プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:540本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(7)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(24)
  ・カメ根(153)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(20)
  ・江の口(33)
・三ツ根(3)
  ・白根(8)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

DIVE NO374与那国島 ヌルガン沖~赤土

4日の夜は、さっさと先に寝てしまったようですが、夜中に風が強まり、窓がガタガタ、風の音がビュービューで夜中に目が覚めたりし、3日目のダイビングが出来ないのでは??ととても心配でした。

雨風も強まり、やはり自分が低気圧女なのだな~と与那国島に来てまでも思い知りました。

そんな天気なので、なんとなく目が覚めてしまい、iphoneでひたすら与那国島の天気を検索、するとなんと波浪注意報が出てました。
北東の風12Mの予報なので、島陰でどうにか・・・と期待します。

もしかして海に行けないかも・・・と思いKさんと島内観光を調べてみたり、最悪の事態も考えました。

とりあえず朝食の時間になりましたので、食堂に行ってみると、サービスの入り口のホワイトボードに本日のダイビングの案内が書かれています。
ってことは出航出来るみたいです。
あ~良かった~とKさんとほっとしました。
P3059059(1).jpgP3059060(1).jpg
船が出ると分かり、安心して朝食を頂きました。
白身魚の西京焼きとお味噌汁の和定食は、美味しかったです。

前日から学生さんのサークルが2チームになりましたので、この日は、船はスリー号に乗ることになりました。
8:45出航に向け支度をしますが、現地ガイドさんのおっしゃるにはこの冬一番の寒さだそうで、東京から来た私たちも支度をしていても、寒く感じました。
ただ、東京の寒さとは比べ物になりませんが、伊豆で例えて言えば、10月末~11月上旬位にボードダイビングをウェットで頑張る!というところでしょうか。
水温も21度位、陸上の気温が18度位でした。
この日は都内も寒の戻りで寒かった様ですね。
ドライスーツで潜りたい位です。
私の場合、新しい7mm被りのツーピースなので、この寒さでも耐えられました。
伊豆のダイバーさんがロクハンで冬に潜っているのを見て、凄いな~と感心していたのですが、私も11月位までなら7mmツーピースで行ける??かもしれません。

時間になりましたので出航です。
このような海況なので船長とガイドさんがご相談の上、潜るポイントが決まるようです。
ざぶざぶで酔いそうですが、近い場所で一旦ボートを止め、ガイドさんがマスクをして、飛び込み、流れやサメがいるか確認します。
ここヌルガン沖より西崎に流していくようです。

3日目は、船が変わってもシニアダイバーの皆様とご一緒です。
その他にも、新たに加わったお一人でいらしている、男性ゲスト4名、女性のゲスト1名の方と総勢、13名のお客様と潜ることになります。
こんなに大人数で潜ったのは、平日ダイバーの私は、おそらく初めてかもしれません。
シーズン中の与那国島は、曜日に関係なく混み合っているのですね。

それでも、私はガイドさんの真上10Mを死守しようとしました。
ただ人数が増えたので、ガイドさんの真上の位置は、軽く場所取り争奪戦になることが多く、たまに離れたり水深上げたりして、他のダイバーさんとの接触に注意が必要です。

Kさんも気が付くと人の群れ?!に翻弄されている場面がありました。

何もない
P3059062(1).jpg
こんな感じの海の中をひたすら移動しましたが、1本目はすっからかんで何もいませんでした。

安全停止中も人に接触しないように気を付けながら、サメ探しをしますが、結局出会えずでした。
P3059064(1).jpg
これがスリー号です。
セブン号より小振りですが、時化には強いようです。
このようなお天気なのに、出航出来て良かったな~と浮上後海面の揺れで実感しました。

1本目は外してしまったので、2本目こそ・・・。
と期待しながら港に戻って休憩します。

続きは次回記事で・・・。


★DIVE: NO 374
★タンク: アルミ10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 90
★DIVE TIME 34分 IN8:58 OUT9:32
★水温:21度
★最大水深:21・7メートル
★平均水深:13・9メートル
★透明度:20メートル
★スーツ:7mmツーピース


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

<< DIVE NO375&376与那国島 ヌルガン沖~西崎×2 | ホーム | 与那国島を走りました。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム