プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:540本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(7)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(24)
  ・カメ根(153)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(20)
  ・江の口(33)
・三ツ根(3)
  ・白根(8)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

高尾山6号路から山頂まで

猛暑になっている中、25日は高尾山に登山に行って来ました。

30年ぶりに登山をする相方と一緒なので、この日は、ゆる登山にするつもりでした。
私も20年ぶりの高尾山、当時はまだ学生で、今では考えられない軽装でケーブルカーを使い、1号路で登り、そのまま、1号路で戻り、リフトでふもとに降りたような気がします。
もしかして?!行きがリフトで帰りがケーブルかな?!そんな感じであまり記憶も定かではありません。

計画を立ててからは、そのため楽しみにいろいろ調べておきましたので、準備万端です。
今回はケーブルカーを使わないで、6号路で山頂を目指し、4号路で下山し、途中から1号路でふもとに行く計画でした。
6号路でイワタバコを探すのと、4号路でつり橋を渡るのが楽しみでした。

予定より早く起きれたので、食料、行動食、500MLのスポーツ飲料と水を各1本ずつ、ミラーレス一眼、着替え、タオル、雨合羽上下、トレッキングポールなどなど、割としっかりした装備で7時半過ぎに自宅を出ました。

渋谷から、京王井の頭線で明大前に行き、そこから京王線で北野でのりかえ、高尾山口に9時過ぎに到着です。
トイレで相方が着替えたりしているのを待ちながら、売店で、天狗黒豆饅頭を1個105円で購入します。
駅の売店では、ハイキングに必要なリュック、帽子、ウェアなどや、お弁当、お土産など、色々なものが売ってました。
P7251724(1).jpg
駅の外にも広めのトイレがあり、設備も充実しています。
さすが人気の山ですね。
平日なのに、ハイカーやトレイルランナー、観光客の方が沢山います。
土日はかなり混雑するのでしょうね。
P7251725(1).jpg
駅前を流れる案内川は水量が少なめ?!に思います。
この川に沿って登ることになるようです。
P7251727(1).jpg
お土産屋さんと食堂が並ぶ商店街もありました。
商店街には寄らず、そのままケーブルカーの清滝駅に向かいます。
P7251729(1).jpg
古くから修験道の霊山だったこともあり、神社や祠、地蔵尊等がいろいろな場所にあります。
P7251730(1).jpg
今回はケーブルカーに乗らないので、駅の左側の舗装道を進んで、6号路の登山口に移動します。
P7251732(1).jpg
この登山道は稲荷山コースから山頂に行くため、今回は通りません。
P7251733(1).jpg
ちょうどケーブルカーが発車するところでした。
9:40発なので、私たちもその時間から登りはじめることになりました。
P7251735(1).jpg
いろいろお花が気になって、中々前に進めない感じです。
P7251736(1).jpg
ヤブミョウガかな?!図鑑とにらめっこしますが、はっきりわかりません。
P7251737(1).jpg
こういう黄色いお花が一番図鑑で探せません。
P7251738(1).jpg
タマアジサイのつぼみがいっぱいです。
9月まで高尾山では種類の違うアジサイをその時々で楽しめるそうです。
P7251739(1).jpg
いろいろ登山道入り口です。
P7251740(1).jpg
なぜかホラ貝を吹きながら登っていく若者カップルが・・・。
しかもビーサンで登るみたいです。
6号路はそれなりのトレイルなのですが・・・。
P7251742(1).jpg
うるさいので、しばらくその若者が遠ざかるのを待つことにしました。
P7251745(1).jpg
霊山だけあり、色々なところに祠があります。
P7251746(1).jpg
多摩川の源流の1つとも言える「前の沢」沿いを歩くコースなので夏場はさわやかで良いですね。
暑くなると川の水に手を入れて涼むことも出来ます。
P7251749(1).jpg
洞窟みたいなところにも石像がありました。
お参りして山道に戻ります。
P7251750(1).jpg
ダイバーなので水が好きなのか?!ちょいちょい河原に下りて寄り路してしまいます。
P7251753(1).jpg
東京でトカゲを見るとちょっとぎょっとしますが、高尾山のトカゲは色がきれいなので、可愛く見えてしまいます。

だんだん水の音が激しくなり、滝が近いことが分かります。
P7251755(1).jpg
目的地のびわ滝に到着です。
遠くから滝の音を聞くと琵琶の音に聞こえると言われているようです。
P7251756(1).jpg
それなのに、見たかったイワタバコを発見し、そっちを優先して、
P7251758(1).jpg
写真を撮ってしまいます。
湿った岩壁に着生するお花なのでなかなか見る機会はありませんので、テンションが上がりました。
P7251759(1).jpg
さて肝心の滝ですが、これから滝行をなさる女性が、お堂の中にいらっしゃいました。
P7251760(1).jpg
夏は良いですが、冬の滝行は辛いでしょうね。
P7251766(1).jpg
滝の近くにイワタバコが綺麗に咲いていたのを、別の場所で発見し、写真を撮っておきました。
P7251768(1).jpg
最初スニーカーで高尾山に登ろうとしていた、相方に、誕生日プレゼントでトレッキングシューズを買ってあげました。
予想していた通り、スニーカーで登るのは、ちょっと大変な山道だと思います。
買って良かったかもしれません。
高尾山をなめてはいけないと、良く言われますが、立派な山なのです。
1号路以外は、未舗装の山道らしいので、足元はしっかりした靴が良いみたいでした。
P7251770(1).jpg
沢山自生している、このふわふわの綿毛のお花が興味深かったです。
見かけない植物が沢山あり、それを見ながら登るので疲れも半減です。
P7251773(1).jpg
お花を観察しながらさらに登って行きます。
P7251774(1).jpg
途中ベンチが何箇所かありますので、そこで小休止です。
P7251775(1).jpg
先ほど売店で買った天狗黒豆饅頭をいただきます。
いわゆる、かりんとう饅頭という感じで、おいしかったです。

夏休みなので家族連れで登っている方も多く、川に入って遊んでいる子もちらほら見かけました。
P7251779(1).jpg
相方も疲れて来たみたいですし、たまに山道の細い個所もあり、滑りそうなので、慎重に進みます。
少しでも疲れをためないほうが良いかな?!と思い、トレッキングポールを一人1本ずつ使って進むことにします。
P7251780(1).jpg
大山橋に到着です。
P7251781(1).jpg
想像していた橋よりはるかに小ぶりでした(笑)
P7251784(1).jpg
ところどころに大きな岩があります。
ひそかに岩好きのようで写真を撮っていることが多かったです。
P7251786(1).jpg
こんな切り立った岩もあります。
P7251789(1).jpg
湿度のあるコースなのでキノコもいろいろ見れました。
P7251791(1).jpg
清流の中の飛び石を進む場所まで来ました。
水かさがないので、落ちても平気そうですが、滑らないように慎重に・・・。
ここが一番涼しく感じました。
P7251793(1).jpg
飛び石が終わって山道になると、またキノコを発見です。
P7251795(1).jpg
山頂まではひたすらな感じの階段が・・・。
P7251797(1).jpg
キノコに癒されながら登って行きます。
だんだん暑くなってきました。
P7251798(1).jpg
もうすぐ山頂と言うところで、都内ではすっかり季節が終わっている、ホタルブクロが咲いていたり、
P7251799(1).jpg
オオハギボウシが咲いています。
やはり標高があると、花の季節もちょっとずれているのですね。
P7251800(1).jpg
このお花は、まだつぼみなのでこれから咲くみたいです。
P7251805(1).jpg
ヤマハッカかしら??写真撮るのにピントが合わず苦戦しました。
P7251807(1).jpg
ヤマユリがきれいに咲いていました。
やっぱりユリの花はいいですね。
P7251808(1).jpg
寄り道しながら、11:54に山頂に到着です。
2時間ちょっとかかってしまいました。
寄り路が多いのと、一人で歩くわけではないので、のんびり登っていたみたいでした。
初登山の相方と一緒だったことを考えたらまあまあのペースなのかもしれません。
相方もランニングを始めましたが、使う筋肉がちょっと違うので疲れたようです。
P7251809(1).jpg
山価格なので仕方がありませんが、売店で180円もする冷たいお茶を買って、おにぎりタイムにします。
痛むのがこわかったので、お酢を入れて炊いたご飯で作った、ゆかりと梅のおにぎりと塩じゃけのおにぎり、つぼ漬け、ブラックチェリーと御岳山で買ったスモークチーズを保冷材を入れ、持参しました。

暑かった割に保冷されていたので、安心して食べることが出来ました。

ベンチのそばには水道もあり、お絞りは使わないで済みました。
6月に行った、尾瀬より高尾山のほうが設備は整っている印象です。
P7251810(1).jpg
休憩していた場所にもキノコが沢山生えていました。
P7251812(1).jpg
この場所で記念撮影している方が多かったです。
P7251813(1).jpg
おにぎりを食べ終わったら、山頂の景色を満喫しました。
この日は、あいにく、富士山もスカイツリーも見えなかったです。
P7251814(1).jpg
それでも雨降りの御岳山の時より見えているので、個人的には満足かな?!
P7251818(1).jpg
めったに自分から写真に写らないタイプですが、相方が無理やり撮ってくれました。
海で一緒になったり、ご存じの方には、ばれてしまいますが、帽子もラッシュパーカーも海でよく着ているものです。
そのほかの着ているものも、靴と靴下以外、ランニングのものです。
いろいろ使いまわしてハイキングにかかる初期費用は、なるべく抑えています。
なんにしても趣味はお金がかかりますね。
その点、高尾山は、自宅からの交通費も片道600円なので、気軽に登れる山なのが嬉しかったです。
P7251819(1).jpg
そろそろ下山することにして、4号路で下山口に向かいました。
下山の前には、神奈川方面の眺望が楽しめました。
さて、名残惜しいですが、いよいよ下山を開始します。

長くなりましたので、下山の記録は次回の投稿に続くことにします。


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< 高尾山 4号路から2号路で下山しました。 | ホーム | 海の中で遭いたいお魚を食しました。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム