プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:540本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(7)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(24)
  ・カメ根(153)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(20)
  ・江の口(33)
・三ツ根(3)
  ・白根(8)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

DIVE NO391 神子元島 白根

記憶の薄れないうちに17日の神子元ダイビング3本目の記録です。

2本目のダイビングを終え、3本目までの水面休憩も沖待ちになりました。

Mさんから美味しい水ようかんをいただき、それを食べながら麦茶をいただきました。
クーラーBOXに入っていたので、ひんやりして、上品なこしあんがとてもおいしかったです。
洋菓子より断然和菓子が好きなので、夏は良く自分でも水ようかんを食べるので、嬉しかったです。

この休憩時話題になったのが、フロートの打ち上げについてです。

この日、Sさんチームのベテランのお二人は、凪の海況を利用し、フロートを上げる練習をなさっていたようです。
安全停止中も穏やかなら良いですが、流れていたり、ダウンがかかっていると練習どころではないので、こういう日に練習するのは良いかもしれません。
1本目は、Yさん、2本目はMさん、大ベテランのお二人なら、難なく出来るのだろうな~と思うのですが、これがなかなか難しいそうなのです。
もちろんお二人は、私ほどへたっぴではないのですが、「思ったより難しい」「もっと上手に出来ると思った」とおっしゃっていました。

確かに、私もフロートは苦手で、今まで練習1回、ロストしてしまい、泣く泣く1回フロートを上げましたが、準備万端でやった1回目は事前にコツを教えていただき、完璧ではありませんが、なんとか出来ましたが、緊急時の2回目は、ひもなしのフロートだったこともあり、自分も打ち上がってしまうという大爆笑な失態をしています。

たまに、サザナミマリンさんが、他のお客様のフォローに入る時に「持っていて」と言われ、ただ持つだけでも浮き上がるような気がしてひやひやします。
毎回すんなりこなされているガイドさんは凄いな~と思っています。

これは、私にも練習しろってことかな??と思いましたが、あまりその時点ではやろうとは思っていませんでした。

休憩時間を終えて、3本目は白根に行きましょうというお話になりました。

船長さんからの情報で、神子元島の近くで釣りをされている方が、ハンマーヘッドシャークを釣ったというお話を伺いました。

その調査なのかな??ガイドのTさんは、カリト(Aポイント)に入って行きました。

一緒に入りたくなりますが、白根に移動しエントリーです。
P6170952(1).jpg
さて、3本目こそ、Sさんチームにはぐれないようにしないと・・・。
メジナの群れもそんなわけで付かず離れずの距離で撮ったらピントが合わないです。
沢山の群れで肉眼では綺麗だったのにな・・・。
P6170954(1).jpg
トビエイがいるのを教えてもらいました。
この時期の伊豆は、やはりトビエイを狙いたいものですね。
P6170965(1).jpg
神子元ならではの発育の良いイサキの群れも捨てがたいです。
P6170971(1).jpg
白根の綺麗な砂地にトビエイがいっぱいいます。
この写真だけで3匹いますね。
P6170973(1).jpg
トビエイなのに飛ばないのかな??と思いながら寄って行くと、すこしだけ飛びますが、またすぐ着底します。
P6170983(1).jpg
アカエイも近くにいました。
P6170984(1).jpg
着底しているトビエイに寄って行くと、前と同じように
P6170985(1).jpg
ちょっとだけ飛んで行くのですが、また砂地に・・・。
なんで飛ばないのかな??と思って図鑑で調べたら、私が無知なだけでした。
「トビエイ科の中では活動性が低く、海底でじっとしていることが多い」と書いてありました。
安良里のトビエイのように群れで泳いでいるものとばかり思っていました。
ちなみにこのトビエイ、成長すると黒班が出てくるそうですので、この日は成魚が多かったようです。
P6170988(1).jpg
カスザメも沢山いたようです。
上手に隠れているので、私は教えていただいた個体以外は1匹しか分からなかったです。
P6170992(1).jpg
今日は、エイにもサメにも尻尾を向けられることが多いようです。

そろそろ減圧が…ということで徐々に浅い場所に移動しつつ流して行きました。

安全停止に入りはじめるころ、MさんがBCのポケットからフロートを出し始めました。
今回も練習するのかしら?
と他人事のように見ていたら、なんと、サザナミマリンさんに私もやるようにと指示が・・・。
予期していなかったので、軽くパニックになり、どうやるんだっけ??
まずは紐を垂らして・・・って洗濯ロープなので、5Mくらいしかないのを忘れ、10M位から打ち上げようとしてしまいます。
サザナミマリンさんが水深を上げるように指示をするのですが、先ほど必死であれこれやっているうちに一度水深が落ちたみたいで、水深上げようとするとリバースブロックに苦しみます。

それでもちょっとずつ水深をあげて、いざエアを入れて…と思ったら、間違ってBCに空気を入れてしまったり、おもりも紐も手につかんだままフロートにエアをいれたりするありさまで、もちろん浮きますね・・・。
ようやくあわてて水深を下げて体制が整った?!感じです。

そんな様子を写真に撮っていただきました。
P6170999(1).jpg
ようやく一安心?!
と思ったら、ガイドのSさん、Mさんと私の3人でフロート持っているので、皆で凧揚げでもしているような、雰囲気で楽しかったのですが、私が余計な動きをしたため、ロープが絡まり・・・。
あわてて泳いで紐のからまりを解消しました。

こんなにてんやわんやの安全停止は珍しいです。
でもなんだか楽しかったかも・・・。
退屈してしまいがちな安全停止が短かく感じました。

フロートを3本も上げていたので、浮上したら、すぐ近くに290がいてくれました。
すぐにエキジットさせていただきますが、フロートをしまう余裕もなく、持ったまま上がりました。
その無残なフロートをTさんが綺麗に巻いて渡してくださいました。
何から何まで申し訳ございません。

帰りの船では、私の無様なてんやわんやの安全停止の話で盛り上がり?!ながら帰りました。
恥ずかしいです・・・。
もっとましに出来るかと思ったのに、とっさにやるとなると、本当にひどいですね。

船の上から、フロートの練習を見ていたTさんいわく、誰のフロートか分からないのですが、立ったり倒れたりしていたようです。
きっと私のフロートに違いないですね。

たまに海況の良い時に練習をしておかないと、一人で使う時や(あまり一人で使いたくはありませんが・・・)緊急時に使い物にならないし、持っている意味もないなと反省しました。

また練習させていただくことにします。
後2,3回やれば出来るかな?という気がします。
(本当かしら…)

3本目は、トビエイを沢山見れたし、フロートの練習も出来たし、個人的には良かったなと思います。
まあ、フロートの練習では、皆様にご迷惑をおかけしたと思いますが・・・。

あっという間に楽しい3本のダイビングが終わってしまい、名残惜しいですが、港に帰りました。

この日もちょっと帰りを急ぐので、クラブハウスに帰って器材を洗い、シャワーを浴びたら、早めに東京に帰ることにしました。
そのため、ログ付けと昼食は途中の休憩ついでに車の中で済ませましたので、色々間違っていたら申し訳ございません。

3週間ぶりの神子元はやっぱり楽しかったです。

さて次回の海の予定ですが、来週24日は、5月に中止になってしまった、利島クルーズです。

今度こそ、お天気、海況に恵まれますように・・・。
ひたすら祈ります。


★DIVE: NO 391
★タンク: アルミ10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 80
★DIVE TIME34分 IN 13:00 OUT 13:38
★水温:17度
★最大水深:25・5メートル
★平均水深:15・1メートル
★透明度:4~12メートル
★スーツ:7㎜ツーピース
★潮流:下り潮・じこみ

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< 火曜は利島ドルフィンと神子元ダイビング(^-^) | ホーム | DIVE NO390 神子元島 三つ根~白根 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム