プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:540本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(7)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(24)
  ・カメ根(153)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(20)
  ・江の口(33)
・三ツ根(3)
  ・白根(8)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

DIVE NO370与那国島 赤土沖

3月3日の与那国島ダイビング2本目の記録でございます。
今思えば、この日はひなまつりだったのですね。
ひな祭りの雰囲気が全く感じられなかったので忘れておりました。

さて本題のダイビングですが、長い水面休憩をして、15:15に集合し、15:30に出航になります。
今回は、赤土沖でハンマー狙いです。

さて、張り切ってまいりますが、まずはハンマーウォッチングの仕方をレクチャーしていただきます。

まず、「くれぐれもハンマーが居ても突っ込まないように!!」とのことでした。
ハンマーを追ってしまうと逃げてしまうのは、私も百も承知ですが、神子元では、各チームある程度の場所までは、ダッシュをしているので、変な感じですが、追わずにガイドさんが見やすいように誘導をしていただけるので、指示に従ってくださいとのことでした。
追わずに止まっていると、ハンマーが安心するのか?戻って来てくれたりするそうです。
これは、神子元のAポイントの根待ちでハンマーを見る時も同じですね。ジッとしていたら一度いなくなっても戻って来てくれます。

それから、ハンマーはダイバーの泡が嫌いなので、あまりごぼごぼ吐かないようにしてくださいとおっしゃっていました。マンタをクリーニングステーションで見る時のように、息を止めるか、ちょろちょろ吐くのが良いのですね。

突っ込んでしまいそうな気持を押え、エントリーします。
P3038907(1).jpg
クラゲやサルパが目立ちます。
こういう時はサメが出そうな予感・・・。

ハンマーを探すガイドさんは、水深20~23Mの中層を泳いでいますが、同じ水深で潜るとDECOが出そうですし、肝心な時に深場に行けませんので、水深15M位をのんびりガイドさんの真上を泳いでいました。

右隣15Mくらい先には、サザナミマリンさんが浅場のハンマー探しです。

これは何と心強いことでしょう。

私は前方を見たり、真下のガイドさんを見たり、サザナミマリンさんをみたり、かなりキョロキョロ目を皿のようにして探します。

まず、サザナミマリンさんが1匹発見!ガイドさんの動きを見ながら、誘導に沿って並走するように泳ぎながら、写真を撮りましたが、写ってません・・・。

とりあえず見れたことに安堵しました。
P3038911(1).jpg
お魚が群れているとハンマーがいそうに思いますので、やはりキョロキョロしましたが、自分で見つけられず、2匹目は、ガイドさんが発見して指差す方向を見ながら泳ぎました。
今回はやや深い場所にいたので、深度を下げながら、シャッターを押そうにもピントが合わないので写真は諦めました。
肉眼では2匹ともしっかり見れましたが、写真に撮るにはちょっと遠かったです。
気のせいか??神子元のハンマーより大型に見えました。
ハンマーがいなくなったら、深場から避難し、水深を元に戻しました。

まあ単体でも2匹見れたので、良かったな~と思いながら、更にのんびり流して行きましたが、その後はサメには出会えずでした。

時間になり安全停止をします。
その間、特に何もいなかったですが、一緒に潜った他のショップツアーのチームのご年配のダイバーさん達が、安全停止で浮き沈みが激しく、引率のガイドさんも現地のガイドさんも総出で、浮かぶダイバーさんを沈めるのにお忙しそうで・・・。
その様子が気になりながらも、ハンマーがいないかの方が個人的に気になりました。
キョロキョロしていましたが、残念ながらいなかったです。
P3038918(1).jpg
まあ、初日から2匹も見れただけでもありがたいと思わないとですね。
時間になり浮上のサインが出ました。

何処までも広がっている、蒼い海には、本当に癒されました。
これぞブルーウォーターダイブという感じでした。

結局、写真は3枚しかありませんでしたが、ハンマーを見れたし、個人的にこのようなスタイルのダイビングはやっぱり楽しいな~と思いました。

エキジットした際の、サザナミマリンさんの水を得た魚の様ないきいきした笑顔が、楽しかった事を実感するきっかけになりました(笑)
サザナミマリンさんもハンマーが余程お好きなのでしょう。

こうして、初日のダイビングは終わりになりました。

民宿に戻って、お風呂に入ったら、18時からは夕食です。
P3038921(1).jpg
何かの葉っぱのサラダとおふの煮物?!長命草のお味噌汁、
P3038922(1).jpg
メインはビフテキです。
P3038923(1).jpg
私は呑めませんが、サザナミマリンさんとKさんがオリオンビールやボトルをいれて泡盛を楽しまれてました。
P3038924(1).jpg
とれたての生だこも出してくださって、これが新鮮でとてもおいしかったです。
よしまる荘のご飯は男性ダイバーさんが多いこともあり?!ボューム満点でした。

美味しくご飯をいただいたら、ロビーでログ付けをし、22時になると消灯なので、館内は静かになりました。

部屋に戻って23時位にはあれだけ寝たというのに、寝てしまいました。

こうして充実したツアー初日は終了となりました。

2日目のご報告は、次回の記事でさせていただきます。



★DIVE: NO 370
★タンク: アルミ10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 80
★DIVE TIME 30分 IN15:38 OUT16:08
★水温:22度
★最大水深:21・8メートル
★平均水深:14・9メートル
★透明度:20メートル
★スーツ:7mmツーピース


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

<< 与那国島の朝♪ | ホーム | DIVE NO369与那国島 海底遺跡 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム