プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:563本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(9)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(28)
  ・カメ根(161)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(23)
  ・江の口(38)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

DIVE NO324 神子元 ブダイ根~はしご段

相変わらず猛暑続きで、9日の気持が良かった、神子元の海が既に恋しくなっております。
時間と金銭にゆとりがあれば、もっと沢山潜れるのに…。
走ることが出来なくなってしまってから、楽しみが一つ減ってしまったので、余計にそう思うのかもしれません。
そんなことを言っても働かないと潜れないし、しばらく労働にいそしむことにいたします・・・。
潜る日が来るまでは、休みの日にプールに行って、気分転換しようと思います。

さて、本題の9日の2本目のご報告です。
船の上で冷たい麦茶やお菓子を頂きながら休憩していると・・・。
P7094748(1).jpg
朝より余計に霧が出ているような…。
10M先が見えないです。
一面真っ白なので目がちかちかしてくるのです。
こんな状況で、ダイバーさんを探すS船長さんには、頭の下がる思いがします。
その為、今回は少し長めの休憩をします。

船の上にいると、すぐうたた寝をする癖があり、タンクに寄りかかってうとうとしていたら、Mさんが、海面にサメの背びれを発見して教えてくださいました。
Mさん、神子元初めてなのに、サメ運を持っているとしか思えません。
1本目でもサメを発見してくださったし…。
皆様と2階のデッキに登り、見ていたら、子供のハンマーヘッドシャークだったようです。
このサメたちも釣り人のまいた餌に反応しているのかな…。
釣られないでね~と釣り人の人が聞いたら激怒されそうなことを考えてしまいます。

サメが潜ってしまったので、下のデッキに戻り、今後は前方のタンクホルダーのない場所にごろ寝します。
平日の空いている時にしか出来ない贅沢です。
気持良く寝ていると、そろそろ支度しますよ~と号令がかかり、タンクを交換し、2本目の用意をしました。
霧が一向に晴れないので、今回は皆様で290のガイドSさんに着いて行くことになりました。
Sさんは、普段は神子元玄人集団を率いるスーパーガイドさんです。
今まで着いて行こうとして、脱落することが多く、ドライスーツで膝を負傷中なのに大丈夫かな??と心配しましたが、きっとこの日は、海面もこのような感じですから、お手柔らかにしてくださることでしょう。

今回エントリーするのは、ブダイ根といって、あまり私は潜ったことが無い場所なのですが、白根と亀根の間位の場所です。

ちょっとだけ、水温が下がって1度だけですが、1本目より低いです。
膝が冷えるな~と思いますが、せっせとSさんに付いて行きます。
ブダイ根沿いを進んでいると、あちこちからちりんちりん、タンクをたたく、カンカンという音が聞こえます。
なんと、ハンマーがいます。
本年になり、2回目!!
比較的前の近い位置にいたので、目で確認してドライスーツなりに頑張ってダッシュしますが、
P7094751(1).jpg
ピントが合いません・・・。撮影中のガイドのSさんの先にいたんです。
更にちりんちりんとなったり、カンカンとなっていたり、一体何処に泳げば??とうろうろしてしまいます。
P7094753(1).jpg
皆様がダッシュしていくので、もしかしてハンマー??と私もえっさほっさ泳ぎます。
P7094755(1).jpg
カメがいたみたいです。
Sさんが、カメを、皆様のいる場所に誘導?!してくださってます。
P7094760(1).jpg
こっちに逃げて来たカメを
P7094763(1).jpg
近くで撮影することが出来ました。
神子元のカメは大きく、甲羅がボロボロになっていたり、熟練のカメが多い様な気がします。
カメも流れのある海のため、泳ぐ力の強い個体しか、ここまで来れないのかもしれません。
P7094766(1).jpg
お尻から糸のようなものをさげたこのカメさんは、大海原に消えて行きました。
長生きするんだよ~と言いたくなりました。

その後、4年位ぶりに、ドチ穴に案内していただきました。
ここは、ちょっとしたケーブダイビングを味わえるのです。
横穴を入って水底を見ると、ドチザメが寝ているんです。
当時は、神子元でのダイビングがまだ8本目という超神子元初心者だったので、ドジを踏んでいましたので、動画も写真も残ってません。
2009年10月21日(水)の102本目のダイビングのことでした。
この時初めて水中で動画を撮影したのでした。
懐かしいです。
着いていくのも、今思えば必死だったころなので、撮影どころではなかったのでしょう。
って今もあまり変わって無いような…。
P7094769(1).jpg
それでも、当時より本数は潜っているので、前よりは余裕を持って、ライトを照らしながら、しっかり撮影が出来ました。
お昼寝しているドチザメが、びっくりして1匹目の前をすっ飛んで行きました。
お休み中に皆でのぞいてごめんね~と思いながら、穴から出ると
P7094772(1).jpg
綺麗な地形と二ザダイの群れが見えました。
皆様が穴から出てくるのを待っている間に、
P7094773(1).jpg
ヒラメを撮影している方がいらしたので、私もおこぼれにあずかり、写真を撮らせていただきました。
P7094777(1).jpg
その後は、お魚のビュンビュンの群れが見れましたので、その先にサメがいないか??注意して見ます。
P7094781(1).jpg
タカベやイサキの大きな群れは見応えあります。
P7094784(1).jpg
この群れにまみれているだけで、神子元を潜れる幸せを感じます。
P7094790(1).jpg
タカベの激流は凄かったです。
いつまでも見ていたかったのですが、集合して安全停止をすることになりました。
大人数(多分10人位)での、安全停止も中々楽しいな~と思いました。

浮上したら、船長さんと、2本目は船でダイバー探しをしてくださった、290のガイドのTさんのお陰で、目の前に290がいてくれました。

このような濃霧の中のドリフトは心配でしたが、290の皆様の色々なご配慮のお陰で、ストレスを感じず楽しく潜れました。
初神子元のMさんも、楽しかった~と仰ってました。
2本目も楽しく終了です。
全員まとめて、乗ってエキジット出来る、自動昇降ラダーの威力も有難かったです。

この日は、べた凪の流れのない海でメジロザメ、写真は惨敗ですがハンマーヘッドシャーク、ドチザメなど、大物三昧、群れ三昧の楽しいダイビングでした。
流れてなくても色々見れるものですね。
他にも、色々なお魚をのんびり撮影出来たので、普段とは違った神子元ダイビングが楽しめました。

船で港に戻り、器材を干したら、ドライスーツで汗まみれになったので、海遊社さんのかけ流しの温泉に入りました。
なぜか貸し切りで、とても気持良かったです。

買って行ったコンビニのお弁当を食べながらログ付けをし、器材を片付けたら東京に帰ります。
その前に・・・・。
P7094793(1).jpg
中々見れない光景なので、濃霧の弓ヶ浜を見に行きました。
P7094794(1).jpg
海水浴している方の姿が見えないので、ちょっと怖いです。
P7094795(1).jpg
ビーチ前の道も視界が悪いです。
こんな濃霧は、初めてと神子元に何度も来ている、サザナミマリンさんがおっしゃってました。
もしかして、大変レアな経験をしているのかな??と思いました。

幻想的な雰囲気の弓ヶ浜で少しゆっくりしたら、都内に向けて出発です。
皆で談笑したり、アイスを食べたり、居眠りしたり、途中休憩をしたりしながら、渋谷まで帰りました。
行き帰りの道中も楽しかったし、神子元で充実したダイビングが出来たことに感謝です。
また2週間後の大潮を狙って、神子元に行きたいなと計画中です。
どうか、台風が発生しませんように・・・。

★DIVE: NO 324
★タンク: アルミ10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 50
★DIVE TIME 36分 IN12:27 OUT13:03
★水温:19度
★最大水深:23・6メートル
★平均水深:14・6メートル
★透明度:10メートル
★スーツ:ドライスーツ
★潮流:下り潮・沖払い

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

<< DIVE NO325神子元 カリト~カメ根 | ホーム | DIVE NO323 神子元 カリト~カメ根 >>


コメント

レアな濃霧の神子元の体験を
とっても楽しんでこられた
様子が目に浮かぶようです♪

nohohon 様

こんばんは!
幻想的で中々見れない光景で、それはそれで楽しかったです。
海水浴にいらした方は、きっと視界が悪く怖かったでしょうね・・・。
次の日は霧は晴れたみたいです。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム