写真です。

やっぱりライトがあると視認性が高まりますし、写真を撮る気にもなります。
生物探しも苦手ながら頑張れそうな気がして、ダイビングも楽しく感じます。
ライト購入をきっかけに、マクロ撮影も楽しいな~と感じました。

さて、このライト現在手持ちで使用してますが、そのうちアームに固定したくなる可能性もありそうです。

でもハウジングに色々付け始めると、カメラがどんどん大きくなって行ってしまいます。
神子元中心で潜りたい私にとって、長いアームや大きなカメラは自分のダイビングスキルにそぐわない気が・・・。
本当はワイドを撮るならストロボも2つ欲しいのですが・・・。
悩みどころです。



★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

<< 2月22日 金曜日のジョギング | ホーム | 2月20日 水曜日のジョギング >>


コメント

こんにちはー、オトンです!

そのライト、この前ダイビングショップに行ったときに
見てきましたよ。やっぱり550と比べると明るいっすねー!

最近はライトを点けずに撮影することが多くなったので、
すぐに必要ってワケでもないんですが、確かコレって、
ヘッドだけ交換できたかと思うので、必要になったら
交換してみよーかな?

オトン様

こんにちは!
イノンのこのシリーズは人気があるようですね~。
他のメーカーで500ルーメンを使っていたのて、それでも十分だったのですが、更に明るいので伊豆の海でも安心ですね。
私の場合、ドリフトダイビングの際の、安全対策とサーチライトとして購入したのですが、この明るさでしたら動画撮影のビデオライトにも使えそうですね。
使用電池の本数が少ないので、コンパクトなのに明るいから、電池がすぐなくなりそうではありますが…。
写真撮影の時には,ライトというより基本的には、ストロボが中心になるので、確かに急がないでも良さそうですよね~。


手持ちはちょっと辛いですね。
大きいのは嫌でしょうけどハウジングに付けて常に片手が空くようにしてしまった方が
サーチも撮影も楽ですよきっと。。。
しかしコレ、明るすぎてサカナ尻尾向けちゃいそうですね~(*_*)


のんべぃ 様

こんにちは!
魚だってまぶしいでしょうね~。
赤いフィルターが付属品で付いているので、それを付けたら良いのかもしれませんね。
ハウジングに付けるかどうか悩ましい所なんですよね。
確かに付けてしまった方が楽なのかもしれませんね。
両手が空くためには、後はBCにぶら下げるようにしようかとも考えてます。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム