プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:563本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(9)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(28)
  ・カメ根(161)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(23)
  ・江の口(38)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

DIVE NO392 利島 鵜渡根(うどね)島&神子元島でザトウクジラウォッチング

6月24日の利島でのダイビングの記録でございます。

利島では、ドルフィンスイムの後、ダイビングを1本潜ったら、神子元に帰るので、私にとっては利島のダイビングは1年に1本しか潜れない、ある意味レアなダイビングということになります。

ダイビング中にイルカが見れたりしないかしら??と期待せずには居られません。

ドルフィンスイムの後,少し休憩をしたらすぐエントリーすることになりました。
潜る場所は、ポイント名は特にないそうなのですが、鵜渡根(うどね)島の良い場所を探し、そこから潜るようなのです。
利島と新島のちょうど中間に位置する無人島が鵜渡根(うどね)島で、先ほどドルフィンスイムをしたのもこの島の周辺のようです。

290で場所を移動して場所を変えてのエントリーです。
申し訳ございません。どこら辺なのか謎です・・・。
エントリーしてみます。
P6241109(1).jpg
普段は流れの強いことの多い場所のようですが、この日は流れはあまりないみたいです。
エントリーする前に、どなたかが、過去にこの場所から銚子沖まで黒潮に乗って56時間漂流し、奇跡的に助かった、男性のお話を小耳にはさんでいたのでちょっとおびえていましたが、何とか無事に帰れそうです。
先週フロートの練習、ひどいながらもやっているし、大丈夫かと・・・。
そんなわけで、のんびり生物観察をしながらのプチドリフトです。
P6241112(1).jpg
丸々肥えたアオウミウシが転がっていました。
ワイドコンバージョンレンズ、外部ストロボなしなので、マクロを撮る気が全くない感じの写真です。
ウミウシ好きのダイバーさんごめんなさい。
P6241114(1).jpg
越冬したのかしら?ちいさなクマノミも元気に泳いでいました。
P6241118(1).jpg
神子元でも見られますが、スミゾメミノウミウシの群れ?!
それとも交接かしら?
この日はペアのスミゾメがちらほら見れました。
神子元でもたまにヤギに花が咲いたように、沢山付いていることがあります。
P6241120(1).jpg
海上から見える地形もダイナミックで良かったので、海中につながる地形も同じように見ごたえのある景観です。
P6241122(1).jpg
テングダイがいましたが、やや深めなので、神子元のために減圧的余裕を残すことにし、撮りに行くのはやめておきました。
P6241125(1).jpg
季節来由魚が黒潮に乗ってきたのかしら?この時期にツノダシがいるのです。
先ほどのクマノミと同じで、まさかの越冬でしょうか?
証拠写真ともいえないのですが、掲載しておきます。
P6241127(1).jpg
なぜ好きなのか?自分でも謎です。
イバラカンザシ畑に張り付きたかったのですが、ライトだけではきれいに撮れそうにないので、あきらめました。
利島のダイビングの時だけでもストロボ付けておけば良かったなとちょっと後悔しました。
富戸のショップツアーの皆様は、さすがにフォト派の方が多いようなので、利島のダイビングの時には、ちゃんとストロボを装着していらっしゃいました。

気がついたら安全停止の時間になっていたようで、サザナミマリンさんがフロートを取り出しています。
今回もフロートを上げる練習させてくれるのかな??と思ったのでちょっと残念ですが、他の方の手前、相当無様でみっともないのでやらないで良かったかもしれません。

安全停止中、足元を白っぽい影が横切ったのを私とスタッフのMさんは見たのですが、透明度の問題でいったい何がいたのかいまだに分かりませんが、もしかしてハンマーとかメジロとかイルカだったのかな??と思っています。

そのほか、写真には、写ってないですが、エイが見れたり、オジサンの群れ、タカベやイサキの群れ、二ザダイなどなど神子元でもおなじみのお魚も多かったです。
他のグループは、カメにも遭えたようです。
ドルフィンスイムの時も写真には残せなかったですが、カメを見たので、利島の周りには何匹かいるのですね。

普段潜らない海なので、色々新鮮で楽しかったです。
P6241132(1).jpg
利島&290を撮ってみました。
P6241133(1).jpg
鵜渡根(うどね)島かな??たぶん・・・。
個人的に陸上でも岩場好きだったりもするので、切り立った岩場のあるこの島は格好良くて好きになりました。

ダイビングを終えたら、利島に上陸してのランチです。
P6241135(1).jpg
せっかく上陸出来ましたので、海から個人的に島の山に咲いているオレンジの花が気になったていたので見に行くと、オレンジ色のユリでした。
山一面に咲いていてとても綺麗でした。
P6241138(1).jpg
景色も良い感じです。

買っていったパンを2個食べて昼食休憩です。
海の上はウェット着ていると肌寒いこともありましたが、陸上でロングジョンの上に雨合羽の上着を着ていると暑いくらいでした。
身体が温かくなると眠くなるのかしら?!Kさんはうとうとされていました。

時間になりましたので、神子元島に向かうことになりました。
P6241139(1).jpg
さようなら利島!また来年も来れると良いですね。

利島から神子元まで凪の状態なので40分くらいでしょうか?
島に近づくと、船長さんのアナウンスでザトウクジラが出た!!と教えていただきます。
デッキに駆け上がって見ると、本当にブリーチングをしているのが見えます!
しかも何度もです。
船上は大騒ぎになり、ガイドのSさんがスキンで行こう!!とのことになり、大急ぎでウェイトをつけ、スキンの装備でラダ―に集合します。
そこでしばらく様子をみていました。
せっかくなので自分でも写真に残そうとしますが、
P6241149(1).jpg
ブリーチングのタイミングや出てくる場所を予測しての写真撮影は難しく、私が撮れたのはわずかに尻尾の端だけです。
昨日もご紹介した、海遊社のTさんの写真が凄かったです。
ご興味ある方は、この日のログをご覧になっていただければと思います。

思いの外、ザトウクジラが豪快にブリーチングを繰り返すので、スキンで入ると、子供のザトウクジラといっても全長10Mはあるだろうと思われますので、水底に沈められる危険性もあるのと、どこにいるのか潜ってしまうとすぐに分からなくなるので、水面で観察したほうがよいということになり、デッキに上がり見ることになりました。

見えなくなるまで、みんなで歓声を上げながら観察出来ました。
本当にこの感動は一生忘れないでしょうね。

現地のベテランのガイドさんでも初めての経験だそうで、神子元では、まだまだひよ子のような私なんぞが大変貴重な体験をさせていただき恐縮です。

2011年のいい夫婦の日(11月22日)にマッコウクジラの群れを利島の手前で見た時も大興奮でしたが、どちらかと言えば、ザトウクジラのほうが、めずらしいようです。

神子元が奇跡の海と言われるのはこういうことがあるからなのでしょうね。

興奮冷めやらないままですが、ダイビング中の遭遇に期待し、早々と神子元を潜ることになりました。

利島のログのはずが、ザトウクジラの出現で、趣旨が変わってしまいましたが、神子元ダイビングの記録は、また次回の記事で・・・。

★DIVE: NO 392
★タンク: アルミ10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 90
★DIVE TIME31分 IN 11:07 OUT 11:38
★水温:19度
★最大水深:24・3メートル
★平均水深:16・9メートル
★透明度:5~12メートル
★スーツ:7㎜ツーピース
★潮流:弱

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< 6月24日の神子元島で見たザトウクジラの動画です♪ | ホーム | 利島ドルフィンスイム >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム