プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:561本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(9)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(28)
  ・カメ根(161)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(23)
  ・江の口(36)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

DIVE NO387 神子元島 三ツ根~白根

5月30日日帰り神子元島ダイビング、2本目の記録をしたいと思います。

この日は、沖待ち休憩になりましたが、べたなぎだし、気温は温かい日(というか、夏日)だったので、船上で寒さを感じず快適に過ごせます。
またに風が吹くと、ウェットなのでぶるっとする程度です。
そんな時は、風を通さない雨合羽を上半身の水気を良く拭いてから羽織ってしまえば、気化熱で冷えることもないので全く問題ないです。

今の時期、水温が20度以下なので、本当ならドライが快適かなと思いますが、7mmツーピースも意外に良い感じでした。
神子元_convert_20140531083808
本当に穏やかな神子元島です。
海遊社のガイドのTさんは、水面休憩中にスノーケルをされてました。
御姿は見えませんが写真撮ってみました。
海面のちょっとだけしぶきがあがっているところで泳いでいらっしゃいました。
私も、6月24日の利島のドルフィンスイムに備え、スキンダイビングの練習しようかとも思いましたが、後2本潜る予定でしたのでこの日は、体力を温存しておきます。

温かい麦茶やお菓子をいただいてのんびりしていたら、Yさんが支度を始められたので、私ものろまなので、タンク交換したり、少しずつ支度を始めました。
この日は、ベテランダイバーの方しかいらっしゃらなかったので、一番のろまで経験も少ない私が足を引っ張るのは嫌なのです。

さて今回は、ガイドのTさんが白根に入ってから、私たちは三ツ根からエントリーです。

基本的にSさんチームについていく方向で進み始めます。
ところが、私が最初から
P5300381(1).jpg
テングダイに気を取られていたら、あっという間に、ドリフトしながら皆さまが先に進んで行きましたので、チームが分かれてしまいました。
サザナミマリンさんと一緒にここからは別行動になります。
ごめんなさい・・・。
本当にゆっくり写真…と言っていられない感じでした。
P5300393(1).jpg
それでも目につくと撮りたくなるものの、流されながら、ライト片手にストロボなしなので、証拠写真しか撮れません。
P5300399(1).jpg
ライトでべラを撮るのは無謀です。
かといって、神子元で潜る時は、何が突然出るか分からないポイントなので、カメラの電源は海の中では入れっぱなしで、すぐに写真を撮れるようにしておくので、生物によって、設定変えたり、ストロボのON OFFさえ、わずらわしいことが多いので、ストロボは持って行かないことにしています。
P5300401(1).jpg
この日、なぜか、イラの若魚がたくさん目につきました。
小さいイラも中々可愛いです。
綺麗に撮れなくてごめんね・・・。
P5300402(1).jpg
鮮明に撮れませんでしたが、何かの大きめのお魚が小群れで泳いでいました。
P5300403(1).jpg
神子元は丸々肥えたお魚が多い気がします。ハコフグも大きいです。
この透明度も、浮遊物が多く、ダイバーの皆様には嫌われますが、海の生物にとっては大事な栄養なのでしょうね。
P5300406(1).jpg
ムカデミノウミウシ系??かと思って撮りましたが、魚の骨??でしょうか・・・。
なんだろ・・・。
P5300411(1).jpg
群れからはぐれた?!イサキです。
P5300415(1).jpg
白根エリアに行くと、タカベが群れ群れです。
若いタカベの群れも見れまして、とてもきれいでした。
根待ちしてしばらく群れを鑑賞しました。
P5300422(1).jpgP5300432(1).jpg
根につかまって見ていると、目の前をびゅんびゅん流れて行きました。

水面休憩中にYさんと「キビナゴの群れが流れ星みたいで好きだけど、神子元にいないですね。」など話していたのですが、神子元のタカベの若魚の群れも、キビナゴの群れに負けない美しさがありますね。
私のへたっぴ写真で伝わらないのが残念です。

タカベ鑑賞を終えたら水深をUPしていき、安全停止です。
窒素も結構たまっていました。

1本目と違って、流れのない場所での安全停止でしたので、落ち着いていられました。
安全停止中は、特に何も見れませんでした。
こうしてのんびりとした安全停止を終え、エキジットしました。
P5300434(1).jpg
2本目は、ちょっとしたフィッシュウォッチング感覚で楽しかったです。

常連のお客様は、途中からお1人になって、カンパチの群れに当たったそうです。

何ともうらやましいですね。

3本目で私たちも見れたら嬉しいのですが・・・。

その3本目の記録は次回の記事で・・・。

★DIVE: NO 387
★タンク: アルミ10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 70
★DIVE TIME34分 IN 11:21 OUT 11:55
★水温:18度
★最大水深:24・2メートル
★平均水深:17・6メートル
★透明度:7~10メートル
★スーツ:7㎜ツーピース
★潮流:下り潮・沖払い中~強

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< DIVE NO388 神子元島 白根 | ホーム | DIVE NO386 神子元島 カメ根 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム