プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:540本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(7)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(24)
  ・カメ根(153)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(20)
  ・江の口(33)
・三ツ根(3)
  ・白根(8)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

DIVE NO390 神子元島 三つ根~白根

6月14日の日帰り神子元ダイビングの2本目の記録です。

この日は、沖待ち3DIVEの予定でしたので、凪の中、のんびり水面休憩です。
温かい麦茶やお菓子をいただきながら、くつろぎます。
大きくて快適な290でのぜいたくなクルーズです。

平日神子元同盟?!を組んでいるYさん、神子元島&与那国島大好きなベテランダイバーのMさんと楽しく海のお話をしている間に時間は経過して行きます。

一言でダイバーと言っても、潜り方の嗜好、目的などブログやSNSを読んでいていろいろなお考えがあるな~と思うのですが、お二人の海の楽しみ方には、共感を覚えるところが多く、お話していても楽しいです。

今の私の嗜好と言うと、ちょいちょい沖縄方面、近めの海外遠征ダイブもして来ましたが、神子元、与那国島、バリのヌサペニダ、のようなダイナミックなポイントでドリフトを楽しみながら運が良ければ大物またはいろいろなお魚の群れが見たい!というところでしょうか・・・。

自分より経験豊富なダイバーさんとのお話は、色々勉強になりますし、行ったことのない海への夢も広がりますね。

ダイビング自体も楽しいですが、こういう海のお話をする時間もとても好きですね。

最近、興味が山にも出てきてしまい、趣味はハイキング方面に行ってしまうの??と自分でも戸惑っていましたが、やはり海かな…今はと思いました。

家庭の事情などでいつ潜れなくなるか分からないし、海には行ける間に行っておきたいですね。

ベテランのお二人がそろそろ2本目の支度を始められたので、置いてかれては大変!と思い、私もいまだに着るのにちょっと難儀している、7mmツーピースのかぶりを来ます。
一体いつになったら慣れるのか…(汗)
ただ、今まで使っていたドライスーツが臨終?!を迎えても水温16度に潜っていられるのは、このスーツのお陰ですから、感謝しないといけません。

2本は、1本目でもお魚びゅんびゅんだった三つ根からのエントリーです。
P6170908(1).jpg
1本目同様、イサキ、タカベに囲まれながらのドリフトです。
流れに乗り、飛んでいるような浮遊感がドリフトダイビングの楽しさです。
神子元のような流れのある場所で潜るようになると、感覚が麻痺するのか?!流れているほうがより楽しいと感じてしまうのです。
ただ、ここで気をつけないとならないのは、何も考えなしに流されると、とんでもない方向に一人で飛んで行ってしまいますので、へっぽこな私は、透明度が悪く、流れている状況では、サザナミマリンさんのそばを片時も離れないようにしています。
もっと経験を積んだら、少し距離を置いても、潮を読んで、根周りでの対応もうまく出来るようになるのでしょうけれど、今の私に、そのような技術はありません。

この日もぼーっとしていたら岩にぶつかるなんてへまをしました。
P6170916(1).jpg
流されながらも、ウミウシの卵発見!
神子元でウミウシの卵を撮るなんて、自分には中々レアな事をしています。
P6170920(1).jpg
1本目よりちょっと透明度良くなったかしら??
場所によって、12Mほど見えている場所もありました。
ただ水温は冷たい場所もたまにあり、冷え込む感じです。
P6170924(1).jpg
亀裂のような場所(すみませんどのあたりかわかりませんが・・・)にイシダイの大群!!
この日、普段よりイシダイが目につくなとは思っていたのですが、群れが見れるのは驚きです。
クチグロ(イシダイの老成魚)も混ざっているので、大家族?!なのでしょうか?
P6170931(1).jpg
写真では伝わりませんが20匹位いました。
ピント合ってないですが証拠写真として掲載しました。

イシダイの群れは、神子元のガイドさんいわく、レアな光景だそうです。
私も初めての経験で、この時間、寒さを忘れてしまいました。
イシダイの群れを見れたことに感謝ですね。
この様な予期せぬ出会いが、ダイビングの醍醐味だったりもします。
P6170935(1).jpg
亀裂周辺は流れが強い~。
岩をつかみながら進みます。
せっかくのカゴカキダイの群れも写真どころではなく・・・。
でも見れて嬉しかったです。
P6170940(1).jpg
テングダイ2匹もこの写真がいっぱいいっぱいでした。
P6170945(1).jpg
流れからはずれると、流れに逆らって泳いでいる大きなマダイがいました。

私にとって、なかなか手強い流れでしたが、安全停止になり小休止です。
は~なんか疲れたけど楽しかったな・・・。
P6170946(1).jpg
お天気は曇りですが、凪で水温が低くても適度な気温なので快適に潜れました。
P6170948(1).jpg
今日も出航ありがとうございます。

エキジット後に伺ったのですが、Sさんチームはワラサの群れを当てたようでした。
サザナミリンさんとちょっと悔しがりましたが、私にとってもレアなイシダイの群れやカゴカキダイの群れを見れたのが2本目の収穫でしたので、楽しめました。
3本目は、どんな出会いがあるのでしょう。
続きは次回記事で・・・。

★DIVE: NO 390
★タンク: アルミ10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 80
★DIVE TIME33分 IN 11:19 OUT 11:52
★水温:16度
★最大水深:21・4メートル
★平均水深:15・0メートル
★透明度:4~12メートル
★スーツ:7㎜ツーピース
★潮流:下り潮・じこみ

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< DIVE NO391 神子元島 白根 | ホーム | DIVE NO389 神子元島 江の口~カド根~三つ根 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム