プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:563本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(9)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(28)
  ・カメ根(161)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(23)
  ・江の口(38)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

3月に行く与那国島について

今の会社に転職し、1年以上経過し、有給休暇も10日ほどあるようなので、2日ほど消化し、3/3(月)~3/6(木)の3泊4日で与那国島に行って来ます。

今までいた過去の会社3社とも有給は、インフルエンザやノロウィルスなどの病欠、もしくは、退職時しか使ったことがないので、なんとなく変な感じですが、わりと他の人も使っているようなので、思い切って有給を消化します。

冬になり、ハンマーヘッドシャークが、いなくなってしまっても神子元の海は大好きなので、勿論、定期的に潜りたいのですが、ちょっとハンマーが恋しくなり、行きたいな~とひとりごちていた所、サザナミマリンさんが実現してくださると言うので…。

平日休みで、オスロブ、バリもご一緒いただいた、Kさんがお付き合いくださるようですし、私の記念ダイブの時、2回ほどご一緒しているFさんもいらっしゃるというわけでツアーの催行は決定しております。

行程はこんな感じです。

3日(月) 6:25羽田発⇒石垣経由 11:20 与那国着
      着後2ダイブ
4日&5日 終日 3ボートダイブ
6日(木) 12:05 与那国発⇒那覇経由 16:20 羽田着

     
現地でお世話になるダイビングサービスは、与那国ダイビングサービス併設の民宿よしまる荘におじゃまします。

今からとっても楽しみ!!というわけで、与那国島について調べてみました。

まず何処にあるのかというと・…。
map_okinawa.jpg
東京より南へ2.000キロ、那覇からも600キロ南西の方向に位置します。
人口1,618人、面積28.88km、周囲27.49km、面積は小さいながら最高標高231.4mの山がある起伏の激しい地形も特徴の島です。

過去2回行ったことのある、石垣島から更に西に125キロ、台湾から東へわずか111キロの場所です。
日本最西端、また国境の島と言われているみたいです。
台湾が目の前なので、冬の天気の良い日に台湾の山並みが水平線上に見えることもあるそうです。
沖縄にちょっと潜りに!!というお気軽な感じの場所ではなさそうです。
与那国島行きの直行便も飛んでいないようですね。

波が荒い外海の中の孤島のため、昔は「渡難(どなん)」といわれるほど訪れるのが大変な島だったそうです。

南側の太平洋からは一年を通じて強い風が吹くため、島の南海岸は波で浸食され、断崖絶壁が多数あります。
また、与那国島の海は黒潮が直接ぶつかるので潮通しがよく、カジキのトローリングなどの大物釣りをはじめ、ダイビングではハンマーヘッドシャークの群れが見られる大物ポイントとしても有名です。
運が良ければ、初カジキ!!なんてことも夢ではないかもしれません。
(そんな所だけ物凄いポジティブですみません・・・。)

大きな地図で見る
島には3か所、中央北部に祖納(そない)、西部に久部良(くぶら)、南部に比川(ひがわ)と集落があり、今回は、ダイビングサービスのある 久部良に滞在です。

与那国島がどんな場所なのかなんとなく分かりましたので、次回記事で更に詳しく観光やダイビングに関して調べたいと思います。


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

<< 与那国島を走りたい♪ | ホーム | DIVE NO365 神子元 ハシゴ段 >>


コメント

与那国島ですか~いいなぁ~!
沖縄から乗り継ぎで行ったことが有ります
とっても、のんびりしていて人が馬より少ない(笑)

流れが早くて私は潜る勇気が有りませんでした
でも、海底遺跡が見たくって半潜水艦で見て来ました^^
また、ログ楽しみにしていますね♪

nohohon 様

こんばんは!
沖縄に良く行かれるだけあって、行ったことあるんですね~。
与那国馬がいるとかいてありましたが、馬のほうが人のほうが多いのですね。
自然が沢山の場所に個人的にあこがれるので良いですね。
海底遺跡が見れる潜水艦があるんですか!!
私は海況が問題ない場合は潜ってみたいです。

与那国、いいなぁ~♪

楽しんできてください!

海河童様

こんばんは!
初めて行く場所なのでどきどきですが、楽しんで来ます♪

いいですねー、与那国!
ハンマーや海底遺跡など、ワイド派にはたまらんでしょうね!
ダイビングもですが、ランニングも楽しそうですね♪

そういえば、「どなん」っていう与那国の泡盛(沖縄の焼酎)がありますが、
「渡難」からきてるんですね。
(飲まない方に、お酒の話題を振ってスイマセン^^;)



kinnikun_yui 様

こんにちは!
念のためマクロレンズも持参しますが、私のことなのできっと使わないかもですね。
時間があったら走りたいな~と思ってますが、面積の割に高低差がある地形みたいので、歩く感じかもです。
どなんっていう名前の泡盛があるんですね~。私は呑めませんがお土産に良いかもです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム