プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:540本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(7)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(24)
  ・カメ根(153)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(20)
  ・江の口(33)
・三ツ根(3)
  ・白根(8)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

棒ノ嶺ハイキング1

22日は、海ではなく、埼玉にある、棒ノ嶺(棒の折山)にハイキングに行って来ました。

家を7時に出発し、埼玉県飯能駅を目指します。
自宅からですと、池袋から西武池袋線で1本でアクセス出来ます。
飯能駅で、国際興業バスに乗り換え、河又名栗湖バス停に行くのが、電車のない私の現地までのアクセスです。
P8222624(1).jpg
ところが、最近山友になった方が、御厚意で車を出してくださり、飯能駅からの送迎をしてくださるということで、飯能駅で、Kさん、Hさんと待ち合わせし、さわらびの湯バス停まで送っていただきました。
平日の場合、このバス停に止まらないようで、1停留所分歩くことになったため、楽させていただけて、有難かったです。

名栗湖入口駐車場(無料駐車場)で登山準備を済ませます。
P8222626(1).jpg
駐車場には、休憩所やトイレがありました。
ペットボトルの水も普通のお値段で購入できます。
なお、今回歩くコースはトイレも、水飲み場も、売店も茶屋も何もありません。
高尾山のような観光地風の山ではないので、登山で使うものは、緊急時の物も含めすべて持参です。
そんなわけで荷物も重いですが、3人でいざ出発です。
私だけが登山初心者、へこたれずに付いて行けるかしら・・・。
P8222627(1).jpg
この日は、熊谷の最高気温の予報が35度です。
天気が良いのでお日様も降り注いで暑くなりそうです。

まずは有間ダムに到着です。
P8222629(1).jpg
暑いな~と思っていましたが、秋の風を感じ、さわやかな気持ちになれる場所です。
P8222632(1).jpg
10分くらい歩いたら白谷沢コース登山口に到着です。
今回から、やまきふ共済会という、山岳保険に入ったので、登山計画書を出すとより大きな保証が得られるそうで、作成した登山計画書を登山口にあるポストに投函しました。
さていよいよ登山開始です。

この時点で標高331M、棒ノ嶺山頂は、969M。
大した標高差ではないな~となめていました。
ところが、後から分かったのですが、累積標高(上り): 1191m累積標高(下り): 1175m と言う初心者向けの山ではなかったみたいです。
そうとは知らず、登り始める私です。
Kさん、Hさんはベテランさんなので御存じだったようですが・・・。
どこに行っても良く喋る私ですが、息が切れながらも話しながら歩いていると、水のせせらぎが・・・・。
P8222639(1).jpg
沢が見えてきました!
沢に着くまでに汗だくで蒸し暑かったのですが、沢沿いは体感温度が3度くらい違う気がします。
とっても涼しいです。
P8222646(1).jpg
水量が多くて、登るのを断念することもあるコースですが、今回はちょうど良いのかな??
たまに渡り石がなく、水に靴を入れないとならない場所もありますが、足が濡れる水深にはならないです。
つかっても5センチくらいですね。
P8222647(1).jpg
間違えて登山道を外れる方が多いようで、何箇所か、注意書きがあり、助かります。
P8222648(1).jpg
これも注意書きです。
沢沿いは、登山道がはっきり分からないので、危険個所は知らせてくれますので安心です。
P8222651(1).jpg
立ち入り禁止の印なのでしょう。バツになっている木の標識です。
P8222653(1).jpg
途中景色の良い場所で写真を撮ったり、休憩をしたり、のんびり沢登りを満喫します。
夏の登山は、低山の場合、やっぱり沢沿いが涼しくて良いですね。
天然のクーラーです。
P8222656(1).jpg
こういうリボンは、登山道ですよ‼の目印だそうです。
Kさんが教えてくださいました。
P8222657(1).jpg
これが噂のゴルジュ(狭く切り立った岩壁に挟まれた谷)です。
ところが、楽しさのあまり、手前に現れるゴルジュの写真を撮り忘れ、振り返ったところです(汗)
振り返るとなんだかんだ言いながら登ってきたな~と改めて喜びが・・・。
P8222662(1).jpg
ミニ滝つぼで行水したかったですが、手を入れてみたらかなり冷たそう。
体感水温15度くらいかしら??
ウェットスーツがないと無理かも・・・。
P8222663(1).jpg
どこに足を置くか、考えながら登るのも中々楽しいですね。
P8222664(1).jpg
来る前から、緊張していた、初めての本格的鎖場体験です。
(御岳山はロープとはしごだったので)
鎖に頼らず、基本的に自分の足で登り、あくまで補助と考えること・・・など登山入門書に書いてあります。
自己流ですが、慎重に、ほぼ四つん這いで登って行けば大丈夫でした。
P8222666(1).jpg
またまた注意書き発見です。
P8222668(1).jpg
間近に沢を感じながら登るのは楽しいですね。
P8222671(1).jpg
たまに顔洗ったり、首に巻いたタオルを浸してみたり・・・。
自然の涼を楽しみました。
P8222673(1).jpg
このコースは、藤懸の滝、天狗の滝、流れがクジャクが羽を広げたようにみえる白孔雀の滝が次々と現れ、滝が好きな私は、それだけで大喜びです。
いい年して童心にかえり楽しんでしまいました。
P8222675(1).jpg
喜んでいたら、ロープの個所が・・・。岩が濡れて滑りやすいからロープがあるみたいで、ここは危ないので一人ずつ登って行きました。
P8222677(1).jpg
気をつけたのでずれ落ちませんでしたよ。
P8222681(1).jpgP8222682(1).jpg
沢沿いの植物観察も忘れません。
そろそろ水がなくなって、沢登りはおしまいです。
変化にとんだ登りは、疲れを感じず、本当に楽しかったです。
P8222684(1).jpg
今度はマムシに注意と言う注意書きがありました。
P8222686(1).jpg
この光景、不思議ですね。
針葉樹と杉が、道を挟んで綺麗に分かれているのです。
登山道もところどころ細いな~と感じました。
土日みたいに人が多い日は、すれ違うの大変ではないのかしら。
P8222687(1).jpg
丸太の階段は、崩れてしまっているところも多く、頼りにならないし、立ちはだかるハードルみたいになっていました。
石がごろごろで歩きにくい・・・。
ぶつくさ言いながらも、登っていくと、休憩できる広めの場所に出ました。
なんとここまで車が入って来れるみたいで、車道がありました。
車で途中まで登ることも可能なのかしら??
P8222689(1).jpg
そこで小休止です。
トンボが沢山飛んでいて、秋を感じます。
P8222690(1).jpg
今回あまりお花が見れなかったのですが、ダイコン草がところどころに咲いていました。

そこで、山の生物の研究をなさっているご夫婦と出会い、
P8222691(1).jpgP8222694(1).jpg
サンショウウオの幼体や、今まで観察なさって来た、近隣の山の動植物の写真のファイルなど、貴重な物を拝見させていただき、とても興味深かったです。
研究の邪魔をしてしまい、申し訳なかったかしら・・・。

少し休憩を取ったので、そのままゴンジリ峠を目指し、登山再開です。
長くなりましたので続きは次回投稿で・・・。


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< 棒ノ嶺ハイキング2 やっとの思いで山頂に♪ | ホーム | DIVE NO403中木 2本目も塔島 >>


コメント

沢がとっても涼しそうですね~^^
さわやかな風を感じさせてくれるお写真です♪
海も山も満喫!
楽しく読ませていただいてます。

nohohon様

こんにちは!
お読みいただきありがとうございます。
沢沿いの登山は、涼しくて、綺麗で冷たい水に癒されました。
暑いのはほんとに嫌ですが、海も山もやはり夏がいいですね!


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム