プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:549本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(7)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(24)
  ・カメ根(159)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(21)
  ・江の口(34)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

初の山梨登山は日向山★

11月7日は、山の師匠のお1人であるHさんのお誘いで、日向山に登ってまいりました。

いつもいろいろご教示いただいている、Hさんがリーダーと言うことで、今回は安心して山歩きが出来そうです。

朝の5時に自宅を出て、中央本線の韮崎駅に8:29に到着です。
ベテランで健脚の女性Yさんともここで合流です。
初めてお会いしたのですが気さくにお話してくださる方なので、早速3人で楽しく車の窓から見える山を見たり、天気のお話をしながら、他の3名の方と合流する道の駅まで楽しくドライブしました。
PB073941(1).jpg
道の駅はくしゅうに到着し、ずっとお会いしたかったとてもかわいらしい山ガールのMさんとお会いできました。
Mさんと、Bさん、Sさんは千葉から山梨までお車でお越しです。
長い運転お疲れ様でした。
私は、韮崎まで、電車の中で気絶したように寝こけていただけなので、全く疲れてません。
この先トイレないかも…なのでトイレを済ませて登山口に車で移動します。
平日の金曜なのに、案外車の数が多いものなのですね。
何とか駐車出来ましたので一安心です。
PB073950(1).jpg
ここから登るのかしら?と思いきや、登山口を見ながら錦滝を目指すことになりました。
PB073951(1).jpg
40分ならすぐですね?!
PB073952(1).jpg
行止まり??と思ったら柵の左側から入れました。
PB073953(1).jpg
錦滝から山頂は足場が悪いので気を付けてくださいとの注意書きがあります。
また山頂から錦滝に下るのは危険なので御遠慮くださいとのこと・・・・どんな険しい道なのかしら??とやや不安に・・・。
今回ももちろんベテランの皆様と御一緒なので、足を引っ張りらないか??とどきどきです。
PB073956(1).jpg
錦滝までは、登山道というより遊歩道みたいな、道幅も広く、楽ちんな場所が続くので、私でも全く問題なしで、紅葉や景色を楽しみながら歩きます。
PB073960(1).jpgPB073962(1).jpg
今年は、奥日光の切込湖・刈込湖、群馬の岩櫃山、そして今回の日向山と、紅葉三昧です。
山登りを始めて良かったな~と思います。
海とはまた別の楽しさがありますね。
日本にも沢山の絶景があるな~と実感出来るのも山歩きのお陰です。
PB073970(1).jpg
もこもこの紅葉を見るのは私にとっては新鮮で、いい年して大はしゃぎ(汗)です。
PB073975(1).jpg
紫敷き実(むらさきしきみ)は、初めて見たのでここでも私は大騒ぎですが、山のベテランさんには珍しくないみたいで落ち着かれた反応です(^^;)
ダイビング初心者の時も、普通種見て大はしゃぎしていたので無理もないですね。
PB073982(1).jpg
雲の間から光のカーテンが見えましたので、喜んで写真に撮りましたが、その場で見たほうが断然綺麗ですね。
PB073986(1).jpg
お花の季節はおしまいですが、けなげになでしこ系のお花でしょうか?!咲いていました。
PB073987(1).jpg
景色を楽しんでいる間に滝に到着です。
PB073989(1)(1).jpg
想像していたよりスケールの大きな滝でした。
PB073993(1).jpg
滝でちょっと遊んで休憩したら山頂を目指します。
急登りが続き、木の根っこをつかんで登ったり、ちょっとした鎖場があったりしましたが、前回の鎖場の練習が功を奏し、今回は楽々クリア~です。
皆様には、日ごろの運動のせいか?バランスが良いとか、健脚だとかほめてもらい、すっかり良い気分になってえっさほっさ登りました。
PB073997(1)(1).jpg
梯子だってなんのその??
PB073999(1).jpg
いつの間にか、高く登っていることも喜びになりますね。
私って意外と急登好きだと気が付きました。
PB074002(1).jpg
登る皆様を撮ってみたりして、案外余裕?!です。
PB074003(1).jpg
今回、あまりキノコが生えていなかったです。
PB074009(1).jpg
もうすぐお目当ての場所に行けそうです。
PB074010(1).jpg
曇り予報でしたが予想外に青空が広がって来ました。
山の天気は予想が難しいですね。
PB074014(1).jpg
今回のメインの場所、雁ヶ原が見えて来ました!
この瞬間、Yさんと大はしゃぎです。
日向山は、山頂の西に雁ヶ原(がんがはら)と呼ばれる花崗岩が露出したザレ場があり、そこを楽しみにしてまいりました。
突然目にする、砂浜のような場所に、皆様驚きと感動を覚えるのです。
しかも、憧れの甲斐駒ヶ岳や八ヶ岳連峰の展望台としても知られているのだそうです。
早く登らなくちゃ!!
karigahara.jpg
と言いながら記念写真を撮りました。
まだまだシャッターチャンスは沢山ありそうです。
PB074016(1).jpg
これが登山道なのかしら??
何だかせっかくの景観を壊しているように思いましたので、私たちは脇の方を登ることにしました。
初めて経験する砂の斜面は、とてもふくらはぎに効きます。
息が切れますね~。
PB074019(1).jpg
登りきると本当に憧れの山々が見えたり、初めてのザレ場に感動です。
5500x500-49152.jpg
すっかり浮かれる一行♪
karigahara2.jpg
この日一番テンションMAXだったかもしれません。
PB074029(1).jpg
ここからさらに登ると山頂です。
PB074031(1).jpg
雪山みたいで綺麗です。
ずっとこの景色を味わっていないな~と思いながら進みます。
PB074035(1).jpg
八ヶ岳がくっきり見えます。
砂の斜面を見ていたら、もし風が強くてバランス崩し、滑落したら、砂のせいで蟻地獄みたいにはい上がれないのでは??とちょっと怖いですね。
この日は風もなく穏やかで良かったです。
PB074038(1).jpg
甲斐駒ヶ岳や雨乞岳、水晶ナギにもここと同じようなザレ場があるのだそうです。
PB074041(1).jpg
雲がかかって見えないとあきらめていた八ヶ岳もくっきりみれました。
来年の夏、この日のリーダーのHさんのお許しが出ましたので連れて行って頂けそうです。
PB074042(1).jpg
これが山頂の印かしら??標高の記載はないのですが「山梨百名山」とだけ書いてありました。
ちなみに標高は、1660メートルだそうです。
さて山頂でランチタイムにすることになりました。
皆様とお話しながらのランチタイムは楽しかったです。
自分で持って行った野菜スープとおにぎり、パイナップルの他に、皆様よりいろいろなお菓子、果物、コーヒーなどもいただき、本当にお腹いっぱいになりました。
持って行ったパイナップルは、皆様にも食べていただきました。
山で痩せようと思っても、こんなに御馳走を食べていたら痩せないです・・・。

山頂でのんびりしたら下山です。
名残惜しく去りがたい場所です。
PB074045(1).jpg
すそ野までくっきりの八ヶ岳をもう一度見て、
PB074047(1).jpg
美しい斜面にお別れを告げ、下山開始…の前に、三角点を皆で探します。
なかなかみつからなかったのですが、少し小高くなった場所に発見出来ました。
PB074050(1).jpg
林の中にぽつんとたたずんでました。
三角点を見たら林道コースを下山です。
ハイキングコースなので2足歩行楽に歩けます。
PB074051(1).jpg
日向山雨量観測所だそうです。
PB074052(1).jpg
これでどうやって観測するのかしら・・・・。
PB074054(1).jpg
標高のある山だからこそ楽しめるカラマツの紅葉も良い感じでした。
PB074065(1).jpg
そういえば、このお山は神社とか石碑が少なかったですね。
PB074068(1).jpg
下山中は、紅葉や落ち葉を楽しみながら歩きました。
PB074072(1).jpg
思い思いに落ち葉拾いを楽しみました。
PB074074(1).jpg
浮かれる私たちの図・・・。
PB074075(1).jpg
日が傾いて来て、西日に透ける楓の紅葉も良い雰囲気でした。
PB074079(1).jpg
炭焼釜がありました。
今も使っているのかしら・・・。

そうこうしている間に駐車場に到着です。
残念ですが楽しい山行はお終いです。
なんだかあっという間でしたね。

温泉に立ち寄るので、Hさんの車ではなくBさんの車に乗せていただくことになり、ここで、Hさん、Yさんとはお別れです。
Yさんは翌日も登山なので、朝が早いので早めに東京に帰るみたいでした。
2日連続で山行なさるなんて凄いですね。

BさんとSさん、Mさんと一緒に、尾白の湯でのんびりします。
PB074080(1).jpg
850円なのに立派な施設で、お風呂も気持ち良かったです。
FullSizeRender.jpg
1時間ほど温泉を楽しんだら、韮崎駅まで送っていただき、私は電車で帰ります。
皆様千葉にお住まいですので、私を都内まで送るとなると、途中で高速を降りたりするのも申し訳ないので、近くの駅まで送ってくださいとお願いしていたのです。
Bさんに送迎頂いたおかげで温泉を楽しめ、感謝しております。
名残惜しいですが、皆様とお別れをし、東京に戻りました。

初めての、山梨登山、とても楽しかったです。
まだ登山を始めたばかりなので、毎回新しい感動や驚きが尽きません。
今回は砂浜のような斜面に感動しました。
感動しただけでなく、ザレ場の歩き方の練習になった気がします。

また今回の登山で、一気に標高を稼げる、急登が好きだということを自分で認識しました。
ただ、急斜面を登るのは、だいぶ慣れて来ましたが、下りは、まだびくびくで、コツもつかめずにおりますので、まだまだ経験を積まないとだめそうです。

それから登山においては、身体のバランスが大事だな~と痛感している今日この頃、趣味の有酸素運動が役に立っているな~と思うとともに、これからもトレーニングのためにランニングや水泳は欠かさないようにしないと…と思っているところです。

ダイビングをやるにしても、登山をやるにしてもトレーニングは大事ですね。


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< 明星ヶ岳と明神ヶ岳★前篇 | ホーム | DIVE NO418神子元島 ジャブ根~カメ根 >>


コメント

登山の後の温泉は最高ですね~!

夏場しか潜れない私にとっては
これからは山の季節かなぁ~♪
と言っても・・・そんなには登れませんが(笑)

nohohon 様

こんばんは!
山登りはnohohonさんは大先輩ですね。
私はハイキングから始めちょっとずつ練習しているところですね。
温泉は下山後のご褒美ですね。
これがたまらないです♪
冬山は凍りませんかね。ちょっとおびえている所です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム