プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:561本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(9)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(28)
  ・カメ根(161)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(23)
  ・江の口(36)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

DIVE NO347 バリ島 ヌサペニダ レンボンガン

10月22日ヌサペニダダイビング3本目の記録でございます。
2本目のクリスタルベイでは、思う存分マンボウに遊んでいただき、予想していたより簡単に目的を達成出来ましたので、後は暖かな場所でのんびり潜りましょうということになりました。
目指すは、ヌサペニダ島の北西にある小島のレンボンガン島の北端のポイントです。

全体的に浅く流れも緩やかで珊瑚、小魚類も多く、初心者からのんびり楽しめる場所だそうです。

水面休憩中にランチを頂きました。
PA226487(1).jpg
分かりにくい写真で申し訳ございませんが、フライドポテト&チキンのクラブサンドウィッチでした。
ボリューム満点で、海の上で食べるのはとてもおいしかったです。
神子元のボートダイビングの時は、酔うのが怖くて3本潜り終わってからしかご飯を食べたくないのですが、飢えていたのでペロッと平らげてしまいました。

それでも、マンボウを見て気持ちが高揚していたのか?アネロン効果なのか?寝てばかりいるせいか?この日は酔いませんでした。

気持良く居眠りしていると、時間になりましたので、エントリーします。
PA226492(1).jpg
最大級のフグ科のマンボウの後だと小さく感じますが、体長50cmはあったと思われるモヨウフグです。
PA226494(1).jpg
フグ科のお魚は、個人的な意見ですが、みんなかわいく見えてしまいます。
伊豆半島では遭えないフグなので見れて嬉しいお魚です。
PA226495(1).jpg
スロープ沿いに群生する元気なサンゴは、見ているだけで癒されました。
PA226499(1).jpg
アカネハナゴイなど伊豆で見れない綺麗なハナダイもたくさんいます。
もっとまじめにアカネハナゴイ撮れば良かったな~と今更後悔してますが、流されているから無理だったかも…。
PA226505(1).jpg
拡大してみるしかなさそうです。
PA226509(1).jpg
セグロチョウチョウウオもいる間に綺麗に撮れなかったです。
PA226511(1).jpg
初島で見るオヤビッチャよりずいぶん大きく感じます。
ヌサペニダのお魚、全体的にどのお魚も大きい気がします。
PA226514(1).jpg
30cm弱くらいの大きなカサゴを教えていただきました。
オニカサゴに見えるのですが、インドネシアにもいるのかな?それとも別のカサゴなのかしら?
PA226518(1).jpg
40cm以上の大きなキンチャクダイはロクセンヤッコです。
こんな大きなヤッコを見たことがない!!とKさんは大喜びでした。
確かに中々大型のヤッコは伊豆ではめずらしいですね。
PA226528(1).jpg
ハタタテダイの中では大型のシマハタタテダイです。
やや神経質で物陰にいることが多いのだそうですが、捕食していたので逃げなかったので、寄れました。
PA226543(1).jpg
また先ほどとは別のカサゴです。
これもガイドさんが教えてくださいました。
日本人はカサゴが好きなのか??いると教えてくださるみたいでした。
PA226545(1).jpg
撮りたかったのはハナグロチョウチョウウオだったのですが、角度が…。

ガイドさんが遠くを指差しているのですが、申し訳ないのですが、認識出来ないです。
一生懸命泳いだら
PA226547(1).jpg
大きなオ二カマスがいました。
この写真はトリミングしましたので、実際は20m位距離がありました。
PA226552(1).jpg
再度モヨウフグに遭えました。
大きいので目立ってました。
PA226558(1).jpg
2008年に初めてバリに来た時も、伊豆では見れないサザナミヤッコの美しさに感動をしていたのですが、やはり綺麗なお魚です。
私の写真ではなかなかそれが伝わらず残念です。
PA226566(1).jpg
ニジハギのしま模様が写真だとこんなことになってしまいました。
海の中で見ると綺麗なのに・・・。
PA226570(1).jpg
そろそろ深度を上げ始めて安全停止という頃にカメがいました!
ガイドさんが皆様のいる方におびき寄せてくれます。
PA226572(1).jpg
大きさは神子元にいるカメと同じくらいかしら??
PA226574(1).jpg
流れのある海にいるカメは、甲羅に年季が入っているように見えます。
流されながらのんびり安全停止をしていると、またガイドさんが遠くを指差して何かがいるのを教えてくれました。
PA226583(1).jpg
最後は、そのバラクーダをちらっと見て、本日のダイビングは終了になりました。

初日から、マンボウをじっくり見たり、カメ、バラクーダなどの大物も見れましたし、サンゴは元気だし、楽しいダイビングが出来て、本当にバリの海に感謝です。

帰りの船では、サザナミマリンチームは寝不足だったこともあり、皆で眠りながら戻りました。

ダイビングサービスに戻ると、新しいバスタオル&女性ゲストの方向けにとてもかわいいビーチサンダル&
ビーサン
美味しいコーヒーとバリのお菓子(日本のバームクーヘンに似てました)
PA226589(1).jpg
をご用意してくださってました。
本当に、スランガンマリンサービスさんは、何から何までサービスが行き届いていて、とても素敵だなと思いました。

まだ翌日もありますが、ヌサペニダには、また絶対来たいな~と思いました。
そして、また是非このサービスで潜りたいです。

海遊社さんの施設も癒され、うっかり帰りが遅くなることも多いです、ここもかなり癒され、思わずのんびりしていたら、やはり帰りは遅くなりました。
ホテルまでは、車で送迎してくださいました。
PA226591(1).jpg
バリ島の夕焼けは綺麗でした。

ホテルまでは車で20分位だったかしら?

ようやくサヌールにある、スワスティカバンガローにチェックインです!ここまで長い道のりだった気がします。
PA226594(1).jpg
ウェルカムドリンクのマンゴージュースを一気飲みし、早速お部屋に行きます。
ここは、敷地が広く、滞在中何度も部屋に戻るのに迷いますが、徘徊しているうちに、2か所プールがあり、それを目印に、どうにか自分の部屋にはたどり着けます。

部屋でちょっとだけ休憩し、夕食を食べに街に出かけました。
食事の備忘録は、次回の投稿でしたいと思います。


★DIVE: NO 347
★タンク: アルミ10リットル 
★スタート時残圧210  エキジット時残圧 80
★DIVE TIME 56分 IN14:32 OUT15:28
★水温:28度
★最大水深:19・7メートル
★平均水深:11・5メートル
★透明度:10メートル
★スーツ:5mmワンピース、2mmフードべスト


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

<< バリツアー初日のディナー | ホーム | DIVE NO346 バリ島 ヌサペニダ クリスタルベイ >>


コメント

お魚はみんな大型ですね~!
ショップさんのサービスも行き届いていて
とっても素敵なダイビングツアーになりましたね♪


nohohon 様

おはようございます!
ヌサペニダは、魚影も濃いし、大きなお魚が沢山いました。
マクロ好きの方でも、きっとのんびり探せば色々いるらしいですが、私は大きなお魚が好きなので、マクロな写真がないのかもしれません。
ショップには、女性の日本人オーナーさんがいらっしゃるのですが、とても親切でお話も楽しい素敵な方でした。居心地良く、またヌサペニダに来たら利用したいですね~。

こんにちわ!

いいな~ いいな~
楽しいダイビングしたいな~~(哀)


点数と減点目的のダイビングは、
もうヤだー!(爆笑)

>飢えていたのでペロッと
>寝てばかりいるせいか気持良く居眠りしていると
きょんさん、文面からはとても丁寧でお上品そうな印象だけど、
いつも見てるとたま~に大笑いな文面が・・・(笑)

>モヨウフグ
図鑑でも見たことないです。初めて知りました!

>アカネハナゴイ
じっとその場で満足いくのが撮れるまで待ってもらえればいんですけど、
ヒレ全開は結構時間かかりますからね~

ハナゴイ・ハナダイ・チョウチョウウオ・ヤッコ・ハゼ
(しかもそれらの幼魚)に食いつくのは、日本人だけなんでしょうかねー?
現地人ガイドは、大物や群ればかり追うような???

ちろビー様

こんばんは!
講習のストレス、相当なのでしょうね。
早くファンダイブを心おきなく出来る日が来ると良いですね。
ファンダイブは何処に行くのか?今から心待ちに考えるということでいかがでしょう??

のんべぃ 様

こんばんは!
信じられないと思いますが、国文学科を卒業しているのです。
それなのに、なぜか日本語が不自由なんです。
モヨウフグは、房総半島以南のインド洋・西太平洋に分布するとされているので、伊豆にもいるのかもしれませんが、見たことがないですよね~。
どこかにいるのかしら…。
ハナダイを綺麗に撮りたいな~と思っても流されて行くので、全然ダメでした。
のんびり撮りたかったです。
確かに今回のガイドさんはカサゴとウツボを良く教えてくれました。
細かいお魚はやはり日本人の方が好むのかしらね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム