プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:549本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(7)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(24)
  ・カメ根(159)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(21)
  ・江の口(34)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

滝でシャッタースピードを実感しましたが・・・。

11日金曜日はシフト休みでしたので、ミラーレス持って近所の有栖川宮記念公園にお散歩に行きました。

目的は、公園の中にある、滝での写真の練習です。

そこで、シャッタースピードの感覚をつかもうと思ったのです。

公園は、陽気が気持が良かったので、お散歩している方、ランチに来ている方、釣りをする方、絵を描く方など、平日の昼間の割に賑わっていました。

私は、目的の滝に向かって一直線です。
P4119663(1).jpg
今回の写真は全てシャッタースピード優先、ISOはオートにしています。

1/250秒
F5・6
ISO800

シャッター速度速いとしぶきが写りますね。

P4119666(1).jpg
1/3秒
F22
ISO200

手持ちの撮影なので、ちょっとぶれている感じもありますが、水の流れが面白いですね。

公園内の別の場所の滝も撮りました。
P4119692(1).jpg
1/400秒
F5・6
ISO500
P4119691(1).jpg
1/5秒
F22・0
ISO200

シャッタースピードの速い写真の方が、写真がシャープな印象な気がします。
また、遅い場合、光を入れる量が増えて、やや露出オーバーっぽくなるのかしら・・・。
なんとなく白っぽくなってしまいました。

何を撮るにしても、まだ感覚がつかめていないので、今の私には難しいです。

結局Pモードに頼りたくなります(泣)



★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 趣味・実用

<< 23年ぶりにSKID ROWのライブに♪ | ホーム | ログブックファイルを新調しました♪ >>


コメント

滝の写真といえば、シャッター優先で1秒くらいが標準だと思います。
でもそうすると、ISO感度を最低にしたとしても絞り値がこれ以上
絞れないくらいの値(F22とか)になって露出オーバーになって
しまいますよね。

そこで、NDフィルターというものを使います。光の量を1/4とか1/8に
してくれるものです。

でも、滝の写真や日食の写真以外ではNDフィルターはあまり使うことがないので、
代わりに1枚持っておくと何かと出番の多いPLフィルターを買って
使ってみましょう。

PLフィルターは海や空や木々の緑色を鮮やかにしてくれるものです。
旅行のパンフなんかの写真は間違いなく使ってます。僕のブログの
南国風景写真も100%使ってます(笑)

本来は色を鮮やかにするためのフィルタなのですが、光の量が1/2になるので、
滝の場合、PLなしだとF22以上になるところがPLありだとF16になり、
適正露出になります。プチNDフィルターとしても使えるってわけです。

PLフィルター買うなら、必ずサーキュラーPLとかC-PLとかを選んでください。
そうでないとAFが効きません。それとできるだけ薄いのを選ばないと、
ワイド時にケラれてしまいますのでご注意を。。
ケンコー Kenko 58mm PRO1 D ワイドバンド サーキュラーPL(W)

あと、シャッター1秒となると、三脚が必要ですが、デカい三脚は
嫌でしょうから、ミニ三脚をバッグにしのばせておくといいかも。
「ゴリラポッド」で検索してみてください。
三脚としてだけでなく、手すりや柱や木の枝に固定することができます。
一番小さいタイプので十分です。

ついでに、手ぶれを起こさず撮れるシャッタースピードは、
マイクロフォーサースの場合、1/(2×焦点距離)以上と覚えておくと
よいですよ。
きょんさんの14-42mmなら、14mmのときは1/28秒(1/30秒)以上、
42mmのときは1/84秒(1/100)以上です。
手ぶれ補正ONすれば、その半分くらいでも大丈夫かな?

水中だと手ぶれ補正は意味ないし、自分も相手も動くので、
よほど条件が良ければ1/60秒、そうでなければ1/100~1/200秒以くらいが
安心かな???


何度もすみません。

>結局Pモードに頼りたくなります(泣)
Pモードって、シャッターとか絞りの意味がわからない
ので完全にカメラにお任せってときに使うもんだと
思います。

滝の写真は、水の流れを表現したいのでシャッター優先
モードでいいと思います。
飛んでる鳥なんかは、動きを止めたいのでシャッターを
1/1000とか速めにしたいですよね。
→もしPで撮ったら撮影者のそんな意図はカメラは理解して
 くれないのでどんなシャッタースピードになるかわかりません。

記念撮影なら手前にも背景にもピントを合わせたいので
絞り優先でF8以上に絞って撮るでしょう。
ポートレートならうるさい背景はボカして顔だけにピントを
合わせたいので、絞り優先でF3.5くらいに開けて撮るでしょう。
→Pモードだとどんな絞りになるかわかりません。

水中なら、自分も相手も動くのでシャッターは
速くしたいし、絞りはワイドでは絞りたいけど
マクロではうるさい背景をボカしたいので開きたい
ですよね。
→Pモードだとハンマーを撮ってるのかウミウシを
 撮ってるのか、ちょこまか動くスズメダイや
 チョウチョウウオを撮ってるのか、ワイコンがついてるのか
 ついてないのか、カメラにはそんなことわかりませんから、
 どんなシャッター速度でどんな絞りになるかわかりません。

なので、Mモードでシャッターと絞りを自分で決めます。
そして、ストロボなしならISOオート、ストロボありなら
ISOを固定すれば、とりあえず自分の意図した感じで
撮れると思います。

ハンマー・イルカ・2m以上離れた群れ(ワイド)
 距離や速さに応じて1/80~1/200、F8以上、ISOオート、ストロボなし

すぐ近くをゆっくり泳ぐ群れ・カメ(ワイド)
 距離は1~2m、1/100、F8以上、ISO100~400、ストロボあり
 →ISOを上げると背景の青色が明るくなりストロボが弱くなります。

チョコチョコ動くベラやスズメダイやチョウチョウウオやハナダイ(マクロ)
 できるだけ寄って、止まった瞬間を1/100~1/200、F5.6~F8、ISO100~400、ストロボあり
 →SS、絞り、ISOは上記の真ん中あたりを基準に状況に応じていろいろ試してみてください。
 ISOを下げ絞ると背景が暗くストロボが強くなり黒貫き写真になります。

ハゼ・じっとしてるギンポ・ウミウシ・イバラカンザシ(マクロ)
 できるだけ寄って、1/60~1/100、F3.5~F5.6、ISO100~400、ストロボあり
 →絞りを開くと背景がぼけます。
  ISOを上げると青色が明るくなりストロボが弱くなります。

こんな感じかな???
だいぶイメージ湧いてきました???

のんべぃ様

こんばんは!
だんだん私の写真の先生みたいにいろいろご教示ありがとうございます。
滝の撮影の時、露出オーバーになってしまった理由が分かりました。
NDフィルターは4000円台で購入できそうなので、あると便利そうですね。
購入を検討したいと思います。
ケンコー Kenko 58mm PRO1 D ワイドバンド サーキュラーPL(W)
が良さそうです。
「ゴリラポッド」も便利そうなので小さいのを買ってみたいと思います。
手ぶれを起こさず撮れるシャッタースピードも暗記して覚えておきますね。
水中でも手ぶれ補正はONにしていましたが確かに、自分も相手も動くので、ぶれてしまいました。

のんべぃ 様

こんばんは!
まさに私がPモードで撮っていた時は、何もわからずお任せしていた感じなので、そこから抜け出したいので、やっぱりやめておくことにします(笑)
公園には野鳥もいたので、其のうち挑戦してみたいなと考えていたところでした。
1/1000でやってみたいです。
どんな写真を撮りたいかイメージしながら絞りを調整するのも大切ですね。
Mモードで慣れて行きたいと思いますので、設定のことをいろいろ教えていただき助かります。
自分の感覚でやると失敗しそうなので、参考にさせていただきます。
ブログのコメント見ながら設定している人を見かけたら私です(笑)
分かりやすい解説で混乱がだいぶ解消されて来ました。

こん○○は!

おせっかいですみません(笑)
なんか、きょんさんが苦労してる様子がひしひしと伝わってくるので、
ついつい。。。(笑)

ND(減光)とPL(偏光)は別物ですから注意してくださいね。
Kenko 58mm PRO1 D ワイドバンド サーキュラーPL(W)
で間違いなしです。

手ぶれ補正は、陸上でのプルプルとした震えをキャンセルするように
作られているので、水中では意味ないです。。。
(プルプルじゃないですもんね。)

いろいろ書きましたが、陸上(屋外)では、SモードかAモードの
出番が多いと思います。

ISOを200~400あたりに固定して、

(1)シャッター速度は気にしたいけど、絞りはあまり気にしないときは
 Sモード(絞りはカメラお任せ、ただし絞り開放になったらISOを上げる)

(2)絞りは気にしたいけど、相手が止まってるのでシャッター速度は
 どうでもいいときはAモード(シャッターはカメラにお任せ。ただし
 手ぶれするようならISOを上げる)

でいいと思います。

薄暗い室内や水中でストロボを使うときは、どうしてもMモードが中心に
なります。
なぜなら、露出を決める4つの項目(シャッター・絞り・ISO・ストロボ光量)
のうち、カメラが自動で調整してくれる項目を1つにしないと、
カメラがこちらの意図を無視して勝手に調整してしまい、
どういう設定になるのか予測が付かなくなるからです。

泳ぎはヘッポコですが、カメラ機材のことなら得意なので
気軽に聞いてくださいね~

のんべぃ様

こんばんは!
おせっかいだなんてとんでもないです。
かえってありがとうございます。
お陰様で混乱が少しずつ解消されています。
初心者向けのカメラ入門のサイトなども色々読んでみては、混乱し…の繰り返しでした。
> Kenko 58mm PRO1 D ワイドバンド サーキュラーPL(W)
を買ってみますね。
手ぶれ補正は確かに被写体も自分も動いてますのでカメラも対応が無理なのですね。
陸上でも色々撮ってみたくなって来たので、教えていただいた設定でやってみます。
水中写真は、Mモードの方が意図した写真が撮れるというのは、教えていただいて、なんとなく納得出来ましたので、少しずつ練習して行きたいです。
又いろいろ教えてくださいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム