プロフィール

きょん

Author:きょん
水泳部時代から、海に魅了され、ボディーボード、シュノーケルなどで遊んでいるうちに、気が付いたらダイバーになってました。
まだまだへっぽこダイバーながら、伊豆の神子元を中心にダイビングを楽しんでいます。好きなのは外洋の海と大きな生物です。神子元でもいろいろ遭遇しました♪

2014年の尾瀬をきっかけにはまったハイキングや登山の記録もたまにさせていただいております。

東京在住、会社員と主婦を両立し、夫と雑種猫2匹と暮らしています。

★ランキングに参加しておりますので
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

♪今まで潜った本数:549本
※( )内は本数です。
【OWTD】
★サイパン 
  ・SUGAR DOG (2)
  ・LAU LAU BEACH (1)
  ・沈船 (1)
【ADOWTD】
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ(2)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・小曽我洞窟(1)
【FUN DIVE】
★サイパン
  ・B-29(1 )
★バリ島・ヌサベニタ
  ・クリスタルベイ(6)
  ・SD(2)
  ・マンタポイント(1)
  ・SMSマンタ(1)
  ・トヨパカ(1)
  ・ブユク(2)
  ・PEED(1)
・レンボンガン(1)
★インドネシア・メナド
  ・オデッセイワン(1)
  ・メインランド アヴェ(1)
  ・レクアン(2)
  ・レクアンⅡ(1)
  ・レクアンⅢ(1)
  ・ブナケンティモール(1)
  ・ポシポシ(1)
  ・ポシポシⅡ(1)
  ・フクイポイント(1)
★フィリピン セブ島
  ・ヒルトゥガン島 (1)
  ・オランゴ島 タリマ(1)
  ・ブルーウォーターホテル前~
コンティキ(1)
  ・タンブリ・
フィッシュフィーディング(1)
★フィリピン ボホール バリカサグ島
  ・ブラックフォーレスト(4)
  ・Rudy's Rock(3)
  ・サンクチュアリ(1)
  ・Alona Beach House Reef(4)
★フィリピン モアルボアル
  ・オスロブ ジンベイポイント(1)
  ・スミロン島サックサンクチュアリ(1)
  ・スミロン島ガードハウス(1)
  ・ペスカドール島カテドラルケイブ(1)
  ・ペスカドール島サウス(1)
  ・ペスカドール島
    コンゴサンクチュアリ(1)
★カパライ
  ・マンダリンバレー(3)
  ・ミッドリーフ(1)
★シパダン
  ・バラクーダポイント(1)
  ・ミッドリーフ(1)
  ・サウスポイント(1)
  ・タートルパッチ(1)
★マブール
  ・クロコダイルレイヤーズ(1)
  ・リボンバレー2(1)
★ヤップ
  ・ココロ(5)
  ・コト(1)
  ・マンタリッジ(1)
  ・バーディゴ(1)
  ・だいすけスペシャル(1)
★石橋
  ・石橋ビーチ(2)  
★根府川 
  ・根府川ビーチ(2)
★真鶴
  ・琴が浜ビーチ サザエ根(1)
★福浦
  ・福浦ビーチ(2)
★伊東
  ・新井の浜(1)
  ・白根南(1)
★熱海
  ・沈船(1)
  ・ソーダイ根(1)
★初島
  ・フタツネ(58)
  ・イサキネ(9)
・ニシマト(4)
  ・ヤンバダ(3)
・ヤグラ2・5(2)
★伊豆海洋公園
  ・砂地 (5)
  ・一の根 (7)
  ・1・5番(1)
  ・二の根(2)
  ・ブチマチ(1)
★富戸 
  ・ヨコバマ(7)
  ・マエカド(1)
★大瀬崎
  ・湾内 (9)
  ・岬先端(1)
  ・一本松 (4)
  ・柵下(5)
  ・大川下(1)
★井田
  ・井田ビーチ(2)
★安良里
  ・黄金崎ビーチ(14)
  ・沖の根(4)
★雲見
  ・牛着岩(5)
  ・黒崎(1)
★田子
  ・外海 フト根(5)
  ・外海 田子島裏(1)
  ・外海 沖の島(1)
  ・湾内 白崎(4)
  ・湾内 弁天島(1)
★神子元
  ・ジャブ根(24)
  ・カメ根(159)
  ・ハシゴ段(5)
  ・ブダイ根(5)
  ・青根(21)
  ・江の口(34)
・三ツ根(3)
  ・白根(9)
★利島
  ・亀石(2)
  ・鵜渡根島(1)
★中木
  ・塔島(3)
  ・羽山(1)
★波勝崎
  ・弁慶(1)
  ・三か島(1)
★妻良
  ・平島(2)
★三宅島
  ・大久保浜(1)
  ・釜の尻(1)
★伊戸
  ・沖前根(2)
★沖縄本島
  ・慶良間 黒島北(2)
  ・チービシ ナガンヌ北(2)    
★石垣島
  ・ビックマウンテン(1)
  ・竜宮の城(1)
  ・スカシの根(2)
  ・フォレスト(1)
・川平石崎マンタスクランブル(1)
  ・川平マンタシティ(2)
  ・荒川ロックレイク(1)
  ・荒川ヨスジの根(1)
  ・米原南(1)
  ・米原Wリーフ南(1)
★与那国島
  ・海底遺跡(1)
  ・赤土沖(2)
・西崎(5)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

潮汐表+天気情報  

都道府県と地域(港・岬)を設定しておけばいつでも最新情報を見ることができますよ。ちなみに天気予報は[その他の情報]をクリックなさってください!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

DIVE NO341 大瀬崎 大川下~柵下

台風22号が去ったら、今度は23号!最近台風多いですね~。
8日の神子元ダイビングの予定は、果たして大丈夫なのか?今から心配です。
天気が難しいようでしたら、1日に行った大瀬崎が楽しかったので、神子元でなくても良い気もして来ました。

さて、そんな大瀬崎の2本目の報告でございます。
1本目の終わりからの記録です。

台車を押してクラブハウスに戻り、置いてあるダイビングの雑誌を読み漁り、休憩時間を過ごしました。
雑誌を見ていると、日本だけではなく、世界の色々なダイビングポイントが載っていて、夢が広がりますが
転職してから、更に長い連休が取りにくくなってしまい、行けそうにないので、目の毒です。
やはり、私は弾丸ツアーで潜るしか海外に行くことは難しいかもしれません。

普段よりちょっと長めに休憩をし、2本に行くことになりました。

来た時は、海面がばしゃついていた湾内もかなり落ち着いて来たのですが、2本目も外海が良いとお願いし、台車を押し、再度外海に向かいます。

今回は大川下から、柵下まで一気に進むようです。

なぜならそのほうがエントリー、エキジットが楽なのだそうです。

ビーチダイビングがより一層下手っぴになってしまった私に対し、ご配慮感謝します。

入るのは手すりはありませんが、スロープがあり、楽ちんでした。

せっせと柵下に向かい泳いで行きます。
段々水中なのに暑くなってきた気がします。
泳ぐダイビングの場合、24度の水温だとちょっと暑い瞬間があります。
PA016003(1).jpg
オオモンハタを撮ってみました。
透明度も…他に撮りたい子もいない間に柵下に着きました。
PA016010(1).jpg
個人的に、柵下のムチカラマツの群生している場所にいる、サクラダイの群れがとても好きです。
ただ残念なことに、暗くて水深も深いんです。
透明度も…なのでピントも合いにくいです。
PA016011(1).jpg
トゴットメバルも深場が嫌いな私は、中々遭えないお魚の一つです。
神子元や初島ばかり潜っていると、中々遭遇出来ない、ナガハナダイがいたのですが、これもピントが合わない…。
PA016015(1).jpg
クリーニングされているスジハナダイは、ジットしているので撮りやすいように思えますが、カメラの殺気を感じ顔をそむけられました。
PA016025(1).jpg
スジハナダイも私的に中々遭えないお魚なので沢山写真を撮っておきました。
PA016034(1).jpgPA016041(1).jpg
泳ぐのが速く、苦戦しました。
PA016043(1).jpg
クリーニングされるコガネスズメダイです。
PA016047(1).jpg
サクラダイとサザナミマリンさんです。

窒素酔いもしそうだし、DECOりたくないし、ずっと深場にはいられませんので段々進度を上げて行きます。
PA016050(1).jpg
ハナダイに擬態している、ゴンべ科では珍しい遊泳性のウイゴンべです。
このお魚も3年ぶりの遭遇でした。
PA016055(1).jpg
移動中の砂地にハナアナゴがいました。
PA016056(1).jpg
何かが潜っているのを、教えていただきましたが、すっかり魚の探し方も忘れていて、最初全く分かりませんでしたが、よく見れば顔があります。
PA016059(1).jpg
サザナミマリンさんが手で砂を払い避けると、メガネウオでした。
PA016063(1).jpg
身体を揺らしながら、だんだん潜ってしまいました。
PA016065(1).jpg
1本目でも撮りましたが、またアヤメカサゴを撮っていました。
PA016068(1).jpg
そろそろ浅場で安全停止しながら移動をします。

アカハタも2本目でも撮影してました。
このお魚、普通種で特に注目もされないのですが、個人的には、ちょっとぶさいくなのに可愛い所が気に入って、わりと好きなお魚です。
PA016077(1).jpg
マクロ魂のない私ですが、ギンポ系は好きなようで、自力でミナミギンポを発見できました。
PA016082(1).jpg
この時期に伊豆で見られる季節来遊魚のツノダシを見たり、
PA016085(1).jpg
群れでは見れませんでしたが、ボラがちらほらいました。
PA016090(1).jpg
トラウツボも珍しいお魚ではありませんが、好きなので撮っておきました。
PA016096(1).jpg
エキジットしようとしていたら、イワシの幼魚の群れがびっしり!浅い場所でもお魚が沢山いるって嬉しいですね。とっさのことなのでクローズアップレンズで撮りました。
PA016099(1).jpg
オヤビッチャ位の大きさしかない、カゴカキダイの幼魚を見て、ダイビングは終了です。

2回目なので少しエキジットにも慣れ、何とか上がれました。

8か月ぶりに潜った大瀬崎の外海は、普段遭遇出来ない生物をのんびり観察出来、楽しかったです。
たまにはこういうまったりダイビングも良いですね。

雨が降ったりやんだりなので、器材の水がある程度切れたら、片付けをして帰ります。

遅めの昼食は、沼津港にある、丸天で近海にぎり寿司(かにのみそ汁付) 1,292円
PA016102(1).jpg
を食べました。
食後ログ付けをし、東京に帰りました。

最近ちょっと夏の疲労もたまっていて、ちょっぴり元気もなかった様な気がするので、のんびり潜れる大瀬崎で良かったのかもしれません。

車の中では、運転しているサザナミマリンさんには大変申し訳ございませんが、爆睡しながら帰りました。

何処の海でも、潜れるって幸せです。

と言いながら、8日は神子元に行けます様、祈ります。


★DIVE: NO 341
★タンク: スチール10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 40
★DIVE TIME 44分 IN 13:21 OUT 14:05
★水温:24度
★最大水深:30・5メートル
★平均水深:13・8メートル
★透明度:7メートル
★スーツ:ドライスーツ



★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

DIVE NO340 大瀬崎 一本松~門下

台風22号が近づく10月1日、神子元に行こうとしていましたが、諸事情や天候による欠航で行けなかったので、一瞬海に行くのを辞めようか迷いましたが、マンツーでも行ってくださるというので、海況の良さそうな大瀬崎に行って来ました。
もしこの日に行かなければ、約1ケ月潜れないことになりますので…。
そろそろ、身体が窒素を欲しているようです。

神子元ツアーではないので、渋谷の集合時間も遅めの7時でしたので、体力的には楽です。

今回、ご一緒になる予定だった女性のゲストの方は、神子元ではないのであれば辞めますということだったようです。
私も神子元に行きたくて仕方がありませんが、前回の台風で、1週間ずれ込んだので、来週の火曜日こそ行ければ嬉しいです。

大瀬崎は、神子元に比べると、距離も短いので、居眠りしたり、コンビニで購入した朝食を食べたりしている間に到着です。
大瀬崎では、はごろもマリンサービスさんにお世話になりました。

めったに来ない大瀬崎ですが、平日なのに、思ったよりダイバーさんが多いです。
さすが伊豆の人気ポイントです。

私事ですが、メンテナンスをしていた、ドライスーツが戻って来たので、早速衣替えしてみました。
10か所以上のピンホールがあったようで、それを治してもらったので、これで水没ともおさらばです♪

所が、思いの外、雨も降っているし蒸し暑い・・・。

セッティングを済ませ、台車で外海まで器材を運んでいると、汗が…。
水没より汗没が気になります。

こんな時はさっさと入ってしまいましょ。
というわけで1本目は一本松よりエントリーです。

私にとって8か月ぶりの大瀬崎はどんな出会いがあるのでしょうか。

入ってみると、思ったより水温も低めの24度、透明度は7M位です。
透明度は期待出来そうになったので、かなり久しぶりにクローズアップレンズを装着して入りました。
マクロ魂のない私が、ちゃんと写真を撮れる気がしません。
まずは普通種で練習です。
PA015867(1).jpg
お馴染のお魚、クマノミの正面顔を撮って見ました。
PA015873(1).jpg
オキゴンべは神子元にもいますが、カメラを向けることはほとんどありません。
PA015881(1).jpg
イラを真上から撮ってみました。

目的の
PA015890(1).jpg
クマドリカエルアンコウを見付けていただき、慣れないマクロ撮影に没頭しました。
ウミウシ(1)
またまたマクロが苦手な私に難関な、ウミウシカクレエビです。
私なりに頑張った?!気がします。
PA015926(1).jpg
大きな魚を見ると落ち着くみたいで、アカハタをこの日は何度か撮ってました。
PA015929(1).jpg
アヤメカサゴも海の中で見ると綺麗なのに、私の写真では伝わりません。
PA015936(1).jpg
チョウチョウウオも珍しくありませんが、最近のんびり撮る機会が無かったです。
PA015945(1).jpg
クマノミの幼魚はひらひら泳ぐので可愛いですね。
PA015952(1).jpgPA015955(1).jpg
このポイントの中で、気に入っているのが、イバラカンザシ畑の様な場所があります。
水深も浅めのゴロタのあたりですので、のんびり写真が撮れました。
PA015977(1).jpg
この日は、ソラスズメダイやキンギョハナダイの小さめの個体が沢山周りにいてより綺麗でした。
何だか癒されます。
安全停止しながら、
PA016000(1).jpg
トゲアシガニにくぎ付けになってしまいました。

そろそろ帰りましょ~ということで、エキジットしますが、久しぶりのビーチダイビングだったこともあり、初心者のように無様なエキジットをしながらも無事に上がりました。
ふ~やれやれです。
290の電動ラダーの楽ちんエキジットばかりしていたら、すっかり手すりのないスロープのビーチポイントでのエキジットが出来なくなってました。
ゴロタだったらもっと無様だったことでしょう。
たまにはビーチも潜っておかないといけませんね。

それでも、久しぶりの伊豆の海でのフィッシュウォッチングは、また神子元とは違ったダイビングの楽しさを堪能出来、あっという間の53分でした。

水温も、気温も下がって来たので、そろそろドライスーツが快適だなと思いました。
しかも、水没が無いって、こんなに快適なんですね~。
メーカーに出して、治して良かったなと思いました。

台車を押してサービスに戻ったら休憩です。

2本目は次回の記事に続きます。

★DIVE: NO 340
★タンク: スチール10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 50
★DIVE TIME 53分 IN 10:46 OUT 11:39
★水温:24度
★最大水深:23・2メートル
★平均水深:14・5メートル
★透明度:7メートル
★スーツ:ドライスーツ


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

DIVE NO299 大瀬崎 一本松

少し間が空きましたが、2月14日の大瀬崎ダイビング&いちご狩りツアーのご報告の続きをしたいと思います。
1本目の終わりからの記録です。

大瀬崎のはごろもマリンサービス大瀬崎さんに戻って休憩します。

休憩時間は、サービスに置いてある、ダイビングの雑誌、生物の色々な図鑑を読みふけっているうちに、あっという間に終わりました。

1本目で窒素が結構貯まったので、たっぷり休憩をし、窒素抜きをしました。
支度をし、2本目のポイントに行くことになりました。
今回も湾内ではなく、外海を目指し台車を引いて行きます。

到着したのは、一本松と呼ばれるポイントです。
P2142435(1).jpg
これが一本松というわけではなく、ポイント名の由来になっている松は、今は枯れてしまってないようです。

今回は、スロープが整備されており、水位もあったので、エントリーしやすかったです。

久しぶりの一本松なのでちょっとわくわくです。
P2142439(1).jpg
普通種なのですが、ブダイを久しぶりに撮ってみたくなりました。
P2142440(1).jpg
久しぶりに遭遇したホウキハタです。
本来は、このお魚は、25M以上深い場所にいることが多いので、深い場所を嫌う私にはなかなか御縁がないお魚なのかもしれません。
P2142442(1).jpg
アカホシカクレエビは、色々なポイントにいるので、そのたびに、何度も写真を撮るのですが、中々気に入った写真がないのですよね~。
いつも同じ様な写真になってしまいます。
P2142446(1).jpg
ひそかにフグ好きだったりします。
キタマクラも普通種なのですが、可愛くて写真を撮りたくなります。
P2142447(1).jpg
私のベラ好きは御存じの方もいらっしゃると思います。
コンデジよりミラーレスのほうがべラは撮りやすい筈ですが、中々流し撮りが上達せずにおります。
このべラは、ホンべラかしら?
P2142449(1).jpg
アカササノハべラ?
べラは好きなのに種類がよく分かりません。
P2142450(1).jpg
ウスイロウミウシだそうですが、耳慣れないので、今まで見たことあったのかしら?
P2142458(1).jpg
大瀬崎のクマノミは、水温が少し上がったせいでしょうか?思ったより元気そうです。
このクマノミは越冬出来そうです。
P2142465(1).jpg
ホンソメワケべラにクリーニングされていたカワハギです。
気持ちよさそうにホバリングしてました。
P2142469(1).jpg
海の中では写っていると思っていましたが、全くピントが合わなかったウミシダカクレエビです。
こんな写真載せてすみませんが、証拠だけ…。
P2142475(1).jpg
ウミウチワの前に,キンギョハナダイやキンチャクダイが居るので綺麗だな~と思ったら、キンチャクダイは傷ついている個体で、ちょっと痛々しい感じです。
喧嘩でもしかのかしら??
P2142484(1).jpg
ソフトコーラルとお魚の組み合わせって良いですね。
普通種のアカササノハべラも綺麗に見えます。
P2142481(1).jpg
先ほども撮影していたのですが、キタマクラだって背景次第??
P2142487(1).jpg
オルトマンワラエビは、普段はソフトコーラルに張り付いているイメージですが、この日は飛び出していました。
P2142494(1).jpg
アミメハギも小振りでかわいいお魚ですが、すぐそっぽ向かれます。
追えば追うほど後姿になってしまいます。
P2142499(1).jpg
動かずジッとしていた、オキゴンべの幼魚は可愛かったです。
P2142501(1).jpg
またまた可愛いイソカサゴがジッと張り付いてます。
ウミウチワに動かず、何かしらのお魚が止まっていることが良くあるのですが、何しているのかな??といつも疑問です。
P2142502(1).jpg
この日のベラの写真の中で一番気に入っている、アカササノハべラの幼魚です。
それにしてもどのお魚も幼魚は本当に可愛いですね。
P2142507(1).jpg
私の好きなイバラカンザシが沢山いました。
P2142508(1).jpg
何だか癒される光景でした。
P2142518(1).jpg
ウミシダヤドリエビもピント甘いです。
やはりマクロ魂がないので、こういった細かい物は、本当に下手っぴです。
安全停止も終えて、エキジットのするのですが、1本目と同じように、又フィンがブーツに引っ掛かり脱げず、もたつきます。
片方の足で踏みながら、力任せに足を抜くしかなく、苦労しました。
ポケットをハサミで切らないと、本当に脱ぎにくいですので、暇な時にやらないとです。

寒いので早めに戻って、器材を洗って帰り支度です。
帰る前に欲しかった、ウミウサギの図鑑をはごろもマリンサービスさんで買わせていただきました。

早く暖かい、いちごの温室に入って、おいしいもぎたてのいちごを食べたかったのですが、その前に、大瀬崎を見渡せる場所で、写真を撮りました。
天気が良いと富士山が見えるのですが・・・。
P2142520(1).jpg
手前が湾内、向こう側が外海です。
写真の向かって右方向が人気ポイントの先端です。
平日休みの私は、土日しか開放してないので、潜れないポイントです。
P2142521(1).jpg
湾内を眺めるとこんな感じです。
こうみると大瀬崎は大きなダイブサイトですね。人気を誇るのも分かります。
とはいえ、私の場合、中々来る機会がないので、今度はいつ来れるのかな?
少し名残惜しいですが大瀬崎を後にします。

江間のいちご農園に到着し、
P2142523(1).jpgP2142528(1).jpg
大きないちごを58粒食べて帰りました。
お腹いっぱい、甘くておいしいいちごを食べられました。
この時食べたいちごがこの日の私の昼食となりました。

すっかり、いちごでお腹いっぱいになり、うとうと眠ったり、魚の名前など教えていただきながら、渋谷まで帰りました。

この日は、貝をメインにマクロ系の生物を探す様なダイビングをお願いし、とても楽しめました。
たまにはこういう、泳がないでじっくり写真を撮るのも良いですね。

わがままを聞いていただきありがとうございます。

さて次回の海こそ、神子元に行きたいです。この日は、私の300本記念なので、なんとしても・・・。
マクロ大好きなオカン様が、記念ダイブのために、神子元にお付き合いいただけるとのことで、本当にありがたく思いますし、楽しみです。
出航するようにひたすら、祈るばかりです。


★DIVE: NO 299
★タンク: スチール10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 60
★DIVE TIME 54分 IN 13:03 OUT 13:57
★水温:16度
★最大水深:23・9メートル
★平均水深:14・5メートル
★透明度:12~15メートル
★スーツ:ドライスーツ


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

DIVE NO298 大瀬崎 柵下

昨日は、バレンタインデーですが、夫を放置し、大瀬崎ダイビング&いちご狩りツアーに参加してまいりました(汗)
勿論チョコを置いてですが…。

本当でしたら、黒潮の接近している状況だったので、神子元に潜りに行きたかったのですが、諸事情で行けなくなってしまったので、毎年この時期にサザナミマリンさんで企画されている、いちご狩りツアーに変更していただきました。

6:50に渋谷に集合し、大瀬崎に向かいます。
最近、朝走っているので、ダイビングの早起きが昔に比べ苦にならなくなりました。

この日は、お願いしていた、ライト、INONのLE700-Wを受け取ることになっていたので、早速車の中で、エネループ電池を入れてみたり、取扱説明書を読んだりしながら、車の移動時間を過ごしました。
渋谷から大瀬崎までは、約3時間弱で到着しました。

残念ですが雲がかかっていて、富士山は見えませんでした。

平日だというのに現地でお世話になる、はごろもマリンサービス大瀬崎さんは中々賑わっているようで、さすが人気ポイントだな~と実感しました。

マンツーだったので、わがままを言って今日は貝が見たい!とリクエストをしてました。

マクロに全く関心がないと思われている私ですが、一部の生物に執着を示すことが稀にあり、その中の一つに貝が挙げられます。

ソフトコーラルに付いている貝を肉眼で見ると本当にきれいでうっとりします。

そんなわけでソフトコーラル&貝を見るために外海に向かいます。

1本目は柵下というポイントに潜ることになりました。

少し海面を見ると潮がかかっているようですが、海況は良い感じです。
スロープの先まで行かないと海面に到達できないほど潮が引いていたので、苦手なゴロタを歩きながらどうにか無事にエントリー出来ました。

P2142314(1).jpg
まずはキビナゴがお出迎え?!してくれました。

噂通り黒潮パワーで海の色も良い感じです。
P2142315(1).jpg
オオモンハタかな??
P2142318(1).jpg
私の好きなお魚の一つサクラダイの雄です。
P2142325(1).jpg
このポイントのムチカラマツ林にいるサクラダイの群れを見るのも楽しみでした。
P2142320(1).jpg
普段神子元で潜ることの多い私にとって、ハナダイの群れは新鮮です。
スジハナダイも混ざっていて海の中は華やかですね。
私の写真で表現出来ないのが残念…。
P2142331(1).jpg
ルリハタも久しぶりに遭遇出来ました。
P2142334(1).jpg
ネンブツダイもびっしり群れてます。
P2142337(1).jpg
ヤイトハタというお魚は見たことなかった様な気がします。
P2142340(1).jpg
このお魚は名前が分かりません…。
P2142345(1).jpg
オオモンハタの幼魚かな??
P2142347(1).jpg
多分、ムラクモコダマウサギだと思います。
はごろもさんで購入したウミウサギの図鑑で早速調べてみました。P2142350(1).jpg
サラサウミウシも普通種なのですが、普段ウミウシウォッチングの機会の少ない私にとっては有難い被写体です。
P2142353(1).jpg
コガネスズメダイが綺麗な背景の場所にいたので写真を撮りました。
今日が進水式のLE700があると写真が撮りやすいですね。
P2142357(1).jpg
ベニキヌヅツミもお馴染の貝なのですが、擬態していてなかなか探せないですし、写真が難しいです。
P2142359(1).jpg
イイジマフクロウニヤドリニナという貝です。
調べてみて知ったのですが、何かに寄生している貝は、~ヤドリニナと呼ばれているようです。
一般的にはヒトデとかウニに寄生する貝なのです。
所でイイジマフクロウニは猛毒なので観察は注意が必要ですね。
P2142363(1).jpg
ヨメヒメジの大きい個体がいたので気になりました。
幼魚は可愛いのですが、大きな成魚は迫力を感じます。
P2142369(1).jpg
水温が低い時期に、深場より上がってくる、オーストンフクロウニに小さなエビがいます。
後から教えていただくと、アルポントニアイアイーニという和名のないレア種だったようです。
それなのにこんな写真で申し訳ございません。
マクロ魂がないって本当に罪ですね。
このフクロウニも猛毒を持ってますので注意した方が良い生物です。
P2142377(1).jpg
ニシキウミウシ撮っている場合ではなかったです。
P2142378(1).jpg
普通種ですが、イソカサゴが綺麗な場所にいたので撮ってみました。
P2142382(1).jpg
婚姻色の出ているヒメギンポです。
私の好きなお魚の一つですので、見れて嬉しかったです。
P2142387(1).jpg
これも買ったばかりの図鑑とにらめっこしてみて、きっとヒナコダマウサギでしょうか?
P2142391(1).jpg
普通種で見向きもしない方も多いのかしら?アオウミウシです。
P2142398(1).jpg
何とこの水温で季節来遊魚のハナキンチャクフグがいます。
黒潮で水温がすこしUPしているし、どうにか越冬してほしいですね。
P2142401(1).jpg
この貝は何度見ても綺麗ですね。
トラフケボリタカラガイです。
本当に今日は、貝を色々探していただきありがとうございます。
P2142405(1).jpg
オキゴンべも普通種ですが、いると撮りたくなるお魚です。
P2142407(1).jpg
これは雌のヘビギンポです。
先ほどの雄の婚姻色にそのうち求愛されるのかしら?
P2142408(1).jpg
タカノハダイの幼魚も可愛いので見かけると撮影してしまいます。
P2142411(1).jpg
アオサハギの幼魚も本当に可愛いです。
P2142418(1).jpg
シロガヤにいるワレカラを一生懸命教えてくださるのですが、中々写真となると難しいですね。
ピントが合わず証拠写真になりました。
P2142421(1).jpg
安全停止中はホシノハゼが沢山いたのを撮ってみました。
P2142424(1).jpg
キンギョハナダイがゴロタ沿いに沢山います。
岩陰の幼魚を撮ってみました。
P2142430(1).jpg
時間になったのでエキジットのための移動をしている時、潮も暖かく、なんとサルパが出現しました。
水温が高く流れがある海を感じることが出来ました。
潮の流れのある場所が暖かく感じたので、黒潮の恵みではないのでしょうか??
ずっとこの状態が続いたら嬉しいのですが…。

それでも、長い時間、あまり移動しないでのんびりお魚観察をしていたので、寒くなりました。
エキジットをすることになったのですが、フィンがブーツにひっかかり、なかなか脱げず、まごつきました。
何とか脱いで、無事に上がって来れました。
やはり、前からフィンを水中で脱ぐのが大変だったので、ポケット部分をもう少しカットした方が良いのかもしれませんね。

エキジット後は、寒いのでさっさと台車を引いてダイビングサービスに戻りました。

柵下は、久しぶりに潜ったのですが、やっぱり生物が色々見れて、本当に楽しいポイントだなと感じました。
お陰様で充実した内容のダイビングを楽しめました。
目的の貝も色々見れましたので、満足です。

長くなりましたので、2本目は次回の記事に続きます。


★DIVE: NO 298
★タンク: スチール10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 40
★DIVE TIME 54分 IN10:31 OUT11:25
★水温:16度
★最大水深:29・5メートル
★平均水深:15・8メートル
★透明度:12~15メートル
★スーツ:ドライスーツ


★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

レンズ&マンボウ探しでDIVE NO 249 大瀬崎 柵下

少し時間が空いてしまいましたが、忘れないうちに、5月22日の
大瀬崎ダイビングツアーの2本目の記録をしようと思います。

前回の記事で書いた通り、神子元に行けないし、レンズも落とすし
ハウジングは不調だしといじけたい気持ちはありながらもやはり
柵下は楽しいポイントですね。

2本目も柵下でマンボウとレンズの検索をすることになりました。

休憩時間は前回同様、はごろもマリンサービスさんに置いてある
ダイビング雑誌を読みました。

そこで私が買うつもりたったオリンパスのPEN MINIとPEN LITE
の徹底比較の特集が載っている雑誌があったので、それを熟読し
ました。
当初買うつもりだったMINIはやめてPEN LITEを買うことを決め
ました。
MINIのほうがコンパクトだし、ボタンも少なく操作も簡単でカメラが
苦手な人にはとっつきやすいので良いかな??と思っていたのですが、
ハウジングの大きさもほとんど変わらないし、ボタンは多めでも
慣れるとマニュアルで撮る場合などは、MINIの場合、ボタンを
押してから色々画面を見て操作をする感じだそうで、PEN LITE
のほうはじかボタンでに操作出来るのでかえって楽そうでした。

雑誌を読んだりしている間に水面休憩を終えて、再度柵下に
向かいます。

レンズ捜索のためにほとんど同じコースで潜ります。
エントリーして深場に移動し、マンボウを探しますがなかなか現れ
ないし、シャッターも押せないしで、綺麗なハナダイがいるのに
本当に拷問の様に辛かったです。
早く新しいカメラで・…。

浅くなってシャッターが押せる場所に来たので撮影再開です。
クロダイ
遠いですが砂地で捕食中のクロダイです。私クロダイにはあまり縁が
なくずいぶん久しぶりに遭遇した気がします。
調べると内湾、岩礁、汽水域(淡水と海水が混在した状態)にいる
お魚の様です。
そう言えば、前に見たのはやはり川の近くの伊東のビーチだった
のを思い出しました。
初島や神子元は川の影響のない海だからご縁がないんですね。
ハコベラ
元々べラが撮影出来ない癖にべラが好きで、必死の流し撮りで
ハコベラを撮りました。
キタマクラ
実はフグ好きでもあり、キタマクラも久しぶりに真剣に撮影してみたく
なりました。
写真を撮りながらもレンズが落ちてないか探しますが見つかりません。
ハコベラの群れ
なぜかハコベラの群れです。基本的に単独行動のお魚なので産卵か
放精のためなのかしら??この日は1本目のエキジット前の水深4M
位の場所でもニシキべラが群れていました。
ベニキヌツヅミ
貝好きの私のために教えていただいたベニキヌヅツミと其の下に
イソカサゴ
たまたまいたイソカサゴを撮りました。一緒に撮ろうとしましたが
なかなか思い通りイソカサゴがジッとしていませんでした。
sakusitanogorota
ゴロタ沿いをレンズを探しながらお魚も鑑賞します。
セナキルりスズメがいる場所も探しますがレンズもないし、セナキ
も奥に入り込んで姿を見せてくれません。
張り付いたメバル
岩に貼り付いて動かないメバルです。何しているのかしら??
キュウセン??
またまたべラ科です。これはキュウセン??かしら。
ゴンズイ
奥の方に入っていたゴンズイは遠かったです。
イワシ群れ
このポイントはどこもお魚多いのですがこの日もイワシの群れが
綺麗でした。
トラウツボ
ゴロタでもレンズの検索は続きます。
そんな中トラウツボがいました。
キンギョハナダイ雄の群れ
安全停止の間目を楽しませてくれたのは、1本目と同様
キンギョハナダイの群れ群れでした。
ニシキべラ
ニシキべラの群れは撮れませんでしたが単体で撮影しました。

そろそろ時間で上がることになりました。
結局、マンボウもレンズも出ませんでした。
本当にまじめに探しているのか怪しい所もあると思いますが、私なりに
探してはいたのです。

1本目とほぼ同じコースでしたが、違う生物を見たりしていたことも
あり2本目もなかなか楽しめました。

前回に続いて今回も柵下2本を潜り、柵下ファンになりそうです。
今回は水温と言い、透明度の感じと言い、マンボウの出そうな
雰囲気があったような気がしたのですが・…。
(本当か??と思われそうですが)
これに懲りずに又狙ってみようかしら。

雨の降る前にさっさと片付けて、大瀬崎を後にしました。
帰りは沼津市の 和風レストラン 井里絵
イカとアジ定食
で丼にしないでイカとアジを頼みました。
おいしかったです。

食事後ログ付けをし、東京を目指します。
車中では新しいカメラを買う話をサザナミマリンさんとしたり、
眠ったりしながら渋谷に到着しました。

都内はあいにくの雨ですが、私はそのままヤマダ電機に器材と
ドライスーツを引っ張りながらという怪しげな風貌で向かうの
でした。

それでとうとう新しいカメラPEN LITE E-PL3を手に入れたのでした。

踏んだり蹴ったりの1日ですが、この行動を取ったことでこのような
苦境?!も前向きに楽しい気持ちになれました。

お買い物の詳細は、また後日ご報告します。

★DIVE: NO 249
★タンク: スチール10リットル 
★スタート時残圧190  エキジット時残圧 30
★DIVE TIME 52分 IN 13:03 OUT 13:55
★水温:17度
★最大水深:31・1メートル
★平均水深:12・7メートル
★透明度:10~15メートル
★スーツ:ドライスーツ



★★最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、
よろしければ、ポチっとお願いいたします↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性ダイバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ