プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:561本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(9)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(28)
  ・カメ根(161)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(23)
  ・江の口(36)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

シモバシラ(氷の花)狙いで一人高尾山

立て続けの山ネタ、失礼しております。
海は年末の宿泊ツアーまでお預けなので・・・・。

海に行けない時は、山に行くしかない!というわけで、12月19日のシフト休みの日に、自分のイベントの下見も兼ね、シモバシラ求めて高尾山に一人で行って来ました。

霜柱ではなく、今回探すのは、シモバシラ(氷の花)です。

23日に夕暮れの高尾山でダイヤモンド富士を狙うのですが、大変な混雑になるので早めに行ってもみじ台で場所取りをしようと考え、稲荷山コースを登り、あわよくばシモバシラを見たい!とおっしゃる方がいらしたので、そのための下見です。

自宅を7時45分ごろ出て、高尾山口駅に向かいました。
ラッシュの時間よりちょっと早いので、途中から座って高尾山口駅に到着です。
登山支度を済ませ9:26登山開始です。
PC194578(1).jpg
ここが登山口です。距離は、 3・1km、マップタイム90分のコースです。
ちょっと登ると、お稲荷さんが
PC194579(1).jpg
参拝しながら、体温調整のためにフリースを脱ぎます。
冬でも登っていると暑くなってしまいますので、長袖のTシャツと薄手のウィンドブレーカーで十分そうです。
念のため履いて行ったレッグウォーマーも暑いくらい・・・。
PC194580(1).jpg
でもいろいろ凍っていました。
登山道は霜柱や氷が・・・。
PC194582(1).jpg
高尾山といえども登山道らしい場所が多かったです。
PC194583(1).jpg
まき道行くとどうなるのかしら…とりあえず王道コースにしておきます。
PC194584(1).jpg
稲荷山の展望台からスカイツリーが見えました。
PC194586(1).jpg
東屋で休憩も出来ます。
写真撮ったらさっさと登り開始します。
PC194587(1).jpg
まだ1kmしか歩いていないみたいです。
PC194588(1).jpg
階段がいっぱいで嫌な感じです。
しかも霜が・・・。
肝心の氷の花は見当たらないです。
稲荷山コースの登り口にあるらしいのですが、気付かなかったのかしら・・・。
PC194589(1).jpg
新鮮な木の実はあるのですが・・・。
これを狙って鳥がいろいろ見れますが、望遠レンズ持って行かなかったので撮れませんでした。
冬は野鳥観察に来ても楽しそうです。
PC194595(1).jpg
5号路(山頂周回コース)にもあると聞いたので山頂周回コースを歩いてみました。
PC194596(1).jpg
分かりにくい標識・・・。
PC194597(1).jpg
奥高尾に行っちゃってもな・・・・。
もみじ台は奥高尾の入口なのでちょっと行って見ましたが、シモバシラはいないです。
PC194598(1).jpg
もみじ台の茶屋 細田屋さんにお邪魔します。
PC194600(1).jpg
こんな富士山を見ながら
PC194601(1).jpg
おいしいなめこ汁を堪能しました。
温かいお茶のサービスもあり、癒されました。
一休みしたら、またシモバシラ探し、歩きまわります。
一丁平方面を歩いて、富士見台まで来てもいない・・・。
いい加減あきらめて山頂に行こうかな~ともみじ台の方へ引き返して来ました。
すると先ほどの奥高尾に行く分岐点の奥の方で、何やら盛り上がっている声がします。
もみじ台の北側巻き道です。
そちらに行ってみると!喜びながら写真を撮っている御婦人の集団、三脚を持参で大きなカメラで撮影している男性ハイカーさん、15人ほどの方々が撮っているのが
PC194605(1).jpg
シモバシラです!人生初めて見ました。
探す場所間違っていたみたいです。
あれだけ探して見つかなら無かったのに沢山群生していました。

植生保護のロープの張られている斜面は、シモバシラ撮影渋滞でしたので、私はさらに下山して行き空いている場所で撮りました。
PC194607(1).jpg
このあたりは私の他に2名の方がいらっしゃるだけでした。
PC194609(1).jpg
長いものが出来るのは、最初の寒波が来て気温が下がるこの時期こそ見れる貴重な物です。
一度この現象が出来ると、茎の組織が破壊され、
PC194614(1).jpg
短いものしか見れなくなるのだそうです。
PC194616(1).jpg
自然の作りだす造形美ですね。
PC194617(1).jpg
いろいろな形を楽しみました。
PC194618(1).jpg
高尾山のように日本一登山者の多い場所は、それだけで自然には悪影響があるので、ハイカー一人一人が自然を守る意識が大切なのでしょうね。
登山道から踏み込み過ぎると植生が壊されてしまうそうです。
PC194619(1).jpg
しばらく楽しませていただいたら、山頂に行ってランチにしたいと思います。
PC194624(1).jpg
山頂からの富士山も中々でしたが、もみじ台の方が近いように思います。
ダイヤモンド富士はもみじ台で狙おうと思います。
PC194625(1).jpg
座ってお弁当を食べようと思ったら、猫が沢山うろつき始めました。夏に来た時より増えているような・・・。
PC194627(1).jpg
保温性のあるランチポットに、きのこのクリームペンネを入れて持って来ました。
この時期おにぎりは固くなっちゃいますからね。
デザートには青リンゴを持って来ました。
それにしても平日なのに、高尾山は登山者が多いですね。
座る場所を探している方も多かったので、食べ終えたらさっさと下山します。
ちょっと歩きたりないけど、早く帰ることにします。
下山前に
PC194628(1).jpg
二等三角点を見ておきました。
PC194629(1).jpg
どこから下山しようか、迷いましたが、お気に入りの6号路で沢沿いに下ってみることにしました。
12時ごろ下山開始です。
PC194630(1).jpg
山頂付近にもちょこっとシモバシラがありました。
だいぶ短いので溶けてしまったのかしら・・・。
PC194631(1).jpg
飛び石の場所は落ち葉があったりして、ちょっと滑るので、この時期下山には・・・・だったかもです。
PC194633(1).jpg
何かの種が綿毛に乗って運ばれているのかしら・・・。
PC194638(1).jpg
琵琶滝に到着します。
この日は滝行している方はいらっしゃらなかったです。
PC194639(1).jpg
お参りをしてさらに下ると、
PC194640(1).jpg
弘法大師の伝説もある岩屋大師に到着です。
ここもお参りをし、
PC194641(1).jpg
少し沢に降りてみました。びわ滝川の水この日は少ないように思いました。
そのまま進んで行くと、PC194643(1).jpg
13:21に登山口に到着しました。寄り道してのんびりしていたらマップタイム70分より長くなっちゃいました。
それにしても、まだこんな時間でしたが、高尾山は登山道が東側ということもあり、6号路はすでに夕方みたいに暗かったです。
早め早めに下山しないとヘッドライトが必要になりますね。
15時には下山しておきたいです。
とりあえず一人でも無事に下山出来たことで一安心です。
PC194644(1).jpg
お土産買ったら電車に乗り、家に帰りました。

場所が分かりましたので、これで23日はシモバシラのリクエストに応えられそうです。
下見のために行ったのですが、一人での登山も、たまには気ままに歩けて楽しかったです。

次回の投稿はダイヤモンド富士の結果報告になりますね。
海ネタは今しばらくお待ちくださいm(_)m


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< ダイヤモンド富士狙いで高尾山に登りました | ホーム | 1年半ぶりのトレイルランニング@弘法山 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム