プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:540本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(7)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(24)
  ・カメ根(153)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(20)
  ・江の口(33)
・三ツ根(3)
  ・白根(8)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

いろいろ経験出来た岩櫃山

10月31日は群馬にある岩櫃山を登りました。
2度ほどご一緒させていただいた、私にとって山の師匠Kさんの企画したイベント参加です。

師匠に、岩場と鎖場の好きな方が対象と書いてあるので、「わたしなんぞでも大丈夫でしょうか?」と確認したら、「練習になるし大丈夫じゃないかな~」とのことでしたので、不安になりながらも参加してみました。

イベントの数日前からネットでいろいろ調べているうちに不安に・・・。

でも行くしかない!!というわけで、朝の7:00に久喜駅に行き、師匠、ご参加のRさん、Aさんと御一緒に埼玉から群馬の岩櫃山に向け出発です。

今回初めてお会いする方ばかりでしたが、気さくにお話してくださる方々で、すっかり行きの車の中で仲良くなり、楽しいドライブになりました。
途中どこだか忘れてしまいましたがSAで
PA313787(1).jpg
たいやき買いました。
朝4時半に起き、バナナだけ食べて来たので、ちょっとおなかが空いたのでした。
名物たいやきだそうで、確かにあんこも上品な甘さで美味しかったです。
PA313788(1).jpgPA313789(1).jpg
群馬の山のある地域に入ると、緊張と期待でテンションが上がりました。
師匠は北関東の山に詳しいみたいで、あの山は何山ですか?と聞くとたいてい教えていただけました。
私には全部同じ山に見えるのですが・・・。

9:20くらいに、一本松駐車場に到着し、もう1台の車に乗られている他の参加者の方と合流しました。
さっそく登山開始の支度をします。
PA313792(1).jpg
駐車場には、コスモスが綺麗に咲いていました。
PA313793(1).jpg
今回10名で上ります。
お互い初対面の方もいらっしゃるということで、簡単に自己紹介をしたら、9:45に登山口に立ち登山スタートです。
PA313794(1).jpg
平沢登山口ー沢通りー櫃の口〈天狗の蹴上げ岩〉ー旧赤岩通りへ下り麓を回り込み密岩通り登山口ー山頂コース、帰りは尾根通りー岩櫃城を見ながら駐車場へといく予定です。
HP見ると、中級者以上のコースも含まれますのでほんとに不安・・・。
普段より口数が減ってしまいました。
ベテランの皆さんは楽しそうにお話をされています。
PA313795(1).jpg
標識は整備されているので迷うことはなさそうです。
PA313800(1).jpg
五合目までは楽々に普通の林道を歩いていられました。
家族向けコースと書かれている場所の範囲なのでしょうね。
PA313802(1).jpg
ハイキング気分を味わいます。
PA313803(1).jpg
まだ、このころは、きのこなんて撮る余裕もあります。
そう思っていたらいきなり鎖場を下るようです。
鎖場を降りるなんて、無理!!と言っても、降りないと進めませんので、恐ろしがりながらも、皆様の優しい指導のもとどうにか下りました。
PA313808(1).jpg
これで一安心!と思いましたが、
PA313812(1).jpg
これは登山道なのか??と初心者の私にはけもの道にしか見えない場所を進みます。
踏み跡があれば登山道になるのかな・・・。
鎖もロープもない岩場を通過したりするところあり、未経験の私には本当に生きた心地がしなかったです。
登山ってこんなに怖いものなのかしら・・・。
PA313813(1).jpg
普通に立って歩けないので、慎重に掴んで良い木の根っこなどを探って進みます。
身体を山側に添わせながら慎重に!とアドバイスをいただき、私はほぼ四つん這いに近い状態になりながら歩きます。
PA313815(1).jpg
本当に名前の通り岩場が多いので気が抜けません。
基本的には、良く喋るほうなのですが、この日は必死になってしまい、つい無口になってしまいます。
景色を楽しむ余裕もないです。
それでも、たまに見上げる紅葉は綺麗でした。

どうやら道に迷っていたようで、山のお仕事をされていらした、健脚のSさんがあちこち先回りし、登山道を確認して安全を確認してくださったのですが、この先は、危ないとの判断でした。
一歩一歩のろのろの私には、急な山道を自由自在に歩ける、Sさんは、まるでもののけ姫のように見えました。
本当に凄い方です。

初心者の私は、登るのも嫌だし、下るのも怖い・・・。
泣きたかったけど、泣くに泣けず、また難所を通過し、元に来た場所に戻ることになりました。

また先ほどのロープも鎖もない岩場を通るのか…と思いましたが、落ち着いてゆっくり行けば・・・と皆様が励まし、見守ってくださったので、どうにか戻って来れました。
ほっと一安心です。
PA313820(1).jpg
梯子や鎖場は、本来怖いのですが、何もない岩場の通過の後だと、梯子があるだけでも安心出来ます。
PA313822(1).jpg
右の岩が天狗のように見えるのだそうです。
本来、海の中でも岩場が好きだし、こういう場所は好物なのですが、気持ちに余裕がなかったですね。
PA313823(1).jpg
ここが海の中だったら、転落の危険もないのでリラックス出来るのに、気が抜けませんね。
PA313825(1).jpg
今回は緊張の連続で癒やしの山行には、なっていないのですが、ふと顔を上げると見える綺麗な紅葉に励まされました。
よれよれですが、
PA313826(1).jpg
八合目まで来たようです。
PA313827(1).jpg
この日は、お花ももう終わってあまり見れませんでしたが、春に来ると、いろいろなお花を楽しめて良いよ~と教えていただきましたが、この時点ではまた来たいとは思えず・・・。
PA313828(1).jpg
それでもだんだん鎖場に慣れた感じもあり、ここは自分の足と手で歩きました。
PA313833(1).jpg
こんな精神状態でも、紅葉に囲まれているのは幸せでした。
PA313835(1).jpg
ベテランでも鎖場や岩場が苦手とおっしゃるAさんの近くで、なんだかんだ言いながら、登って来た甲斐がありました!
うわさどおり絶景ではないですか!
PA313836(1).jpg
今回、自分が高所恐怖症ではないことが、分かった気がします。
展望の開けた切り立った場所で、下を見ても怖くなかったです。
だから、海の中でもドロップオフが平気なのかも・・・。

ここが山頂かと思いましたが、違うみたいです。
9合目とのことで、ここでランチの時間にになりました。
ところが普段食いしん坊の私が、なんと・・・。胸がいっぱいで食欲ない・・・。
PA313838(1).jpg
この日は、ハロウィンでしたので、Rさんがお菓子をくださったり、Aさんが美味しいお漬物を、Hさんが美味しいケーキをくださいました。
食べたくなかったですが、スタミナが無くなると危険なので、持って行った豚汁とおにぎりを半ば無理やり1個食べました。

ご飯を食べたら、9合目から遠くに感じる、山頂に行く気力が無くなってしまい、このまま下山したくなりましたが、せっかくなので、山頂の登る場所までは行ってみて、登れなかったら、辞めることにします。
山頂の手前には、
PA313839(1).jpg
さらに難所続き・・・。
どうにか皆様の励ましと御指導で上ったり下りたりを繰り返しまして、
PA313845(1).jpg
脂汗だらだらで到着です。山頂手前の20Mある切り立った鎖場は、近くで見たら思ったより登れそうだったので良かったです。ただ登ったからには下りないと・・・。
PA313846(1).jpgPA313847(1).jpgPA313849(1).jpg
でも頑張って登っただけの御褒美に素晴らしい展望が広がっていました。
こういう気持ちを味わえるから登山にはまるのかしら・・・。
PA313851(1).jpg
山頂は狭いのでちょっと楽しんだら下りないとです。なんとか、この日の山の先生Aさんのお陰で落ち着いてこなせました。
本当にありがとうございました。
PA313852(1).jpg
地形が格好良いですね。
海の中と同じで横穴、オーバーハングなどもあり楽しめました。
PA313854(1).jpg
岩場の通過も少し慣れて来たかも・・・。
PA313855(1).jpg
鷹の巣遺跡には焚火の後がありました。
PA313858(1).jpg
つつじの葉も綺麗に色づいていました。
PA313859(1).jpg
展望も素晴らしいです。
天狗の懸け橋に行く前に、一番怖かった、鎖場がありましたが、あまりに怖くて写真撮り忘れました。

それでここから10人のパーティーは2つに分かれ、天狗の架け橋に行くチームと行かないチームで分かれましたが、私は下りてしまったために、下山チームには入れず、天狗の架け橋チームになってしまいました。
怖い鎖場を下らないチームと下ったチームということです。

あんな怖い場所もう上れないし・・・。

気持ちがなえてしまい、天狗のかけ橋は渡らず巻き道から見上げただけでした。
PA313861(1).jpg
一人ひとり慎重に渡ります。
PA313862(1).jpg
誰もいないとこんな感じです。

ここからは、ひたすら急な下りを降りて行きました。
転ばないように、慎重に歩けば大丈夫でした。
PA313865(1).jpgPA313866(1).jpg
下山して見上げると、紅葉の綺麗な岩櫃山がお見事でした。
あんな山頂を登ったなんて、自分でも信じられません。

怖くて、早く下山したくて仕方がなかったのに、今となっては楽しかったな…と思えました。

いままでハイキングをしていて、山から出たくないな~と思っていたのに、今回のように、最初から下山したくて仕方がなかった山は初めてでした。

こんな怖かったのに、楽しかったし、また挑戦したいな~と思うこの気持ちはなんなのでしょうか・・・。
PA313867(1).jpg
無事に下山できたからこそ、感じる達成感のようなものなのでしょう。
今回は、体力というより山登りも技術が必要なのだということを思い知った山行になりました。
ベテランの皆様は、いかに体力の消耗を少なく、上ったり下ったりをなさるのが、本当にお上手なのです。
慣れない私は神経が磨り減った山行になりましたが、本格的な岩場と鎖場は初めてだったので、本当に勉強になりました。

駅につくまでは、集落の景色を楽しみながら歩きます。
途中大きな桜の木を見ました。
PA313869(1).jpg
駅に着くと、先に下りたチームが車2台で迎えに来てくださるのを駅で待ちます。
緊張の糸が切れたみたいで、急に空腹を感じ、残っていたおにぎりを1個食べながら待ちました。

車が来たら、この駅から電車で変えられるSさんとは、ここでお別れです。

皆様とSさんのお見送りをした後は、汗を流すために岩櫃城温泉に行きました。
PA313870(1).jpg
お値段400円で露天風呂まで楽しめて良かったです。
PA313871(1).jpg
風呂上りは、コーヒー牛乳をいただき、
PA313874(1).jpg
みそまんじゅうをお土産に買って帰りました。

温泉を出たら、ここで車ごとに解散になりました。
Yさんの車でお帰りになる皆様とはお別れし、私たちKさんチームは、久喜駅に向かいました。

山にいる間は食欲なかったのに、下山後は食欲が戻り、
PA313872(1).jpg
SAにある、ミニストップのパステルなめらかプリンパフェを食べてしまいました!
270キロカロリー取ってしまいまして、山で痩せるつもりが、痩せられないようです。

7:30に久喜駅に到着し、K師匠、Rさんともお別れしました。

今回は、ベテランの参加者の皆様のおかげで、ちょっとひざをすりむいたのですが、たいした怪我もなく、無事に帰れたことに本当に感謝しております。

私が岩場で怖くて動けなくなった時に、かけてくださった励ましのお言葉や、アドバイス、忘れっぽい私ですが、しっかり胸に刻んで今後の登山に活かしたいと思います。

ダイビングと同じで、登山も経験を積まないと、上手にはなりませんので、海に行かない時に、又いろいろな山に挑戦し、上手になりたいです。


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< DIVE NO417神子元島 カメ根 | ホーム | DIVE NO416神子元島 カメ根 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム