プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:538本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(56)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(7)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(24)
  ・カメ根(153)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(20)
  ・江の口(33)
・三ツ根(3)
  ・白根(8)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DIVE NO402中木 塔島

今年は、台風の影響で、夏なのに思うように海に行けていませんが、19日にようやく潜れました。
ブログの記事も野花や山ネタばかりになり、海に恋してないではないか??と思われても仕方がありませんね。

久しぶりに海のお話を書けることに喜びを感じております。

さて、今回も行先は南伊豆ですが、神子元のちょっと先の中木と言うポイントまで行って来ました。

29日まで、神子元はお預けになっておりましたが、どうしてもそれまでにどこかで潜りたかったので、サザナミマリンさんのツアー予定を見ていたら、19日火曜日が中木になっていたので、参加してみることにしました。

中木の朝は、神子元よりゆっくりめの6時集合です。
普段4時半起き、5時10~30分渋谷出発に慣れていたので、なんだか楽に感じます。

バリ島でご一緒になったIさん、まだ初心者だとおっしゃるKさんとの3人での旅になりました。
全員女性なので、行きの車から、さっそく意気投合し、盛り上がりながら、4時間の道のりはあっという間に感じました。
P8192410(1).jpg
道中の景色もしっかり楽しませていただきました。
小田原あたりを通過している時に、秋の空っぽく富士山がくっきり綺麗に見えていましたが、山頂に雪はなさそうでした。
P8192413(1).jpg
夏休みと海水浴シーズンも終盤かと思いますが、朝から白浜海水浴場は若者でいっぱいです。
お陰で車の数も多いような・・・。
P8192417(1).jpg
車窓から、神子元島が見えました。
見てしまうと、今すぐ神子元に飛んでいきたい欲求に駆られましたが、今日は中木を楽しみます。
P8192421(1).jpg
中木のポイント、塔島が見えてきました。
到着はもうすぐです。
やっぱり南伊豆は陸の雰囲気がなんともいえなく良いのです。

到着すると、4年前の5月に来た時は、人が少なく、ほぼ貸し切りでしたが、この日はスノーケリングや海水浴をヒリゾ浜で楽しまれている方で沢山の方がいらしてました。
駐車場は、満車ですが、ダイビングの予約をしているので問題なく入れましたが、夏期は駐車代1000円をお支払いすることになっているようです。

南伊豆の秘境のはずなのですが・・・。
これだけ平日なのに賑わっているなんて驚いてしまいました。

器材の支度をしているだけでも気温が29度、太陽の光も強く、かなり暑く感じして、汗が出てきます。
早く水に入りたくなりますね。

さっさとサービスの3階のシャワールームで7mmのロングジョンを着て港に向かいました。
P8192424(1).jpg
ヒリゾ浜への渡し船は毎回ほぼ満員です。
こんなにスノーケラーの方がいるのは、海外リゾート並みではないでしょうか?
どうも、中木は、ダイビングより、スノーケルの方が有名みたいですね。

港でブリーフィングも終え、船の上にご用意いただいているバケツの水だけで7mmかぶりの上着を着るのに四苦八苦していたら、船長さんが見かねてラダ―を出して、水に入りながら着れるようにしてくださいました。
その時に、覚悟はしていましたが、海水の冷たいこと・・・。
港だから冷たいのかな?と良い方向に考えることにしました。
暖かくて気に入っているツーピースのウェットなのですが、こんな感じで中々着れない時に、ペラペラの5mmにしたら良かったかな・・・と思うのです。

着ると一気に暑くなりますので、さっさと塔島に入ることにいたします。
P8192426(1).jpg
塔島に到着する頃にレンズが結露していました。
よほど暑いのですね。

バックロールでエントリーし、黄色のブイからロープ伝いに潜行するのですが、透明度5Mないのかな?ロープ見えないし・・・。

ようやく探しあて、ロープ伝いに潜行して行きます。

深い場所でひやっとする場所に来たら視界が晴れました。
透明度が冷たい深場は15Mはあったと思います。
皆様がそろったら水中散策開始です。
P8192428(1).jpg
ふわふわの綺麗なウニのようなものがいました。
P8192433(1).jpg
私の好きなイバラカンザシが沢山います。
でもワイドコンバージョンレンズだしな・・・。
P8192436(1).jpg
クローズアップレンズも持っては来ていますが、地形を楽しみたいしこのままで良いかなと考え、取り換えはしませんでした。
P8192437(1).jpg
オーバーハングに入ってみたら、
P8192442(1).jpg
ネコザメの赤ちゃんよりちょっと育った感じの若い個体がいて可愛かったです。
P8192445(1).jpg
コイボウミウシは自力で発見しました。
ウミウシ見ていると身体が冷えるかも・・・。
P8192448(1).jpg
このポイントは、こういったダイナミックな自然景観も魅力です。
P8192450(1).jpg
その間にテングダイもちらほら見かけました。
P8192451(1).jpg
透明度が良かったら、地形ももっと楽しめるのですが・・・。
P8192458(1).jpg
キンギョハナダイのオスがなぜか群れています。
P8192462(1).jpg
オオナガレハナカンザシです。
こういうケヤリやイバラカンザシと同じゴカイの仲間は案外好物らしく、写真を撮りたくなってしまいます。
P8192481(1).jpg
神子元でも良く見かけますがニシキベラの群れです。
P8192482(1).jpg
チョウチョウウオのペアが撮りたかったのですが、キンギョハナダイにまぎれてしまいました。
P8192484(1).jpg
イサキの群れもキンギョハナダイに・・・。
P8192487(1).jpg
キンチャクダイは邪魔されなかったみたいです。
P8192493(1).jpg
そろそろ安全停止と言う時にクチグロが登場しましたが、やはりキンギョハナダイで良く見えず・・・。
P8192494(1).jpg
安全停止中は、うねりの中、根周りで、イシダイや
P8192497(1).jpg
イシガキダイ等を観察しながら退屈しないで過ごせました。

安全停止を終え、浮上しました。
P8192505(1).jpg
空は蒼いのに、海は透明度、水温とも低かったです。
それでも、普段なかなか縁遠い、まったりのんびりのダイビングでしたので、新鮮で楽しかったですし、お陰でいろいろ生物を見れたのが嬉しかったです。
P8192507(1).jpg
ボートはコンパクトでしたが、今回は貸し切りだし、広々していて、とても使いやすかったです。
デッキのお掃除も行き渡っているので、綺麗で気分が良かったです。

順番にラダ―でフィンをサザナミマリンさんが脱がしてくださって、そのままラダ―を上がるエキジットスタイルでした。
ボート上では、船長さんのサポートもあり、心強かったです。

水は冷たかったですが、綺麗な自然景観やいろいろなお魚を久しぶりにのんびり見れて楽しかったです。

さて2本目はどこのポイントに行くのかしら??

港に戻って相談です。
2本目のご報告は次回の記事でさせていただきます。


★DIVE: NO 402
★タンク: スチール10リットル 
★スタート時残圧190 エキジット時残圧 80
★DIVE TIME 37分 IN 10:55 OUT 11:32
★水温:17度
★最大水深:22・8メートル
★平均水深:15・3メートル
★透明度:4~20メートル
★スーツ:7㎜ツーピース
★潮流:上げ潮

★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< DIVE NO403中木 2本目も塔島 | ホーム | 初めての上高地★河童橋~明神池~河童橋編 >>


コメント

きょんさん、こんにちは。
キンギョハナダイのオスが、群れを作る時は
キンギョハナダイの個体数が、多い時らしいですよ。
弱いオスが、ハーレムを作れず、かと言って
1匹では、生きていけないので、弱いオスが集まって
群れを、作るそうです。
Oつがいも、先日の伊豆夏合宿で、初めて知りました。
O夫

きょんさんの海ブログはきれいに時系列なので、一緒に潜って
同じように観察している気持ちに、いつもなりますe-446
Oつま

Oつがい 様

こんばんは!
> O夫様
キンギョハナダイのオスが群れているのは、そのような理由があったのですね~。
それでは、この群にいる個体は、ちょっと警戒しながら泳いでいるのかしら(笑)
オスの個体ってとても綺麗なので、群れているのを見ていて癒されました。
知らなかったので、勉強になりました。
教えていただきありがとうございました。

> Oつま様
そんな風に仰っていただけて嬉しいです。
余計なお話も多いのですが、その時感じたことを記録したくて書いてしまいます。
Oつがいさんのブログも、いつも一緒に行動している感覚で、楽しく読ませていただいています^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。