プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:540本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(7)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(24)
  ・カメ根(153)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(20)
  ・江の口(33)
・三ツ根(3)
  ・白根(8)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

DIVE NO382 神子元 カメ根

4月25日の神子元ダイビングツアー2本目の記録です。

1本目は、普段の神子元の様な、がっつり泳ぐダイビングというより、緩い上げ潮の中、のんびりドリフトを楽しみながらというスタイルで、色々な生物も見れたので、新鮮で楽しかったです。

サザナミマリンさんは、物足りなかった??とおっしゃっていましたが、たまには、のんびり神子元の海で癒されるのも良いものです。

もともと、海の中でものろまな私は、マンツーで潜ると、多少攻めていく感じのサザナミマリンさんに付いて行くのは、いっぱいいっぱいなのです。

この日、初めて神子元に潜ったMさんも、他の伊豆でのダイビングと違うことが多く、驚きが色々あったそうですが、ダイナミックな海を楽しめたみたいです。
なによりも、魚まみれの海の中を泳いで行くダイビングに感激したのだそうです。

確かに、私の少ない経験の中でも、神子元のように、魚まみれの海は、珍しい気がします。
あまり遠い海やいろいろな場所に潜りに行かない私ですが、たまに行く南の海への遠征から戻って、神子元に潜ると、毎回やっぱりここは魚影すごいな~と感じるのです。

Mさんも、もともと、マクロ系のダイビングというより、地形ポイントや大物に興味があるダイバーさんなので、神子元のダイビングはハマってしまうかもしれませんね。

Mさんと温かいお茶をいただいたり、そんなことをお話をしたりしながら、沖待ちでの休憩時間を過ごしました。

さて、そろそろ時間なのでタンク交換をしようとしたら・・・。

なんと、私のタンクのバルブがありません・・・。

海の中で落としてしまったみたいです。

私の怪力のせいで、壊れてしまったのかな・・・。
潜る前はあったのに・・・。

神子元のガイドのTさんにバルブを工具で閉めていただき、無事にタンク交換出来ました。

お陰でエントリー、遅くなってしまい、ご迷惑おかけしました

皆様をお待たせするという迷惑をおかけし、ちょっとへこみましたが、気を取り直し、エントリーします。

1本目と同じ、カメ根の東の根からです。

エントリーすると、膝の水没が気になります。
膝が冷えるのです・・・。
しかも2本目の方が水温下がっているのか?寒く感じました。
それでも、気にしないで海の中を楽しみたいと思います。
P4259828(1).jpg
あまり綺麗な写真ではありませんが、タカベ、イサキが、まるでキビナゴの群れのようにびっしり群れています。
この時期は、タカベ、イサキの若魚も多く、小さめサイズのお魚が大群になっているのです。
タカベの若魚の群れは、肉眼で見ると本当に綺麗です。
P4259834(1).jpg
あまり写真撮ってなかったのですが、メジナや二ザダイの群れも立派です。
P4259838(1).jpg
地形と群れを撮りたかったのですが、写真が暗いです。
シャッタースピード:1/250秒
絞り:F10.0
ISO:200
もっとシャッタースピードを遅くし、ISOを高めにしたら良かったのかしら。
P4259947(1).jpg
もしかして、ミナミゴンべでしょうか。
オキゴンべもこういう体色の個体もあるようですので、確かではありません。
通りすがりに証拠写真を撮っておきました。

カンパチが遠くに3匹ほど見えましたが、追ってしまうと、皆様とはぐれそうなのであきらめました。
遠くから写真は撮ったのですが、全く写ってませんでした・・・。
後から聞く所によると、5匹以上はいたみたいです。
P4259850(1).jpg
2本目は、ひたすら、魚まみれの海の中をドリフトする感じで、時間切れになりました。

残念ですが、こんな時もありますよね・・・。

それでも、1本目より水温は下がったのですが、透明度は、ちょっと良くなっていました。

個人的には、お魚まみれの海の中に入れるだけで幸せなので、2本目は2本目で楽しめました。

冷たい膝が気になりながら、無事に安全停止を終え、浮上しました。

2本目は、そんなわけで、写真少な目なログになりました。

さて、3本目はどうなるでしょうか。

★DIVE: NO 382
★タンク: アルミ10リットル 
★スタート時残圧190 エキジット時残圧 70
★DIVE TIME 33分 IN 11:18 OUT 11:15
★水温:15度
★最大水深:29・2メートル
★平均水深:15・6メートル
★透明度:10~15メートル
★スーツ:ドライスーツ
★潮流:上げ潮



★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

<< DIVE NO383 神子元 カメ根 | ホーム | DIVE NO381 神子元 カメ根 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム