プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:552本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(7)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(24)
  ・カメ根(159)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(23)
  ・江の口(35)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

DIVE NO363 伊戸 沖前根 東ブイ

さて、忘れないうちに17日の伊戸ダイビングツアーの2本目の記録をしたいと思います。

1本目が終わったら、施設に帰り、温かいコーヒーを頂きながら休憩しました。
お茶やコーヒーを自由に入れていただくことが出来ます。

伊戸ダイビングサービス BOMMIE(ボミー)のオーナーのSさんやサザナミマリンさんとお話しながら休憩していたら、潜る前に室内で見かけたチャチャという猫ちゃんが外に出て来ました。
1012005_550704215026326_2003944440_n_convert_20140118221357.jpg
人懐こいので撫でさせてくれたり、お腹を見せてごろねしたりと、かなり可愛い猫ちゃんです。
日が出て来て暖かくなって来たので、猫も日向ぼっこに来たみたいです。
クラブハウスは海に面していて、日当たりも良く、ストーブなしでもポカポカ陽気の中、休憩が出来ました。
冬は暖かく、夏は涼しく過ごせるよう風よけを外したり、付けたり出来るそうです。
すっかりくつろいでのんびりしていたら、2本目の時間になり、慌てて支度をしました。

2本目は、何処に行きたいですか??とボミーのSさんが聞いてくださったので、先ほどエイのお腹の部分を上手く写真が撮れなかったので、リベンジしたいと言うと、東のブイを中心に東の山というもう一つの根を案内してくださるということになりました。

Sさんの「サメに飽きましたか??」という質問には、「サメはいくら見ても飽きる気がしないです。」と答えたら、「サメもゆっくり見ても良いですよ!」とのことでした。
昨年の冬、フィリピンのオスロブで見た餌付けのジンベイザメに関しては、1本でお腹いっぱいになってしまったのですが、ドチザメの群れは飽きないみたいです。

元々群れ好きということもありますし、その群れがサメであれば、なおのことずっと見ていたいのかもしれません。


そんなわけで2本目は東のブイからエントリーします。
P1178068(1).jpg
このボートは、(この日は使いませんでしたが、)トイレも完備されており、ダイビング向けに改装されているので、広々座れて快適でした。

エントリーしたら、
P1178070(1).jpg
浅い場所からもドチザメの群れが見えます。
P1178072(1).jpg
アジの群れも普段見ないので私にとって新鮮です。
P1178073(1).jpg
それにしても沢山いますね~。
50~100匹はいる気がします。
P1178076(1).jpg
ショウサイフグの群れも見るのが初めてで面白かったです。
P1178080(1).jpg
よく見ると可愛いフグですね。
P1178084(1).jpg
大きなクエが何匹かいますが、このクエは雌らしいです。
P1178091(1).jpg
今回は写真を撮りやすいように、私が餌付けをするのを辞めてみては??とアドバイスをいただきましたので、Sさんの周りに捕食にやって来たエイを狙ってみます。
P1178093(1).jpg
エイのお腹を狙いながら苦戦中・・・。
P1178094(1).jpg
口を開けて餌待ちのアカエイです。
P1178095(1).jpg
何とか撮れた?!
P1178100(1).jpg
こっちに突進してくるので、ちょっと怖いです。
P1178101(1).jpg
餌をまくとアカエイが舞うのでその瞬間を狙います。
P1178103(1).jpg
中々難しいです。
P1178107(1).jpg
口のアップです。
意外に歯が見えてないです。
P1178114(1).jpg
シラコダイの群れの中にユウゼンに似た柄のお魚が混ざっていると教えてくださったのですが、探すことが出来ませんでした。
P1178124(1).jpg
そろそろまたサメを見たいな~と思い、サメのいる方に移動します。
P1178133(1).jpg
ドチザメってよく見ると可愛い♪と思うのは私だけでしょうか。
P1178138(1).jpg
微妙に柄が違うのも見ていて興味深かったです。
雄と雌で色が違うのかしら??
P1178140(1).jpg
ドチサメについて調べると、昼間は穴などで休んでいるらしいのですが、このサメたちはいつ寝ているのかな??
このサメはおとなしいので人を襲ったりはしないようです。

サメもじっくり観察しますが、捕食している
P1178148(1).jpg
ヒゲダイや
P1178149(1).jpg
アカエイもやっぱり気になります。
P1178152(1).jpg
とうとう餌箱は空っぽになりました。
P1178158(1).jpg
根の周りにいるサメやエイも絵になります。
P1178164(1).jpg
水温さえ気にしなければ、南国で潜っている気分です。
P1178166(1).jpg
透明度も抜群です。
P1178179(1).jpg
またまた大きなクエが登場です。
Sさんが、スレートに「マリオ」と書いてくださって先ほどのクエと別の個体を指しています。
休憩中にお話を聞いたのですが、先ほど見た、タイソンとは別の雄のクエがもう一匹いるとのことで、縄張り争いをしている?!雰囲気なのだそうです。
そのもう一匹のクエが登場したみたいです。
P1178182(1).jpg
もともとマリリンという雌だったのが、性転換した途端大きくなったようで、噂通り大きかったです。
P1178198(1).jpg
群れ好きとしては小さな群れも見逃しません。
ゴンズイです。
P1178200(1).jpg
でもやはりサメに目が奪われます。
私がアカエイとサメに夢中になっていたせいで、東の山に行く時間がなくなってしまいました。
それにDECO出しそう・・・。
減圧不要限界まであと5分!!
というわけで浅場に避難です。
P1178204(1).jpg
群れを見ながら徐々に深度を上げて行き、安全停止をします。

安全停止の時は、何処のポイントで潜ってもいても、見る物が無く暇だとやはり寒くなりますね…。

安全停止を終えて無事にエキジットをしたら、港に戻ります。

港に戻るまでは1本目と同じように、バケツにお湯を汲んでいただき、暖を取りました。
これがあるだけで寒さを感じずに済むので助かりました。

東の山に行って細かい物でも見ましょうか??と仰ってくださったのに、時間が無くなるまでサメとエイをみてしまい、失礼しました。

次回にまたリベンジさせていただきます。

伊戸のダイビングは、想像していた以上に楽しめました。
都内から2時間半かからず、大物がどっさりいるのが、凄いなと思いました。

勿論、探すとウミウシやハナダイなどもいるみたいなので、マクロを楽しんでも良いでしょうね。

またサメやエイに囲まれれたくなったら行こうと思います。

器材を干したら、お店の目の前にある、海の駅「だいぼ工房」にて、その日定置網で獲れた新鮮なお魚を食べに行きました。
P1178210(1).jpg
お店の前からは海が見えて素敵なロケーションです。
P1178211(1).jpg
お店の中には、有名人や芸能人のサインが沢山ありました。
P1178212(1).jpg
サザナミマリンさんはイサキを使ったなめろう定食です。
おだしでお茶づけにして召し上がっても美味しいそうです。
私が頼んだのはサンガ焼きとお寿司の定食です。
P1178214(1).jpg
ダイエットは何処に行ったのかな??と思われますが、
P1178215(1).jpg
サンガ焼きと
P1178216(1).jpg
お寿司をサザナミマリンさんにもお手伝いいただき、お腹いっぱいになりながら全部食べちゃいました。
食事は伊豆より美味しいかも・・・。
このボリュームで1500円は凄いですよね。

海も楽しいし、ご飯も美味しいし、伊戸は良いポイントだな~と思いました。

クラブハウスに戻って、器材を片付けたら、東京に帰ります。
ボミーさん、大変お世話になりありがとうございました。
又いつか参ります。

私が行きたがったので、海ほたるサービスエリアに寄っていただき、ちょっとした買い物をしたり、景色を見たりして休憩しました。
カメラを車に置いて行ってしまったので写真がありませんが、東京湾を360度一望できるデッキが綺麗でした。

その後は、金曜日だったので、首都高速で大渋滞になったり(汗)しましたが無事に渋谷に到着です。

伊戸に行きたいと前から思っていたので、今回は、連れて行っていただき、嬉しかったです。
このご恩は潜りに行くことでお返ししたいと思います。
そんなわけで、28日は、今のところ出航の決まっている神子元でのダイビングの予定です。
後は海況次第ですので、今度こそいけると良いですね。


★DIVE: NO 363
★タンク:スチール10リットル 
★スタート時残圧200  エキジット時残圧80
★DIVE TIME 36分 IN 12:13 OUT 12:49
★水温:15度
★最大水深:21・0メートル
★平均水深:16・8メートル
★透明度:20~25メートル
★スーツ:ドライスーツ


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

<< イルカがいるから御蔵島にいこう展に行きました | ホーム | DIVE NO362 伊戸 沖前根 西ブイ~東ブイ >>


コメント

こんにちは~。
透明度抜群!魚影の濃さも抜群!
水族館のような印象を受けるポイントですね。
いままで自分も餌付けポイントにちょいちょい出くわしたことありましたけど、やっぱし餌付けは強いですね。
いままでは餌付けは不自然だからダメでしょって思ってましたけど、おいしいポイント多いんですよね~。
このポイント覚えきます。

ASSHIGONTA 様

こんにちは!
おっしゃるとおり、水族館みたいでしたよ!
私も餌付けは・・・と思っていたのですが、ここの場合は、定置網にかかった雑魚をえさにしているため、食物連鎖にそれほど影響がないので、その点は良いですよね。
ここまで大胆に餌付けが出来るのもうなづけます。
南国で魚に果物やパンを食べさせているのはちょっと・・・。
伊戸はご自宅からは行くのがちょっと大変かも知れませんが、機会があれば是非!

ありがとうございました♪

先日はありがとうございました。
ブログ拝見させていただきました♪
ドチザメはかっこ良くて、かわいいですよね!私も同感です(^^)
黒っぽかったり、グレーだったり、はたまた縞模様だったりと、いくつか体色を変化させますが、どうやらその時の気分っぽいです。 
因みにオスメスの見分けは、尻ビレの間からクラスパーという生殖器が2本ぶら下がっているのがオスで、メスにはそれがありません。 今度よく見てみてください、簡単に見分けられます! エイも同様です(^^)
またのお越しをお待ちしております♪
塩田

BOMMIE 塩田様

こんばんは!
こちらこそ、先日はお世話になり、ありがとうございました。
ブログに遊びに来ていただき嬉しく思います。
ドチザメはかっこ良くて、かわいい!本当にその通りです。
色でオスメスが分かるわけではなく生殖器なんですか!
ネコザメと同じですね~。
今度よく見てみます。
又サメに会いに行きますね~。これからも宜しくお願いします!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム